なかのぶ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

なかのぶ がもっと好きになる発見サイト
  • ロコっち なかのぶ編集部

    ロコっち なかのぶ

  • なかのぶがもっと好きになる発見サイト
    ジモトがもっと好きになる発見メディア「ロコっち」の品川区中延版。 東急大井町線・都営浅草線中延駅、東急池上線荏原中延駅周辺の地域情報をお届けします。
名称
ロコっち なかのぶ編集部
住所
東京都品川区戸越6-23-21インストールの途中だビル502 株式会社インタローグコンサルタンツ 内
メール

nknb@locotch.jp

ウェブサイト

https://locotch.jp/nknb/

Articles

  • 今こそ!中延の居酒屋のつまみを楽しもう!!

    今こそ!中延の居酒屋のつまみを楽しもう!!

    こんにちは!「ロコっちなかのぶ」レポーター、「中延贔屓」運営の坂田重行です!以前の投稿で、中延でお酒もおつまみもテイクアウトして家飲みを楽しむ「中延のお酒とつまみで晩酌を楽しもう!!」をお届けいたしまこんにちは!「ロコっちなかのぶ」レポーター、「中延贔屓」運営の坂田重行です!以前の投稿で、中延でお酒もおつまみもテイクアウトして家飲みを楽しむ「中延のお酒とつまみで晩酌を楽しもう!!」をお届けいたしましたが、おつまみをテイクアウトできる店は、まだまだあるよ!と言う事で、オススメのお店をご紹介します!題して!「今こそ!中延の居酒屋のつまみを楽しもう!!」をお届けいたします。中延駅前通り商店会にある、我らが「串まる」!! 中延住民なら、その存在を知らない人は少ないのではないでしょうか?都営浅草線・大井町線中延駅前の商店街、その名もそのまんまの「中延駅前通り商店会」に位置する串まるをご紹介!今も続くコロナ禍により、飲食店は苦境に立たされています。ご存知の通り、居酒屋さんなのにお酒を提供できない苦しい状況が続いています。そんな状況下だからこそ、居酒屋さんの美味しいおつまみをテイクアウトして、自宅で居酒屋気分を楽しもうではありませんか!!テイクアウトできる串焼きの数々 串まるというからには、勿論、串焼きがオススメ!ちょっと前の写真ですので、色々変わっているかもしれませんが、串焼き各種テイクアウト可能になっております! こちらは、いつぞやにテイクアウトした「串5本盛り」!!炭火で焼いた本格串焼きが自宅で楽しめます!しかも、好きなものを選べる嬉しさも(笑)!ビールが進みますねぇ。串焼き以外のメニューもテイクアウト可能!  メニューにもよるかもしれませんが、串焼き以外のメニューもテイクアウト可能です!私が好きで、串焼きと一緒にオーダーするのが「牛すじ煮込み」!煮込み好きも納得のクオリティ!長ネギも付いてますよ。これまた、ビールが進む一品ですねぇ。存在は知っていたけど、まだ行った事なかった・・という方、多いのではないでしょうか!?気になられた方は、是非この機会に、お好きな串焼きをテイクアウトして、家飲みを楽しんでいただければ幸いです!「中延deおうち居酒屋」の選択肢はまだまだ沢山!!「ロコっちなかのぶ」にて、定期的にご紹介できればと思います!皆様の中延ライフがより豊かになる一助になれば幸いです!
  • 中延のお酒とつまみで晩酌を楽しもう!!

    中延のお酒とつまみで晩酌を楽しもう!!

