センター南 がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

センター南 がもっと好きになる発見サイト
名称
中国茶紅茶専門店「甘香茶屋(もかちゃや)」
電話
070-5591-3656
住所
横浜市都筑区大棚町432-5
営業時間
◆ランチ 12:00~16:00(2h.予約制)/◆カフェ 12:00~17:00(Lo.16:30/◆ディナー 18:00~21:00(予約制)
定休日
火曜日・日曜日・祝日
メール

info@moca-chaya.com

ウェブサイト

http://moca-chaya.com/

Articles

  • センター南ランチレポート19
カフェ甘香茶屋(もかちゃや)の体に優しいほっこりランチ

    センター南ランチレポート19 カフェ甘香茶屋(もかちゃや)の体に優しいほっこりランチ

    センター南駅から早渕川沿いを歩いて20分程、中原街道沿いにある中国茶カフェ甘香茶屋(もかちゃや)さん。2021年4月に駐車スペースを挟んですぐ隣に移転オープンしました。コロナ禍以前よりランチタイムが盛センター南駅から早渕川沿いを歩いて20分程、中原街道沿いにある中国茶カフェ甘香茶屋(もかちゃや)さん。 2021年4月に駐車スペースを挟んですぐ隣に移転オープンしました。 コロナ禍以前よりランチタイムが盛況してお店が手狭になり、移転の計画をされていたのだそうです。 車2台分の駐車スペースが店の横にあります。 中原街道沿い(歴博通りをつづきまもるくんから勝田方面に行く道)なので車でもアクセスしやすいです。 より一層おしゃれに居心地のいい空間に 店内は、靴を脱いで上がる様式になっています。 材木屋を営むご主人は、リフォームや家具づくりなど幅広く手がけているそうで、何と、この店内もほぼ一人で創り上げたそうです! 温かみのある木材がふんだんに使われた店内。 杉の一枚板で作られたテーブルは掘りごたつ風の席に。 桜の一枚板はカウンターに。 壁はお店のお客さんや子どもたちで塗り上げたそう。 こちらの照明もご主人の手作り。 奥さまが少しずつ集めたという茶器。 おばあさまのものだったという箪笥。 ひとつひとつの道具に味わいがあります。 世界のお茶がよりどりみどり。メニューはこちら お店のメニュー。 中国茶だけで20種類くらいあります。 他にもインドやスリランカなど世界のお茶、コーヒー、紅茶、緑茶、ハーブティ、自家製ジュースまで。 メニューをじっくり見るだけでもワールドワイドなお茶の世界に魅力され、楽しい時間になります。 また、こちらでは食事もいただけます。 日替わりランチをいただきました 今日は日替わりランチ「シウマイ御膳」1,350円をいただきました。 通常はサラダから順に運んできてくださいます。 セイロを開けた瞬間湯気立つ、熱々のシウマイ。 ジューシーで見た目よりボリュームがあります。中国茶とも相性抜群ですね。   紫水菜と旬のスナップエンドウをオレンジ(きよみ)のドレッシングで。かぶの自家製ピクルスもアクセントになっています。 サラダの野菜は新鮮な採れたてのものを買い付けしているそうです。 なめことお揚げのおひたし。 お揚げは焼いてあるので香ばしさが加わり、なめこの香りと相まって美味です。 横浜産の紅くるりという大根のお新香。 土鍋で炊いたツヤツヤの炊き立てご飯に 香ばしいお揚げと茄子のお味噌汁。 こんなに美味しい白米とお味噌汁は、本当に久しぶりかも。ほっこりしますー。 +400円でデザートが付きます。 甘夏のパンナコッタ。 爽やかな甘夏ジュレとなめらかなパンナコッタは初夏にぴったりですね。 一品一品丁寧に作られたランチは、最高に美味しく体と心に染み渡るようでした。 なかなか外食しづらい世の中だけど「丁寧に作ってもらったご飯を食べる」って、癒されるなぁ。 谷口さんご夫婦は旅行が好きで、コロナ禍前は良く足を伸ばして美味しいご飯を食べに行っていたそうです。そこで感動した一皿からヒントを得たりしながら独学で料理を学ばれたのだとか。 自身がアレルギー体質だったこともあり、調味料や原材料は無添加・有機栽培にこだわったそう。 この日はご主人も厨房でランチ作りされていました。 「僕は裏方ですから」と笑って写真は撮らせてもらえませんでしたが、朗らかでとっても仲の良いご夫婦です。 お料理にもご夫婦のお人柄にも癒される、そんなカフェです。 6月末までインスタキャンペーンも 甘香茶屋のインスタフォローorハッシュタグを会計時に見せていただくと割引されます。 甘香茶屋さんインスタグラムはこちら。 是非インスタもチェックしてみてくださいね。 店舗情報 【住所】横浜市都筑区大棚町432-5(>>MAP) 【営業時間】 カフェ  10:00 - 17:00 ランチ  11:30 - 16:00 ディナー 18:30 - 21:30 (2021年6月現在20:00まで) 【定休日】土、日、祝、月 【HP】 http://moca-chaya.com/ 過去記事 移転前の店舗の紹介記事はこちら。ティータイムの紹介をしています。 木の香りを感じながら中国茶をいただく贅沢な時間「甘香茶屋」の記事|センター南横浜市都筑区|ロコっち ロコっちは、あなたのジモト体験を豊かにする情報サイトです。街のあらゆる情報を収集し、日々更新しています。早速ジモト情報を探してみよう! センター南のランチレポートをまとめたページはこちら。 センター南 ランチレポート まとめの記事|センター南横浜市都筑区|ロコっち ロコっちは、あなたのジモト体験を豊かにする情報サイトです。街のあらゆる情報を収集し、日々更新しています。早速ジモト情報を探してみよう!
  • 木の香りを感じながら中国茶をいただく贅沢な時間「甘香茶屋」

