たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト

第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバルに参加してみた! ④関西串カツ まるりゅう

2019年5月28日、29日に行われた第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバル。2500円(前売券は2400円)のチケットを買うと、3店舗でそれぞれ1フード1ドリンクが楽しめるはしご酒イベントです。(参加方法の詳細は下記参照)
  • 第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバル

    第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバル

    第10回 5/28(火)、29(水)に開催決定! 半年1回に開催されるたまプラーザの飲食店を呑み歩くお祭りです。 チケットは3枚綴りで1枚のチケット(前売2,400円、当日2,500円)でワンフード・ワンドリンクが楽しめます。これを機に新しいお店を開拓してみよう!
    チケット販売所
    前売券:参加28店舗、アロウ靴店、セントラル産業㈱、昭和調剤薬局 当日券:参加28店舗、たまプラーザ駅前、たまプラーザ中央商店街入口
    チケットのご利用方法
    1.チケットは3枚綴で2,500円(前売り2,400円)です。(買取や払い戻しはできません) 2.1枚のチケットでワンフード・ワンドリンクが楽しめます。 3.同じ店で何枚でも使えます。(足りなくなったらお店で購入してください) 4.ちょい呑みメニュー以外のドリンクやお料理は実費精算となります。
    お楽しみ企画
    40名様に10月下旬に開催予定の第11回ちょい呑みフェスティバルチケット(2,500円相当)が当たります。チケット上端の抽選番号をチェック! 当選発表日:2019年6月6日(ちょい呑みフェスティバル実行委員会Facebookページ、ロコっち、参加店店頭) お渡し期間:2019年10月下旬(第11回ちょい呑みフェスティバル開催期間中) お渡し場所:3丁目カフェ店頭
私は、5月29日(水)に参加し、17時から6店舗をまわりました!今回は3店舗目をご紹介します。 1店舗目 クラフトビアキッチンのレポート 2店舗目 ラムギ屋のレポート 3店舗目 和食と燻製 とりとうまのレポート
4軒目は関西串カツ まるりゅう
19:30頃、3軒目のとりとうまにいる時に、新百合ヶ丘在住の友人から「たまプラーザ駅に着いた!」という電話あり。雨の中たまプラーザ駅まで10分強歩き、合流、「関西串カツ まるりゅう」に向かいました。 まるりゅうは大盛況で、中は空いているのですが、片付けが間に合っていない状態。外で5分ほど待って入店できました。 まるりゅうはトラディショナルな関西の串カツ屋さんです。同じくちょい呑みをめぐっている知人に会ったのですが、彼らはちょい呑みだったはずが根が生えてしまったとのことで、それだけ居心地のよいお店のようです。
串カツ5本盛りは魅力!
まるりゅうのちょい呑みメニューは、フードが「串カツ5本盛り」「土手煮+黒豆枝豆」の2種類からのセレクト。ドリンクは生ビール、トリスハイボール、各種サワーなどです。 串カツ5本盛りはかなり満足度高そう!
みんなで分けるのも楽しい
5人のうち私含む3人は4店舗目でちょい呑み券がない状態でした。2人はもう満足したようで、まるりゅうで呑み続けることに決め、私だけ券を追加購入。串カツを2皿と、土手煮を注文しました。こうやって融通が利くのもちょい呑みのいいところですね。 そして4回目の乾杯! こちらが土手煮+黒豆枝豆。 そして串カツ5本盛り。アスパラ、ささみ、ヤングコーン、キスなど。アスパラのインパクトがすごい! 5人でじゃんけんして2本ずつ食べました。4軒目でお腹がふくれている時にはちょうどいい量。串カツも土手煮も枝豆もビールにはぴったりで、お酒が進みそうなお店でした。

Organization

Reporter

  • 藤村 希

    藤村 希

    株式会社ロコっち代表取締役/ロコっち たまプラーザ編集長

    ニックネームは「のぞみん」 自分が出産してからジモトで過ごすことが多くなり、ジモトの情報をもっと効率的に入手したい!と思うようになり、ロコっちを立ち上げました。たまプラからスタートし、もっと地域を広げていきたいと思っています。 たまプラーザちょい呑みフェスティバル実行委員、たまプラ一座まちなかパフォーマンスプロジェクト実行委員、よこはまハロウィン実行委員。 中小企業診断士&MBAでもあり、ビジネス相談もお受けしています。

News

Movie

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>