    こんにちは!「ロコっちなかのぶ」レポーター、「中延贔屓」運営の坂田重行です!今回の投稿は、中延でお酒もおつまみもテイクアウトして週末の夜を楽しむ・・。題して「中延のお酒とつまみで晩酌を楽しもう!!」をこんにちは!「ロコっちなかのぶ」レポーター、「中延贔屓」運営の坂田重行です!今回の投稿は、中延でお酒もおつまみもテイクアウトして週末の夜を楽しむ・・。題して「中延のお酒とつまみで晩酌を楽しもう!!」をお届けいたします!※いつも通り、お店の掲載順は順不同です。まずは、肝心なお酒をテイクアウト! 知る人ぞ知る!むつみ小路にあるブリューパブ「Ikari Jyouzou」ブリューパブとは?簡単に言うと、ビールの醸造所+酒場があるお店の事。 通常の家飲みなら、酒屋やスーパーなどでお酒を買うところですが、地元で作られているお酒をテイクアウトしてみる・・というのはいかがでしょうか!?まさに、醸造所がある中延ならではの特権!水筒などを持っていくと中に入れてくれるので、オススメいたします。お酒をテイクアウトできたら、その日の気分で、美味しいおつまみをテイクアウト。私の自宅近辺のオススメ店を何店かご紹介していきます!!焼き鳥が食べたくなったら鳥忠へ! おつまみの王道「焼き鳥」!中延で焼き鳥をテイクアウトしたくなったら、鳥忠さんへ行かれてみてはいかがでしょうか。18時頃からオープンしてますが、店頭でのイートインの光景はある意味「中延名物」として、ジモト民なら一度は見たことがある方も少なくないはず!?現在のお値段は、1本100円!以前はもっと安かったのですが、それでも安い!お味も、トラディショナルな「焼き鳥のタレ」の味で、個人的に何だかホッとする「ザ・焼き鳥」です!中延の「おでん」「練り物」ならこちらへ!  おでん種のお店が2軒あるのも、中延の特徴的なところ!まず1軒目は、中延1丁目の「丸佐かまぼこ店」おでんも写真の通り、種類豊富に揃っていますが、暑くなってきたこの季節には、練り物を生姜醤油でいただく・・!これをオススメさせていただきたいと思います。練り物の種類も、ノーマルな薩摩揚げタイプから、紅生姜入り、チーズ入り、ウインナー入り、餃子入り・・などなど、豊富な品揃え!その日の気分でチョイスして、楽しんでいただけます!  2軒目は、昭和通り商店街にある「蒲眞」こちらも種類が豊富。食べたことのある中では「にくボール」をオススメいたします!「蒲眞」の特徴は、おでん、練り物だけでなく、焼き鳥もあったり、テイクアウトだけでなく、そもそも飲み屋さんだったり、お昼はランチもやっていて、カレーやパスタが食べられます!とっても、ハイブリッドな営業スタイルです!「ホルモン焼肉かめつる」も店頭販売実施中! 金・土・日で営業されるスタイルの週末焼肉屋さん「ホルモン焼肉かめつる」も、このご時世で、店頭販売を実施中です!焼肉用の各種お肉の販売以外に、唐揚げ、メンチカツなどの定番おかずを販売中!「うちのお父さんが作ったこだわりのトマト」なんていう品も販売しています。和牛メンチは、さすがは焼肉屋さんが作るメンチカツ!カリカリ&ジューシーでお試しいただきたい逸品です。こだわりのトマトを買ってきて、居酒屋の定番メニュー「冷やしトマト」としていただく!というのも良いかもしれません!おつまみのド定番!「冷奴」「厚揚げ」を専門店で!  おつまみのド定番!「冷奴」「厚揚げ」も抑えておきたいところですが、むつみ小路入り口にある「近藤とうふ店」をオススメいたします!佐賀県産の大豆使用。手作りの良さが伝わるシンプルで雑味のない美味しさ!個人的に「冷奴」も「厚揚げ」も大好きなので、折に触れて利用しております。上質な大豆の味が良く分かって、本当に美味しい!おうち居酒屋の「お通し」は、こちらで決まりです!!番外編!ヨリドリミドリな缶詰から「お魚系おつまみ」をチョイス! ついついお肉系が多くなってしまうおつまみ・・。お魚系を気軽に加えるなら、サカナバッカ店頭で展開している缶詰コーナーが面白い!鯖缶系が多いですが、パッケージを見ているだけでも楽しいですし、居酒屋のおつまみとして考えるなら、この予算感は多いにあり!肉中心のおつまみに一品加えるだけで、健康気分が味わえる!?そして味も美味しい!お肉に飽きてきたら、お魚系缶詰をチョイスしてみるのも面白いかもしれません。おつまみの選択肢は、まだまだ色々あると思います。地元で作られたお酒と、自分のお好みに合わせたおつまみをテイクアウトして、「中延deおうち居酒屋」開店!!現在のご時世ならではの楽しみ方として、いつもとちょっと違った晩酌を楽しんでみてはいかがでしょうか。皆様の中延ライフがより豊かになる一助になれば幸いです!
  • 中延で50年続く名店 丸田商店~大人気ジャンボシューマイ誕生の物語~

