たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト
  • ロコっち たまプラーザ編集部

    ロコっち たまプラーザ

  • たまプラの情報はおまかせください!
    ジモトがもっと好きになる発見メディア「ロコっち」のたまプラーザ版。たまプラーザの情報だけをひたすら供給する。たまプラーザはロコっちの展開第1号地域でもある。
名称
ロコっち たまプラーザ編集部
住所
横浜市青葉区美しが丘1-10-13吉村ビル107
メール

tmpz@locotch.jp

ウェブサイト

https://locotch.jp/tmpz/

Articles

  • 第2回たまプラ民アンケート結果発表その3~子供との自粛生活あれこれ

    第2回たまプラ民アンケート結果発表その3~子供との自粛生活あれこれ

    たまプラ民アンケート略して「たまアン」。たまプラーザ周辺で生活する方々の日々の過ごし方や、おすすめ情報などの調査などを行うことで、読者の皆様にとってより有益な情報提供に活かしていきたいと思います。 第2回目は、「自粛中の子育て世代の過ごし方」をテーマにアンケートを実施し、大学生以下のお子様がいる方60名に回答いただきました。アンケートにご協力いただきありがとうございました。3回に分けて親子での過ごし方、悩みに関するアンケート結果をお伝えします。 3回目の今回は、子供に好評だった料理とあったら便利なものについて紹介します。 第2回たまプラ民アンケート結果発表その1~子供との自粛生活のストレス 手軽なものから手の込んだものまで 子どもに好評だった料理について聞いてみました。家事負担が増える一方で、普段作らないようなものを時間をかけて作ったり、家族で作ったりといった楽しみも増えているようです。 1位 麺類 中でも、みそラーメンが1番人気でした。続いてはうどんで、焼うどん・牛すじうどんなどが上がりました。 他には、焼きそばやパスタ、そうめんチャンプルなどがあり、中にはカップラーメン!と回答も。確かに、お湯を沸かす手間だけでいいし、子供は大好きですよね。 2位 パン・菓子系 第1回のアンケートでもパン作りを楽しんでいるという方が多かったですが、子どもにはその味も高評価だったようです。手作りパンのほか、ピザ、ハンバーガーなどの総菜パンが多く、次にスーパーの棚から消えたホットケーキミックス粉を使った、パンケーキやマフィンが続きました。マフィンの中にチョコを入れるなど、アレンジして子ども好みのものを作った方も。お菓子では、クッキーやリンゴパイも選ばれていました。子どもと一緒に作れたというのもあって、格別の美味しさだったようです。 3位 ごはん系 ごはん系で最も人気だったものはカレーでした。続いてチャーハン、チキンライス、鶏飯などガッツリ系の混ぜご飯が続きました。その他では、ワイワイと家族で手巻き寿司というのも回答にありました。 その他にも、たくさんの子ども達が「美味しい」と言ってくれたお料理の数々が寄せられていました。中でも印象的だったのは、家族でホットプレートを囲み、ぎょうざやたこ焼き作りをして、子どもの料理への興味がわき、特別な味となったということでした。 大きな庭がほしい人が多数 自粛中これが欲しい!こんなものがあればいいな!という求めるものをお答えいただきました。 こちらもカテゴリに分けて紹介します。 第1位 アウトドア なかなか外に行けないから、家でもアウトドアを楽しみたい、という類の意見が多かったです。日本の都市部の住宅事情から、「マンション住まいで庭がない」「リビングスペースの共有が難しい」といった方が多く、お庭でキャンプやバーベキューをしたり、思い切り遊んだりしたいといったコメントが見受けられました。 自粛生活で、普段から家の環境整備をすることが大事だと痛感した、という方もいました。普段では気づかない事が見えてくるきっかけにもなったようです。 第2位 オンライン(子供向け) オンラインを使っての授業・習い事・交流などが求められていました。今回のアンケート結果を見ると、子どもの勉強を見るのが大変、学習の遅れが心配といった声が上がっていたので、それをカバーするオンライン授業があると親としては便利で安心ですね。 習い事に関しても、家でできるころは限られるとは思いますが、オンラインで続けられるとうれしいですよね。 第3位 家事の助けになる便利アイテム・情報 毎日のメニュー決めに苦しんだ方が多く、家にある食材でメニューを提案してくれるアプリなどのサービスがあるといいという意見が複数ありました。親御さんたちの苦労がわかりますね。 その他にも、生活必需品詰め合わせセットやテイクアウト情報が欲しいという声も。また、移動を避けるために「どこでもドア」というユニークな回答もありました(笑) コロナ流行による価値観の変化も 自粛中印象的だったこと、新しい気づき、再確認したことなどもたくさん寄せられました。 普段保育園に預けていて、今まで子どもとゆっくり時間を過ごせなかったけれども、自粛中に子どもとの時間がとれたことが宝となった方や、食事に気を遣い、ランニングやウォーキングなどの運動をするなど、健康に気をつけるようになった方など、コロナがきっかけで価値観にも変化もあったようです。 外に出るとマスクを着用した方が多く、マスク着用していないと入店できない店もあるため、マスクを着けていない人を見たら、警戒したり心配になったりするようになったという方もいて、周囲に対する目の向け方も変わったようです。 また、自粛生活でよく耳にした「オンライン」についての意見も多かったです。オンライン授業、オンライン飲み会、オンラインワークショップ、オンライン帰省など、インターネットを介してのコミュニケーションでも人とのつながりを大切にできる、といった声も。アイディアを出し合い、それらのツールに順応していく様子が回答から伺えました。 その他、「家族との時間(食事や会話)が増えてよかった」「一日があっという間」「テイクアウトのお店が増えて驚いた」などの回答や、「自粛中のちょっとした情報が楽しかった」「いつも情報ありがとう」「頑張ってね!」と、ロコっちへのたくさんの応援やお礼のメッセージもいただきました。ロコっちスタッフ一同、この温かいメッセージでパワーをもらいました。ありがとうございます。 また、緊急事態宣言解除後の「たまプラーザ」をみんなで最高の街にできたらいいなと思います。次なる課題もたくさん出てくると思いますが、たまプラーザ住民の皆さまのお力も借りながら情報提供できるようがんばっていきます。 引き続き、「ロコっち たまプラーザ」をよろしくお願いいたします。
  • 第2回たまプラ民アンケート結果発表その2~子供との過ごし方

    第2回たまプラ民アンケート結果発表その2~子供との過ごし方

    たまプラ民アンケート略して「たまアン」。たまプラーザ周辺で生活する方々の日々の過ごし方や、おすすめ情報などの調査などを行うことで、読者の皆様にとってより有益な情報提供に活かしていきたいと思います。 第2回目は、「自粛中の子育て世代の過ごし方」をテーマにアンケートを実施し、大学生以下のお子様がいる方60名に回答いただきました。アンケートにご協力いただきありがとうございました。3回に分けて親子での過ごし方、悩みに関するアンケート結果をお伝えします。 2回目の今回は、子供との過ごし方についてです。 第2回たまプラ民アンケート結果発表その1~子供との自粛生活のストレス やはり一番の心配はコロナ感染 6月から公立学校も始まり、日常生活に戻る第1歩を踏み出しましたが、54%の親御さんが「コロナ感染」を心配していました。アンケート後ではありますが、実際に北九州では学校でクラスター発生もしていましたし、我が子の学校でも発生する可能性も否定できません。 この3か月で、環境や生活スタイルがガラリと変わったために生じた学習の遅れや、日常生活の乱れも大きな心配な点であることが分かりました。 その他の意見では、大学生では就活、小中高生では受験にも不安を抱えていることがうかがえました。 半数以上が仕事や働き方を見直し 自粛中に見直したものでは、圧倒的の多かったのが仕事の内容や働き方で、なんと54%の方が選択していました。 それ以外にも、子供との接し方、夫婦の役割分担、自分の時間の使い方など、自粛生活は多くの方が生活スタイルを見直すきっかけになったようです。 一方、見直したものはなく、家族の関係性や役割、家庭のルールを全く変えないい形で過ごしていた方も24%いらっしゃいました。 親子で映像コンテンツを楽しむ ストレス発散で人気だった「映画・テレビ・動画鑑賞」は、ここでも一位。42%の人が親子でも楽しんでいると回答しました。 2位は「家事を一緒にする」で、こちらも39%とかなり多かったです。これをきっかけにお手伝いをしてくれる時間が増えるかもしれませんね! その他には、「大学のオンライン授業を一緒に受けた」というものも。親子とも家にいるこの時期でなかればできなかった貴重な体験ですね。
  • 第2回たまプラ民アンケート結果発表その1~子供との自粛生活のストレス

    第2回たまプラ民アンケート結果発表その1~子供との自粛生活のストレス

    たまプラ民アンケート略して「たまアン」。たまプラーザ周辺で生活する方々の日々の過ごし方や、おすすめ情報などの調査などを行うことで、読者の皆様にとってより有益な情報提供に活かしていきたいと思います。 第2回目は、「自粛中の子育て世代の過ごし方」をテーマにアンケートを実施し、大学生以下のお子様がいる方60名に回答いただきました。アンケートにご協力いただきありがとうございました。3回に分けて親子での過ごし方、悩みに関するアンケート結果をお伝えします。 回答者は小学生のお母さま中心 40代を中心に20代から50代の方にご回答いただきました。だんだん、子供が親から手を離れて少し余裕が出てきた世代の回答が多い傾向にありました。 回答者の約7割が母親でした。育児や家事に協力的なお父さんも増えている傾向もあり、男性の方にも多くご回答いただきました。 子どもが2人以上いる回答者が6割を超え、4人以上の方も複数いらっしゃいました。少子化が進む中で、たまプラーザは、子どもの数が多い傾向にあるかもしれません。 また、小学生の親御さんに多く回答いただきました。 外出禁止、子供の面倒など様々なストレス ストレスの原因で回答が多かったのは、外出できないことと、その中にどっと押し寄せた子供の面倒と家事量の増加でした。 毎日、学校や園でやっていること(勉強、運動、課題、あそびなど)を家ですべて見なくてはいけない、子どものストレスやパワーがたまっている、さらに料理をはじめとする家事の増加などが背景に見られます。 また、そのような状況の中で大事な夫婦間の役割分担がうまくいかないということもあるようです。 その他では、短縮営業による営業時間変更で、お店での営業時間をわざわざ確認していく必要があることや、買い物の時間が制限されることによりスケジュールがタイトになること、人が作ったご飯が恋しいという意見もありました。 外出の頻度はバラツキあり ストレス発散方法では、睡眠をとることと、映画や動画をみたりすることが39%と同数でトップでした。 一方で、身体を動かしたりすることも多くの方がされているようです。健康につながる睡眠・運動・食事と基本的なことが自然と求められるのかもしれないですね。 その他では、断捨離や掃除など部屋をきれいにし気持ちもすっきりさせる、会話、犬と遊ぶことが挙げられていました。ペットの癒しや人とのコミュニケーションもストレス発散できる一つの方法という事ですね。
  • 次回は6/30に3丁目カフェで!第21回 ロコっちオープンオフィスオンラインレポート

    次回は6/30に3丁目カフェで!第21回 ロコっちオープンオフィスオンラインレポート

    2020年5月21日(金)、オンラインミーティングツールZOOMを使用して第21回ロコっち オープンオフィスをオンライン開催しました。 ロコっち オープンオフィスとは ロコっち オープンオフィスは、もともとロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日ある場所に常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるという企画から始まりました。 それが、次第に地域交流の場になり、オープンオフィスの日にお店を出したいという要望もあったので、2019年4月から3丁目カフェに場所を移し、マルシェ要素を備えてリニューアルしました。 出店者は、ロコっちのレポーターや、スポンサーの方々で、ランチ、物販、ワークショップ、と多様なサービスがその場で提供されています。 今回は新型コロナウィルスの影響で、3丁目カフェでの開催が難しいため、4月に引き続きオンラインでの開催となりました。 宣言解除後、どう生活する? オンラインイベントの開催時間は1時間半でしたが、瞬間最大で15名の方が参加してくださいました。(残念ながら写真撮り忘れました;;) ちょうど神奈川県の緊急事態宣言が解除されそうな時期だったので、メインの話題は解除後どう過ごしていくかということでした。実店舗を再開する人や、自粛生活をあと1か月続ける人、まわりの様子をみたい、という人など人によって考え方は様々で、有意義な意見交換ができました。 パンの実演やテーブルヨガも 今回も普段の出店者の方にサービスの紹介をしていただきました! ①sparkle0519 ロコっちオープンオフィスではおなじみ、大人気のアクセサリー作家 大和田瞳さんからは最近始めたZOOMショップの紹介や、新しく始めたコーディネートサービスの紹介がありました。 6月から出店もスタートする様子ですが、まだ買いに行けない!という方はsparkle0519のInstagramから好きなものを選び、注文できます。 ②yellow plants ガーデナーでもある岩澤聡子さんのお花屋さん、yellow plantsからは定期宅配サービスや、 お花の延命剤の活用の仕方に関するお話がありました。 季節のお花である紫陽花に関するお話も。お庭に植え替えるよりも、鉢のまま育てるのがおすすめとのこと。そういったお庭づくりのご相談にも乗っている ③ココソレイユ 毎日15時からインスタグラム でレッスン配信中の新石川にあるヨガスタジオ、ココソレイユ。 今回はみんなでテーブルヨガを行いました! ココソレイユは6月からスタジオ営業が再開されますが、オンラインレッスンも継続するとのことです。 ④Mayumi’s Baking Room パンづくり講師の隈元真由美さんは、クリームパンの成型と焼き上がりの様子を見せてくださいました! 焼き上がったパンは本当に美味しそうでした! 今後の開催予定 6月どのように開催すべきか悩んだ結果、時間短縮で開催することにしました。ご都合があいましたら、ぜひお越しください! 第22 回ロコっちオープンオフィス 日時:2020年6月30日(火)10:30~14:30 場所:3丁目カフェ ※3丁目カフェの感染症拡大防止ポリシーに従ってください ※体調不良の方は参加をご遠慮ください ※入店の際はマスクをご着用ください 下記の方々が出店予定です。 ・sparkle0519(アクセサリー販売) ・yelowplants(生花販売) ・Coco Soleil(ヨガスタジオ) ・A&C Deliver(ランチ) タイムテーブルや、出店内容の最新情報はこちらのFacebookイベントページで告知していきます。
  • コロナで変化した子どもとの生活について教えてください!~第2回たまプラ民アンケート 

    コロナで変化した子どもとの生活について教えてください!~第2回たまプラ民アンケート 

    たまプラ民アンケート略して「たまアン」。たまプラーザ周辺で生活する方々の日々の過ごし方や、おすすめ情報などの調査などを行うことで、読者の皆様にとってより有益な情報提供に活かしていきたいと思います。 第1回たまアンでは、たくさんの方々の回答をいただきありがとうございました。結果発表後も、多くの反響をいただき、嬉しい限りです。その時いただいた声も参考にしながら、第2回アンケートを実施します。 第1回たまプラ民アンケート結果発表その1~外出状況 コロナで子どもとの生活はどう変わったか 第2回目は、前回に引き続きコロナの自粛中の「子育て世代」にアンケートです。子育て中のパパママの自粛生活は、仕事と子育てを両立する中で不安や心配事もある一方、新たな発見や家族の時間が増えていいこともあったのではないでしょうか。 緊急事態宣言は解除されましたが、第2波が来てまた休校という可能性もあります。このアンケートにより、自粛生活以前より、パパママがパワーアップできるヒントを共有できればと思います。ぜひ、アンケート回答にご協力をよろしくお願いします。 ※今回のアンケートは、大学生(専門学生)までのお子様をお持ちの方が対象です。 ※アンケート(約3分)、締め切りは2020年5月31 日(日)、調査結果は6月上旬より順次公開予定です。 ★アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。★
  • 第1回たまプラ民アンケート結果発表その3~自粛中の楽しみ

