センター南 がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

センター南 がもっと好きになる発見サイト
名称
都筑区役所
住所
横浜市都筑区茅ケ崎中央32-1都筑区役所
ウェブサイト

http://www.city.yokohama.lg.jp...

Articles

  • 都筑区長の中野 創さんインタビュー 2部

    都筑区長の中野 創さんインタビュー 2部

    区長の、中野 創さんに、インタビューをしてきました。 今回は第2部 「都筑区長になるまでと、これから。」 3部は、「都筑区民まつりについて」 3部だてでお送りしています! 都筑区長の、中野 創(なかの はじめ)さんインタビュー 2部 市長は選挙ですが、区長はどのようになるのですか?任期は? 区長は、横浜市役所の職員です。横浜市市長からの発令で、区長になります。 任期は特に決まりはありませんが、3年から5年くらいで、昔より長くなってますね。 なぜ自治体、横浜市で働きたいと思ったのですか? 公園や緑に興味があったので。 公園を作ったりする仕事は自治体でしかしない仕事ですから。企業は作りませんよね。 せっかくなので生まれ育った横浜市。 ちょっと大きめの自治体で、公園や緑をやってみたいと思いました。 都筑区長になる前は何をしていましたか? 前任は、 横浜市役所の 環境創造局、公園緑地部長をしていました。 公園や緑を作ったり管理する仕事です。 (やりたかった仕事ですね!!) その他には、どのような事をされていましたか? 古い建物を保存したり、魅力的な街づくりの企画調整を行っていました。 実は公園や緑より、街作りをしていた時間のほうが長いんです。 港北ニュータウンの中に古民家があったりして活用されているといったスタイルは30年くらい前は、わりと画期的でした。 公の施設の中に、もともとあった古民家を保存活用したり、他から持ってきて活用したり ということは横浜が全国でも先駆けているんです。 港北ニュータウンも、そういう古民家が点在していたエリアを、こういった新しい街にしたんです(せせらぎ公園の古民家とか)。 そういうところを魅力にしていこうと街づくりがなされたんですよ。 (そうなんですね!! 新しい街に古民家のほっとする安らぎがあって素敵ですよね!) 都筑ならではの産業や、応援したい産業ってありますか? 「メイド・イン 都筑」という意味では、「製造業」の事業所数が市内で2番目に多いです。 発砲スチロールを加工したりとか色々な会社があり、そういう技術などをパシフィコ横浜で展示したりするのを支援したりとか、区内の中小企業の産業を大切にしていくことにも、力を入れて取り組んでいます。   センター南だとエリアが違うかもしれませんが、都筑区って、南部方面は港北ニュータウンの区域以外、川和含めて、もともとパナソニックがあったりして産業集積を早くからしていた地域ですので、それに関連して、製造業の中小企業が多いんです。 そういった企業の若手経営者たちは、非常に熱心で、どういう風に「自分たちの技術をしっかりアピールしていくのか」と考えていますし、区としても応援していこうと思っています。 都筑区の高齢化対策と、傾向について教えてください。 ニュータウンとはいえ、やはり高齢化は地域によってはとても進んでいますよね。 対策と傾向について、お話して頂きました。 若い世帯が多い都筑区ですが、すみれが丘などは開発が早かったのと、他にも港北ニュータウン構想の前から団地があった地域は高齢化の波が来ていますね。 高齢化対策に対する支援は、いろいろやっています   例えば、認知症については認知症カフェなどを設置しています。 また認知症については、特に北部病院でケアしてもらって講演会をしてもらうのですが住民の皆様、すごく関心が高いですね。 自分がなったらとか自分の両親がなったらどうするとか。 話をよく聞くと、薬で良くなるものでもないそうですね。 進行を緩めるくらいの事しかできないと。 なんとか予防したいですね。 高齢化対策は、市を上げて重要課題なので都筑区も例外なくその取り組みをしていかなければならないと思っています 都筑区の特徴ってありますか? 都筑区の平均寿命は全国のTOP10に男女とも入るんですよ。 これだけ環境のいい所で老後を過ごせるのは、他の地域からみると、うらやましい事ですよね。 高齢者に対するそういった施設が沢山立地しているのも一つ都筑区の特徴かもしれませんね。 第2部はここまで。第3部は、11月3日開催区民まつりのお話です! ありがとうございました 中野 創 区長、丁寧にインタビューに答えて頂きありがとうございました! ロコっちをご覧のみなさま、第3部、「区民まつりのお話」をお楽しみに!
  • 都筑区長の中野 創さんインタビュー 1部