    中延で50年続く名店 丸田商店~大人気ジャンボシューマイ誕生の物語~

    中延で50年続く名店 丸田商店 ~大人気ジャンボシューマイ誕生の物語~たびたびテレビにも取り上げられる丸田商店のシューマイは、1個が大ぶりでごはんのおかずとしても、お酒のお供としても大満足の逸品です。中延で50年続く名店 丸田商店 ~大人気ジャンボシューマイ誕生の物語~たびたびテレビにも取り上げられる丸田商店のシューマイは、1個が大ぶりでごはんのおかずとしても、お酒のお供としても大満足の逸品です。定番のポークシューマイのほかに、カニ、ウズラ、ミックス、五目、茶きんと種類が豊富で、さらにチマキもあるので、このお店で買って帰れば豪華な食卓ができあがります。さらに丸田商店の代名詞となっているのがシューマイ3兄弟。五目、カニ、チーズシューマイの3つを串に刺して、散歩しながら食べられる優れモノです。丸田商店の店主であり、昭和通り商店会の会長でもある田代敏郎さんに、中延にシューマイ店を開き、人気店になるまでの波乱万丈の人生をうかがってきました。  目次・和菓子職人として修行した青春時代・独立して経営に失敗、借金だらけに・人生の転機、シューマイ作りに挑戦・中延との出会い、シューマイ工場のスタート・「シューマイ3兄弟」誕生・商店会長として街を盛り上げたい・来年は米寿「元気なうちはお店を続けたい」和菓子職人として修行した青春時代 (写真はイメージ)田代さんは1934年(昭和9年)、鹿児島生まれ。中学を卒業して、おじさんが営む和菓子屋を手伝いはじめました。そして19歳のとき、東京にあこがれて上京。若き日の田代さんは音楽が好きで、音楽学校に通いたいと思っていました。だけれども、想いを果たせず音楽学校は断念。東京の和菓子屋で働くようになり、技術を磨いていきました。田代さんが作っていた和菓子は、練切(ねりきり)という繊細な花模様などの細工を施す高級和菓子です。いくつかのお店で修行をする中で亀屋万年堂の社長に出会い、そこで働くことになりました。和菓子を作る仕事をするものと思っていたら、自由が丘の店で販売をやってくれという社長の指示に最初は戸惑いました。慣れない販売の仕事を一生懸命に取り組んでいたら、なんと1年後には田代さんが支店長としてお店を任されることになりました。独立して経営に失敗、借金だらけに (写真はイメージ)支店長としてお店を経営することを学び、10年近く経ったころ田代さんは独立を決意します。タイミングがいいことに、取引先の社長から大森にある3階建てのビルをまるごと貸してくれるという申し出があり、ついに田代さんは自分の店を持つことができました。1階は亀屋万年堂、2階は喫茶店、3階はレストランとして営業し、開店当初から繁盛して、経営者として順風満帆のスタートを切りました。しかし徐々に客足が遠のき、なんとか建て直そうとがんばったものの3年で倒産、借金だけが残りました。人生の転機、シューマイ作りに挑戦 店が失敗したからといって、このまま何もしないわけにはいきません。このとき田代さんは38歳。生きていくため、借金を返すため、次は何をやるか模索していると、レストランで取引きのあった築地の卸問屋から、なぜかシューマイを作ってほしいと頼まれます。話を聞くと、その卸問屋はゴルフ場に冷凍食品を卸していて、ゴルフ場のレストランに出すシューマイを探しているという依頼でした。田代さんはもちろんそれまでシューマイを作った経験はありませんでしたが、経験がないからと言って断ることはしません。いろいろなシューマイを買ってきて独学で作り方の勉強を始め、そして同時に自分のシューマイ工場の場所を探し始めました。中延との出会い、シューマイ工場のスタート シューマイ工場の候補として、現在の丸田商店の場所が見つかりました。でも、レストランが倒産して借金だらけ。借りるにしても、手元にお金はありません。大家さんに正直に理由を話すと、大家さんは「都合のいいときに払ってくれればいい」という奇跡のような条件で借りることができ、田代さんはシューマイ工場で再スタートを切ることになりました。最初は、独学で味を作り上げたポークシューマイの1種類のみ。普通のシューマイより大ぶりのジャンボシューマイを作ると、それが評判になってたくさんのゴルフ場に卸すようになりました。作ったシューマイを朝イチで築地に届け、工場に戻ると夜中までシューマイを作り続ける忙しい生活になりましたが、和菓子職人のころに鍛えられた手先の器用さがシューマイ作りに活かされ、大量の注文をこなしていきました。「シューマイ3兄弟」誕生 シューマイ工場として軌道に乗ったころ、ここのシューマイは美味しいらしいとのうわさになり、近所のひとから店売りもしてほしいという声が聞こえてくるようになりました。こうして街のシューマイ屋さんの丸田商店が誕生したのです。和菓子職人のころに身につけた創意工夫の技術と精神から、ウズラの卵を入れたり、カニを入れたり、いろいろな味を増やしていくと、ますます美味しいとお客さんから言われるようになり、行列ができる大繁盛店となったのです。田代さんにとって一番思い入れがある商品は「シューマイ3兄弟」だそうです。田代さんのお嬢さんが小学生のころに「だんご3兄弟」の歌が流行って、お嬢さんから「だんご3兄弟があるなら、シューマイ3兄弟を作ってみたら」と言われたことがキッカケだったそうです。シューマイ3つを単に串に刺すのではなく、そこは田代さんの創意工夫で、3つとも味と見た目を変えて五目、カニ、チーズの「シューマイ3兄弟」となったのです。商店会長として街を盛り上げたい 丸田商店が商店街で評判になると、自分の店だけをやっていればいいというわけにはいきません。まだ若く創意工夫に長けた田代さんには、昭和通り商店会の年配の方々から企画部長を任されることになりました。商店街にもっとお客さんを呼ぼうと田代さんが企画したのが、今でも続く昭和通り商店街名物の夕市です。夕方のクルマが通行止めになる時間帯に合わせて、月に一度お得なセールを開催すると、中原街道側と二国(国道一号)側からもお客さんが来て、商店街はひとでごった返しました。その後、田代さんは商店会の会長となり、20年間、商店街を引っ張ってきました。企画部長や会長としてやってこられたのは、亀屋万年堂の支店長やレストラン経営の経験の中で、ひとの使い方と使われ方、そして倒産、借金とたいへんな苦労をしたことが活きていると田代さんは語ります。来年は米寿「元気なうちはお店を続けたい」  田代さんは来年88歳、米寿を迎えます。いまでも朝4時に起きて仕込みをし、1個1個手作りでシューマイを作っています。それに加えて、品川区商店街連合会の副会長という要職も担っていて、毎日が大忙しです。今回お話をうかがっていても、はつらつとして年齢をまったく感じさせることがありませんでした。「元気なうちはお店を続けたい」とおっしゃってくれたことを、とてもうれしく思いました。(2021年6月4日 丸田商店にてインタビュー)丸田商店東京都品川区西中延2-18-3 東急池上線荏原中延駅から徒歩3分
  • 中延のおやつ 3選! 和菓子編!