    第1回たまプラ民アンケート結果発表その3~自粛中の楽しみ

    たまプラ民アンケート略して「たまアン」。たまプラーザ周辺で生活する方々の日々の過ごし方や、おすすめ情報などの調査などを行うことで、読者の皆様にとってより有益な情報提供に活かしていきたいと思います。 この記事は、第1回アンケート「外出自粛中、たまプラのみんなは、どう過ごしている!?」の結果発表最終回。今回のテーマは「自粛中の楽しみ」です。 第1回たまプラ民アンケート結果発表その2~コロナ対策 多くの人が自粛にメリットも感じる 自粛生活でよかったことに関する質問では、「良かった事はない」と答えた方が28%でした。平穏な日常の生活の中に急にやってきた「コロナ」に、生活を乱されて、大変なことはとても多いと思います。 しかしその反面、良かった点もたくさんありました。一番多かったのは、「家族との時間が増えた」でした。テレワークや休校などの影響で、家族が家にいる時間が増えており、それを大切に感じている人が多いことがわかりました。 次に多かったのは、家にいる時間が増えたためか、「家が片付いた、キレイになった」です。普段できないところの掃除や片付けもはかどったようですね。その影響で、ゴミの量が増えたり、銀行が不要不急の用事で混雑したり、という状況もあるようです。そのあたりも配慮しながらお片付けを勧めたいですね。 リラックス時間、趣味の時間、勉強の時間などが増えたという方も多く、今まで日々忙しい時間を過ごしていたという事が背景にあるのがうかがえました。 その他の中には睡眠時間が増えたという方や、自粛がきっかけで仕事にもいい方向に転換できたという方もいました。 ネット関連や料理がマイブームに! マイブームの調査では、いろいろな意見が飛び出しました!無理やりカテゴリ分けしてみました。 1位 インターネット関連 一番多かったのは、インターネットネット関連。YouTubeや、HuluやNetflix動画配信サービスで好きなドラマや映画を楽しんでいる方が目立ちました。SNS、ネットショッピング、ZOOMでオンライン飲み会、オンラインゲームなど、インターネットがあるおかげで自粛生活を乗り切れているという方は非常に多いようです。中には疎遠になっている友人と会話するきっかけになったという方もいました。 2位 料理 次に多かったのは料理。家にいる時間が長いと、食事も作る回数は多くなってきますよね。そうしたことからか、おいしくそして普段ではできない料理に挑戦する方も多いようです。パン作りやホットケーキなども挑戦する方が多いのかスーパーでもなかなか材料が手に入りにくい状況になっていますね。出来立てのパンは格別のようです! 3位 子供と過ごす 子育て世代では、子供との時間も大事にされているように感じました。通常子どもは習い事や塾、親も仕事や家事などでお互いに忙しく、1日が「あっという間」という日常を過ごしています。それがこの機会に親子でリラックスしたり、塗り絵や相撲などで一緒に楽しく遊んだり、子供と真剣に向き合うことができたりと、前向きになれるいい時間になっているようです。 その他、筋トレやセルフマッサージなどの健康や身体づくりを意識したものも多かったです。 そしてバリエーションが多かったのが楽器や園芸、手芸、アート、DIYなどの趣味関連。変わったところでは、ジャグリング、いつか行く海外旅行のプランを立てる、地方競馬なんてものもありました。みなさん、遠ざかっていたものを呼び起こしたり、新しい趣味を見つけたりして熱中しているようです。 自粛中も、みなさん楽しみを見つけたり、見直したりと上手に時間を使っていることが分かりました。この時間を大切にこれからの生活も楽しみたいものですね。 ロコっちへのご意見も多数! ロコっちへのご意見もたくさんいただきました。本当にありがとうございます。 情報の要望が多かったのは「テイクアウト」「グルメ」「開閉店」「公園」「感染防止グッズ」などでした。 また、自身の活動を紹介してほしい、交流の機会を作ってほしい、コロナ感染防止の行動について啓蒙してほしいなど様々なご意見をいただきました。応援メッセージもたくさんいただき、感無量です。 リソースが限られているので、すべてのことが実現できるわけではありませんが、今回いただいた情報をもとに、できる限り皆様のジモト生活が豊かになるような取組と情報提供を行っていければと思います。 今回ご回答いただいた皆様、本当にありがとうございました。 引き続き、「たまアン」および「ロコっち たまプラーザ」をよろしくお願いいたします。
  • 第1回たまプラ民アンケート結果発表その2~コロナ対策

    第1回たまプラ民アンケート結果発表その2~コロナ対策

    たまプラ民アンケート略して「たまアン」。たまプラーザ周辺で生活する方々の日々の過ごし方や、おすすめ情報などの調査などを行うことで、読者の皆様にとってより有益な情報提供に活かしていきたいと思います。 この記事では、前回に続いて、「外出自粛中、たまプラのみんなは、どう過ごしている!?」をテーマにした第1回アンケートの結果を発表します。今回はコロナ対策についてです。 第1回たまプラ民アンケート結果発表その1~外出状況 マスクと手洗いはほとんどの人が実施 コロナ感染症予防方法についての質問では、「マスクの使用」と「手洗い」はほとんどの人が実施していることがわかりました。手洗いは、テレビやネット動画で有名人が促していることも、影響しているのかもしれませんね。 そして、「人ごみを避ける」93%、「極力外出をしない」65%と3密を避ける行動も多くの人が心がけていました。その他の中には、「移動手段をバスから徒歩に変えた」という方もいました。 その他の中には、帰宅したらシャワーを浴びると徹底している方も。できるだけ、自分自身が感染しないように、移さないように多くの方が実行されていることが判りました。 マスクと手洗いはほとんどの人が実施 続いて予防で使っているアイテムについてです。なんと回答者全員がマスクを使用していることがわかりました。街ではマスクをしていない人もちらほら見るので、ロコっち読者の方は防疫意識が高いのかもしれませんね。 また、アルコール入り消毒剤や除菌シートを併用して使っている方が多かったです。ノンアルコールの除菌シートと答えた方の中には、アルコール入りが手に入りにくいため、ノンアルコールを使っているという方も多いようです。 その他の次亜塩素水や使い捨ての手袋の使用や、漢方やサプリメントの服用でサポートされている方もいました。 4割以上が手作りマスクを使用 使用しているマスクの種類は、やはり市販の使い捨てマスクが88%と最も多かったですが、めを惹いたのは、手作りマスクの使用者がなんと43%もいたことです。 使い捨てマスクが入手困難になっていることが、影響していると思いますが、SNSを見るとマスクで手作りやおしゃれを楽しんでいる方も多くいらっしゃいますね。 コロナ流行前のストックを大事に使用 マスクの入手先では、「コロナ流行前のストック」が82%という意外な結果でした。マスクは防災グッズでもありますし、普段からストックしている方が多いのですね。たまプラ民の意識の高さが伺えました。 そして、マスクを自分で手作りしたという方は、26%もいました。 その他の中には、会社からの支給や、知人からの贈り物という回答が非常に多かったです。困った時の助け合いにほっこりしますね。
  • 第1回たまプラ民アンケート結果発表その1~外出状況

    第1回たまプラ民アンケート結果発表その1~外出状況

    たまプラ民アンケート略して「たまアン」。たまプラーザ周辺で生活する方々の日々の過ごし方や、おすすめ情報などの調査などを行うことで、読者の皆様にとってより有益な情報提供に活かしていきたいと思います。 先日、「外出自粛中、たまプラのみんなは、どう過ごしている!?」をテーマに第1回のアンケートを募集させていただいたところ、120名の方に回答いただきました。スタッフ一同この回答数には感動し、感謝の気持ちでいっぱいです!アンケートにご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。 今回より、3回に分けて、結果を発表していきます。今回は、働き方や外出の動向に関する結果をお伝えします。 回答者は40~50代女性が中心 回答者の中で一番多かった年齢は、40代。そして50代と続き、40~50代で7割を占めていました。下は20代から上は70代まで幅広い年代の方にアンケートに回答いただきました。 回答者の7割が女性、3割が男性でした。 約3割がテレワーク中 働き方に関する質問(複数回答)では、27%の方がテレワークへ移行していることがわかりました。また、自主的なものの含め、休業をしたり、時短勤務だったりとなんらかの形で仕事量にマイナス方向の影響がある方が非常に多く見受けられました。 その一方で、忙しくなったという方も9%。現在の社会を支えるお仕事をされている方を応援したいですね。 外出の頻度はバラツキあり ほぼ毎日外出している方と、週3~4日、つまり2日に1回程度の方が同率で31%でした。 週に2日以下という方も合計29%で、外出頻度にはかなりバラつきがあり、現在のライフタイルや自粛の仕方は人それぞれであることがわかりました。 買い物や健康のために外出 外出の理由は、買い物が83%と最も多かったです。健康のために散歩やジョギングをしているという方も39%とかなり多い結果になりました。 その他の中には、通院や子供の散歩や公園遊びの付き合いといった回答が多かったです。 食料品購入はドラッグストアやネットスーパーも人気 食料品の購入先は、やはり93%とほとんどの人がスーパーを利用していましたが、ドラッグストアを利用している方も37%とかなり多かったです。最近は生鮮食品を取り扱っているドラッグストアもあり、便利ですね。 また、ネットスーパーの利用も19%あり、この数字はコロナ流行前に比べると、かなり増えていると思われます。実際、ネットスーパーはなかなか配達予約がとれない状況にあるようです。また、地域の飲食店を応援するためにテイクアウトを利用しているという意見も多くありました。 その他では、パルシステムや生協の宅配を利用している方が多かったです。 まとめ買いが主流だが、買い物回数が増えた人も 買い物の回数が減った方は約6割で、極力まとめ買いをされる方が多い傾向にありました。また、買い物の回数が「変わらない」と「増えた」という回答の背景には、テレワークや家族が家にいる時間が増えたことにより、食料品の消費量が増えたという事も背景にあるようです。
  • 次回は5/21、第20回 ロコっちオープンオフィスオンラインレポート

    次回は5/21、第20回 ロコっちオープンオフィスオンラインレポート

    2020年4月24日(金)、オンラインミーティングツールZOOMを使用して第20回ロコっち オープンオフィスをオンライン開催しました。 ロコっち オープンオフィスとは ロコっち オープンオフィスは、もともとロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日ある場所に常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるという企画から始まりました。 それが、次第に地域交流の場になり、オープンオフィスの日にお店を出したいという要望もあったので、2019年4月から3丁目カフェに場所を移し、マルシェ要素を備えてリニューアルしました。 出店者は、ロコっちのレポーターや、スポンサーの方々で、ランチ、物販、ワークショップ、と多様なサービスがその場で提供されています。 今回は新型コロナウィルスの影響で、3丁目カフェでの開催が難しいため、オンラインでの開催となりました。 自粛生活の近況報告や悩み相談 オンラインイベントの開催時間は1時間半でしたが、それぞれの都合に合わせて入れ替わり立ち替わり、いろんな方が参加してくださいました。その中でどのように自粛生活を送っているか、どんなことに困っているかをシェアしました。 「店頭でお弁当を販売してほしい」「勤め先が休業になったので、新たな仕事を始めたい」「物流が大変なので、母の日のギフトは早めに手配したほうがいい」など、いろいろな話題で盛り上がりました。 普段の出店者によるPRやイベントも ずっとフリートークというのもなんなので、いつもの出店者の方にサービスの紹介やプチイベントをしていただきました。 ①sparkle0519 ロコっちオープンオフィスではおなじみ、大人気のアクセサリー作家 大和田瞳さんからは母の日ギフトの紹介。今年のおすすめはキャンドルオーナメントとのコラボギフト。アクセサリーとセットで送料込み5,000円だそうです! 今は出店がない状況なので、アクセサリーはsparkle0519のInstagramから好きなものを選び、注文できます。 ②yellow plants ガーデナーでもある岩澤聡子さんのお花屋さん、yellow plantsからも母の日ギフトが紹介されました。最近は黄色いお花が人気なんですって。 今年は、配送が送れる可能性があるため、早めに発注して早めにお届けするのがおすすめだそうです。岩澤さんおすすめのアレンジは5,000円(税別・送料込)、近隣であれば4,000円~配達もしてくださるそうです。 ③Kotonoha 心理カウンセラー 岸谷燈さんが代表を務めるKotonohaがオンラインでのオラクルカードセッションを紹介。岸谷さんは、結婚カウンセラーも行っているのですが、最近はZOOMお見合いも流行ってるんですって。実際に会うよりも緊張しなくていいらしいですよ。 オラクルカードセッションはオンラインでも基本は同じ。3種類のオラクルカードセットの中から目的にあったセットを選びます。そして岸谷さんが、相談者の合図に合わせてカードを引き、そのカードをもとに相談を展開します。 通常60分5,000円のセッションですが、ロコっち読者の方限定で30分3,000円のセッションも行ってくださるそうです。自粛生活で鬱屈とした気分の方は一度相談すると、気分が晴れると思いますよ! ④Mom’s ダイニング 新石川のMom’sダイニングからさくら工房代表の櫻井友子さんと、セルフリンパケアの講師 井川十萌子さんが中継してくださいました。 Mom’sダイニングでは現在テイクアウトの日替わり弁当が人気。こちらは肉と魚が両方入った990円のお弁当です。カレーおから、きんぴら、高菜炒め、さつま揚げ海苔巻きといった副菜もたっぷりです。 こちらはもう少しお手軽なお肉かお魚かいずれかが入った660円のお弁当。 また、さくら工房でも母の日ギフトを準備。さくら工房のグルテンフリーシフォンケーキと、数秘おみくじ、sparkle0519のパールブローチ、ゆるりん筆文字のメッセージカードの4つがセットになったギフトです。(詳しくはこちら) 今回Mom’sダイニングで、櫻井さんと一緒に商品を紹介してくれた井川さんは、5月1日から6日間、「1日3分のセルフリンパケアでめぐりを良くして痩せ体質になる・オンラインサロン」を開催します。6日間で500円で参加可能とのこと。詳しくはこちらをご覧ください。 ⑤Mayumi’s Baking Room パンづくり講師の隈元真由美さんは、最も簡単という「ゴネパン」の作り方を、料理番組さながらに披露してくださいました。 実演は時間の都合でこねているところだけでしたが、その後のパン作りの工程と材料も教えて下さいました。 ⑥ココソレイユ 新石川にあるヨガスタジオ、ココソレイユは、毎日15時からでレッスンを配信中。オープンオフィスでも椅子ヨガをみんなでやってみました! なかなか1人でやると運動しないけど、みんなでやると楽しいです? 今後の開催予定 5月も店舗での開催は厳しいと思われますので、またオンラインで開催いたします。詳しい内容はまだ決まっておらず、後日Facebookイベントページで告知をしていきますが、自粛生活の息抜きに誰かとおしゃべりしたいという方はぜひ!  今回も顔も声も出さず、様子を見るだけという方もいらっしゃいましたので、お気軽にご参加ください! 第21 回ロコっちオープンオフィス オンライン 日時:2020年5月21日(木)10:30~12:00 接続方法:ビデオコミュニケーションツールZOOMを使用 参加方法:事前にtmpz@locotch.jpまで連絡、またはFacebookイベントページで当日公開されるURLにアクセス。
  • 自粛生活について教えてください!~第1回たまプラ民アンケート 

    自粛生活について教えてください!~第1回たまプラ民アンケート 

    新企画!たまプラ民アンケート略して「たまアン」。たまプラーザ周辺で生活する方々の日々の過ごし方や、おすすめ情報などの調査などを行うことで、読者の皆様にとってより有益な情報提供に活かしていきたいと思います。もちろんアンケート結果も公開します。 ぜひ、ご協力をお願いいたします! 外出自粛中、たまプラのみんなは、どう過ごしている!? 外出自粛の今、友人・知人との交流も減り、家族としか会わない日々。と言う方も多いのではないでしょうか。制限がある中で、みんなどう過ごしているのか気になりますよね! 今回は新型コロナ感染症の影響による生活の変化について調査します。そして、自粛中、少しでも前向きな気分になれるよう、自粛してよかったこともみんなでシェアできればと思います。ぜひ自粛中のおすすめの過ごし方も教えてくださいね。 アンケート(約3分)、締め切りは2020年4月27日(月)、調査結果は5月上旬公開予定です。 アンケートはこちらから
  • 4/24はオンライン開催!第19回 ロコっちオープンオフィスレポート

    4/24はオンライン開催!第19回 ロコっちオープンオフィスレポート

    2020年3月17日(火)、3丁目カフェにて、第19回ロコっちオープンオフィスを開催しました。新型コロナウイルスの影響が少しずつ出ている中ではありましたが、まだ外出自粛要請前で、三密という言葉も周知される前だったので開催しました。 ロコっち オープンオフィスとは ロコっち オープンオフィスは、もともとロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日ある場所に常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるという企画から始まりました。 それが、次第に地域交流の場になり、オープンオフィスの日にお店を出したいという要望もあったので、2019年4月から3丁目カフェに場所を移し、マルシェ要素を備えてリニューアルしました。 出店者は、ロコっちのレポーターや、スポンサーの方々で、ランチ、物販、ワークショップ、と多様なサービスがその場で提供されています。 5組の事業者が出店 今回出店いただいた5組の事業者をご紹介します。 ①sparkle0519 ロコっちオープンオフィスではおなじみ、大人気のアクセサリー作家 大和田瞳さんのブランドです。 今回はパールをたくさん使った華やかなデザインがとても多かったです! 実は、今回大和田さんにあることをお願いしました。私が家で使っているくまの形のスピーカーがあるのですが、それをロック仕様にデコってほしい!と。 それで、こんなシンプルなくまちゃんが・・・ 耳が飾られ、目鼻がつき、首輪もついてこんなロックになりました。 首輪は私のブレストレットにもなるんです! こんなことも柔軟に対応してくれるsparkle0519、素晴らしいです! ②yellow plants こちらも毎回出店のお花屋さん。ガーデナーでもある岩澤聡子さんのyellow plantsです。3丁目カフェだけでなく、Peoplewise Cafeでも定期出店しています。 「今日なんか地味じゃないですか?」と言ったら、すぐさま北部市場に仕入れに行く柔軟さ(笑) 追加されたピンクのダリアは大人気でした! ③Kotonoha 心理カウンセラー 岸谷燈さんが代表を務めるKotonohaが今回もオラクルカードを使ったセッションなどで出店。今回も多くの人が相談してました。 ④Mayumi’s Baking Room 今回ランチを提供してくれたのは、隈元真由美さん。隈元さんはパンづくりのプロフェッショナルなのですが、なんと今回は免疫力アップも考慮して自家製味噌使った和食献立でした! 菜の花と大根のスープ、鶏肉の味噌焼き、わかめとキャベツのナムル、大根の煮物、だし巻き卵、ヨーグルト自家製苺ジャム、ゆかりご飯です。 ⑤ココソレイユ 新石川にあるヨガスタジオ、ココソレイユは、耳つぼマッサージとメタルエンボッシングを実施。 耳つぼマッサージは今回も大人気でした! 今後の開催予定 もともと4月24日(金)に第20回を開催予定でしたが、緊急事態宣言を受けて中止とさせていただきました。 代わりに、下記の内容でオンラインサロンを開催予定です。外出自粛で誰かとおしゃべりしたい!みんながどう過ごしているのか知りたい!という方はぜひご参加ください。 当日は、出店者の方からの母の日ギフトの紹介やおうちでの過ごし方の提案もあります!詳細はFacebookイベントページにて。 第20 回ロコっちオープンオフィス オンライン 日時:2020年4月24日(火)10:30~12:00 接続方法:ビデオコミュニケーションツールZOOMを使用 参加方法:事前にtmpz@locotch.jpまで連絡、またはFacebookイベントページで当日公開されるURLにアクセス。
  • 第18回 ロコっちオープンオフィスを開催!