    都筑区長の中野 創さんインタビュー 1部

    センター南には区役所があります。 区長さんの、中野 創さんに、インタビューをしてきました。 1部「区長さんの思う、都筑区のいいところ。」 2部「都筑区長になるまでとこれから。」 3部「都筑区民まつりについて」 3部だてで、お送りします! 都筑区長の、中野 創(なかの はじめ)さんインタビュー 1部 センター南は官公庁所在地です。 皆さんご存知のとおり、区役所があり、ここでは都筑区についての色々な物事が決められ運営されていたり、地域の皆さんが住みやすい、住み続けたいと思うようなイベントや催しも沢山開催されています。 ☆センター南を知るうえでやはり、都筑区区長さんのお話を聞かせて頂きたい!☆ その念願かなって、区長の中野 創(なかの はじめ)さんにお話を聞かせて頂きました。 中尾 創さんは、今年度4月より、都筑区長を務められています。 区長さんの感じる、都筑区の「いいところ」を教えてください。 区長の、中野創です。 今期から着任しましたので、都筑区の事を今まさに勉強途中ではありますが、都筑区に着任してから、すごく興味深いと感じたことがあります。 それは、都筑区の皆さんが、「つながり」を非常に大切にしているところです。 色んな意味で地域の人たちがつながりをもって、 商業関係の人たちをはじめ、いろんな分野の人たちが連携をしてお祭りをしたり、盛り上がる。 都筑区ができる時に「新しい都を築こう→(都筑)」ということでこの区ができているんですが、まさにその通りだなと思います。 この、地域の人が「自分たちが主役で地域を作っていこう」という風土を大切にしていきたいなというのが今の率直な思いです。 お祭りを例に挙げると、都筑区の皆さんは、町内会が自分で夏祭りをして、お父さんたちが焼き鳥を焼いているんですよね。 もともとお祭りがない新しい地域だからこそかもしれませんが、「子どもに思い出を残してあげよう」という事で、学校などでもイベントを行っていたりして本当にびっくりしました。 そういうところで特に、地元の方々の「つながり」を実感しますね。 都筑区の「いいところ」もっと教えてください 地域の皆さんの「つながり」による地域づくり以外にもいい所はあります。 もともと私は都筑区の良さの一つだと思っているのが、「緑」。 緑道や公園がすごく沢山配置されているところです。 例えば緑道が全長15km も配置されています。 ウォーキングだとか、健康づくりに役立つ環境で、とても良いなと思っているんです。 11/23には、つづきウォーク&フェスタも開催されます。 たくさんの人に参加していただきたいですね。 レクリエーションの機能、例えば「散策」、だけじゃなく運動とかにも利用できるようにしたり、身近な話で言うと通勤通学で使っている方と、運動で使う方のルートをどのように整理するのかなど、よりよい利用ができるようにしていきたいです。 港北ニュータウン開発から30年経って、また仕切り直しをしなければならない時期だと考えています。 都筑区の「いいところ」もっと、もっと、教えてください この前の市民意識調査で素晴らしい結果が出ています。 都筑区は、横浜市の中で「一番暮らしやすいまち」。 なんと、93%が「暮らしやすい」と回答しています。 そして平均年齢が一番若い。 これは、若いファミリー層が新しく住居を構えるのに都筑区を選んでいただいているんだなと感じます。 そういった魅力を継続していくことがすごく大切だなと思っています。 「住みたい」「住み続けたい」これには医療、福祉、介護についても大切ですが、 若いお母さんたちからすると、「買い物しやすい」という事は、大切な要素かと思います。 実は都筑区は、平成11年から平成26年までの15年間で、区内の売り場面積が約倍増しているんです。 今では、商業の売り場面積は、西区について二番目です。 IKEAやララポートなどの広い商業施設があることも理由かもしれませんけどね。 子育て世代にとって、「区内で大概のものが買える」という事は、生活のしやすさにつながるのではないかと思っています。 そこにさらに、都筑野菜のような、地元産の新鮮な野菜がある。 おいしいタケノコだったりコマツナだったり。 そういうものをしっかり魅力ととらえて、都筑区の「活力と魅力」を引き続き、継続して出していけたらいいなと思います 地産地消について 都筑野菜以外に都筑区産のもの、ありますか? 地産地消は野菜のほかに卵もあります。 都筑区には2件養鶏場があります。 センター南近辺だと、東方にあるんですよ。 第2第4土曜日(土曜開庁のある時)に、警察署側で都筑野菜販売会が行われますし、 IKEA前で6月日曜日に同じように販売会が行われていますので、是非足を運んで美味しい都筑野菜を地元の多くの人に味わって貰いたいですね。 やはり都筑の野菜はおいしいですよ。 タケノコとか小松菜とか。 マンションに竹林があるようなところは住民の皆様で積極的にタケノコ狩りのような活動をされていますよね。 第1部はここまで。つづきは第2部で! ありがとうございました 中野 創 区長、丁寧にインタビューに答えて頂きありがとうございました! ロコっちをご覧のみなさま、第2部をお楽しみに!
  • 11/3は都筑区民祭りです!~都筑区長の中野 創さんインタビュー 3部