    中延のおやつ 3選! 和菓子編!

    こんにちは!「ロコっちなかのぶ」レポーター、「中延贔屓」を運営しております坂田です!やや間が空いてしまいましたが、2発目の投稿です!Twitterで「中延はスイーツの街」と言っている方がいらしたのですこんにちは!「ロコっちなかのぶ」レポーター、「中延贔屓」を運営しております坂田です!やや間が空いてしまいましたが、2発目の投稿です!Twitterで「中延はスイーツの街」と言っている方がいらしたのですが、確かになるほど!と思いまして、こんな投稿を考えてみました。題して「中延のおやつ 3選! 和菓子編!」番外編も少々あり・・。※今回も掲載順は順位ではありません。荏原中延駅から中延駅方面の順で掲載します。荏原中延駅前のランドマーク!「伊勢屋」   ジモト民なら知らない人はいないであろう、荏原中延駅前の最早ランドマーク「伊勢屋」私が物心ついた時にはありましたので、創業は50年以上とかではないでしょうか?(今度、聞いてみたいと思いますが、知っている方がいたら教えてください笑)流石に、昔の店舗の外観を思い出せませんが、一度建替えされて、今のキレイな外観になってます。子供たちの「一升餅」もこちらで購入させていただきました。さて、おやつ系和菓子の代表格「みたらし団子」。伊勢屋のみたらし団子は、ハッキリした餡の味かつ餅食べてるなあ~感があり、3選の中では、一番食べ応えがあるかもしれません!そして・・!和菓子屋と言えば、おにぎりもある訳ですが、伊勢屋さんは、おにぎりも美味しい!良く利用させていただいております。(おにぎりの話は、中延のおにぎり!などの投稿の機会に詳しくお伝えできればと!)都営浅草線中延駅出口の前!「みなもと」     都営浅草線中延駅A3出口を出てすぐ目の前!「みなもと」私の記憶が確かならば、中学同級生のご実家。個人的な見解ですが、みなもとは中延和菓子店の中で一番の個性派と言っても過言ではない!まず、店の雰囲気。江戸時代の街道沿いの茶屋みたいだと勝手に思ってます(笑)そして、POPが個性的かつ多い!ナイスわちゃわちゃ感!好きです。さて、和菓子ですが、写真のいちご大福!中に餅に包まれたいちごが入っていて、外側があんこで覆われていて、てっぺんにもう一個いちごが乗っているんです。こんないちご大福見たことない!中々の個性派!更に味も、いちごがすごく甘くて美味しい!試してみる価値ありです。(今も、この形態で売られているか分かりませんが・・)そして、和菓子の定番、みたらし団子!みなもとのみたらしは、とにかく餅が柔らかくてスルッと食べられます!串が竹串なのも、レトロな感じで良いですね。更にダメ押し!個性派情報!みなもとさん、アプリあります!!気になった方は、是非ダウンロードしてみてください!和菓子の超有名店!「倉田屋」      餃子5選の時と同じ件になってしまいますが・・、倉田屋は「ロコっちなかのぶ」のエリアとしてはギリギリかもしれない、地下鉄中延東口商店会に位置する和菓子の超有名店!店頭にもディスプレイされている〝私がしあわせな東京豆大福 五〇の覚書き″という本の中で、なんと!倉田屋さん、一番に選ばれているのです!そう!倉田屋さんは豆大福が名物(写真、ご参照ください)その美味しさは太鼓判!加藤茶さんも、倉田屋の豆大福を差し入れに使っていたらしいです。さて、みたらし団子(結局、中延のみたらし3選!みたいになってますが・・笑)3選の中では、餡の味、餅の柔らかさ含め、一番バランスの良さを感じる逸品!そして、包み紙の可愛さにも癒されます。豆大福はじめ、是非お試しいただきたい名店です!番外編!「ゼイタク煎餅」のうんちくなど・・  和菓子店と言えばもう一軒!ご存知!スキップロードにある「ゼイタク煎餅」ぜいたく煎餅が店名なのか?そこ自体はっきりしませんが、中延の店は、有名な水天宮にある総本店の系列店になります。中延店は、ホームページを見るとのれん分け店舗のひとつみたいです。のれん分け店舗も、分店と支店に分かれていて、中延店は分店に位置付け。総本店の社名が、株式会社重盛永信堂中延店の社名は、有限会社重盛清太郎商店苗字が同じなので、恐らく親戚関係にあり、その辺りから支店ではなく、分店なのかもしれません(あくまで推測ですが…)お店で一番リーズナブルなミニカステラが好きですが、やっぱり人形焼が一番美味しいですね…。最後に更なるうんちく。ぜいたく煎餅さん、元旦から営業している中延では数少ないお店ですが、以前、理由を聞いたところ、「単純に、年末年始が一番売れるから」との事でした・・!と言う事で、以上、「中延のおやつ 3選! 和菓子編!」でした!今回は和菓子に絞りましたが、その他の「中延のおやつ」も今後の投稿でご紹介できればと思います。まだまだ続くステイホーム・・。中延のおやつを楽しむ参考にしていただければ幸いです!
  • 中延の餃子の美味しい店 5選!