    第18回 ロコっちオープンオフィスを開催!

    2020年2月19日(水)、3丁目カフェにて、第18回ロコっちオープンオフィスを開催しました。今回は、初出店の方もあり、新しい楽しみ方が生まれました。 ロコっち オープンオフィスとは ロコっち オープンオフィスは、もともとロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日ある場所に常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるという企画から始まりました。 それが、次第に地域交流の場になり、オープンオフィスの日にお店を出したいという要望もあったので、2019年4月から3丁目カフェに場所を移し、マルシェ要素を備えてリニューアルしました。 出店者は、ロコっちのレポーターや、スポンサーの方々で、ランチ、物販、ワークショップ、と多様なサービスがその場で提供されています。 5組の事業者が出店 今回出店いただいた5組の事業者をご紹介します。 ①sparkle0519 ロコっちオープンオフィスではおなじみ、大人気のアクセサリー作家 大和田瞳さんのブランドです。 春が近くなってきたので、赤や黄色の華やかなデザインが増えていました! ②yellow plants こちらも毎回出店のお花屋さん。ガーデナーでもある岩澤聡子さんのyellow plantsです。3丁目カフェだけでなく、Peoplewise Cafeでも定期出店しています。ワークショップも人気ですね! こちらもピンクやオレンジの春らしいラインナップでした! ③【初出店】Kotonoha 今回は、心理カウンセラー 岸谷燈さんが代表を務めるKotonohaが初出店。オラクルカードを使ったセッションなどが行われました。 せっかくなので、私も相談してみました。テーマは「仕事と趣味の両立について」。最近ひょんなことから音楽熱が再燃し、そちらに気持ちをとられ、仕事に集中できていないのではという疑惑がありまして;; それで出たカードはこちら。 Worthinessという「自分の価値」を表すカードです。このカードをもとにいろいろお話をしたのですが、楽しむことに罪悪感を感じずに、ある程度自分に許してあげることも必要とのことで、ちょっと安心しました。 オラクルカードのセッションはとても人気で、賑わってました! ④A&C Deliver 毎回大人気のランチを提供してくださったのは、A&C Deliver。料理研究家 寺岡淳美さんと企画・広報担当の宇田川千恵さんのお料理ユニットです。 メニューは、干しエビと生姜の炊き込みご飯、焼売、玉子の中華巻き、サンラータン風スープにコーヒームースと今回も豪華ラインナップでした! ⑤ココソレイユ 新石川にあるヨガスタジオ、ココソレイユは、耳つぼマッサージを実施。私もやっていただきました! 耳つぼマッサージは初体験だったのですが、全体的にすごく痛気持ちよかったです。耳つぼも足つぼと同じように内蔵とつながっており、刺激することで悪い場所がわかったり、改善したりするのだそう。私はほとんど痛かったですけどね。。 今後の開催予定 第19 回ロコっちオープンオフィス 日時:2020年3月17日(火)10:30~17:30 場所:3丁目カフェ 下記の方々が出店予定です。 ・sparkle0519(アクセサリー販売) ・yellow plants(生花販売) ・Kotonoha(オラクルカード、潜在意識変換セッション) ・Mayumi’s Baking Room(ランチ) ・ココソレイユ(ヨガ、耳つぼマッサージ、レンタルスペース相談) タイムテーブルや、出店内容の最新情報はこちらのFacebookイベントページで告知していきます。
  • ロコっちたまプラーザ 2020年3月の活動予定

    ロコっちたまプラーザ 2020年3月の活動予定

    新型コロナウィルスの影響で、開催すべきか迷っていたイベントもあり、告知がすっかり遅くなってしまいましたが、2020年3月のロコっち たまプラーザが関わっているイベントをご紹介します。 特に、3月17日のオープンオフィスに関しては、開催するかどうか非常に悩みました。 しかし、一般的な飲食店や小売店(例えば百貨店の催事場など)よりも人口密度のイベントではないこと、地域の経済活動の停滞している中、少しでもいつもお世話になっている事業者の方々に貢献したいという思い、そして多くの情報を提供した上でそれを選択するかどうかは個人に委ねるというロコっちの基本方針などを鑑みて、会場・出店者と相談の上、開催することに決定しました。 いろいろなご意見があると思いますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 ※3/6の「事例で学ぶマーケティングセミナー」は終了しました。 ※3/14に出店を予定していた「チッチェーノ・チッタ」はイベント延期になりました。 【3/11&25】まちの活動紹介プロジェクト 毎月2回、CO-NIWAたまプラーザ内のコミュニティ・コアにて月2回ほど活動紹介を行っています。ロコっちの活動内容や、記事執筆、広告掲載などに興味がある方、ロコっち代表兼たまプラーザ編集長の藤村希(のぞみん)とお話したい方、ぜひお立ち寄りください。 ◆イベント名 まちの活動紹介プロジェクト ◆主催 一般社団法人ドレッセWISEたまプラーザエリアマネジメンツ ◆日時 2020/3/11(水)13:00-16:00 および 3/25(水)10:00-13:00 ◆場所 CO-NIWAたまプラーザ コミュニティ・コア ◆住所 横浜市青葉区美しが丘1-8-1 ◆参加費 無料(出入自由) CO-NIWAでまちの活動紹介プロジェクト実施中。1月よりロコっちも参加! 【3/17】ロコっちオープンオフィス 毎月1回、3丁目カフェをオフィスに見立てて、出入り自由の交流イベントを行っています。まちの活動紹介プロジェクト同様、ロコっち代表兼たまプラーザ編集長の藤村希(のぞみん)が1日滞在し、取材・広告掲載のご相談やビジネス相談を無料で承っています。また、ロコっちの広告主やレポーターの方々が、物販やランチの提供も行っています。お気軽に足をお運び下さい! ◆イベント名 第19回ロコっちオープンオフィス ◆日時 2020/3/17(水)10:30-17:30 ◆場所 3丁目カフェ ◆住所 横浜市青葉区美しが丘1-8-1 ◆参加費 ワンドリンクオーダー 詳細はこちら 第16回 ロコっちオープンオフィスを開催!
  • 新型コロナウィルス対策・対応に有益な情報をお寄せください!

    新型コロナウィルス対策・対応に有益な情報をお寄せください!

    こんにちは。ロコっち たまプラーザ編集長の藤村希です。昨日夜、政府より全国の小学校・中学校・高校の臨時休校要請があり、来週からどう過ごそう、自分のビジネスは大丈夫だろうかと不安に思われている住民や事業者の方も多いと思います。 もちろん、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐことは第1優先事項ではありますが、ずっとみんなが家に閉じこもっていたら、気分が落ち込んで別の病気が増えたり、経営が立ち行かなくなるお店が増えたりで、地域の経済が破綻し、感染が鎮静化した後でも回復できない恐れもあります。 そこで、ロコっちでは、全3エリアで新型コロナウィルスと戦う地域を応援する企画を実行することになりました。 ロコっち たまプラーザでも、現状特に有益と思われる情報をできる限り多く、無償で発信していきます。自薦、他薦は問いませんので、ぜひ有力な情報を積極的に提供いただけますと幸いです。 提供いただきたい情報例 下記のような情報提供をお待ちしています。 ・テイクアウトやデリバリーのサービス ・免疫力強化のメニューやサービス ・閉校時の子供の預かりサービス ・少人数で楽しめるレジャー ・オンラインコンテンツ(各エリアが主催するもの) など *提供いただいたすべての情報の掲載・発信を保証するものではありません。 *ロコっちのスタッフは小さな子供を抱える母親が中心です。対応できる情報量には限りがありますが、ご理解ください。 *迅速に対応するため、そのまま貼り付けられる形での情報提供をしていただけるとありがたいです。 *各サービスの利用を推奨するのではありません。利用すべきかどうかの判断は、各人でお願いいたします。 情報提供方法 下記のいずれかの方法でご連絡ください。迅速に対応するため、そのまま貼り付けられる形での情報提供をしていただけるとありがたいです。SNSでのシェアをご希望の場合は、その旨ご連絡ください。 ・メール tmpz@locotch.jp ・Facebookページ Messenger ・Twitter ダイレクトメッセージ ・Instagram ダイレクトメッセージ 【情報発信媒体】 それぞれの情報にあった媒体を選択して発信を行っていきます。この機会にご登録ください。 ・本サイト  ボリュームの多い情報や、他メディアへのリンクを掲載していきます。 ・メールマガジン 通常通り、毎日1回発行予定です。特に有益と思われる情報を厳選してお届けします。登録はこちら。 ・Facebook  ロコっちに掲載された記事の紹介と、他の方の投稿のシェアを行います。 ・Twitter  ロコっちに掲載された記事の紹介と、ボリュームの少ない情報の発信、他の方の投稿のリツイートを行います。 ・Instagram  画像が必要な情報の発信を行います。 地域の力を結集して、この事態を乗り切りたいと思います。お力添えよろしくお願いいたします。
  • 第17回 ロコっちオープンオフィスを開催!

    第17回 ロコっちオープンオフィスを開催!

    2020年1月23日(木)、3丁目カフェにて、第17回ロコっちオープンオフィスを開催しました。今回も多くの方にご来場いただきました! ロコっち オープンオフィスとは ロコっち オープンオフィスは、もともとロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日ある場所に常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるという企画から始まりました。 それが、次第に地域交流の場になり、オープンオフィスの日にお店を出したいという要望もあったので、2019年4月から3丁目カフェに場所を移し、マルシェ要素を備えてリニューアルしました。 出店者は、ロコっちのレポーターや、スポンサーの方々で、ランチ、物販、ワークショップ、と多様なサービスがその場で提供されています。 5組の事業者が出店 今回出店いただいた5組の事業者をご紹介します。 ①sparkle0519 ロコっちオープンオフィスではおなじみのアクセサリー作家 大和田瞳さんのブランドです。最近オープンしたネットショップも好調とのこと。 今回は細かいパールを贅沢にあしらったイヤリングが多かったです。このシリーズ、私も持っているのですが、すごく華やかでいいんですよね~! ②yellow plants こちらもおなじみのお店、yellow plantsはガーデナーでもある岩澤聡子さんの出張お花屋さんです。3丁目カフェだけでなく、Peoplewise Cafeでも定期出店しています。ワークショップも人気ですね! 今回は、もう春を先どったラインナップでした!この季節はミモザが人気とのこと。 3丁目カフェの店頭にも飾られていましたよ。 ③A&C Deliver 今回ランチを提供してくれたのは、毎回コスパ最高!と大評判のA&C Deliver。料理研究家 寺岡淳美さんと企画・広報担当の宇田川千恵さんのお料理ユニットです。 今回のメニューは、おひたしがこんなにお洒落になっちゃったロール、料亭風かき揚げ、五目炊き込みご飯、味噌汁でした。3丁目カフェでこんな立派なかき揚げが食べられるなんて幸せでした! デザートは黒ごまプリン。とっても濃厚なごまがすごく美味でした~ ④UamiM 午前中は、若林真帆さんによる結びのブランド、UamiM(ゆうあみえむ)が出店しました。相変わらず、繊細で素敵な作品が並びます。 UamiMは毎回ワークショップも開催していて、ブースが賑わってます。 ⑤ココソレイユ 新石川にあるヨガスタジオ、ココソレイユは、最初耳つぼマッサージをやる予定だったようなのですが、代表の今枝さんご本人の気分により(?)中止に。 2月22日から始まる1周年記念ウィークを中心に告知を行っていました。 ⑥ロコっち ご存じない方も多いと思いますが、実はロコっちは、経理業務サポートサービスも行っております。ちょうどもうすぐ確定申告シーズンで、お悩みの方も多いだろうと思い、クラウド会計相談会を実施しました!初めてのことで心配でしたが、多くの人に参加いただけてよかったです。 今後の開催予定 第18 回ロコっちオープンオフィス 日時:2020年2月19日(木)10:30~17:30 場所:3丁目カフェ 下記の方々が出店予定です。 ・sparkle0519(アクセサリー販売) ・yellow plants(生花販売) ・A&C Deliver(ランチ) ・Kotonoha(オラクルカード、潜在意識変換セッション) ・ココソレイユ(ヨガ、レンタルスペース相談) タイムテーブルや、出店内容の最新情報はこちらのFacebookイベントページで告知していきます。
  • ロコっちたまプラーザ 2020年2月の活動予定

    ロコっちたまプラーザ 2020年2月の活動予定

    今まで、イベントを紹介したり、一参加者としてイベントをレポートすることが多かったロコっちですが、ここのところ主催イベントも増えてきました。そこで、来月分から毎月ロコっちが主催や共催などをしているイベントを紹介していくことにしました。 【2/13】起業入門セミナー まちなかbizあおばで定期的に行っている超初心者向けの起業セミナーです。中小企業診断士であるロコっち代表の藤村希(のぞみん)と、行政書士の宇佐美京子さんの2人で、講義を行います。起業の心構えから、必要な手続きまでマスターできます! ◆イベント名 起業入門セミナー~開業の手続きから後悔しないポイントまで ◆日時 2020/2/13(木)10:00-12:00 ◆場所 まちなかbizあおば ◆住所 横浜市青葉区美しが丘1-13-10 ◆参加費 一般(非会員):2,000円、地域活動 応援・店舗支援プラン会員:1,000円、 ライト、特別、スタンダードプラン会員:無料  お申込み・詳細はこちら 起業入門セミナーを受講してみた! 【2/17&26】まちの活動紹介プロジェクト 毎月2回、CO-NIWAたまプラーザ内のコミュニティ・コアにて月2回ほど活動紹介を行っています。ロコっちの活動内容や、記事執筆、広告掲載などに興味がある方、ロコっち代表兼たまプラーザ編集長の藤村希(のぞみん)とお話したい方、ぜひお立ち寄りください。 ◆イベント名 まちの活動紹介プロジェクト ◆主催 一般社団法人ドレッセWISEたまプラーザエリアマネジメンツ ◆日時 2020/2/17(月)13:00-16:00 および 2/26(水)10:00-13:00 ◆場所 CO-NIWAたまプラーザ コミュニティ・コア ◆住所 横浜市青葉区美しが丘1-8-1 ◆参加費 無料(出入自由) CO-NIWAでまちの活動紹介プロジェクト実施中。1月よりロコっちも参加! 【2/19】ロコっちオープンオフィス 毎月1回、3丁目カフェをオフィスに見立てて、出入り自由の交流イベントを行っています。まちの活動紹介プロジェクト同様、ロコっち代表兼たまプラーザ編集長の藤村希(のぞみん)が1日滞在し、取材・広告掲載のご相談やビジネス相談を無料で承っています。また、ロコっちの広告主やレポーターの方々が、物販やランチの提供も行っています。お気軽に足をお運び下さい! ◆イベント名 第18回ロコっちオープンオフィス ◆日時 2020/2/19(水)10:30-17:30 ◆場所 3丁目カフェ ◆住所 横浜市青葉区美しが丘1-8-1 ◆参加費 ワンドリンクオーダー 第16回 ロコっちオープンオフィスを開催! 【2/26】カードゲームで学ぶSDGs 国連加盟193か国で合意した2030年までの持続的な開発目標、SDGsについてカードゲームを使って楽しく学べるイベントです。事業主の方や小中高生を持つ親御さんは、知っておくと自分のビジネスや親子での対話にとても役立つこと間違いなしです! ◆日時 2020/2/25(火)10:30-13:00 ◆場所 WISE Living Lab ◆住所 横浜市青葉区美しが丘2-23-1,3 ◆参加費 ¥3,000(税込) 2/25 SDGsカードゲームイベント開催!
  • 2/25  SDGsカードゲームイベント開催!

    2/25 SDGsカードゲームイベント開催!

