たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト

たまプラーザランチレポ その㉛ 天ぷら 佐藤のランチコース

先日青葉ブランドにも認定され、現在注目を浴びている「天ぷら 佐藤」。たまプラーザでは珍しい本格的な天ぷらが味わえるお店です。お手軽な定食や丼物もありますが、今回はちょっとだけ奮発して、ランチコースにトライしました!
外観
天ぷら 佐藤は、イトーヨーカドーの前の駅前通りをまっすぐのぼり、みずほ銀行を過ぎたところ、左側の茶色いビルの1階にあります。白い提灯が目印です。
内観
天ぷら屋さんらしく、カウンターが中心ですが、入口付近には大きなテーブルも。 今回は6名だったので、こちらのテーブル席でいただきました。
メニュー
天ぷら屋さんというと、敷居が高いですが、実はランチは1200円で、かき揚げ天丼や、天ぷら定食も楽しめます。ランチコースも1980円から、とそんなに高くないなので、ゆったりとお食事を楽しみたい方にはうってつけでしょう。
実食
今回は、1980円の天ぷらコースを注文しました。 最初に来たのはこのセット。サラダに天つゆ、そして岩塩と抹茶塩です。 そして、次からウキウキの天ぷら8連続!最初からいきなり海老が来ました。見てください、このまっすぐな海老! 食感もプリプリで感動しました。海老はこの後すぐにもう1尾来ました。 塩と天つゆがありますが、天ぷらによっておすすめの食べ方を教えてくださるので、それに従っていろいろな食べ方ができます。ちなみに海老は塩でした。 2品目はベビーコーン。ベビーコーンの天ぷらを食べたのは初めてでしたが、歯ごたえがあって、美味しかったです。 3品目、茄子。こちらは天つゆでいただきました。とても甘みのある大きい茄子でした! 4品目、イトヨリダイ。初めて食べるふわふわの食感でした! 5品目、しいたけ。こちらは大根おろしをのせて、塩でいただく、という新しいスタイル!肉厚で、噛むと旨みが染み出し、大満足。 6品目、オニオンヌーボー。オニオンヌーボーとは若摘みした玉ねぎのこと。後で調べたところ2~4月にしか出回らないものだそう。甘みが半端なかったです! 7品目、赤いか。大葉と一緒に揚げられていたのですが、大葉の香りがとても心地よかったです。また、いかというとかたいイメージがありますが、とても柔らかくて、食べやすかったです。 ラスト8品目は有機栽培のピーマン。すごく大きく立派なピーマンでした。種も食べられるのですが、それがいい食感のアクセントになっていました。天ぷらのピーマンが主役に見えたのは初めてです。 最初に苦手な食材を聞いてくださるのですが、ピーマンが苦手なメンバーがいました。その方にはカリフラワーを出してくださいました!嬉しい心遣いですね。 シメは天丼、天茶、天ばらから選ぶことができます。 私は天茶(=天ぷら茶漬け)を選びました。 天茶自体はとても美味しかったのですが、同時にお椀も来るので、水分が多くなってしまい、組み合わせ的には別のものの方がベターだったと感じました。 ちなみにこちらが天丼。 こちらが天ばらです。天ばらと昆布、いぶりがっこを刻んだものが混ざったもので、珍しいこともあり、シメの中では一番人気があるそうです。 定食と違ってアツアツものものを一つ一つ食べられるというのはとても贅沢!このコースで1980円はすごくお得だと思いました。
子供はOK?
本格的な天ぷら店なので、落ち着いて食べられない年頃の子どもはNG。アラカルトもOKなので、小学生になれば家族で行けるのではないでしょうか。

Organization

  • 天ぷら 佐藤

    天ぷら 佐藤

    青葉ブランドにも認定され、現在注目を浴びているたまプラーザでは珍しい本格的な天ぷら店。 ランチは天ぷら定食やかき揚げ丼の他、安価なコースもあり、気軽に天ぷらが楽しめる。

Reporter

  • 藤村 希

    藤村 希

    株式会社ロコっち代表取締役/ロコっち たまプラーザ編集長

    ニックネームは「のぞみん」 自分が出産してからジモトで過ごすことが多くなり、ジモトの情報をもっと効率的に入手したい!と思うようになり、ロコっちを立ち上げました。たまプラからスタートし、もっと地域を広げていきたいと思っています。 たまプラーザちょい呑みフェスティバル実行委員、たまプラ一座まちなかパフォーマンスプロジェクト実行委員、よこはまハロウィン実行委員。 中小企業診断士&MBAでもあり、ビジネス相談もお受けしています。

News

Movie

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>