    中延の餃子の美味しい店 5選!

    こんにちは!この度「ロコっちなかのぶ」のレポーターになりました坂田重行と申します!ご存知の方がいらっしゃったら嬉しい限りですが、普段は各SNSで「中延贔屓」として中延情報を色々発信しております。さて、こんにちは!この度「ロコっちなかのぶ」のレポーターになりました坂田重行と申します!ご存知の方がいらっしゃったら嬉しい限りですが、普段は各SNSで「中延贔屓」として中延情報を色々発信しております。さて、記念すべき1発目の投稿!何を書こうか悩みましたが・・、中延贔屓として色々食べ歩いていて思うのですが、中延は何気に餃子の美味しい店が多い!!という事で、「中延は餃子の旨い店多い説」を勝手に提唱する私のあくまで個人的見解ではありますが、「中延の餃子の美味しい店 5選」をお届けします!※掲載順は順位ではありません。あくまで5選です。荏原中延駅から中延駅方面の順で掲載します。チェーン店?と侮るなかれ「味の店 錦」  荏原中延駅裏辺りに位置する「味の店 錦」洋食の名店「洋食ふじかわ」の並びと言えば、お分かりでしょうか。この餃子。家庭的餃子の最高ランクと言っても過言ではないかもしれません!焼き具合と餡のバランスが絶妙で、私の中ではご飯のおかずに最適な餃子です。 こちらは「餃子 ライス 半ラーメン」のセット。因みに、こちらのラーメンも家庭的なあっさり味のラーメンで、餃子とともにオススメ!騙されたと思って(笑)、是非一度食べていただきたいです!荏原中延駅前のお馴染み「中国料理 万里」  ジモト民なら、その存在を知らない人はいないであろう、荏原中延駅前に位置する「中国料理 万里」この餃子、題して「自慢手作り餃子」と言います。最初に食べた時、自慢とか言っちゃって大丈夫~?と思いましたが、一口食べて衝撃!肉汁がめちゃくちゃ溢れてきます!餡、すごくジューシー!皮、中々のプリプリ感!見た目では、ジューシー感をあまり感じないかもしれませんが、万里の餃子は、自慢と名乗ってオーケーな逸品だったのでした・・!因みに、コロナ禍で昨年導入された店頭什器でも、持ち帰り用の餃子を販売してますが、肉汁の衝撃は焼き立てならではですので、気になる方はぜひ店内でご体験ください!三代つづく中延の名店「三陽楼」  続いては、ジモト民に愛されてウン十年。名店「三陽楼」!ご存知の方も多いと思いますが、昨年10月に元の場所からスキップロード内に移転リニューアルオープン!お店の前を通る度、連日、お客さんで賑わっている様子が伺えます。訳あっての移転でしたが、この移転は大成功だったのではないでしょうか!!そんな三陽楼の餃子は、先代、先々代から丸型が特徴。子供の頃から、この餃子が大好きでした(ホントに美味しい・・!)三代目の餃子は、三陽楼伝統の丸型を継承しつつも、ただの焼き餃子の枠を超えて、ひとつの料理として、完全に昇華している素晴らしい逸品。かなりご無沙汰しているので、これを書いていたら食べたくなってきてしまいました。近々、味わいにお伺いしたいと思います!これぞ町中華!中延駅前通りの「大元」  中華料理のお店が多い中延駅前通り商店会の中でも、ひと際、ザ・町中華の風格漂う「大元」!実は、長年、何故か入るのを躊躇っていたのですが・・、昨年12月に初めて訪問。その時食べたのが、こちらの半炒飯と餃子。大元の餃子は、とにかく焼き目が美しく、皮もモチモチ。中延の餃子の中でも、町中華の王道を行く美味しさ!だと感じました。因みに、炒飯もチャーハンではなく、昔ながらの焼き飯と言った感じで美味しかったです。大元も、是非、騙されたと思って(笑)、扉を開けていただきたいお店のひとつです。知る人ぞ知る?ラーメンの名店「Fusionラーメン醬太郎」   「ロコっちなかのぶ」のエリアとしてはギリギリかもしれない、地下鉄中延東口商店会にある知る人ぞ知る?ラーメンの名店「Fusionラーメン醬太郎」!醬太郎へは、中延のラーメン屋を深掘りしていた時に初訪問したのですが、何の気なしにラーメンと一緒にオーダーしたこちらの「水餃子」がラーメン以上に出色でした~!タレの味が最高に美味しくて、ラーメン食べずに、水餃子だけリピートしてお酒を飲み続けたい!と思ってしまう程、ツマミとして完璧かつ隠れた逸品!5選の中で、唯一、焼き餃子ではなく、水餃子のエントリー!気になった方は、是非、お試しください!!と言う事で、以上、「中延の餃子の美味しい店 5選」でした!これ以外にも、まだまだ美味しい餃子の店はありますし(例えば、四川楼とか・・)、未食の餃子もまだまだあるのですが、中延グルメを楽しむ参考にしていただければ幸いです!
  • 中延を応援するサポーターを募集(店舗様・事業者様向けご案内)