    2020年2月25日(火)に、WISE Living Labにて「カードゲームで学ぶSDGs」を開催します!事業主や地域活動をしている方、小学生以上のお子様がいる方に特におすすめのイベントです。 SDGsとは SDGsはSustainable Development Goalsの略称で、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。2015年9月の国連サミットで採択された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標で、17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。 近年、行政や民間企業でSDGsを意識した取組みが広がっており、教育現場でもSDGs教育が多く行われています。これから事業を行う上でSDGsの考え方は外せないものになっていくため、経営者はもとより、ビジネスパーソンは必ず理解しておくべきと言えます。 また今後、子世代と対話していくためには、「持続可能な世界」を意識することが重要です。親世代もSDGsへの理解を深めることで、子供との会話や教育が充実したものになることは間違いありません。 たまプラでカードゲームをする理由 私が2030SDGsカードゲームと出会ったのは、2019年の夏、2年前に卒業したグロービス経営大学院のイベントでした。当時は、私もSDGsのことはなんとなくしか知らなかったのですが、ゲームで自分たちの行動がどう世界に影響を与えるのかを体感することで、SDGsのことをとても深く理解できたと同時に、この価値観で生きる人が増えたならば、世界はきっと良い方向に向かうだろうと思いました。 私が、実現したいことのひとつとして、世の中のトレンドやITサービスを地域に導入してより地域を便利に豊かにしたい、というものがあります。そのために、このロコっちというメディアプラットフォームや、クラウド会計サービスの導入サポートなどを事業として行ってきました。このカードゲームをたまプラ―ザでやることで、SDGsに関心を持つ住民の方が増え、SDGsを意識しながら生活をするようになることで、地域が活性化され、持続可能になっていくのではないかと考え、このカードゲームイベントを開催するための資格を昨年10月に取得しました。 初開催のイベントは大好評 2019年12月に平日と土曜の2回、初めてたまプラーザでカードゲームイベントを開催しました。当日は、大企業のビジネスパーソン、学校の先生、塾の先生、経営者、個人事業主、NPO法人の理事、主婦、中学生など多様な方々にご参加いただきました。 ゲームの中で、SDGsの世界を体験していただき、2日間とも休憩中もゲームの振り返りが止まらないほど盛り上がりました。アンケートでは下記のような意見をいただいています。 ・世界と、地球と、私がつながっていること。人と協力していくことの重要性を感じた ・難しいと思っていたが、分かりやすい解説やカードゲーム体験で学ぶことが出来た。あとは自分の意識と行動だと思った。 ・仕事でSDGsと深く係っているが、コミュニティー活動と本ゲームを通して理解が深まり、実践できて良かった。 ・職場(中学校・高校)の授業に取り入れて、子どもたちにも考える機会を与えたい 参加レポートはこちら↓ 「カードゲームで学ぶSDGs」に参加しました! 「カードゲームで学ぶSDGs」次回開催予定 次回の「カードゲームで学ぶSDGs」は、下記の通り開催します。一緒に、SDGsについて楽しく学びましょう! イベント名:カードゲームで学ぶSDGs~自分と世界のつながりを体感しよう 日時:2月25日(火)10:30~13:30  ※ゲームルールの理解が重要なため、遅刻はしないようご協力ください。 場所:WISE Living Lab さんかくBASE ファシリテーター:藤村 希(株式会社ロコっち 代表取締役) 参加費:3,000円(税込) イベント詳細・申込方法:下記サイトより内容確認の上、お申込みください  Peatix イベントページ 定員:24名(中学生以上・最少催行人数5名) ※2月18日の時点の参加者数で、開催判断を行います。 お問合せ先:株式会社ロコっち tmpz@locotch.jp
  • 第16回 ロコっちオープンオフィスを開催!

    第16回 ロコっちオープンオフィスを開催!

    2019年12月24日(火)、3丁目カフェにて、第16回ロコっちオープンオフィスを開催しました。クリスマスイブということで、足を運んでいただけるかとても不安だったのですが、多くの方に来訪いただきました。 ロコっち オープンオフィスとは ロコっち オープンオフィスは、もともとロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日ある場所に常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるという企画から始まりました。 それが、次第に地域交流の場になり、オープンオフィスの日にお店を出したいという要望もあったので、2019年4月から3丁目カフェに場所を移し、マルシェ要素を備えてリニューアルしました。 出店者は、ロコっちのレポーターや、スポンサーの方々で、ランチ、物販、ワークショップ、と多様なサービスがその場で提供されています。 5組の事業者が出店 今回出店いただいた5組の事業者をご紹介します。 ①sparkle0519 最近ネットショップもオープンして絶好調!ロコっちオープンオフィスではおなじみのアクセサリー作家 大和田瞳さんのブランドです。今回はクリスマスムードあふれるディスプレイで、パールをたくさん使ったアクセサリーが多く並んでいました! ②yellow plants yellow plantsはガーデナーでもある出張お花屋さん 岩澤聡子さんのお店です。たまプラーザ近隣でもマルシェに出店したり、ワークショップをしたりと精力的に活動されています。 今回は、お正月らしい植物のほか、 とってもオシャレなお正月飾りも並びました。 ③Mayumi’s Baking Room 今回ランチを提供してくれたのは、パンづくりのプロフェッショナル 隈元真由美さん。 メニューは、クリスマスらしく、自家製パン、チキンと野菜焼き、サーモンチャウダースープ、 シュトレンでした。ほどよい甘さのシュトレンは絶品でした! ④まちなかbizあおば たまプラーザ駅前通り商店会にある起業支援センター「まちなかbizあおば(通称:まちbiz) 」が初出店。起業支援メニューの紹介と「丘のよこはま」の販売を行いました。 「丘のよこはま」はまちbiz会員がプロジェクトを組んで企画・開発したグルテンフリーの焼き菓子で、横浜北部で獲れた素材を使用しており、お土産にはぴったりです。この日は限定のクリスマスパッケージで販売されていました。 ⑤UamiM 午前中は、若林真帆さんによる結びのブランド、UamiM(ゆうあみえむ)が出店。クリスマスだけでなく、お正月にもぴったりのデザインが多くありました! 今後の開催予定 第17 回ロコっちオープンオフィス 日時:2019年1月23日(木)10:30~17:30 場所:3丁目カフェ 下記の方々が出店予定です。今回は、確定申告に向けて、ロコっちでもブースを出します! ・sparkle0519(アクセサリー販売) ・イエロープランツ(生花販売) ・UamiM(結びのワークショップ・展示・販売) ・A&C Deliver(ランチ) ・ロコっち(クラウド会計相談会) タイムテーブルや、出店内容の最新情報はこちらのFacebookイベントページで告知していきます。
  • 第15回 ロコっちオープンオフィスを開催!

    第15回 ロコっちオープンオフィスを開催!

    2019年11月21日(木)、3丁目カフェにて、第15回ロコっちオープンオフィスを開催しました。今回も6つの事業者の方に出店いただきました。 ロコっち オープンオフィスとは ロコっち オープンオフィスは、もともとロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日ある場所に常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるという企画から始まりました。 それが、次第に地域交流の場になり、オープンオフィスの日にお店を出したいという要望もあったので、2019年4月から3丁目カフェに場所を移し、マルシェ要素を備えてリニューアルしました。 出店者は、ロコっちのレポーターや、スポンサーの方々で、ランチ、物販、ワークショップ、と多様なサービスがその場で提供されています。 6組の事業者が出店 今回出店いただいた6組の事業者をご紹介します。 ①Sparkle0519 ロコっちオープンオフィスではおなじみのアクセサリー作家 大和田瞳さんのブランドです。パールやファーを使ったアクセサリーが並び、冬らしいラインナップでした! ②yellow plants yellow plantsはガーデナーでもある出張お花屋さん 岩澤聡子さんのお店です。たまプラーザ近隣でもマルシェに出店したり、ワークショップをしたりと精力的に活動されています。 秋らしいシックなお花が並びました。 また、クリスマスリースのワークショップも同時開催され、素敵なリースが出来上がっていました。 ③A&C Deliver 寺岡淳美さんと宇田川千恵さんによる「食健美」をテーマとしたお料理ユニット。今回もランチを提供してくださいました! 今回のメニューは、チキンのパン粉焼きトマトソース、バターライス、付け合わせ野菜、切り干し大根のサラダ、いもまんじゅう、デザート。特にいもまんじゅうが美味しすぎて!何個も買って帰りたいと思いました(笑) ④UamiM 午前中は、若林真帆さんによる結びのブランド、UamiM(ゆうあみえむ)が出店。雪だるまの編みぐるみがキュート! ワークショップも人気でした。 ⑤ココ・ソレイユ 午後は、新石川のヨガスタジオココソレイユがレンタルスペース相談会、メンバー募集に加え、2つのイベントを開催。 1つはメタルエンボッシングのワークショップ。 メタルエンボッシングは金属を押して、絵を作っていくという工芸、今回私もチャレンジさせていただきましたが、思ったよりすごく簡単で、かわいいクローバーのマグネットが簡単にできました! そして、大反響だったのがベリーダンス体験。ベルトをつけて、みんなで踊ってみました。ココソレイユのベリーダンスは私も参加したことあるのですが、初心者でも参加出来て、とても楽しいです。 ⑥井川十萌子のさとう式リンパケア 通常は1日3分で7歳若返るセルフケアを教えている井川十萌子さんは、今回は魔法の靴下を販売。よくある着圧ではなくて、締め付けのない特別な靴下なのだとか。 SDGsの体験カードゲームも実施 今回は、午前中から14時頃まで大盛況でした。 私は12月17日(火)&21日(土)に「カードゲームで学ぶSDGs」を実施するのですが、もっと気軽にSDGsを理解してもらうため、当日使うのとは別のカードゲーム「THE SDGsアクションカードゲームX」も実施しました。これで、SDGs達成に向けて活動すると必ず出てくるトレードオフを、アイディアで解決することの重要さを体験していただきました。 「カードゲームで学ぶSDGs」の詳細はこちらをご覧ください。 今後の開催予定 第16 回ロコっちオープンオフィス 日時:2019年12月24日(火)10:30~17:30 場所:3丁目カフェ 下記の方々が出店予定です。 ・sparkles 0519(アクセサリー販売) ・イエロープランツ(生花販売) ・UamiM(結びのワークショップ・展示・販売) ・まちなかbizあおば(起業支援・丘のよこはま販売) ・Mayumi’s Baking Room (ランチ) タイムテーブルや、出店内容の最新情報はこちらのFacebookイベントページで告知していきます。
  • 第13回ロコっちオープンオフィスをレポート!

    第13回ロコっちオープンオフィスをレポート!

    2019年9月13日(金)、3丁目カフェにて、第13回ロコっちオープンオフィスを開催しました。今回は6つの事業者の方に出店いただき、初めての方にも多くご来場いただきました。 ロコっち オープンオフィスとは ロコっち オープンオフィスは、もともとロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日ある場所に常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるという企画から始まりました。 それが、次第に地域交流の場になり、オープンオフィスの日にお店を出したいという要望もあったので、2019年4月から3丁目カフェに場所を移し、マルシェ要素を備えてリニューアルしました。 出店者は、ロコっちのレポーターや、スポンサーの方々で、ランチ、物販、ワークショップ、と多様なサービスがその場で提供されています。 6組の事業者が出店 今回出店いただいた6組の事業者をご紹介します。 ①Sparkle0519 ロコっちオープンオフィスではおなじみのアクセサリー作家 大和田瞳さんのブランドです。アクセサリーもすっかり秋の気配です。 ②yellow plants yellow plantsはガーデナーでもある出張お花屋さん 岩澤聡子さんのお店です。たまプラーザ近隣でもマルシェに出店したり、ワークショップをしたりと精力的に活動されています。 先月のひまわりと打って変わって、こちらも秋の気配です。 ③A&C Deliver 寺岡淳美さんと宇田川千恵さんによる「食健美」をテーマとしたお料理ユニット。今回もランチを提供してくださいました! 今回のメニューは、きんぴらとキノコあんかけが出逢っちゃった丼、ピーマンの肉詰めの天ぷらカレー風味、チーズ豆腐、スープ、抹茶ミルクゼリー白玉添え。相変わらず1000円とは思えないラインナップでした。 ④UamiM 午前中は、若林真帆さんによる結びのブランド、UamiM(ゆうあみM)が初出店!キーホルダーを作るワークショップに多くの方が参加していました。 繊細な結びの作品の数々も販売!私もピアスを1つ購入しました。 ⑤ココ・ソレイユ 午後は、新石川のヨガスタジオココソレイユがレンタルスペース相談会、メンバー募集に加え、メタルエンボッシングのワークショップを開催。 メタルエンボッシングは金属を押して、絵を作っていくという工芸。なかなか素敵です。 ⑥井川十萌子のさとう式リンパケア 1日3分で7歳若返るセルフケアを教えている井川十萌子さんも午後から出店。 今回も奥の個室にベッドを持ち込んで、普段はやっていないさとう式リンパケアの施術を行いました。魔法の靴下なども販売していました! 診断士試験のアドバイスも 今回は、朝イチを除いては、来客がひっきりなしに。10月に予定されているたまプラハロウィンの打合せ、チャットボットの打合せ、中小企業診断士試験の受験生の方、グロービス経営大学院の後輩との意見交換など盛りだくさんでした。その隣では、PayPayの営業の方が来て導入の契約や説明が行われていたり、様子を見に来た占い師さんにタロットカードをしてもらったりと、新たな交流が生まれる場になっていました。 今後の開催予定 第14回ロコっちオープンオフィス 2019年10月2日(水)10:30~17:30 場所:3丁目カフェ 下記の方々が出店予定です。 ・sparkles 0519(アクセサリー販売) ・イエロープランツ(生花販売) ・UamiM(結びのワークショップ・展示・販売) ・井川十萌子さん(さとう式リンパケア) ・ココ・ソレイユ(テラスde椅子ヨガ 、メンバー募集相談会) ・Mayumi’s Baking Room (ランチ、料理講座) タイムテーブルや、出店内容の最新情報はこちらのFacebookイベントページで告知していきます。
  • 第12回ロコっちオープンオフィスをレポート!

    第12回ロコっちオープンオフィスをレポート!

    2019年8月1日(木)、3丁目カフェにて、第3回ロコっちオープンオフィスを開催しました。今回は今までで最多の8つの事業者の方に出店いただきまして、40名以上の方がご来場。おかげさまで、大盛況となりました。 ロコっち オープンオフィスとは ロコっち オープンオフィスは、もともとロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日ある場所に常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるという企画から始まりました。 それが、次第に地域交流の場になり、オープンオフィスの日にお店を出したいという要望もあったので、2019年4月から3丁目カフェに場所を移し、マルシェ要素を備えてリニューアル、移転後4回目の開催になりました。 出店者は、ロコっちのレポーターや、スポンサーの方々で、ランチ、物販、ワークショップ、と多様なサービスがその場で提供されています。 7組の事業者が出店 今回出店いただいた5組の事業者をご紹介します。 ①Sparkle0519 ロコっちオープンオフィスではおなじみのアクセサリー作家 大和田瞳さんのブランドです。Sparkle0519のアクセサリーは今回も大好評でした! ②yellow plants&インテリアプランニング エヴァグリーン yellow plantsはガーデナーでもある出張お花屋さん 岩澤聡子さんのお店です。たまプラーザ近隣でもマルシェに出店したり、ワークショップをしたりと精力的に活動されています。 今回はひまわりが大人気でした。 そして、インテリアプランナー 楠田恵子さんとのコラボセミナーも開催。お花をインテリアに活かす方法がレクチャーされていました。 ③A&C Deliver 寺岡淳美さんと宇田川千恵さんによる「食健美」をテーマとしたお料理ユニット。今回もランチを提供してくださいました! 夏野菜のシーフードカレー、生ハムのマリネ、夏野菜と温泉卵のゼリー寄せ、スープ、マンゴーミルクプリンというラインナップ。これで1000円は安い!今回も大好評でした。 ④フットケアラボ 午前中、美しが丘5丁目にあるフットケアサロン「フットケアラボ」が初出店。 今回は、店長の植松弘子さんが、プライマリーウォーキングという立ち方矯正をしてくださいました! 私もやっていただいたのですが、少しの意識と、よいクセをつけることで、姿勢が劇的に変わります。 左が矯正前、右が矯正後なのですが、手の位置が少し前に行き、背中のS字カーブがくっきりとなって姿勢がよくなったのがわかります。写真でみるよりも、目線が高くなるなどの実感値はさらに大きかったです。 ④ココ・ソレイユ 午後は、新石川のヨガスタジオココソレイユが椅子ヨガと生け花体験、レンタルスペース相談会を開催。 今回はなんとビアヨガ。ビールを持って、こぼさないようにポーズを決めながら、たまに飲むという斬新な企画です。私も下戸ながらソフトドリンクで参加しましたが、氷が冷たすぎました。。。やはりビールがよいようです(笑) ⑥岸野恵子のマヤ暦セラピー 午後からは、マヤ暦アドバイザーの岸野恵子さんが、マヤ暦からわかるその人の特性に基づいて、これからの生き方をアドバイス。 黄色いお花屋さんyellow plantsの岩澤さんが、見てもらったところ、自分の3つの紋章のカラーがすべて全部黄色だったとのこと!(全部で色は4種類なので、その確率は64分の1)偶然か?必然か?やはり人は運命に導かれているのかもしれません。 ⑦井川十萌子のさとう式リンパケア 1日3分で7歳若返るセルフケアを教えている井川十萌子さんが午後から初出店。 今回は奥の個室にベッドを持ち込んで、普段はやっていないさとう式リンパケアの施術を行いました。 左が井川さん。yellow plantsの岩澤さんと。 広告相談から洋服ポストまで 最近は、本当にいろんな方が来てくださっています。ロコっちの広告プランに興味がある!と聞きに来てくださった方もいれば、たまプラで洋服ポストをやりたい!というご提案まで。 いろいろなアイディアをいただきますが、できるだけ実現できるように、人をご紹介したり、 アドバイスをしたり、誠心誠意ご対応させていただいておりますので、お気軽にお越しください! 今後の開催予定 第13回ロコっちオープンオフィス 2019年9月13日(金)10:30~17:30 場所:3丁目カフェ 下記の方々が出店予定です。 ・sparkles 0519(アクセサリー販売) ・イエロープランツ(生花販売) ・UamiM(結びのワークショップ・展示・販売) ・井川十萌子さん(さとう式リンパケア) ・ココ・ソレイユ(メタルエンボッシング体験レッスン 、テラスde椅子ヨガ 、メンバー募集相談会) ・A&C Deliver(ランチ、料理講座) タイムテーブルや、出店内容の最新情報はこちらのFacebookイベントページで告知していきます。
  • 第11回ロコっちオープンオフィスをレポート!

    第11回ロコっちオープンオフィスをレポート!

