たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト
  • デリオット

    デリオット

  • 世界の料理を提供するキッチンカー
    アジアを中心とした世界の料理を提供するキッチンカー。たまプラーザでは、毎月第3日曜日に美しが丘公園で開催される軽トラ元気市をはじめ、桜まつりやちょい呑みフェスティバルなどのイベントに出店している。
名称
デリオット

Articles

  • デリオット ~ 第8回ちょい呑みフェス出店者インタビュー③

    デリオット ~ 第8回ちょい呑みフェス出店者インタビュー③

    2018年5月29日(火)、30日(水)に行われる第8回ちょい呑みフェスティバルの出店者リストに、おなじみの名前にならんで、見慣れないお店の名前がひとつ。「デリオット(キッチンカー)」とはどんなお店なのか?最近、市ヶ尾のILMA CAFE(イルマカフェ)の敷地内で出店を始めたと聞き、店主の宮本洋美さんにお話を伺いに行ってきました。 普段はどのようなところに出店しているのですか? たまプラーザでは、昨年の12月から毎月第3日曜日に行われている軽トラ元気市に出店しているほか、桜まつりなどの季節イベントに参加しています。 また、このILMA CAFE(市が尾駅徒歩3分)は4月にオープンしたばかりなのですが、毎週火曜日11:00~、お店の前でランチボックスを販売しています。実は、カフェのオーナーの方に軽トラ元気市がきっかけで声をかけていただいたんです。それ以外は、大学や専門学校のランチタイムにお店を出しています。 黄色の車体が目を引くデリオットのキッチンカー どんなものを販売しているのですか? アジア系のお料理が中心に「世界の料理」を出しています。カオマンガイ、ガパオライス、チリビーンズ、タコライスなど。出店のたびにメニューは変えているのですが、カオマンガイやガパオライスは特に人気ですね。 この手のものは、飲食店では食べられるんですけど、テイクアウトのものはあまりなかったので、ニーズがあるのではないかと思って。また、自家製の黒ニンニクや、知り合いの農家さんの野菜も一緒に販売しています。 どんなお客様が多いですか? 場所によって客層は全然違うんですけど、軽トラ元気市や、イルマカフェでは、シニアの主婦の方や、赤ちゃん連れの方が多いですね。売れるものも全く違って面白いです。学生には全く受けない黒ニンニクが、元気市では大人気だったりします(笑) 黒ニンニクとは何ですか? 、2週間くらいかけてニンニクを熟成させたものなんです。ポリフェノールが豊富で、甘酸っぱい味です。 元気市で人気の黒ニンニクはなんとプルーンのような味わい いつキッチンカーを始めたのですか? 6年ほど前からです。まだ子供が小さかったので、最初は半分趣味でした。今も介護の仕事と両立しているので、そんなに出店頻度は高くありません。 もともとお料理の仕事をしていたのですか? 料理が仕事になったのは、実は介護の仕事がきっかけなんです。約8年前から、在宅介護で、お宅の冷蔵庫にあるもので作っていました。そのうち、デイサービスの手作り食も手掛けるようになって、一気に30人分の料理を作ることも経験しました。 その一方で、夫が車の設計の会社を経営していて、これからキッチンカーが流行りそうだから作っておこう、ということでキッチンカーができたのですが、1年以上放置していました。しかし、ちょうどその頃、人がお金を出して自分の料理を食べてくれるってすごく嬉しいと思っていて。せっかくだからキッチンカーをやってみよう、と。 ちょい呑みのフェスティバルのメニューは大奮発ですね。 そうですね、カオマンガイ、肉つくねのガパオソースがけ、ジャークチキン(チキンに香辛料をつけて焼いたもの)の3点盛りです。この機会に知っていただけたら嬉しいですね。同じスペースで出すシュタットシンケンさんは、元気市でも隣で、いつもいろいろ教えていただいています。 ちょい呑みメニューは豪華3点盛り! ちょい呑みドリンクのタピオカハイボールというのは初めて聞きました。甘いんですか? いえ、甘くないタピオカがハイボールの中に入っているんです。ストローで飲んでいただくので、早く酔えます(笑)桜まつりの時はこれにハマって3杯も続けて飲んでいただいた方もいらっしゃいました。 これからやっていきたいことはありますか? 現在、パートナーが1人いて、その方が大学や専門学校で活動したり、革細工を製作して販売することもあります。しかし、どちらかが使っているともう片方が使えないので、今都内でも映えるおしゃれな車をもう一台制作中です。 これで、もっとジモトである青葉区での活動を増やしていきたいですね。また、車を使用いただける方も募集中です!

