たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト

第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバルに参加してみた! ③和食と燻製 とりとうま

2019年5月28日、29日に行われた第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバル。2500円(前売券は2400円)のチケットを買うと、3店舗でそれぞれ1フード1ドリンクが楽しめるはしご酒イベントです。(参加方法の詳細は下記参照)
  • 第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバル

    第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバル

    第10回 5/28(火)、29(水)に開催決定! 半年1回に開催されるたまプラーザの飲食店を呑み歩くお祭りです。 チケットは3枚綴りで1枚のチケット(前売2,400円、当日2,500円)でワンフード・ワンドリンクが楽しめます。これを機に新しいお店を開拓してみよう!
    チケット販売所
    前売券:参加28店舗、アロウ靴店、セントラル産業㈱、昭和調剤薬局 当日券:参加28店舗、たまプラーザ駅前、たまプラーザ中央商店街入口
    チケットのご利用方法
    1.チケットは3枚綴で2,500円(前売り2,400円)です。(買取や払い戻しはできません) 2.1枚のチケットでワンフード・ワンドリンクが楽しめます。 3.同じ店で何枚でも使えます。(足りなくなったらお店で購入してください) 4.ちょい呑みメニュー以外のドリンクやお料理は実費精算となります。
    お楽しみ企画
    40名様に10月下旬に開催予定の第11回ちょい呑みフェスティバルチケット(2,500円相当)が当たります。チケット上端の抽選番号をチェック! 当選発表日:2019年6月6日(ちょい呑みフェスティバル実行委員会Facebookページ、ロコっち、参加店店頭) お渡し期間:2019年10月下旬(第11回ちょい呑みフェスティバル開催期間中) お渡し場所:3丁目カフェ店頭
私は、5月29日(水)に参加し、17時から6店舗をまわりました!今回は3店舗目をご紹介します。 1店舗目 クラフトビアキッチンのレポート 2店舗目 ラムギ屋のレポート
3軒目は和食と燻製 とりとうま
2軒目のラムギ屋を出たのが、18:45頃。この後予定があるという1人が帰り、4人になりました。3軒目は、同じ美しが丘4丁目にある和食と燻製 とりとうまに決めました。 とりとうまは料亭出身のご主人が営む大人の居酒屋。初参加だった前回は、駅から最も遠い店舗ながら、なかなかの人気でした。店名通り、鶏と馬が楽しめます。
フードもドリンクもグレード高め
とりとうまのちょい呑みメニューは、フードが「燻製合鴨ロースの炙りスライスと燻製チーズの盛合せ」「馬肉と根菜の味噌煮」の2種類からのセレクト。ドリンクはプレミアムモルツ生ビール、角ハイボールプレミアムタンブラー、サワー、チリワインなどです。 角ハイボールのプレミアムタンブラーは、角ハイが最もおいしく飲めるように考え抜かれて開発されたタンブラーで、非常に珍しいものだそうです。
ちょい呑みでも、落ち着いて楽しめる
4人なので、フードは2皿ずつ、注文しました。前の2店舗ががっつり臨場感ある肉の店舗だったので、ちょっと落ち着ける感じも嬉しいです。 そして3回目の乾杯。2人はプレミアムタンブラーです! 燻製合鴨ロースの炙りスライスと燻製チーズの盛合せ。合鴨もチーズも燻製の風味がとてもいいです。 馬肉と根菜の味噌煮。馬肉はそんなにクセを感じず、食べやすいです。 そしてこちらが角ハイプレミアムタンブラー。 とりとうまはお料理は美味しいし、落ち着いた雰囲気もGoodな素敵なお店でした。駅からちょっと遠いけれど、わざわざ歩いてくる価値ありでした!

Organization

Reporter

  • 藤村 希

    藤村 希

    株式会社ロコっち代表取締役/ロコっち たまプラーザ編集長

    ニックネームは「のぞみん」 自分が出産してからジモトで過ごすことが多くなり、ジモトの情報をもっと効率的に入手したい!と思うようになり、ロコっちを立ち上げました。たまプラからスタートし、もっと地域を広げていきたいと思っています。 たまプラーザちょい呑みフェスティバル実行委員、たまプラ一座まちなかパフォーマンスプロジェクト実行委員、よこはまハロウィン実行委員。 中小企業診断士&MBAでもあり、ビジネス相談もお受けしています。

Special

News

Movie

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>