    中延を応援するサポーターを募集(店舗様・事業者様向けご案内)

    中延を応援するサポーターを募集(店舗様・事業者様向けご案内)なかのぶ を盛り上げる仲間を支えるサポーター制度 「ロコっち なかのぶ」は中延を盛り上げたいと思っているジモト民が仲間となって運営しています中延を応援するサポーターを募集(店舗様・事業者様向けご案内)なかのぶ を盛り上げる仲間を支えるサポーター制度 「ロコっち なかのぶ」は中延を盛り上げたいと思っているジモト民が仲間となって運営しています(その地域に生まれ育ったひとや住んでいるひとだけでなく、なんらかの縁や関心があるひとを、ロコっちでは"ジモト民”と呼んでいます)。中延でお店を構えている方や事業を営んでいる方に同じジモト民として、中延の魅力を記事にして発信するレポーターや「ロコっち なかのぶ」ウェブサイトの運営スタッフを支えるサポーターになっていただきたいと考えています。サポーターになっていただくと、「ロコっち なかのぶ」編集部がお店や事業所に訪問して、インタビューや写真撮影といった取材させていただきます。そして、店舗様・事業者様の想いに寄り添った魅力を伝える個別の情報ページと記事(1本)を作成し、「ロコっち なかのぶ」のピックアップエリアという特に目立つ位置に優先的に掲載します。地域密着メディア「ロコっち」の効果「ロコっち なかのぶ」は中延駅と荏原中延駅を起点におおよそ徒歩10分圏内の情報を取り上げ、中延ジモト民に向けて届けています。すなわち、店舗様・事業者様にとって、一番身近で大切なジモト民のお客様に情報が届くので、店舗様・事業者様とお客様との間に強い絆を作り、ファンになってもらうチャンスを増やすことができます。加えて、2021年3月には、店舗様・事業者様がご自身で直接ロコっちに記事を投稿できる機能を追加する予定です。この機能を使うと、新商品・新メニューの発表や、キャンペーン・イベントの情報を好きなタイミングで「ロコっち なかのぶ」に掲載することができます。「ロコっち なかのぶ」に店舗様・事業者様の情報を掲載しておけば、簡単にSNSでシェアして拡散することもできます。サポーターになるにはサポーター制度へのご加入は「ロコっち なかのぶ」編集部までお申し込みください。ロコっち なかのぶ 編集部 メールアドレスnknb@locotch.jp入会金30,000円、月会費3,000円(税込み)を申し受けます。サポーターの皆様の大切なお金は、中延の魅力を伝えるジモト民レポーターの方々への謝礼や、記事制作の経費、「ロコっち なかのぶ」ウェブサイトの運用・保守費用に充てさせていただきます。また、将来には、中延ジモト民がみんな一緒に楽しめ、地域が盛り上がるイベントの開催にも充てたいと考えています。「ロコっち なかのぶ」の仲間を増やそうキャンペーン「ロコっち なかのぶ」のオープンにともない、中延を一緒に盛り上げるジモト民仲間をたくさん増やしたいと思っています。そこで、入会金30,000円のところをいまなら無料で、店舗様・事業者様個別の情報ページと記事1本を編集部が制作して、以降は月会費だけで継続的に「ロコっち なかのぶ」に掲載させていただきます。よくあるご質問 「ロコっち」はほかのウェブメディアとどう違うのですか?「ロコっち」は駅を基点にした周辺情報をジモト民に届けるメディアです。扱うエリアの広いほかのウェブメディアに比べて、店舗様・事業者様にとって、一番身近で大切なジモト民のお客様にピンポイントで効果的に情報を届けることができます。ジモト民とは何ですか?その地域に生まれ育ったひとや住んでいるひとだけでなく、なんらかの縁や関心があるひとを、ロコっちでは"ジモト民”と呼んでいます。サポーターになるにはどうすればいいですか?「ロコっち なかのぶ」編集部までメールにてお申し込みください。ロコっち なかのぶ 編集部 メールアドレスnknb@locotch.jpサポーターにはお金がかかるのですか?入会金30,000円、月会費3,000円(税込み)を申し受けます。ただいま「ロコっち なかのぶ」仲間を増やそうキャンペーン中ですので、入会金30,000円は無料となっています。なお、キャンペーンは予告なく終了する場合があります。仲間を増やそうキャンペーンとは何ですか?「ロコっち なかのぶ」のオープンにともない、中延を一緒に盛り上げるジモト民仲間をたくさん増やすため、入会金30,000円を無料とするキャンペーンを実施中です。なお、キャンペーンは予告なく終了する場合があります。入会金・会費以外にお金はかかりますか?追加の記事の制作を編集部に依頼される場合、別途費用を申し受けます。店舗様・事業者様がご自身でロコっちに記事を投稿する機能を使用する場合、追加の費用はかかりませんが、店舗様・事業者様ご自身で記事の執筆、写真撮影をしていただく必要があります。サポーターになるとメリットはありますか?「ロコっち なかのぶ」編集部が店舗様・事業者様個別の情報ページと記事(1本)を制作し、「ロコっち なかのぶ」に掲載します。店舗様・事業者様にとって、一番身近で大切なジモト民のお客様にピンポイントで効果的に情報を届けることができます。店舗様・事業者様がご自身で直接ロコっちに記事を投稿できる機能(2021年3月リリース予定)を使うと、新商品・新メニューの発表や、キャンペーン・イベントの情報を好きなタイミングで「ロコっち なかのぶ」に掲載することができます。サポーターを途中でやめるとペナルティはありますか?サポーターを途中で退会する場合も、ペナルティ(違約金等)はございません。なお、退会をお申し出いただいた月の翌月まで会費を申し受けます。サポーターの会費は何に使われますか?中延の魅力を伝えるジモト民レポーターの方々への謝礼や、記事制作の経費、「ロコっち なかのぶ」ウェブサイトの運用・保守費用に充てさせていただきます。また、将来には、中延ジモト民がみんな一緒に楽しめ、地域が盛り上がるイベントの開催にも充てたいと考えています。会費の月々の支払いはめんどうではないですか?月々の会費は銀行口座からの自動引き落としになりますので、めんどうな手間はかかりません。サポーターになれるのは店舗・事業者だけですか?店舗や事業を営む法人・個人事業主の方だけでなく、中延を応援したい個人の方もサポーターになっていただけます。詳しくは「ロコっち なかのぶ」編集部までお問い合わせください。町会・自治会、NPO法人、趣味サークルも団体の情報ページや記事を掲載できますか?町会・自治会、NPO法人、趣味サークルといった非営利団体も「ロコっち なかのぶ」に情報ページや記事を掲載いただけます。非営利団体向けの入会金・月会費優遇プログラムを設けておりますので、詳しくは「ロコっち なかのぶ」編集部までお問い合わせください。お問い合わせ■サポーターになりたい■もうちょっと詳しく知りたい■サポーターになるかはわからないけど、中延を盛り上げることを手伝いたいと思われたら、まずはお気軽にこちらのアドレスにお問い合わせください。ロコっち なかのぶ 編集部 メールアドレスnknb@locotch.jp
  • なかのぶに商店街はいくつある?