    2019年6月25日(火)、3丁目カフェにて、第11回ロコっちオープンオフィスを開催しました。今回も6つの事業者の方に出店いただきまして、40名以上の方がご来場。大盛況となりました。 ロコっち オープンオフィスとは ロコっち オープンオフィスは、もともとロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日ある場所に常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるという企画から始まりました。 それが、次第に地域交流の場になり、オープンオフィスの日にお店を出したいという要望もあったので、2019年4月から3丁目カフェに場所を移し、マルシェ要素を備えてリニューアル、移転後3回目の開催になりました。 なんと今回は3丁目カフェさんがこんな素敵なチラシを作ってくださいました! 6組の事業者が出店 今回出店いただいた5組の事業者をご紹介します。 ①Sparkle0519 ロコっちオープンオフィスがワイズリビングラボで行われている頃から一緒にやっているアクセサリー作家 大和田瞳さんのブランドです。Sparkle0519のアクセサリー目当てでいらっしゃる方も多くいます。 ②yellow plants ガーデナーでもある出張お花屋さん 岩澤聡子さんのお店です。たまプラーザ近隣でもマルシェに出店したり、ワークショップをしたりと精力的に活動されています。 今回もアジサイやひまわりなど季節のお花がいっぱい。帰りがけに買っていく方がとても多いです!私は、ひまわりは次回もあるはず!と思い、アジサイを購入しました。 ③Mayumi’s Baking Room パン教室の先生である隈元真由美さんが、パン・食材の販売とランチで初出店。 ランチは、サンドイッチサラダランチでラタトゥイユとデザート付き。パンはもちろん、ドレッシングやデザートのパンナコッタもとても美味しくて、パンナコッタは「ボウルで食べたい!」という声が出るほどでした。 ④ココ・ソレイユ 午前中は、新石川のヨガスタジオココソレイユが椅子ヨガと生け花体験、レンタルスペース相談会を開催。 今回もテラスでヨガができました!気持ちよさそう! ⑤石山まりさん キレイデザイン学の石山まりさんが初出店。 キレイデザイン学とは、誕生日をもとに自分の魅力と才能を12色のカラーで表現し、リズムカラー(運気)を使って、自分らしいライフスタイルをつくりあげる新たな学問だそうです。 私も以前見ていただきましたが、その日の状態によって、今の自分に必要なカラーが変わるそうです。 ⑥岸野恵子のマヤ暦セラピー マヤ暦アドバイザーの岸野恵子さんが、マヤ暦からわかるその人の特性に基づいて、これからの生き方をアドバイス。 マヤ暦は、他の人との関係性を見るにもとってもいいんだそう。人間関係にお悩みの方は特によさそうです。 健康について語る会も同時開催 今回は、まちなかbizあおばの「健康アンテナショップ」主催の「健康について語る会」も同日開催でした。 このイベントが始まった14時頃は大盛況で、ほぼ満席!おかげさまで、いつもと違った顔ぶれとも交流できてよかったです。 だんだんとメルマガを読んできてみた、という方も増え、嬉しい限りです。なんとなく入りにくい雰囲気を感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、全力で歓迎しますのでぜひ来てくださいね。 今後の開催予定 都合により、7月はお休み。次回は8月になります。 第12回ロコっちオープンオフィス 2019年8月 1日(木)10:30~17:30 場所:3丁目カフェ 下記の方々が出店予定です。 ・sparkles 0519(アクセサリー販売) ・イエロープランツ(生花販売) ・フットケアラボ(初出店・内容検討中) ・井川十萌子さん(初出店・さとう式リンパケア) ・ココ・ソレイユ(生け花、レンタルスペース相談会、beerヨガ) ・A&C Deliver(ランチ) ・岸野 恵子さん(マヤ暦セラピー) タイムテーブルや、出店内容の最新情報はこちらのFacebookイベントページで告知していきます。
  • 第10回ロコっちオープンオフィス

    第10回ロコっちオープンオフィス

    2019年5月15日(水)、3丁目カフェにて、第10回ロコっちオープンオフィスを開催しました。今回も5つの事業者の方に出店いただき、30名以上の方がご来場、大盛況ろなりました。 ロコっち オープンオフィスとは ロコっち オープンオフィスは、もともとロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日ある場所に常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるという企画から始まりました。 それが、次第に地域交流の場になり、オープンオフィスの日にお店を出したいという要望もあったので、2019年4月から3丁目カフェに場所を移し、マルシェ要素を備えてリニューアルしました。 5組の事業者が出店 今回出店いただいた5組の事業者をご紹介します。 ①Sparkle0519 ロコっちオープンオフィスではおなじみ、アクセサリー作家 大和田瞳さんのブランドです。Sparkle0519のアクセサリーはとても華やかで大人気!最近は、おすすめブランドのバッグも販売しています。 ②yellow plants ガーデナーでもある出張お花屋さん 岩澤聡子さんのお店です。たまプラーザ近隣でもマルシェに出店したり、ワークショップをしたりと精力的に活動されています。 今回はグリーンの葉物中心のラインナップ!葉っぱだけでもずいぶん華やかになるんですね。これは発見でした。 ③A&C Deliver 寺岡淳美さんと宇田川千恵さんによる「食健美」をテーマとしたお料理ユニット。今回、ランチの提供、焼き菓子の販売を行いました。 今回は、あけぼのご飯や和風ミートローフ、春キャベツロールなど。春らしいお料理で大好評でした!(写真にはないですが、デザートもついてました!) ④ココ・ソレイユ 午前中は、新石川のヨガスタジオココソレイユが椅子ヨガとレンタルスペース相談会を開催。 テラスでのヨガはとても気持ちよさそうでした! レンタルスペースも興味ある方が多く、問合せが相次いでました。 ⑤インテリアプランニングEvergreen インテリアコーディネーター楠田恵子さんが午後からインテリア無料相談会を開催。楠田さんには私も自宅の模様替えでとてもお世話になっています。 グリーンとニュースレターに誘われていろいろな方が相談をしていました! 今回は午前中~昼が盛況 オープンオフィスは、普段は午前中人が少なくて、夕方にかけて人が増えていくのですが、今回は真逆の動きでした。 ヨガのおかげか、ランチの噂を聞きつけたのか、午前中から午後2時頃まで大盛況で、逆に夕方は出店者+いつものメンバーでゆったりとおしゃべりをしていました。(今回全体の写真を撮り忘れてしまいました。。。) 給食みたいなランチ風景がほほえましかったです(笑) そして、Mayumi’s Baking Roomの隈元真由美さんが試食のパンを持ってきてくださいました。来月出店予定です! 今後の開催予定 来月もまた3丁目カフェで開催します。 第11回ロコっちオープンオフィス 2019年6月 25日(火)10:30~17:30 場所:3丁目カフェ 下記の方々が出店予定です。 ・sparkles 0519(アクセサリー販売) ・イエロープランツ(生花販売) ・石山 まりさん(キレイデザイン学) ・ココ・ソレイユ(椅子ヨガ、レンタルスペース相談会) ・ココ・ソレイユいけばな講師 山本敬甫さん(いけばな嵯峨御流体験レッスン) ・Mayumi’s Baking Room(パン、有機食材販売) ・岸野 恵子さん(マヤ暦セラピー) また、まちなかbizあおば 健康アンテナショップ主催の「健康について語る会」が同時開催予定。さらに賑やかになりそうです。 タイムテーブルや、出店内容の最新情報はこちらのFacebookイベントページで告知していきます。
  • 3丁目カフェに移転してリニューアル!第9回ロコっちオープンオフィス

    3丁目カフェに移転してリニューアル!第9回ロコっちオープンオフィス

    2019年4月18日(木)、3丁目カフェにて、第9回ロコっちオープンオフィスを開催しました。今回より場所を変更し、他の事業者の方とも協力してマルシェ要素も取り入れた形でリニューアル。40名以上が訪れ、大盛況でした。 リニューアルの経緯 この企画は、もともとロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日WISE Living Lab共創スペースに常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるという企画で、地域の方同士の交流の場にもなっていました。 しかし、この4月から共創スペースの利用条件が変更に伴い、従来の場所でも開催が出来なくなってしまったのですが、継続を望む声が多く、3丁目カフェに場所を移して開催を継続することになりました。 カフェでの開催となるため、従来は無料だったのに対し、来場者の方にはワンドリンクオーダーが必要になります。しかし、その一方で、これまでできなかった営利活動が可能になるため、コンテンツの幅は大きく広がりました。 4組の事業者が出店 今回の移転にあり、いくつかの地域事業者の方から同時出店したい!というお声をいただきました。そこで、ロコっちと定期契約していただいているお客様または記事を書いてくださっているライターの方であることを条件に、4つの事業者の方に出店いただきました。 ①Sparkle0519 ロコっちオープンオフィスではおなじみ、アクセサリー作家 大和田瞳さんのブランドです。前回まではアクセサリー相談会という形でしたが、今回からはショップという形で出店となりました。 Sparkle0519のアクセサリーはとても華やかで大人気!多くの方が購入していかれました。 また、今回は特別に瞳さんのお友達のブランドのバッグの販売もありました! ②yellow plants ガーデナーでもある出張お花屋さん 岩澤聡子さんのお店です。たまプラーザ近隣でもマルシェに出店したり、ワークショップをしたりと精力的に活動されています。 今回は春らしい白いお花を中心にラインナップされていました!これが好評で、特に夕方、ミニ花束を買って帰る方が大勢いらっしゃいました! 私は部屋に飾ってある冬仕様のスワッグを春らしいものに変更したいと思い、スワッグを作りました。なんと500円! ③A&C Deliver 寺岡淳美さんと宇田川千恵さんによる「食健美」をテーマとしたお料理ユニット。今回、ランチとデザートプレートの提供、焼き菓子の販売を行いました。(カフェなのにそれを許して下さる3丁目カフェは懐が深い!) 見た目も華やかなランチは大評判。みなさんとても満足して帰って行かれました! 500円のデザートプレートもとても豪華。フロランタンはお持ち帰り用としても人気でした! ④インテリアプランニングEvergreen インテリアコーディネーター楠田恵子さんがインテリア無料相談会を開催。楠田さんには私も自宅の模様替えでとてもお世話になっています。 楠田さんの出店時間は13時で、その頃から急激に混雑をしてきていたので、楠田さんブースの写真が撮れませんでした。。その代わり、当日楠田さんが配布していたニュースレターを紹介します!これ見て、私も家にグリーンを入れたくなりました! 5月30日にご自宅でお茶会を開催するとのこと。楠田さんのご自宅は本当に素敵なので、興味ある方は問い合わせてみてください! 予想外の大盛況! 今回からワンドリンクオーダー制になるし、お昼ごろまでは数人しか来訪者がいなかったので、ゆったりとした形で終わるのかなー、と思いきや、12時半をすぎたあたりからひっきりなしにお客様がいらっしゃいました。 普段は、来たお客様をカウントしているのですが、そんな余裕はなかったため、売れたドリンク数からの推測になりますが、40名以上来てくださったと思われます。本当にありがとうございました! 最近QRコード決済が流行し始めていますね。今回のようなマルシェ形式で出店する事業者さんはぜひ入れたほうがいいと思う、という話をしたら、「今日説明を聞きたい!」と言われたため、急遽PayPayの営業の方に来ていただきました。 来場者の方の中にも、興味ある人がたくさんいらっしゃったため、何度もミニ説明会が行われるという事態に!こんな出来事もこのイベントの魅力かと思います。 今後の開催予定 来月もまた3丁目カフェで開催したいと思います。今までよりも、より楽しみ方が増えていますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください! この日も、今回出店していただいた4店+αの出店がある予定です!詳細はロコっちのFacebookページで告知していきます。 第10回ロコっちオープンオフィス 2019年5月 15日(水)10:30~17:30 場所:3丁目カフェ
  • WISE Living Labでの最終回!第8回ロコっちオープンオフィス

    WISE Living Labでの最終回!第8回ロコっちオープンオフィス

    2019年3月5日(火)、さんかくBASE内のWise Living Lab共創スペースにて、第8回ロコっちオープンオフィスを開催しました! この企画は、ロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日共創スペースに常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるというものです。雑談しにくるだけでもOKで、地域の方同士の交流の場にもなっています。 今回も、sparkle0519のアクセサリー作家、大和田瞳さんが一緒に常駐し、アクセサリー相談会を同時開催。23名の方にご来訪いただきました。 ちなみに、来年度より、WISE Living Labの利用規定が変更になるということで、この場所では今回が最後の開催となりました。 今回のおやつはグルテンフリー 今回のおやつは、新石川にあるMom’sダイニングで販売されているグルテンフリーのシフォンケーキ。ホールで購入したので、切った状態で持って来ました。 こちらはまた別の記事で詳しく紹介したいと思います。(元の状態はその時に!) 今回は最終回なので、本当にいっぱい差し入れをいただきました (この会は基本的に差し入れ不要の会です。念のため) 午前中は来客が少なく、3月15日に行われる「青葉で自分らしく働こう~意見交換会」の打合せをするなどして、過ごしました。 たまプラ一座の林月子さんも母子で来てくださいました。 ランチは小型モビリティで買い出し! 今回のランチは、次世代郊外まちづくりの「郊外住宅地における地域移動の社会実験」で小型モビリティのモニターになっている美しが丘在住のWebデザイナー・洞澤葉子さんが買い出しに行ってくださいました! 車は前後1人ずつの2人乗り。後部座席に乗った人の感想だと、後ろはかなり狭いようです。しかし、小回りが利いて運転しやすそう。乗っている間は注目の的だったとか(笑) 本当は、一兆庵でおむすびを買ってきていただく計画でしたが、今日は定休日だったようで、その近所のパドマパレスのカレーになりました。 たまプラーザ テイクアウトグルメ③ パドマパレスのカレーの記事|たまプラーザ横浜市青葉区|ロコっち ロコっちは、あなたのジモト体験を豊かにする情報サイトです。街のあらゆる情報を収集し、日々更新しています。早速ジモト情報を探してみよう! まさかのヒット商品が誕生 最終回とあって午後からは、これまでで一番の大盛況。女性だけの相続相談「チームひまわり」の打合せ場所や、インテリアコーディネーター楠田恵子さんのフリーペーパーの取材場所としても使われました。 そして、この日一番アツかったのがコレ。 郵便局のキャラクター「ぽすくま」と、元町の有名ブランド「キタムラ」コラボのタオルハンカチ!お手紙型になるのがかわいいですね。特に、ネイビーが大人気でした!こちらはこれを購入した人たち。 今回は、ビジネス相談も多く、いろいろな方々の相談に乗らせていただきました。8月にスタートして以来、このオープンオフィスがきっかけで生まれた交流やビジネスも多くあり、非常にいい場だったと思います。特に駆け出しの社長および中小企業診断士である私にとっては、自分が何を地域のみなさまに提供できるのかを考える非常に貴重な機会でした。 今後の開催予定 今回いったん最終回の予定でしたが、続けてほしいという声も多かったため、場所を変えて継続することになりました。 場所はたまプラーザの元祖コミュニティカフェ「3丁目カフェ」です。従来通り、予約・差し入れ・参加料は不要ですが、ワンドリンクの注文をお願いいたします。 この日は、これまで通りsparkle0519のアクセサリー相談・販売会も同時開催する他、イエロープランツによるお花の販売もあります。 雑談しに来るだけでも大歓迎、お気軽にお越しください! 第9回 2019年4月 18日(木)10:30~17:30 場所:3丁目カフェ
  • 第7回ロコっちオープンオフィスを開催!

    第7回ロコっちオープンオフィスを開催!

    2019年2月22日(金)、さんかくBASE内のWise Living Lab共創スペースにて、第7回ロコっちオープンオフィスを開催しました! この企画は、ロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日共創スペースに常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるというものです。雑談しにくるだけでもOKで、地域の方同士の交流の場にもなっています。 今回も、sparkle0519のアクセサリー作家、大和田瞳さんが一緒に常駐し、アクセサリー相談会を同時開催。20名の方にご来訪いただきました。 今回のおやつはアトリエうかいで購入 今回のおやつは気合を入れて、おすすめ手土産を購入してきました! アトリエうかいの「ふきよせ」。こちらはまた別の記事で詳しく紹介したいと思います。(中身はその時に!) 今回は納豆スナックや、米粉クッキーなど差し入れもたくさんいただきました。 (この会は基本的に差し入れ不要の会です。念のため) 午前中は企業の方と今後の取り組みの打合せ。その後は、B2Bビジネスを目論む個人事業主の方々と情報交換ができたり、赤ちゃん連れのお母さんと女性写真家の方との出会いがあったり、と充実していました! ランチはお隣からデリバリー ランチは、だめもとでお願いしてみたところ、お隣のPeoplewise Cafeがお届けしてくれることになりました。店長さん自らデリバリーです! 手前はチキンステーキと5種類のデリのブランチプレート、奥は山わさびとクレソンのソテーバーガーです。美味しくいただきました。 顔ツボにアクセサリーのリメイクも 午後からは、まちなかbizあおば日本文化部の白熱した会議が行われていました。 その隣で顔ツボを楽しむ私達。 顔ツボをやってくださったのはたまプラーザで「自然療法サロンgreen+」を営む後藤みどりさん。 私は消化器系のところはかなり痛かったです。が、終わって目を開けてみると、視界が明るくてびっくり!かなりすっきり感がありました。 そして、今回はアクセサリーのリメイクも。先日のMom’sダイニングで行ったものの続きを大和田さんにお願いしました。 使わなくなったアクセサリーが生まれ変わる教室の記事|たまプラーザ横浜市青葉区|ロコっち ロコっちは、あなたのジモト体験を豊かにする情報サイトです。街のあらゆる情報を収集し、日々更新しています。早速ジモト情報を探してみよう! 前回作ったこちらのアクセサリー、ちょっとポップ過ぎて家族に不評でした;; それがこんな爽やかに生まれ変わりました! 私にはラブリーすぎるイヤリングは ネックレスと同じモチーフで、ちょっとクールなテイストに。 こちらのシンプルなイヤリングが エンブレム風に。 前回と合わせてもうしばらくアクセサリーは買わなくてていいくらい、たくさんできました。 まだ素材が残っているので、次回お願いしようと思います! 今後の開催予定 ロコっちオープンオフィスは、施設の都合により、3月でいったん最終回になります。 予約・差し入れ・参加料は不要です。雑談しに来るだけでも大歓迎、お気軽にお越しください! 第8回 2019年3月 5日(火)10:30~17:30 場所:ワイズリビングラボ さんかくBASE
  • 第6回ロコっちオープンオフィスを開催!