    木の香りを感じながら中国茶をいただく贅沢な時間「甘香茶屋」

    センター南駅から早渕川沿いを15分ほど歩いたところにある、中国茶紅茶専門店「甘香茶屋(もかちゃや)」を紹介します。※7月の段階ではコロナによる感染予防のため完全予約制となっています。>>予約方法はHPセンター南駅から早渕川沿いを15分ほど歩いたところにある、中国茶紅茶専門店「甘香茶屋(もかちゃや)」を紹介します。 ※7月の段階ではコロナによる感染予防のため完全予約制となっています。 >>予約方法はHP参照 中国茶紅茶専門店「甘香茶屋(もかちゃや)」 どこにあるの? センター南駅を出て、センター北駅方面に向かってみなきたウォークを歩いて行きます。 早渕川が見えてきたら橋を渡り、右に曲がってそのまま遊歩道を道なりに歩いていきます。  ずっとずっとひたすら道なりに歩いていきます。 10分ほど歩いていくと水色の橋が見えてきます。(左手にすぎのもりぶんこが見えます) 橋まで行き左に曲がるとバス通りに出ます。 この道の右側の歩道をまっすぐ歩いて行きます。 「タカラ」の看板の建物です。 「甘香茶屋」に到着です! (住所:横浜市都筑区大棚町432-5>>MAP) 店内の様子は? テーブルが3つ、座席は6席の小さな茶屋です。 お茶の道具が飾ってありました。 店内にあるテーブル、イス、照明、本棚などは建築業を営んでいる店主のご主人様の手作りです。照明、ステキですね。(^^)   売っているお菓子はすべて店主の手作りです。 初めての中国茶体験 まず初めに冷たい中国茶をいただきました。 「鳳凰単叢蜜蘭香」という烏龍茶で、香りがよくほのかにライチのような味がしました。   メニューは中国茶、紅茶、緑茶、チャイの他自家製ジュースもありました。すべてに手作りのお茶菓子付きです。 「茉莉花茶(ジャスミンティー)」を注文してみました。 運ばれてきたジャスミンティー…あれ? お茶はどこ? 手品のようですが、湯飲み(茶杯)に被せるような食器(聞香杯[もんこうはい])の中からお茶が出現! 初めに聞香杯についたお茶の香りを楽しみます。 ジャスミンのいい香りがしました。 左側の茶色の急須(茶壺)にはジャスミン茶の葉が入っています。 ジャスミンの香りと上品なお茶の味に心が癒されていきます。 手作りのお茶菓子は「レアチーズムース」に、ルバーブジャムが添えてありました。 ルバーブって初めて食べたのですが、ラズベリーのような味がしてムースにとてもよくマッチしていました。ムースの他にも日替わりで、手作りスコーンなどのお茶菓子が選べます。 木の香りとクラシック音楽が流れる空間で中国茶をいただく。 とても贅沢な時間でした。 駅からは少し歩きますが是非足を運んでみてください! すっかりルバーブが気に入ってしまったので、お土産に手作りのルバーブジャムとルバーブのパウンドケーキを買って帰りました。 オリジナルブレンド 今はコロナによる感染予防のため中止していますが、好きなお茶の葉をブレンドして、自分だけのオリジナルブレンドを作ることもできます。 オリジナルブレンドのお茶はお持ち帰りいただけます。 またレシピを作成していただくと、こちらの茶屋でいつでもオリジナルブレンドのお茶をお出しすることができるそうです。再開した時には是非、自分専用のお茶を作ってみたいですね。

Organizations

センター南がもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち センター南では、毎週センター南の情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、センター南の様々な情報を配信していきます。
きっと、センター南がもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>