    なかのぶに商店街はいくつある?

    なかのぶ に商店街はいくつある? 中延に商店街(会)はいくつあるか知ってますか?荏原中延駅と中延駅あたりで買いものをすると、荏原中延駅から中延駅の間をつなぐアーケード街の「なかのぶスキップロード」(中なかのぶ に商店街はいくつある? 中延に商店街(会)はいくつあるか知ってますか?荏原中延駅と中延駅あたりで買いものをすると、荏原中延駅から中延駅の間をつなぐアーケード街の「なかのぶスキップロード」(中延商店街振興組合)、荏原中延駅前から文化センター通り方面へとのびる「サンモールえばら」(東栄会商店街振興組合)、そして中原街道方面へとのびる昭和通り商店会といったところは、商店街の看板が目立つので気が付いているのではないかと思います。でも、中延のいろいろな通りを散策しながら街灯などをよく見てみると、ほかにも商店街の名前が出ているのがわかります。通りが別の場合だけでなく、ひとつの通りに沿って並んでいるお店でも、じつは商店街が違っていることもあるようです。「ロコっち なかのぶ」編集部が中延の街を実際に歩いてみて回ったり、昔からのジモト民の方にインタビュー調査したところ、以下のに商店街があることが確認できました。ひょっとしたら、もっとあるのかもしれません。中延の商店街(会)・なかのぶスキップロード(中延商店街振興組合)・サンモールえばら(東栄会商店街振興組合)・昭和通り商店会・中延駅前通り商店会・中一商店会・中延中央振興会・浪花会商店会・共栄会(順不同)※「ロコっち なかのぶ」編集部 調べ)編集部では今後、これらの商店街のお店に独自取材をして、中延の魅力を発掘してお伝えしていきます! 
  • なかのぶがもっと好きになる発見サイト「ロコっち なかのぶ」がオープン