    第6回ロコっちオープンオフィスを開催!

    2019年1月21日(月)、さんかくBASE内のWise Living Lab共創スペースにて、第6回ロコっちオープンオフィスを開催しました! この企画は、ロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日共創スペースに常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるというものです。雑談しにくるだけでもOKで、地域の方同士の交流の場にもなっています。 今回も、sparkle0519のアクセサリー作家、大和田瞳さんが一緒に常駐し、アクセサリー相談会を同時開催。14名の方にご来訪いただきました。 今回のおやつはMARU FOODで購入 今回は、事前にお菓子を買い忘れてしまったので、駅とさんかくBASEの間にあるMARU FOODで購入しました。 店内を物色してみたところ、味噌を使った商品のコーナーを発見!いつもは洋菓子が多いので、おばすて味噌せんべいとおばすて味噌がけくるみを選んでみました。 味噌せんべいは味噌の風味と甘さがありながらも軽くてさっぱりとしたお味でした。味噌がけくるみは結構味噌味が濃くて、ごはんが欲しくなるほど(笑)酒のつまみにぴったりですね。 お弁当もMARU FOODで 毎回人が来る時間帯には波があるのですが、今回は午前中かなりゆったりとしていて、ロコっちのデザイン改善をお願いしている おもてなしデザイナーの洞澤葉子さんと改善ポイントの相談をしたりしていました。 朝MARU FOODに立ち寄った際に、お弁当も販売しているのを発見したので、今回はそれを買ってきました。平日のみの販売で、野菜だけのボリュームベジべんとう(上)と、満足バランスべんとうの2種類があります。内容は日替わりで、800円~です。 お弁当箱の見かけもとてもいい味出していますし、見た目のわりにボリュームがかなりあって、おかずの種類も豊富、と昼間栄養が偏りがちな自営業には嬉しい内容でした。 ちなみに、ティーバッグのお茶と紙コップもついてきたのですが、ここにはお湯がないため、家に持ち帰りました。 午後からは補助金セミナーも 午後からはだいぶ人が増えてきて、情報交換やおしゃべりに花が咲きました。 今回は、特に要望が多かった、補助金についての解説を行いました。中小企業向けの補助金は意外と知られていないんですよね。どんな用途に使えるか、金額はどれくらいかといったお話をさせていただきました。今年は事業者のみなさんの補助金獲得のお手伝いができればなと思っています。 ロコっちオープンオフィス発の企画が実現 以前もお伝えしましたが、このロコっちオープンオフィスで出会った方同士のコラボレーションイベントがついに実現することになりました。 家のお片付けを行っているアメイジー株式会社より提供された本真珠をアクセサリーにアップサイクルできるSparkle0519の主催イベントです。本真珠を使わない通常のアクセサリーも制作可能ですが、せっかくなので、ぜひご使用いただければと思います。 日時:2019年2月14日(木)10:00~14:00 場所:Mom’sダイニング(あざみ野駅徒歩5分) 参加料:3250円〜(材料費・講師料込み)+ランチ代。本真珠使用の場合は一粒につき+400円 参加方法:Facebookイベントに参加表明またはtmpz@locotch.jpまで 今後の開催予定 ロコっちオープンオフィスは、3月まで毎月開催予定です。予約・差し入れ・参加料は不要です。雑談しに来るだけでも大歓迎、お気軽にお越しください! 第7回 2019年2月22日(金) 第8回 2019年3月 5日(火) 時間:いずれも10:30~17:30 場所:ワイズリビングラボ さんかくBASE
  • 第5回ロコっちオープンオフィスを開催!

    第5回ロコっちオープンオフィスを開催!

    2018年12月10日(月)、さんかくBASE内のWise Living Lab共創スペースにて、第5回ロコっちオープンオフィスを開催しました! この企画は、ロコっちたまプラーザ編集長であり、中小企業診断士の藤村希(のぞみん)が、1日共創スペースに常駐し、取材依頼や、ビジネス相談を受け付けるというものです。雑談しにくるだけでもOKで、地域の方同士の交流の場にもなっています。 今回も、sparkle0519のアクセサリー作家、大和田瞳さんが一緒に常駐し、アクセサリー相談会を同時開催。約18名の方にご来訪いただきました。 今回のおやつはDEAN&DELUCA 今回のおやつは、たまプラーザテラスのDEAN&DELUCAで購入。DEAN&DELUCAのクリスマスコーナーはとっても華やかでした! その中で渡した購入したのはこちらの「ホリデー バーテディダマ」。クッキーでチョコレートクリームを挟んだイタリアのピエモンテの伝統菓子です。 見た目の割に中身は小さくて、8個1000円とコスパがいいとは言えませんが、見た目がとてもかわいく、クリスマスのテーブルを彩るにはいい感じです。 午前から午後イチは女性起業家談義 午前中にまちなかbizあおばの「日本文化 de ビジネス部」が行われたこともあり、午後イチにかけては女性起業家の方がたくさん来てくださり、ビジネス談義に花が咲いていました。 私も珍しく、お悩みについて理論的に解説してみました。 これが、とても好評で、来月経営勉強会を開くことになりました! ランチはデパ地下のお弁当 昼食は、通常はデリバリーにしているのですが、今回は東急百貨店のデパ地下のお弁当。普段女性だけのの相続相談「チームひまわり」の関連でお世話になっている、デパ地下通の税理士、荻原真知子さんが、セレクトして買ってきてくださいました。 お弁当は、「米八」「まつおか」「いとはん」のもの。どれも美味しそうで、みなさん非常に迷っていました。 私は米八のおこわ弁当にしました。 ボリュームは他に比べて少なめですが、3種類のおこわが楽しめるのがとても嬉しいお弁当です! 前回発案のリメイク企画が進行 前回お片付けを行っている株式会社アメイジーの古川めぐみさんと、sparkle0519の大和田瞳さんの間で、アクセサリーリメイクのアイディアが生まれました。 第4回ロコっちオープンオフィスを開催! 今回は古川さんがお片付けで生じたジュエリーやボタンをたくさん持ってきてくださいました。瞳さんも、それを見ていた周りの人も大興奮!これがどんなアクセサリーに生まれ変わっていくか、楽しみです。 また、今回は来場者の方からのリメイク依頼も。片方だけになってしまったお気に入りのイヤリングが、素敵な指輪に生まれ変わりました! 左がリメイク前のイヤリング。右がリメイク後の指輪。 あ 今後の開催予定 ロコっちオープンオフィスは、3月まで毎月開催予定です。予約・差し入れ・参加料は不要です。雑談しに来るだけでも大歓迎、お気軽にお越しください! 第6回 2019年1月21日(月) 第7回 2019年2月22日(金) 第8回 2019年3月 5日(火) 時間:いずれも10:30~17:30 場所:ワイズリビングラボ さんかくBASE
  • 第4回ロコっちオープンオフィスを開催!

    第4回ロコっちオープンオフィスを開催!

    2018年11月12日(月)、さんかくBASE内のWise Living Lab共創スペースにて、第4回ロコっちオープンオフィスを開催しました! もともと、この企画は次世代郊外まちづくりの家守プロジェクトの一環で開催していたものでしたが、ご好評につき、11月以降も2019年3月までサポート企画として開催することになりました。 今回も、第3回と同じくsparkle0519のアクセサリー作家、大和田瞳さんが常駐し、アクセサリー相談会を同時開催。約18名の方にご来訪いただき、新たな交流が生まれました。 家守プロジェクト、ロコっち オープンオフィスの詳細はこちら 今回のおやつはカフェコムサ 今回のおやつは、東急百貨店の2階にある「カフェコムサ」で3点購入しました! ・いちごテイストのメレンゲ菓子「いちごげ」 ・オリーブなあられ えび風味 ・京宇治茶ポップコーン さつまいもと焙じ茶 特におすすめしたいのは京宇治茶ポップコーン。ほうじ茶の風味がとても香ばしく、お茶菓子に出したなら「これ何!?」と受けること間違いありません。他の組み合わせも試してみたいな、と思います。 初の遠方からの来訪者も 午前中は、前回同様、メディアクレストの松本さんとパンフレットの打合せ。ようやく内容決まりまして、12月たまプラーザ駅の郵便局のラックに並ぶ予定です! また、今回は初めて近隣以外のお客様が。北区で子どもの居場所作りを頑張っている畑川麻紀子さんです。メディアクレストの松本さんは、過去に英語の保育園を営んでいたことがあり、話が弾んでいました。 北区から来てくれたまこちゃん(右) ランチはアクバルのデリバリー 昼食は、美しが丘4丁目にあるカレーの名店「アクバル」でデリバリーしました。配達料が別途300円必要ではありますが、お店とほぼ同じメニューがデリバリーでも楽しめます! 平日限定の日替わりカレーであれば、ナンまたはライスとセットで980円です。私と大和田さんは、お好みのカレーに、タンドリーチキン(ハーフサイズ)と、チキンティッカがついたタンドリーランチ1250円を注文。 通常価格が最も高いクラブマサラ(1390円)と、チキンバタースペシャル(1390円)を選んでしまうあたりが貧乏性です(笑)2人で分けて美味しくいただきました。 午後はビジネス交流が活発に 午後からはビジネス交流がさらに活発に。 今回、お片付けを行っている株式会社アメイジーの古川めぐみさんが来てくださったのですが、お片付けをしている中で古いボタンがたくさん出てくるとのこと。sparkle0519ではアンティークボタンを使ったアクセサリーを作っているので、思い出の品をアクセサリーにリメイクできそう!と盛り上がりました。 アメイジーの古川さん(左)と、メディアクレストの松本さん(中) sparkle0519のアクセサリーはクリスマスバージョンもあり、今回も大人気でした。 次回の開催 12月のロコっちオープンオフィスの予定は下記の通りです。予約・差し入れ・参加料は不要です。雑談しに来るだけでも大歓迎、お気軽にお越しください! 第5回ロコっちオープンオフィス 日時:2018年12月10日(月)10:30~17:30 場所:ワイズリビングラボ さんかくBASE
  • 第3回 ロコっち オープンオフィスを開催しました!

    第3回 ロコっち オープンオフィスを開催しました!

    2018年10月15日、さんかくBASE内のWise Living Lab共創スペースにて、次世代郊外まちづくりの家守プロジェクトの一環で、第3回ロコっちオープンオフィスを開催しました!今回は、sparkle0519のアクセサリー作家、大和田瞳さんが常駐し、アクセサリー相談会を同時開催。そのおかげもあって、会場はぐっと華やかに、そして約17名の方にご来訪いただき、とても盛り上がりました。 家守プロジェクト、ロコっち オープンオフィスの詳細はこちら 今回のおやつはBABON 今回のおやつは、イトーヨーカドーの隣にある黄色い屋根のケーキ屋さん「BABON」で購入。 本当は生ケーキを食べたいところですが、当日購入が時間的に厳しいのと、来場人数が読めないので、どうしても焼き菓子になります。 今回選んだのはこれ。 ムラング・ココというメレンゲ菓子です。プレーンな白と、フランボワーズが入ったピンクがあります。 この大きさで1個60円、しかもなかなかのボリューム感。そして、個包装。見栄えもするので、人数が多いところへのお土産や、予算が少ない時は最適なお菓子だと思いました! 来訪者の方の評判も良かったです♪ 午前中はのんびりと打合せ 今回は今までで一番たくさんの方に来訪いただいたのですが、午前中はお客様が少なかったので、比較的のんびりしていました。 それで、ロコっちのパンフレットの打合せをみっちりすることができました。他の来訪者の意見も伺うことができたのはとてもよかったです。 ちなみにパンフレットの制作をお願いしているメディアクレストの松本さんは、デザインをするだけではなく、訴求の仕方やキャッチフレーズまで考えてくださるので、とてもありがたいです。 お昼は黒龍でデリバリー 昼食は、たまプラーザ中央商店街にある黒龍にデリバリーをお願いすることにしました。1人1,000円出して、4,000円予算で四川風麻婆豆腐、レバニラ炒め、炒飯、エビチリ焼きそば、春巻2本を注文。 本格中華がデリバリーで食べられるというのは嬉しいですね! 掲示板を設置 午後からは、当日2階で打合せしていたたまプラハロウィン実行委員会のメンバーや、横浜GENKIチャンネルを運営する方々など、多くの方にご来訪いただきました。 そこで、今回設置してみたのがこれ。 来場者やロコっちの読者の方に告知したいことを、ホワイトボードに書いていただくことにしました。 これにより、私もみなさんのニーズが把握できますし、私の方もみなさんに聞こうと思っていたことを忘れずにすみました。今後、もっと活用していこうと思います。 アクセサリー相談会も大好評 sparkle0519によるアクセサリー相談会も、賑わっていました。それが目的で来ていなくても、やはり華やかに並べられたアクセサリーはみんな気になります。リメイクの相談をしたり、その場で作ってもらったり、みなさん楽しんでいました。 私もネックレスを作ってもらったのですが、チェーンの長さを自分が求めるサイズにしてくれたり、その場で材料を選べたりして、カスタムメイドの良さを実感しました! また、ハンドメイド作家同士のつながりで、他の作家さんもいらしていました。 スペインタイルの「La Marina」の作品を見せていただきましたが、この素敵な風合いの箸置きや、ケース。ギフトにもよさそうですね! 第3回を終えて 今回は、初めてロコっちメンバー以外の人が常駐したのですが、お互いの知人同士の交流が生まれたり、ロコっちだけではできない体験を提供できたりして、とてもよかったと思います。 たまプラの貸切パーティーの場所の相談に乗ったり、動画制作や事業計画のアドバイスをしたりと、ロコっちの持つリソースをフル活用できるようにもなってきたのもよかったです。 家守プロジェクトとしては、一旦終了しますが、このイベント自体は好評なので、できれば11月以降も続けて行きたいと考えています。また詳細が決まりましたら告知させていただきます。
  • 第2回 ロコっち オープンオフィスを開催!

    第2回 ロコっち オープンオフィスを開催!

    2018年9月10日、さんかくBASE内のWise Living Lab共創スペースにて、次世代郊外まちづくりの家守プロジェクトの一環で、第2回ロコっちオープンオフィスを開催しました!当日は、前回と同じく15名の方にご来訪いただき、 今後のロコっちとの連携の相談や、来訪者同士の交流で盛り上がりました。 家守プロジェクト、ロコっち オープンオフィスの詳細はこちら 第1回ロコっちオープンオフィスを開催! おやつはプチゾウ 今回のおやつは、美しが丘5丁目、あざみ野に続く欅並木沿いにあるケーキ屋さん、プチゾウで購入 プチゾウは、シュークリームが有名なお店ですが、生ものは難しいのでクッキーを飼ってみました。 ココナッツマカロンはココナッツの風味たっぷりで、ナッツ好きは止まらなくなる味。オレンジピールクッキーはバターが効いた優しい味わいでした! 差し入れで、3丁目カフェのクッキーや、 BARIETAのパンもいただきました! ちなみに、差し入れは不要ですので、お気軽にお越しくださいね! 午前中は工作と手相で盛り上がる この日は、別のイベントが1階であったため、2階を利用して実施。午前中は6名の方が来てくださいました。 中でも話題をさらったのは、理科実験教室「あおば理科」や、占いサミットを主宰する並木高洋さんです。 来年の夏に教室をやりたいというピタゴラ装置などを披露したり、 みんなの手相を見て嵐のように帰っていきました(笑) 午後も活発に来訪者同士が交流 お昼ご飯は、前回のオープンオフィスで行ったたまプラAnswersでオススメされていた、美しが丘公園近くのネパール料理屋さん「パドマパレス」でテイクアウト。 このテイクアウトについては、後日、別途詳しくお伝えしたいと思います。 午後からは、さらに9名の方にお越しいただきました。おかげさまでたくさんの方にお越しいただいたので、なかなかお一人ずつゆっくり話せなかったのですが、来訪者の方同士、名刺交換をしたり、新規事業のモニターに勧誘したり、相談事をしたり、と活発に交流が行われていました! 14時半頃から1階に移り、そのタイミングで少し人数が減ったので、テーブルを囲んで、和やかに歓談しました。 今回も多くの方に、来訪いただけて嬉しかったです!今後も、気軽に足を運べる交流の場になっていければいいな、と思います。ちなみに、話の輪からそっと抜けて、1人でデスクワークするのもありですよ! 次回のロコっちオープンオフィス 次回のロコっちオープンオフィスは10月15日(月)10:30~17:30 @ Wise Living Lab共創スペースです。予約・差し入れ・面識不要ですので、気軽に足を運んでください! 今回、私が過去に行ったキャリア講義の内容を聞きたかった!というご意見もいただいたので、次回は時間を決めてそれをお話するのもいいかな?と思っています。
  • 第1回ロコっちオープンオフィスを開催!

    第1回ロコっちオープンオフィスを開催!

