• 投稿日2022.7.27

走るライフプランナー!頼れる伴走者・山田裕之さん

トライアスロンという、過酷な競技でつちかった持ち前のバイタリティで、顧客の未来を守るために日本全国を飛び回っている、外資系金融機関のライフプランナー・山田裕之(やまだ ひろゆき)さん。 実直さと優しさを合わせ持ち、心から「困っている人を助けたい!」と奔走する山田さんに、その湧き上がるエネルギーの源泉や、熱い想いを伺いました。

インタビュー

Q、どのようなサービスをご提供されていますか?

A、私は2021年の4月から、ライフプランナーとして働いています。

お客様一人一人に寄り添い、最適なオーダーメイドの保険をご提案するスタイルですから、まず土台となるのはお客様との信頼関係です。

前職では、某製薬会社のMRとして5年半、広告部で2年半働きました。後半は、社内のいわゆる「縁の下の力持ち」的な役割で、精一杯向き合って来ましたが、やはり直接お客様と近くで接し、コミュニケーションを通してお役に立てる仕事がしたいと思い、僕自身が加入していた外資系金融機関とのご縁があって、現在の仕事への転職を決意しました。

Q、元々は顧客側の立場だったのですね。ご自身が加入したり、魅力的だと思うような保険があったのですか?

A、はい、そうなんです。実は、私には自閉症と知的障がいのある兄がいます。そして、母は7年前に若くして亡くなっているんです。今は、兄と父が一緒に暮らしていますが、親なき後に残される障がい者への備えをどうするのかについて色々と調べた結果、当社の保険が見つかりました。

残された障がいのあるご家族の経済的な不安を軽減させるために、『生命保険信託』という方法が活用できると知り、私の家族にもぴったりだと感じました。ご興味のあるかたは、詳細を直接ご相談いただく時にお伝えさせて頂ければと思います。

他にも、相続税の対策や一般的なライフプランのご相談にも、幅広く乗ることができます。

Q、なるほど!ご自身に、障がいをお持ちのご家族がいるからこそ、保険の仕組みのありがたみを実感されてきたのですね。

A、はい、それが僕の強みでもあり、得意分野でもあります。

障がいのあるご家族を持つかたの中には、周囲から理解されないことや、差別的な扱いへの不安から、障がいを隠したり、心身ともに内側に引きこもりがちになってしまうかたもいらっしゃいます。

でも僕は、つくづく障がい者のご家族こそ、良質なコミュニティへの参加や、情報交換ができる仲間づくりが必要不可欠だと思っています。

例えば、雇用の相談、預け先、困った時のサポート体制など、知っている情報をシェアできますし、コミュニティをご紹介することも可能です。

将来的には、雇用やグループホームを探すサポートの活動ももっと拡げていきたいと考えています。

障がい者を抱える家族だからこそのお悩みに、当事者として寄り添うことができますので、遠慮なく声をかけてください。

Q、誰にでも相談できる内容ではないからこそ、当事者として相談に乗ってくださるのは心強いですね!では最後に、山田さんの将来の目標や展望はありますか?

A、まずは、障がいの有無に関わらず、ご自身や大切なご家族が将来困らないように、お客様に心から寄り添ったライフプランを一緒に考えられる、そんな伴走型のプランナーでいられるように、精一杯走り続けます!

また、これは個人的な目標でもあるのですが、僕は大学からトライアスロンを始めて、主将を経験し、学生時代には全国5位の成績を収めることができました。小学校から始めた別のスポーツでは、なかなか成果を出すことができなかった僕にとって、この体験は自分を大きく変え、生きる上での自信を付けてくれる出来事でした。

トライアスロンは、あまりメジャーではありませんが、僕にとってはメンタルの根幹を鍛えるきっかけとなった大切なスポーツです。その恩返しができるように、トライアスロンを広め、また母校の監督になって次世代の選手を育てる夢を持っています。

人とのご縁と、僕を育ててくれたもの全てに感謝しながら、これからも精一杯活動していきたいです!

まっすぐな眼差しと、曇りのない声でご自身のエピソードを話してくださった山田さん。ごまかしの効かない「トライアスロン」という競技で鍛えた、ひたすら一つの目標に向かってコツコツ努力していく誠実な人柄が滲み出ていました。

先にも書いた通り、保険の営業活動よりも、まずは人間同士の信頼関係を構築するために、困った時に駆けつけて、寄り添えるライフプランナーでありたいという想いが伝わってきました。

山田さんへのご相談は、下記アドレスにお気軽にお問い合せください。

※無理な営業活動は致しませんので、ライフプランでお困りのことなら、些細なことでも遠慮なくご相談ください。

お問い合せメールアドレス:hryk604@gmail.com