    11/3は都筑区民祭りです!~都筑区長の中野 創さんインタビュー 3部

    区長の、中野 創さんに、インタビューをしてきました。 第3部は、「都筑区民まつりのお話」です。 都筑区長の、中野 創(なかの はじめ)さんインタビュー 3部 区長インタビュー第3弾。 今回は11月3日に行われる、都筑区民まつりについて伺ったお話です! 11月3日は、区民まつりですね! 都筑区民まつりは、横浜市18区の区民まつりで最大規模なんです。 なぜそんなに大きいかというと、センター南、センター北の商業関係の皆さんのほか、地域の様々な団体の方々が一緒に実行委員会を作っていらっしゃるんです。 地域の全部の連合町内会の皆さんも一緒に盛り上げていこうという形ですから、 非常にたくさんのお客さんが来てくれます。 このように、「イベント」という場ですけれど、そこでうまく地域の方々の繋がりができたり、協力して、賑わいを作っていけているのかな、と思います。 第1部で伺ったお話と通じてきますね。 はい。都筑区の皆さんが、「つながり」を非常に大切にしているところが素晴らしいとお話ししましたね。 一部を読んでいない方のために、もう一度お話しすると、 都筑は、色んな意味で地域の人たちがつながりをもって、 商業関係の人たちをはじめ、いろんな分野の人たちが連携をしてお祭りをしたり、盛り上がる。 もともと都筑区ができる時に、「新しい都を築こう→(都筑)」ということでこの区ができているんですが、まさにその通りになっているなと思います。 この、地域の人が「自分たちが主役で地域を作っていこう」という風土を大切にしていきたいなというのが今の率直な思いです。 お祭りを例に挙げると、都筑区の皆さんは、町内会が自分で夏祭りをして、お父さんたちが焼き鳥を焼いていたりするんですよね。 もともとお祭りがない新しい地域だからこそかもしれませんが、「子どもに思い出を残してあげよう」という事で、学校などでもイベントを行っていたりして本当にびっくりしました。 そういうところで特に、地元の方々の「つながり」を実感しますね。 来る11月3日の、都筑区民まつり2018も、楽しみですね。 最後に、ロコっちについての感想と、メッセージをお願いします! 区の取組みや施策を様々なチャンネルでPRしていきたいと考えており、今回ロコっちさんに取り上げていただき、ありがたく思っております。 引き続き、都筑区の情報を、ロコっちさんに沢山発信してもらいたいと思います。 「健康スローガン『つづき つづける 健康づくり』」のPRも、ぜひお願いします。 ありがとうございました 中野 創 区長さん、丁寧にインタビューに答えて頂きありがとうございました! 私は以前、住民票を取ったりの手続きをするだけの場所としてしか利用をしていませんでしたが、ロコっちで調べてみると、そうじゃないんです。 もったいないことを、していました。 知れば知るほど面白い。 区役所を身近に感じると、いろいろな素敵な発見があるのではないかと思います。 「『つづき つづける 健康づくり』」。 センター南編集長の私は、健康運動指導士であり介護予防運動指導員です。 このスローガン、積極的にPRしていきたいと思います。 また、センター南情報を発信していただけるレポーターの方も随時募集しております。 ロコっちまでご連絡ください! 私のように、「ロコっち」をやり始めたら色んな発見をした、なんて面白い体験もできるかもしれませんよ♪
  • 都筑野菜の朝市!