    2018年8月28日、さんかくBASE内のWise Living Lab共創スペースにて、第1回ロコっちオープンオフィスを開催しました!当日は、15名の方にご来訪いただき、普段できない有意義なお話もできました。今回は、どのようなイベントなのかを紹介したいと思います。 ロコっち オープンオフィスとは 横浜市と東急電鉄が共同推進する「次世代郊外まちづくり」の新たな取り組み「家守プロジェクト」にロコっちが参加することになりました。「ロコっち オープンオフィス」は、その取り組みの一環で、Wise Living Lab共創スペースをロコっちのオフィスに見立て、そこに自由に情報交換をしたり、仕事や取材の相談をしたり、たまプラーザの情報を聞きに来てください、というイベントです。 家守プロジェクト、ロコっち オープンオフィスの詳細はこちら おやつはBARIETAで お客様をおもてなしするのに、おやつくらいなくては!と思いまして、会場近くのパン屋さん「BARIETA」に行ってみました。 パン屋さんなので、おやつになるものがあるかな?と思いましたが、いいものがありました! メロンパン、ブリオッシュ、ブドウパン、スコーンなど、いろいろな種類のパンがもとになったMIXラスクです。1袋150円、とリーズナブルですし、これはおしゃべりしながらつまむのにもってこい。来訪者からも好評でした! 今回は急遽用意しましたが、次回からはおすすめのおやつを用意したいと思います。 午前中は女性起業家2人が来訪 午前中は、女性起業家2人が来訪。それぞれのビジネスの近況や、現在の課題を相談し合いました。私が顧問を務めている起業支援センターまちなかBizあおばの活用方法などもご提案しました。 ファイナンシャルプランナーの高木典子さんと 集客や新しいサービスプランの立案など、1人で悩んでいても進まないこともよくありますよね。ぜひその意見交換の場としても、このオープンオフィスを活用いただきたいと思います。 ランチは隣のカフェからテイクアウト ランチはお隣のピープルワイズカフェで注文し、トレイごと持ってきてオープンオフィス会場で食べました。 ここのチキンオーバーライス、おすすめです。 午後からも地元企業の社長さんや、ロコっちのコンシェルジュ、ロコっちの読者の方など多くの方に来訪いただきました。 自由に来て、自由に帰るスタイルで、おしゃべりは絶え間なく続き、思わぬつながりや新たなビジネスアイディアが生まれる場となりました。 また、別のテーブルではWebデザイナーやたまプラ一座方達の打合せが行われていました。こちらはロコっちと何らかの関りがある方のみとさせていただきますが、打合せやデスクワークでの使用も可能です。 食のコンシェルジュ 梅田やすこさん(左)と。 おしゃべりの合間にたまプラAnswers ロコっちではたまプラーザのFAQを作る「たまプラAnswers」という活動を行っています。今回のオープンオフィス内で模造紙を貼りだし、来訪者のみなさまに質問、および回答を貼っていただきました。 いただいた質問の調査および回答の募集をしつつ、またこちらの回答を募集していきたいと思います。次回もやりますので、ぜひ質問・回答をしに来てください! 次回のロコっちオープンオフィス 次回のロコっちオープンオフィスは9月10日(月)10:30~17:30 @ Wise Living Lab共創スペースです。予約・差し入れ・面識不要ですので、気軽に足を運んでください!
  • キッズレポート@さんかくBASE

    2018年5月12日に美しが丘公園隣のさんかくBASEで行われたAOBup健康フェアとハンドメイドマルシェ。 その場にいた小1男子が突如として始めたレポートを開始。豪華(?)7本立ての内容になっています。 ・ワイズリビングラボの模型の紹介 ・ワイズリビングラボにあるチラシの紹介 ・ワイズリビングラボ2Fの紹介 ・AOBup!健康フェア アロマヨガの模様 ・ワイズリビングラボの入口の紹介 ・ピープルワイズカフェへの移動 ・ハンドメイドマルシェ出店者インタビュー
  • たまプラAnswers【グルメ】~みんなで作る街のFAQ

    たまプラAnswers【グルメ】~みんなで作る街のFAQ

    たまプラ住民の英知を結集して、たまプラのFAQ(よくある質問:Frequent Asked Questions)を作ろう!という取り組みです。2018年1月30日に行った第1回 たまプラAnswersライタソンまでの情報を随時掲載していきます。 こちらは、たまプラーザのグルメに関するFAQです。 【New】たまプラならではの食文化はありますか? ①ウズラの卵を包み込んだコロッケ「たまプライ」です。もともと、美しが丘3丁目にあった「肉の荒井屋」で販売されていましたが、閉店後もご当地名物として有志によりイベントなどで販売されています。 ②毎年5月と10月にちょい呑みフェスティバルという飲み歩きイベントが開催されています。チケットは3枚つづりで、1チケット使うと、参加店舗で1フード&1ドリンクを注文できます。 ③3丁目カフェのぎょうざドッグが名物です。イベントの時のみ不定期で販売しています。 【New】はやし農園の野菜を買える場所はありますか? 美しが丘西にあるプロローグの前あたりの直売所で購入できます。 タルトが美味しいケーキ屋さんを教えてください トルバドールのケーキがおすすめです。 おすすめのお寿司屋さんはありますか? すすき野の「舎利とねた」がおすすめです。 八百屋さんはありますか? 駅前通り商店会に「光青果」があります。びっくりするくらい立派なしょうがが売っています。焼き芋もとても美味しいです。 米粉パンが売っているところはありますか? 東急百貨店地下1階のデイリーマートに玄米パンや新潟コシヒカリパンが売っています。 中央通り商店街の「こぐま」(お好み焼き)は、いつも大混雑ですが、空いている時間、曜日はありますか? 穴場の時間というのはほぼないので、予約することをおすすめします。(045-904-1118) うなぎが食べたいときはどこへ行ったらいいですか? ①美しが丘4丁目にある美吉野です。 ②駅前通り商店会にあるねもとです。 フラットホワイトが飲めるコーヒー屋さんはありますか? 期間限定と思われますが、タリーズコーヒーでフラットホワイトコーヒーを提供中です。タリーズコーヒーは、東急百貨店の地下1階と、たまプラーザテラスリンクプラザ2階にあります。 タリーズコーヒー フラットホワイト 果物の実がなる木はありますか? たまプラーザ団地にはみかん、柿、びわ、梅、山桃、などたくさんの実のなる木があり、子供たちのおやつになっています。 牛丼の?野家はたまプラーザにはありませんか? たまプラーザテラスのフードコート「テラスキッチン」の中に、「yoshinoya」があります。新業態店舗で、通常の?野家とはメニューが異なり、サラダやフライドポテト付きの牛丼ディッシュなどがあり、お子様メニューも充実しています。 たまプラーザテラス yoshinoya 地元野菜の販売所はクオリティにばらつきがあります。鉄板な場所はありますか? 美しが丘西にあるハックの隣に地元の方が出しているお店があります。 朝ごはんを食べながらノートパソコンを開いてちょっと仕事もできるカフェってありますか? ①People Wise Caféです。朝8時から営業しています。 ②朝10時からになりますが、3丁目カフェは、仕事している人も多いです。 窯焼きピザが美味しいお店を教えてください PIZZA SALVATORE CUOMO たまプラーザがおすすめです。 安くておいしいランチが食べられるお店はありますか? たまプラーザ駅前通り商店会のRacy’sがランチを始めました。自家製手ごねハンバーグを中心に本日のランチ定食まですべて900円です。ぜひ一度お試しください! 昼食におすすめのお弁当屋さんはどこですか? 東急百貨店の地下1階にある「糸半」がおすすめです。 シングルモルトが揃っているBARはありますか? ①時代屋オールドオーク たまプラーザ店です。 ②Soul Cocktail’sです。 ③ROLLINSです。 ④バースランドです。 ホッピーを飲める店はありますか? ①たまプラーザ中央商店街にある「大衆居酒屋さざえ」です。小松菜の煮びたしと肉豆腐がおいしいです。焼酎を安く、美味しく飲める店でもあります。 ②たまプラーザ駅前通り商店会にある「炉ばた家」です。ゴーヤチャンプルやポテトサラダがおいしいです。 ③美しが丘家西にあるだいちゅん家です。 駅の近くにおいしいお蕎麦屋さんはありますか? 風来喬がおすすめです。 おいしい定食屋はありますか? 庄勇という魚料理の店のランチ定食がおいしいです いろいろ焼鳥屋があるけど、一番おいしいのはどこですか? くしやき とりびよりがおすすめです。 無人販売の野菜スタンドはどこにありますか? 美しが丘公園の向かい、ベルグの4月の並びに野菜の自動販売機があります。 回答募集中の質問 【New】ジモトで作った鎌倉野菜が購入できるところはありますか? 【New】ジモトの野菜が食べられるカフェ、レストランはありますか? 【New】一番古い食事処はどこですか? 立ち飲みができるところはありますか? 米粉パンを作ってくださる方はいますか? たまプラの高級店といえばどこですか? おすすめの魚屋さんはどこですか? 肉肉しいステーキはどこで食べられますか? とんかつの美味しいお店はどこですか? グルテンフリーのカフェはありますか? もつ焼または焼きとんが食べられるお店はありますか?
  • たまプラAnswers【エンタメ】~みんなで作る街のFAQ

    たまプラAnswers【エンタメ】~みんなで作る街のFAQ

    たまプラ住民の英知を結集して、たまプラのFAQ(よくある質問:Frequent Asked Questions)を作ろう!という取り組みです。2018年1月30日に行った第1回 たまプラAnswersライタソンまでの情報を随時掲載していきます。 こちらは、たまプラーザのエンタメに関するFAQです。 【New】貸しギャラリーはありますか? 内容にもよりますが、3丁目カフェで、無料で作品展示することができます。善意の管理はしてくださいますが、それを超えた盗難破損などの補償はなので、それをご理解の上ご利用ください。期間や展示方法はご相談になります。 【New】地域の麻雀大会をやれる場所はありますか? 3丁目カフェで開催できます。しかし、麻雀卓は持ち込みになります。 たまプラーザ駅発着のバス旅行はありますか? ①サンケイツアーズが催行しています。 サンケイツアーズ バスツアー 【New】②トラベルカイトが、ひろたりあん通信とのコラボ企画「歴史探偵"高丸"バスツアー」と、「たこつぼ旅倶楽部バスツアー」を催行しています。 たこつぼ旅倶楽部 たまプラーザに映画館はありますか? 残念ながらたまプラーザに常設の映画館はありません。しかし、3丁目カフェでは不定期に社会派映画の上映会が行われています。これまで、「そばにいるよ!~自閉症(オーディズム)と車椅子の監督~」「ケアニン~あなたでよかった~」などが上映されました。 たまプラーザでバンド活動に参加したいです。サークルなどはありますか? 「たまプラ一座まちなかパフォーマンスプロジェクト」の中で「座バンド」というバンド活動をやっています。メンバーを募集中ですので、sodachiaitai@gmail.comまでお気軽にお問合せ下さい。 たまプラ一座Facebookページ 大きな声で(下手でも)歌える場所はありますか? ①3丁目カフェでは定期的に、「ピアノで歌おう」「金曜の歌声サロン」といった歌えるイベントが開催されています。 ②たまプラーザ駅周辺にはカラオケ屋さんが3件あります。「ビッグエコーたまプラーザ店」「カラオケ コート・ダジュールたまプラーザ店」「ドレミファクラブたまプラーザ店」です。 麻雀を教えてくれる人はいますか? 合同会社たまプラ・コネクトが主催するたまプラーザ周辺の人たちが持つ特技と、それを体験したい人をマッチングするイベント「シェアカル」で辺見真智子さんが教えています。 笑える場所はありますか? ①3丁目カフェで定期的にお笑いライブ「笑いの3丁目カフェ」(毎月下旬)や寄席「丘の横浜・たまぷら座」(毎月第4水曜日)が開催されています。 ②毎週第2火曜日にWise Living Labで「わっしょい‼落語会」が開催されています。 踊りたくなったらどこにいけばいいですか? まちなかでパフォーマンスをしている「たまプラ一座」という団体があります。1~2年に1回、たまプラーザのいろいろな場所で踊り、歌、楽器演奏などのパフォーマンスをしています。 たまプラーザのお祭りって何があっていつやっているの? ①美しが丘公園で、3月末または4月上旬に桜まつり、7月下旬に夏祭り、11月中~下旬にクリスマスツリーの点灯式がが毎年行われています。2017年は10月末によこはまハロウィンも行われました(2016年までは駅前通り商店会で実施) ②平川神社(美しが丘4丁目)、驚神社(新石川1丁目)のお祭りが10月10日前後の土日に行われます。 バンドの練習ができる場所はありますか? ①新石川1丁目にあるアイランドスタジオでできます。 ②3丁目カフェには楽器が一通り揃っています。バンド練習もご相談ください。 泣ける場所はありますか? 3丁目カフェでは定期的に社会派映画の上映会を行っています。これまで、「そばにいるよ!~自閉症(オーディズム)と車椅子の監督~」「ケアニン~あなたでよかった~」などが上映されました。 回答募集中の質問? 音楽の教室をできるところはありますか? 地域活動に参加したいのだけど、どこへ相談に行ったらいいですか?
  • たまプラAnswers【歴史・地理・自然】~みんなで作る街のFAQ

    たまプラAnswers【歴史・地理・自然】~みんなで作る街のFAQ

    たまプラ住民の英知を結集して、たまプラのFAQ(よくある質問:Frequent Asked Questions)を作ろう!という取り組みです。2018年1月30日に行った第1回 たまプラAnswersライタソンまでの情報を随時掲載していきます。 こちらは、たまプラーザの歴史、地理、自然に関するFAQです。 【New】住宅街になる前はどんな風景だったのですか? 3丁目カフェでお願いすると、昔の写真を見ることができます。 【New】街を見渡せる場所はどこですか? 美しが丘小学校の近くにある100段階段の上から眺めると、田園都市という名前がなるほど!と思える風景を見ることができます。 【New】美しが丘に農家はありますか? 美しが丘3丁目の一番奥の方と、4丁目にも何軒かあります。 富士山が見える場所はありますか? ①美しが丘2丁目の富士見階段がおすすめです。 ②保木の桃源郷(花桃の丘)で見ることができます。 夜景スポットはありますか? 毎年11月中旬~2月下旬にかけて、駅前にイルミネーションが登場します。かなり豪華です! 朝日がきれいに見える場所はありますか? ①たまプラーザ駅から徒歩10分ほどの鷺沼北公園です。この地域で一番の高台で、スカイツリー、東京タワー、二子玉川や調布の花火を見ることもできます。 ②モンスーンカフェの隣のマンションからよく見えます。 ③保木の桃源郷(花桃の丘)です。朝日だけでなく、夕日もきれいです。 たまプラーザの自然スポットを教えてください。 ①犬蔵にある宮前美しの森公園がおすすめです。 ②菅生緑地がおすすめです。 ③菅生緑地と美しが丘の市境で、美しが丘西の方まで続く「たまおねの道」です。命名者はひろたりあん通信編集長の宮澤さんです。 たまプラーザ駅からバスで行けるおすすめスポットはありますか? 保木の桃源郷(坊ヶ岳台)です。花桃の里とも呼ばれており、毎年3月ごろにはきれいな桃の花を見ることができます。保木入口のバス停から徒歩7分ほどで、たまプラーザ駅からは「た31(虹が丘営業所行)」、「た41(虹が丘営業所行)」、「た71(美しが丘西行)」、「新25(虹が丘営業所行)」、「柿01(柿生駅前行)」のバスで行くことができます。 夕陽・夕焼けがきれいなスポットはありますか? ①美しが丘3丁目の平津三叉路にある美しが丘第6公園です。 ②美しが丘と犬蔵の境の道です。(たまプラーザ駅周辺で最も高度が高い場所でもあります) 桜がきれいに見える場所はどこですか? ①國學院大學 たまプラーザキャンパスの中の並木道がおすすめです。桜の季節の間中グラウンドのライトをつけてあるので、夜桜も楽しめます。 ②たまプラーザの駅前から鷺沼駅方面に続く並木道がおすすめです。(現在植え替え中) ③こちらの動画で桜スポットが紹介されています。 ④美しが丘中学校の南側の道がおすすめです。 ⑤美しが丘西 保野第二公園に、大きな2本の桜の木があり、非常に見事です。 昔のたまプラのことを知る方法はありますか? ① 住民が街にまつわる思いやエピソードなど語る小冊子「街のはなし」で生の歴史がわかります。3丁目カフェなどで購入が可能です。 ② ひろたりあん通信 編集長の宮澤さんがとても詳しいです。 ③ 3丁目カフェでお願いすると、昔の写真を見ることができます。 どこからどこまでがたまプラーザなのでしょうか? 明確な区切りはありません。たまプラーザ駅を日常的に利用する方が多い地域はすべてたまプラーザと言っても過言ではありません。具体的には横浜市青葉区美しが丘、新石川、美しが丘西、元石川町、荏子田および川崎市宮前区犬蔵あたりです。 たまプラーザの名前の由来を教えてください。 元・東急電鉄社長の五島昇さんが多摩田園都市の中心となるように、という願いを込めて命名しました。プラーザはスペイン語で広場という意味です。 たまプラーザで一番高度が高い地点はどこですか? 美しが丘2丁目の犬蔵との境あたりにある崖の上周辺です。高度89.2メートルほどです。
  • たまプラAnswers【健康・美容】~みんなで作る街のFAQ