    なかのぶがもっと好きになる発見サイト「ロコっち なかのぶ」がオープン

    なかのぶがもっと好きになる発見サイト「ロコっち なかのぶ」がオープンジモト民によるジモト民のための地域情報サイト「ロコっち なかのぶ」がオープン2021年2月22日、ジモト民によるジモト民のための地域なかのぶがもっと好きになる発見サイト「ロコっち なかのぶ」がオープンジモト民によるジモト民のための地域情報サイト「ロコっち なかのぶ」がオープン2021年2月22日、ジモト民によるジモト民のための地域情報サイト「ロコっち なかのぶ」がオープンしました(その地域に生まれ育ったひとや住んでいるひとだけでなく、なんらかの縁や関心のあるひとを、ロコっちでは"ジモト民”と呼んでいます)。「ロコっち」は、「ジモトがもっと好きになる発見サイト」をキャッチコピーとした、ジモト民スタッフがジモト民ならではの視点で、各エリアで活躍している人へのインタビューや、ジモト民の参考になる体験を紹介するサイト。従来の地域メディアと比べ、駅を中心とした狭いエリアにフォーカスして、その地域に住むひと、働くひとに身近で役立つ情報をお届けします。 ジモトがもっと好きになる発見サイト|毎日更新|週末の楽チンおでかけイベント情報など、あなたの地元情報総まとめ|ロコっち ロコっちは、あなたのジモト体験を豊かにする情報サイトです。街のあらゆるジモト情報を収集し、日々更新しています。早速ジモト情報を探してみよう! 現在、たまプラーザ(横浜市青葉区)、センター南(横浜市都筑区)、新百合ヶ丘(川崎市麻生区)の3エリアで、それぞれのジモト民によって運営されており、地域のイベント情報の掲載や地域活動の紹介、新店舗のレポート、他メディア記事へのリンクなどの深く潤沢な情報量で注目されています。「ロコっち なかのぶ」は、ロコっちでは初の東京都内を対象としたサイトで、東急大井町線・都営浅草線中延駅、東急池上線荏原中延駅を中心としたエリアの店舗の情報や地域活動を中心に紹介していく予定です。 お問い合わせはこちらロコっち なかのぶ 編集部 メールアドレスnknb@locotch.jp
  • あなたが発見した中延の魅力をロコっちに掲載しませんか?

    あなたが発見した中延の魅力をロコっちに掲載しませんか?

    あなたが発見した中延の魅力をロコっちに掲載しませんか?なかのぶ の魅力を伝えるレポーターを募集!品川区中延の情報をお届けする「ロコっち なかのぶ」では、記事を書いてくださるレポーターを募集しています。あなたが発見した中延の魅力をロコっちに掲載しませんか?なかのぶ の魅力を伝えるレポーターを募集!品川区中延の情報をお届けする「ロコっち なかのぶ」では、記事を書いてくださるレポーターを募集しています。文章を書くのは苦手だな、写真がうまく撮れないなという方でも、編集部がアドバイスや校正をするので心配はいりません。中延が好きという方に、ぜひレポータとして仲間になってもらいたいと思っています。なかのぶ に関わることならなんでもOK! 記事の内容は、中延に関わることなら基本的に何でもOKです!自分のオススメのお店のこと、自分が主催したり参加したイベントのこと、散歩していて発見したことなど、中延での日々の生活の中でのできごとを、ブログを書いたりSNSに投稿するような気軽な感じで書いていただくので大丈夫です。例えばこんな記事…■和菓子屋さんで買ってきた大福がとっても美味しかった■駅前の通りにできた新しいお店に行ったら、とっても素敵な店員さんがいた■散歩してたら公園の花壇にきれいな花が咲いているのを見つけた■町会の行事に参加したら子どもが意外と楽しんでて、新しい友だちができた■中延出身の後輩が活躍してて、ニュースで取り上げられてたレポーターになっていただきたい方月に何本の記事を書かないといけないといった、ノルマはまったくありません。お仕事や家事の合間のスキマ時間を活用していただくので大丈夫です。年齢性別ももちろん問いません。その地域に生まれ育ったひとや住んでいるひとだけでなく、なんらかの縁や関心のあるひとを、ロコっちでは"ジモト民”と呼んでいます。中延ジモト民の仲間で、一緒に中延を盛り上げていきたいと思っています。例えばレポーターとして仲間になっていただきたい方…■中延に住んでいる、働いている、学校に通っている■中延に親戚や友だちがいて、何か縁がある■中延に買い物に来る■中延が乗り換え駅で、よく立ち寄る■とにかく中延が好きレポーターとなって記事を執筆してくださった方には、ほんの気持ちばかりですが謝礼をご用意しています。副業を始める機会としてもご活用いただけます。お問い合わせはこちら■レポーターになりたい■記事が書けるかどうかわからないけど興味がある■もうちょっと詳しく知りたい■記事は書けないけど、中延を盛り上げることを手伝いたいと思われたら、まずはお気軽にこちらのアドレスにお問い合わせください。ロコっち なかのぶ 編集部 メールアドレスnknb@locotch.jp

Organizations