たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト

たまプラーザのランチレポート⑰ モンスーンカフェのアジアンランチ

今回紹介するのは、エスニックレストラン・モンスーンカフェです。たまプラーザ最大規模のレストランとしても知られ、昼も夜も大人気、駅近ながら無料駐車場があるお店としても人気ですね。
エキゾチックな外観
モンスーンカフェがあるのは、たまプラーザからあざみ野へ続く欅並木沿い。ケーズデンキのはす向かいにあります。 エキゾチックな立派な建物で、石像などもあります。
たまプラ最大!とにかく広い店内
店内は吹き抜けで開放感があります。とにかく広く、たまプラーザで100人規模の着席パーティーが出来る場所はここだけではないでしょうか。2階にも席があり、中には座敷席もあります。
基本のランチは1,350円から
基本のランチは1,350円。前菜3種盛合せ(ベトナム風生春巻き、サラダ、日替わり前菜)、 メイン料理、デザート、ドリンクがセットです。 メインは下記の5種類から選ぶことができます。ご飯物はタイ米か玄米を選べます。 ・鶏肉のガパオ炒めごはん ・日替わりカレー(グリーン、レッド、マレーシアン) ・ガパオ&日替わりカレー ・パッタイ(=海鮮焼きビーフン) ・鶏肉のフォー デザートは下記の3種類です ・白玉かぼちゃぜんざい ・マンゴープリン ・杏仁豆腐 ドリンクにはアルコールもあり、生ビールやサングリアを選ぶこともできます。また、ジャスミンティー、オリエンタルティー、アイスコーヒーはおかわり自由です。 また、これ以外にもさらに豪華なランチコース(1人1500円)や、サイドメニューもあります。ランチタイムはハッピーアワーなので、お酒が390円で飲めるのも嬉しいですね!
ボリューム満点で満足度大
私達は、2つの味が楽しめるガパオ&日替わりカレーと、パッタイを注文しました。 まずは前菜。定番の生春巻きに加え、豆たっぷりのサラダとやや小さめの揚げ春巻きでした。野菜をいっぱい取れるのが嬉しいですね。 そして、メイン料理のガパオ&日替わりカレー。日替わりカレーはグリーンカレーでした。 グリーンカレーというとすごく辛いイメージがありましすが、一般的な日本人の方なら全然問題ないレベルで、美味しかったです。むしろガパオのほうがピリっとする感じですが、ご飯との相性は抜群でした。 続いてパッタイ。 パッタイの日本名は「海鮮焼きビーフン」ですが、日本人が想像するビーフンとは違い、平たいきしめんのような麺です。海鮮たっぷりのあっさり味で、日本人好みの美味しさだと思います。辛いものが苦手な人にはぴったりのメニューです。パクチーはすみっこにかたまっていて、苦手な人がよけやすい配慮もいいですね。 デザートは、白玉かぼちゃぜんざいとマンゴープリン。 かぼちゃぜんざいは、かぼちゃの濃―い甘さが楽しめる一品でかぼちゃ好きにはたまりません。マンゴープリンもとても本格的な味で、両方ともおいしかったです。このデザートはポイント高いですね。
リーズナブルなキッズメニューも
モンスーンカフェは、ファミリーにも人気ですが、ちょっと高め、という印象の方もいらっしゃるかもしれません。でも、実はキッズメニューは結構リーズナブル。500円で、鶏肉のガパオ炒めごはんか鶏肉のフォーを選ぶことができ、ジュース(りんごまたはオレンジ)もつきます。 このメニュー、以前はなかったと思うので、ますますファミリーで行きやすくなった印象です。
ランチ概要
店舗名:Monsoon Cafe (モンスーンカフェ) 住所: 横浜市青葉区美しが丘5-2-15(たまプラーザ駅徒歩5分) 電話番号:045-905-5155 ランチタイム:11:00~14:00(土日祝は~15:00) 定休日:毎週水曜日 予約:可能

Organization

Reporter

  • 藤村 希

    藤村 希

    株式会社ロコっち代表取締役/ロコっち たまプラーザ編集長

    ニックネームは「のぞみん」 自分が出産してからジモトで過ごすことが多くなり、ジモトの情報をもっと効率的に入手したい!と思うようになり、ロコっちを立ち上げました。たまプラからスタートし、もっと地域を広げていきたいと思っています。 たまプラーザちょい呑みフェスティバル実行委員、たまプラ一座まちなかパフォーマンスプロジェクト実行委員、よこはまハロウィン実行委員。 中小企業診断士&MBAでもあり、ビジネス相談もお受けしています。

News

Movie

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>