    都筑野菜の農家さんや、織茂養鶏場の横浜たまご!とにかく美味しい都筑産の野菜、卵の生産者の方々にインタビューしてきました! 卵屋さんのオススメ卵料理は、、、?! 卵かけご飯は常連さんの中でどう呼ばれている?? お客さんのお話も魅力的! 生産者さんの人となりが見えるレポートです。 お見逃しなく!
  • センター南 区役所前の、
都筑野菜朝市にいってきました!

    センター南 区役所前の、 都筑野菜朝市にいってきました!

    センター南、都筑区総合庁舎 区役所前にて、毎月第2、第4土曜日は、都筑野菜の朝市が開催されています! 都筑野菜朝市(動画あり!) アクセス:センター南の駅1出口を出て右にまっすぐ。区役所前です。 おはようございます、作物を見せてください!! 茅ヶ崎南の、松本農園さんからは、里芋と長ネギ! 織茂養鶏所の「横浜たまご」。 大きさによって味が違うということです。 にわとりが若い時はSsizeの卵、育っていくにしたがって産む卵の大きさがMS、M、Lとサイズアップするんですって。 朝市常連のお客さんがいつも持ってくる卵かご。かわいいですね。40年ものですって! 大熊町の農園からはたくさんの種類が! たくさん買わせて頂きました! お話を聞いていると、思わず食べたくなり・・・こんなに買っちゃいました! 本当は全種類制覇したかったのですが、それはまた今度(笑) 早速、卵をいただきます! 卵が好きすぎる私。 早速、織茂さんに伺った通り、卵かけごはんに合うという「s」サイズを割ってみました! キャーこの白身のこんもり感と黄身の色! そして、空がすごく密度が濃くてきめ細かい! これはあれだ、つまんでも崩れない、あこがれの画を撮れるに違いない! ヤッター!! 黄身をつまんでも崩れない弾力!(これ、憧れていました) 黄身が出るところが見たい・・・。 穴をあけてつまんでみました(もはやフェチ) 実家のお父さんが作ってくれた新米、ひのひかりの炊き立てにON !! 黄身が濃厚で、白身はブリンブリン(弾力がすっごい) この卵では、弾力がすごすぎて解けないから茶わん蒸しが作れないと、仰っていたのはその通りだと思います。 めちゃくちゃおいしくて幸せすぎる卵かけごはんでした! 卵+かける→「ランニングエッグ」と常連さんたちは呼んでいるそうですよ。 毎日健康のためにランニングエッグが欠かせませんね(笑) あ!ザクロの木がここに! おしゃべりしていてふと見上げると、区役所横にザクロの木が! 実がなっているではありませんか?! 直径7cmくらいかな。 大熊町の農園のお父さんは、食べるにはまだ早いとおっしゃっていました。 区役所の受付の、オブジェに良いかもしれませんね。 ありがとうございました! 生産者の皆様、ありがとうございました! やはり生産者の顔を見てお話して購入するのはとても素敵な事と感じました。 ご飯がいつもよりおいしく感じること間違いなしです。 「都筑野菜」は、新鮮で美味しい野菜であると同時に、身近で消費することによって輸送に伴うCO₂が抑えられる、環境にやさしい野菜です! みなさん、朝市を利用して、地産地消を進めましょう!! 動画はコチラ →生産者さんの人となりが見える、おすすめ卵料理がわかる動画は、この文字をポチッとクリック!

Organizations

センター南がもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち センター南では、毎週センター南の情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、センター南の様々な情報を配信していきます。
きっと、センター南がもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>