    たまプラAnswers【健康・美容】~みんなで作る街のFAQ

    たまプラ住民の英知を結集して、たまプラのFAQ(よくある質問:Frequent Asked Questions)を作ろう!という取り組みです。2018年1月30日に行った第1回 たまプラAnswersライタソンまでの情報を随時掲載していきます。 こちらは、たまプラーザの健康・美容に関するFAQです。 【Update】たまプラーザの散歩コースを教えてください ①青葉区の美しが丘健康づくり歩行者ネットワーク事業でウォーキングコースの整備が進められています。具体的な事業内容は下記をご覧ください。 美しが丘健康づくり歩行者ネットワーク ②たまプラーザ団地の中の遊歩道がおすすめです。 ③ロピア川崎水沢店に歩いていくのがいいです ④【New】美しが丘3丁目の菅生緑地との境の道がおすすめです。 習い事の一覧はありますか? ①合同会社たまプラ・コネクトが主催するたまプラーザ周辺の人たちが持つ特技と、それを体験したい人をマッチングするイベント「シェアカル」が定期的に開催されています。3丁目カフェにその特技の一覧も貼ってあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。 【ロコっち 編集部より】習い事一覧は、ロコっちで掲載すべきことだと思っております、生徒さんの推薦文が見られるといい、といったご意見もいただきましたので、今後実現に向けて検討していきたいと思います。 筋膜リリースをしてくれるところはありますか? 美しが丘西のLicca Body Making Studioでしてもらえます。 サークル活動の一覧はありますか? 【ロコっち 編集部より】サークル活動一覧は、ロコっちで掲載すべきことだと思っております。今後実現に向けて検討していきたいと思います。 急に着物を着る必要のある時、昼夜を問わず、対応してくれる方はいらっしゃいますか? 犬蔵にある美容室「あかり」はいろいろ無理を聞いてもらえます。 ピラティスを教えてくれるところはありますか? 美しが丘西のLicca Body Making Studioで教えてもらえます。 思いっきり切ってくれる美容院はありませんか? ベリーショートにしたい方には美容室ウォームがおすすめです。 回答募集中の質問 おすすめの耳鼻科を教えてください いい整体を教えてください
  • たまプラAnswers【商業・産業・生活】~みんなで作る街のFAQ

    たまプラAnswers【商業・産業・生活】~みんなで作る街のFAQ

    たまプラ住民の英知を結集して、たまプラのFAQ(よくある質問:Frequent Asked Questions)を作ろう!という取り組みです。2018年1月30日に行った第1回 たまプラAnswersライタソンまでの情報を随時掲載していきます。 こちらは、たまプラーザの商業・産業・生活に関するFAQです。 【New】たまプラーザでアルバイトを探すときにいいサイトはありますか? 【ロコっち 編集部より】アルバイト一覧は、ロコっちで掲載すべきことだと思っております。今後実現に向けて検討していきたいと思います。 【New】たまプラーザでのお買い物やお散歩、ちょっとしたおでかけに付き合ってくれる人はいませんか? たまプラ一座まちなかパフォーマンスプロジェクト代表の林月子さんにご相談ください。ご連絡はsodachiaitai@gmail.comまで。 【Update】たまプラーザに古本屋はありますか? ①BOOKOFF PLUS青葉美しが丘西店があります。また、たまプラーザ駅に最も近いのは、BOOKOFF横浜あざみ野店です。以前は、美しが丘1丁目にもBOOKOFFがありましたが、なくなってしまいました。 ②たまプラーザではありませんが、市ヶ尾の青葉区役所ホールに「あおば区民文庫サロン」があり、住民から寄付された1,000冊以上の本を閲覧することができます。また、「わたしの本をだれかの本に」とシールが貼られた本であれば、1人3冊まで持ち帰ることができます。 リユース本で憩いの場(タウンニュース) みなさん初詣はどこに行くのですか? ①新石川の驚神社です。 ②美しが丘4丁目の平川神社です。 ③美しが丘西、保木にある十社宮です。 ④王禅寺にある武州柿生琴平神社です。 ⑤美しが丘西、保木にある八雲神社です。 野良猫をみつけたらどこに連絡したらいいですか? 「青葉区福祉保健センター」または「青葉区ねことの暮らしを考える協議会(ねこ協)」にご相談ください。 ねこ協ホームページ Wise Living Lab共創スペースを使いたいのですが、定員は何名ですか? 消防法の関係で、50名です。 たまプラーザならではのお土産ってありますか? ①株式会社さくら工房のグルテンフリーのシフォンケーキがおすすめです。新石川のMom’sダイニングで購入することができます。 ②美しが丘3丁目の北川酒店の「美しが丘」という清酒です。 たまプラーザに個性的な本屋はありますか? たまプラーザ駅周辺には本屋はたまプラーザテラス内の有隣堂のみです。残念ながら、ヴィレッジヴァンガード、ブックカフェ、絵本専門店といった個性的な本屋さんはありません。 たまプラーザにホテルはありますか? 残念ながらたまプラーザにホテルはありません。比較的近いホテルは、鷺沼駅からバス5分の有馬療養温泉旅館、センター南駅徒歩5分のホテルアトラス、梶が谷駅徒歩8分のホテル梶が谷プラザなどです。また、溝の口駅周辺には比較的多くホテルがあります。 街の掲示板にはどうやったら掲示できますか? 横浜市管轄の掲示板が、三菱東京UFJ銀行たまプラーザ支店前にあり、自由に掲示することができます。ただし、利用は10日以内に限られています。利用の際は、下記の利用規約をよく読んでからご利用ください。また、自治会の掲示板については各地域の自治会にお問合せください。 横浜市公共掲示板利用規約 回答募集中の質問 駅前で時間をつぶせるところはありますか? スマートフォン(アンドロイド)で困ったら教えてくれる人はいますか? 雪かきしてくれる人はいますか? ボランティアでポスター作成をお願いできるグラフィックデザイナーさんはいますか?(地域行事限定) 中学生が職業体験に行ける事業所はありますか?
  • たまプラAnswers【育児】~みんなで作る街のFAQ

    たまプラAnswers【育児】~みんなで作る街のFAQ

    たまプラ住民の英知を結集して、たまプラのFAQ(よくある質問:Frequent Asked Questions)を作ろう!という取り組みです。2018年1月30日に行った第1回 たまプラAnswersライタソンまでの情報を随時掲載していきます。 こちらは、たまプラーザの育児に関するFAQです。 【New】子連れで行きやすいレストランは? ①ロイヤルガーデンカフェです。 ②赤ちゃん連れは、たまプラーザテラスのフードコート、壱語屋の座敷席がおすすめです。 ③People Wise Caféです。キッズスペースもあります。 ④たまプラーザテラスで夏に行われる「たまビア」です。 【New】子供を一時的に預かってくれるところはありますか? ①横浜子育てサポートシステムという地域で子育てを支援しあう仕組みがあります。 横浜子育てサポートシステム ②美しが丘保育園、アートチャイルドケアろりぽっぷたまプラーザ、ニチイキッズ美しが丘保育園、青葉フレール保育園、たまプラーザもみじ保育園、美しが丘どろんこ保育園、グローバルキッズたまプラーザ保育園、で一時保育を行っています。 一時保育のご案内 【New】放課後小学生だけで遊べる場所はありますか? ①小学生が遊ぶのに適した公園がたくさんあります。美しが丘第六公園、ドーナッツ公園・さんかく公園(たまプラーザ団地内)、ロケット公園(美しが丘公園)、かば公園(美しが丘第二公園)、ABC公園(美しが丘第四公園)、平川神社など。 ②毎週水曜日、新石川公園でプレイパークが開催されています。 育児面で、たまプラーザのいいところはどこですか? 公園が多いところ、治安がいいところ、歩道が広いところです。 親子で過ごすのにおすすめの場所はありますか? ①たまプラーザ駅前通り商店会の中にあるぶーぶーしえすたがおすすめです。(第五松美101号室) ②たまプラーザ団地内にあるいずみ文庫がおすすめです。お話し会が月1回あります。 ③美しが丘公園(ロケット公園)とその中にあるこどもログハウス「ロケットハウス」です。 (ログハウスは2018年3月23日まで改修工事中) ④新石川公園の長いすべり台です。 ⑤毎週火曜、木曜にたまプラーザ地域ケアプラザでやっている親子のひろばです。 ⑥毎週月曜10~12時に美しが丘地域ケアプラザで育児相談をやっています。(相談がなく、遊ぶだけでも参加可能) ⑦美しが丘東小の市民図書室です。土日に利用することができます。 大雪の翌日ソリすべりができるところはありますか? ①美しが丘公園のこどもログハウスの東側です。 ②菅生緑地です。 ③新石川公園です。 回答募集中の質問 パパが参加できる子育てサークルはありますか?
  • 埼玉の高校生がたまプラでインターン!特別レポート・後編

    埼玉の高校生がたまプラでインターン!特別レポート・後編

    埼玉の高校生がたまプラでインターン!特別レポート・後編 2017年12月25日(月)、埼玉県立吹上秋桜高校の2年生が株式会社ロコっちにインターンにやってきました。これは、グロービス経営大学院の学生による研究プロジェクトの中で検討されている「高校生インターンシップ事業」の実験に協力したものです。 代表の藤村から自分のキャリアに対する考え方とロコっちの事業概要の説明、仕事の打合せへの同席の他、平素お世話になっている方々に仕事について語っていただきました。 このレポートは、インターンシップ生である高校生の文をほぼそのままの形で掲載しています。後編は、新石川のレストラン「Mom’sダイニング」を経営する株式会社さくら工房社長の櫻井友子さんと、税理士事務所を営む荻原真知子さんにお話を伺いました。 前編を読む さくら工房 櫻井さんのお話そして打ち合わせはひとまず終了となり、浅海さん、藤本さんと別れ、次にさくら工房の櫻井さんに話を伺った。 櫻井さんは話し上手な方で、私が黙って聞いていても途切れることなく話を続けられるような人だった。それはコミュニケーション能力が非常に高いからこその事だと思う。そのコミュニケーション能力の高さと櫻井さん自身の人間性が相まって今の状況が実現したのだろうと思った。話を聞いていて、櫻井さんは食に対して私とは比べ物にならない思い入れがあるのだろうと感じた。櫻井さんにとって仕事とは「人生」らしい。「人を食で健康にする」というのが、自分の使命なのだと。なんだかとても壮大な物語の主人公が、少し冷静に考えると大き過ぎる夢を宣言したシーンに出会ってしまった気分だった。しかし実際に櫻井さんが今している事は確かに人を食で健康にするものだったと思う。実際に食べさせて頂いた米粉を使ったシフォンケーキをはじめとして、お店のメニューにはヘルシーで、なおかつ栄養バランスの取れた料理が沢山載っていた。また、消費者との距離感を非常に大事にしていて、相手の身になって考えるのが大事だと言った。確かにそうだと思う。私もアルバイトを始めてからその事が本当に痛いほど思い知ったのもあって、それを櫻井さんが大事だと言った意味がよく分かった。 税理士 荻原さんのお話最後に、現在税理士事務所を営んでいる荻原さんの所を訪れた。 荻原さんの経歴はなかなか聞かないようなものだったのもあって、どんな話になるのかと若干ひやひやしたが、荻原さんは櫻井さんとはまた違った話し上手な方で、私は話をリラックスして聞くことができた。荻原さんが税理士の資格を取得するまでに13年かかったという話をした時は、すぐにその数字の大きさを理解するのには思考が追いつかなかったが。きっとその勉強を面白い、と思っていたり、友人に支えられた事があったから13年も諦めずに続けられたのだと思う。荻原さんは仕事を「生きがい」で、「なくてはならないこと」だと言った。しかし営業事務に勤めていた時はお金の為だったそうだ。荻原さんはサラリーマンと自営の感覚は別物で、自営は1人で多少自由だが、サラリーマンの場合はやりがいを見つけないと長続きしないと語った。それを聞いて、まず最初にこれはとてもいい事を聞いたな、思った。私は仕事に対してやりがいを見つけるのは個人の勝手で、それを見つける絶対的な必要性などこれっぽちも無いものだと心のどこかで思っていた部分があった。しかし目の前で今まで何度もやり直しを経験して、やりがいの重要さを知った人がそう言ったという事が、私の考え方を変えさせてくれたんだろうなと思う。 インターンを終えてこの日会ったのはそういった方達ばかりだった。例えば話をしてくれたのが大した失敗も、自分から何かを始めようとした事も無く、ただ人並みに苦労しただけのような人で、口だけは偉そうに「~は大事だ」だとか、「~をするべきだ」という事を山のように聞かされたとしても何一つ心に残らなかった。私が会ったのは、仕事に納得出来ず、自分の納得のいく仕事を求めて行動したり、苦手な事にも手を出して仕事にしたり、何度も何度も失敗を経験した上で、それでも諦めなかった強くてたくましい誰かの手本になれるような方達だった。そうじゃなかったらきっとこの文章には上辺だけの「すごいと思った」というフレーズが乱用されていた。 ある日突然声を掛けられて、あれよあれよという間に決まったこのインターンシップへの参加だったが、今になるとものすごく貴重な体験をさせてもらった。こんな体験はなかなか出来るものではないし、なによりこの日、私の中の仕事に対するどこかぼんやりとした考え方が様々な人に会って塗り替えられた事によって、私のこれからの人生の道筋がまた変わっていくだろうと思った。 そしてこの日、失敗に対する考え方も変わった。人は何かをした時、誰もがそれを「成功した」、「失敗した」と判断すると思う。「成功だ」と判断した場合は少なからず達成感や満足感を覚え、「こうすれば成功する」ということを知り、持続していくことで自分の中に経験値として蓄える。「失敗だ」と判断した場合は「こうすると失敗してしまう」ということを知って、それを知ったままにしないで改善することで経験値に変換される。ここまでがインターンシップに参加する前の私の考え方だ。今回インターンシップに参加して、この考えに「失敗と成功から得られる経験値の差」が追加された。ただ成功を繰り返すのと、失敗を経て成功するを繰り返すのでは果たしてどちらの経験値が高いだろうか。失敗と聞くとあまりいいイメージがないのは確かだと思う。でもその失敗を経験した上で成功したとしたら、普通に成功した時の経験値とは比べ物にならない、とても価値のあるものになると思う。失敗はけっして悪いことであるとは言い切れない。失敗する事には価値がある。この日は失敗に対する考え方についても、個人的にとても考えさせられた日だった。 正直、インターンシップに対して最初は不安しかなかったが、今は参加して良かったと心から思う。そして、これからもまだ長く続いていくであろう私の人生の中で、この日の事を存分に役立たせていこうと思った。
  • 埼玉の高校生がたまプラでインターン!特別レポート・前編

    埼玉の高校生がたまプラでインターン!特別レポート・前編

    2017年12月25日(月)、埼玉県立吹上秋桜高校の2年生が株式会社ロコっちにインターンにやってきました。これは、グロービス経営大学院の学生による研究プロジェクトの中で検討されている「高校生インターンシップ事業」の実験に協力したものです。 代表の藤村から自分のキャリアに対する考え方とロコっちの事業概要の説明、仕事の打合せへの同席の他、平素お世話になっている方々に仕事について語っていただきました。 このレポートは、インターンシップ生である高校生の文をほぼそのままの形で掲載しています。前編は、ロコっち代表藤村との顔合わせ、ワイズリビングラボに常駐する浅海須美子さんとのお話、たまコネの藤本孝さんも合流したイベント「たまプラAnswers」の打合せ、についてのレポートです。 ロコっち代表と顔あわせ この日はまず最初に、藤村さんから自身の大まかな生い立ちと起業したきっかけ、「ロコっち」という会社の概要を聞いた。藤村さんはとても気さくな方で、きっといろんな人に好かれるタイプなんだろう、というのが私の中の第一印象だった。 私が聞いた藤村さん今までは、一言で言うと山あり谷ありという感じだった。しかし、藤村さんの話を聞く限り、そういった失敗をしたからこそ今の藤村さんがあるのだろうと感じた。今まで私が会ってきた人の中で1番「失敗は成功のもと」という言葉を表しているなあ、と思った。正直な話をすると、話を聞く前は「せっかく話を聞いたとしても、共感はできないだろう」と思っていたが、藤村さんの話は当時の藤村さん自身の感情や考え方が織り交ぜられていて、とても分かり易いものだった。そして話を聞いていて1番強く感じたのは、藤村さんは自身の欠点も含め、自身の事を深く理解している、という事だった。藤村さんは自分の事をきちんと理解したからこそ、いざという時の判断を間違えなかったのだと思う。この時私は自己理解の重要さを初めて実感することが出来た。 ワイズリビングラボの浅海さんとのお話 次にピープルワイズカフェへ向かい、そこで浅海さんに会った。浅海さんは仕事に対する考えがとても現実的で、その考え方に共感出来る事もあった。浅海さんは、私の「仕事って何だと思いますか?」という誰もが答えを少し考えてしまうような質問に対して、「将来何があっても生きていく為に最低限しなければいけない事」だと答えた。私自身はこの時までは仕事について何となく、「自分が生きていく上で必要な労働」くらいにしか考えていなかった。「将来何かあったら…」という事までは考えが至ってなかったのである。浅海さんの答えを聞いた時、自分はまだまだ子供だと気づかされた気がした。 ピープルワイズカフェ前で、浅海さん、藤本さんと。 たまプラAnswers イベント打合せ 食事を終えた後、共創スペースで藤本さんと合流し、イベントの打ち合わせの様子を見させて頂いた。私はただ黙って様子を見ていたが、話の流れがとても早いと感じた。自分達の目線だけでなく参加者の目線を交えて考えているのは勿論だが、自分達の役割だけでなくこの打ち合わせにいない方々の役割もきちんと把握して話を進めていたし、話のあやふやな部分を徹底的に無くしていたのが分かった。自分がもしこの打ち合わせの関係者だったとしたら、話についていくのは不可能だっただろうと思う。経験値が圧倒的に違うのを強く感じた時間だった。 後編を読む

Organizations

  • ロコっち たまプラーザ

    ロコっち たまプラーザ

    ジモトがもっと好きになる発見メディア「ロコっち」のたまプラーザ版。たまプラーザの情報だけをひたすら供給する。たまプラーザはロコっちの展開第1号地域でもある。

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>