Organizations

  • 黒龍

    黒龍

    たまプラーザ中央商店街にあるビルの2Fにある本格的な中華料理がリーズナブルに楽しめるレストラン。デリバリーも行っており、ほぼ全メニューを家で楽しむこともできる。
  • 黒毛和牛 腰塚

    黒毛和牛 腰塚

    東急百貨店の向かいにある焼肉店。 青葉ブランドにも認定され、そのクオリティには定評がある。テイクアウト可能なメンチカツやコンビーフも人気。
  • 串カツ 田中

    串カツ 田中

    2016年の8月にたまプラーザ中央商店街にオープンした人気の串カツ屋チェーン。出た目によってサイズや値段が変わるチンチロリンハイボールが有名。
  • 一兆庵

    一兆庵

    美しが丘公園に続く桜並木通り沿いにあるおむすび屋さん。女性店主・音居さんの心がこもったおむすびや、お惣菜、セレクト品が並ぶ。ピクニック用にテイクアウトするお客さんも多い
  • モンスーンカフェ たまプラーザ

    モンスーンカフェ たまプラーザ

    美しが丘5丁目にあるアジアンレストラン。座席数413席とたまプラーザで最も大きなお店でもあり、大規模なパーティーも頻繁に行われている。駅近ながら無料駐車場があることも人気の理由のひとつ。
  • ピッツェリア・エ・バール・ラ・ボラッチャ

    ピッツェリア・エ・バール・ラ・ボラッチャ

    たまプラーザ駅前通り商店街に位置する窯焼きピッツァの専門店で、本格的なナポリ風ピッツァが愉しめる。向かいのビルにあるミシュランガイドのビブグルマンを獲得したイタリアン「トラットリア・ラ・ボラッチャ」とは姉妹店。
  • ピザリーノ

    ピザリーノ

    お祭りを除くと、美しが丘公園で毎月第3日曜日に行われている軽トラ元気市のみで出店しているテイクアウトピザ。 東京・神奈川ではここだけ、という木製ペレット窯でピザを焼いており、テイクアウトとは思えない外はカリっと、中はふわっとした生地のピザを楽しめる。
  • パドマパレス

    パドマパレス

    美しが丘2丁目、美しが丘東小学校交差点のすぐ近くにある本格インドカレー店。 タイ料理やネパール料理も食べられるほか、お得なテイクアウトも人気。
  • ババリゾート バル

    ババリゾート バル

    フランフランのあるたまプラーザ駅前交番東側に面するバル。 おひとりさま限定の「夜バルセット」(950円)があり、1人でも入りやすい。
  • デリオット

    デリオット

    アジアを中心とした世界の料理を提供するキッチンカー。たまプラーザでは、毎月第3日曜日に美しが丘公園で開催される軽トラ元気市をはじめ、桜まつりやちょい呑みフェスティバルなどのイベントに出店している。
  • コマデリ

    コマデリ

    ジモトの食材をつかった手づくりのお弁当を販売するキッチンカー。たまプラーザでは、毎週水曜日に美しが丘4郵便局でお弁当を販売しているほか、お祭りなどで不定期に出店している。
  • ウチルカ

    ウチルカ

    鴨志田町にあるママたちが運営するレストラン。 ケータリングサービスも行っており、青葉区ならどこでも配達してくれる。20名以上限定のオリジナルメニューは見た目も豪華。
  • インドのとなり

    インドのとなり

    たまプラーザから鷺沼へ続く桜並木沿いにあるレトロなカレー屋さん。辛さや量を細かく選ぶことができる。ドライカレーも人気。
  • イタリアンロッジ テン

    イタリアンロッジ テン

    ユリノキ通り沿いにあるたまプラーザ駅から徒歩11分の隠れ家イタリアン。 その名の通り、ログハウス風で、柱には古民家で使われていた大木が使用されている。本格的なイタリアンながら子連れ歓迎なのも嬉しい。
  • アルとデデとピピ

    アルとデデとピピ

    たまプラーザからバスで10分のすすき野団地近くにある予約専門レストラン。料理研究家 山口香織さんによるオリジナルメニューのランチコースは質、量ともに大満足の内容。
  • TAZ CAFÉ

    TAZ CAFÉ

    美しが丘4丁目にあるカフェ風の居酒屋。店内は、カウンター席が中心で、インテリアとBGMにこだわっている。おすすめメニューは餃子。
  • Barbaro

    Barbaro

    野村證券の隣のビルにあるイタリアンレストラン。開放的な雰囲気で、昼間からワインを飲むお客さんが多い。

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>