たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト
  • THIRD COUNTRY(サードカントリー)

    サードカントリー

  • 椅子が豊富な家具と木小物の店
    たまプラーザからあざみ野に続く欅並木沿いにある家具屋。椅子が豊富に揃い、試座することで自分にぴったりな椅子を探すことができる。また、豊富に揃う木の小物は贈り物にも◎
名称
THIRD COUNTRY(サードカントリー)
電話
045-567-1306
住所
横浜市青葉区新石川2-15-1
営業時間
11:00~19:00
定休日
水曜日・第1,第3木曜日
ウェブサイト

http://www.third-country.com/

Articles

  • サードカントリーで椅子を注文してみた!

    サードカントリーで椅子を注文してみた!

    以前、紹介したたまプラーザとあざみ野の間にある木のインテリアショップ「サードカントリー」。ここは、とにかく椅子の品揃えが豊富です。 ちょうど我が家の椅子が1つボロボロになっていたので、こちらで椅子を注文してみました。椅子の選択にあたっては、インテリアのコンシェルジュ 楠田恵子さんにも同行いただき、アドバイスをいただきました! たまプラ・あざみ野間にある椅子のセレクトショップ!サードカントリー インタビュー・前編 まずはいろんな椅子に座ってみる サードカントリーには常時約70種類もの椅子が置いてあります。椅子選びにはサイズや見た目の印象もさることながら、座り心地が重要。どの椅子がフィットするかは人によって違うため、どんどん座ってみて、自分がしっくりくる椅子を探すのがとても重要なのだそうです。 今回購入するのは夫のダイニングチェアだったので、夫がどんどん座っていきます。 いろいろ座ってみた結果、この2点に絞り込みました。(奥の椅子がわかりづらくてすみません。。) 次に素材を選ぶ 椅子の形が決まったら素材選びです。使用する木と、座面の張地を選びます。 ここは、我が家のダイニングを見たこともある楠田さんに、かなりの部分お任せしました。 木の色は、これまでの納品事例を見せていただきながら、我が家の現在の家具の色を考慮して決めていきます。 張地もたくさんの素材があり、布だけでなく皮も選ぶことができます。 椅子の価格は、基準となる本体価格に、選んだ木と張地の価格を加味して、決定されます。 最終的には、座面に大きい素材サンプルをあてて決定しました。こちらのひじ掛けが途中までのびている珍しいデザインの椅子で、ベースの木の素材はオーク、ひじ掛けの部分はウォールナット、ファブリックはオリーブの皮素材です。価格は32,400円(税込)でした。 夫絶賛のこちらの椅子に私が座ってみたところ、背が低いので、上の方にしかない背もたれとフィットせず、正直いまいちでした。人によって「いい椅子」は違うということが実感できました。 いよいよ納品! 注文してから約1か月後、我が家に椅子が納品されました。夫大喜び! 我が家はもともと揃っていたダイニングセットがすでにバラバラになっており、色合わせが難しかったのですが、黄色っぽいダイニングテーブル、隣のウォールナットの椅子ともなかなかマッチしております。カーテンの緑とオリーブの座面の相性も◎。このあたりは楠田さんに頼んだおかげですね! しかし、、、一歩引くと、普段私が座っている白いベンチの座面が完全に浮いている;;こちらもしかるべき時が来たら、私専用の椅子に交換したいな、と思いました。 店舗概要 店舗名:THIRD COUNTRY(サードカントリー) 住所: 横浜市青葉区新石川2-15-1(たまプラーザ駅徒歩10分、あざみ野駅徒歩8分) 電話番号:045-567-1306 営業時間:11:00~19:00 定休日:水曜日・第1,第3木曜日 公式HP
  • たまプラ・あざみ野間にある椅子のセレクトショップ!サードカントリー インタビュー・後編

    たまプラ・あざみ野間にある椅子のセレクトショップ!サードカントリー インタビュー・後編

    『ロコっち』のインテリアコンシェルジュ、楠田恵子です。 さて、インテリア関係の取材第2弾は、新石川にある『サードカントリー』です。 後編では、家具以外の商品や、地域とのつながりについて伺います。 前編を読む 子どものおもちゃから食器類まで、小物類もバリエーションが豊かですね。 もともと木を生活に取り入れてもらいたい、というところからスタートしたお店なんですよ。小物はオリジナルではなく、国内外のいろいろなメーカーのものから選んで扱っています。 椅子でもテーブルでも小物でもいいんですが、木を身近に感じてもらいたい、生活に手軽に取り入れてもらいたいんです。 贈り物に買う人も多いという木のおもちゃ類 『木育』と言って、子供を木に触れさせる機会を増やそうという取り組みがあります。木の効能については、ストレス解消、リラックス効果、自律神経の安定、血圧が下がる、心拍数が安定する、集中できる、快適な睡眠などがあります。 また、紫外線や音を適度に吸収し、光の反射を防いでくれるので、目にも優しいんですよ。小物や家具という家の中のものから、本物の木に触れる機会を持ってほしいと思います。 木の食器やカトラリーも豊富 この場所にお店を出した経緯を教えてください。 この辺はもともと地元で、私自身山内中学校の卒業生なんですよ。 実家は建築業で、木のものがたくさんありました。そこから一枚板を家具にして販売するようになったんです。 兄が犬蔵で親会社を経営していて、その一部として8年ほど営業していました。4年前にたまプラーザに店舗を移し、3年前から今の場所で営業しています。 工場と倉庫は、いまでも宮前区水沢にあるんですよ。リフォームなどは親会社の方で受けています。 サードカントリーという店名の由来はなんですか? 1つめが主流のもの、2つめがそれに追随するもの、サードはそれ以外のニッチのもの、という意味合いを込めています。 客層はどんな感じですか? 一番多いのは新築の方やお引越しをされる方、次がその親世代の方で買い替え需要です。6〜7割は地元の方です。 あとは椅子が好きで、ネットで調べて来てくださる方もいらっしゃいます。 インタビューを終えて 木を身近に感じて生活に取り入れてもらいたい、椅子に興味をもって選んでもらいたい、という高木さんの強い気持ちが伝わって来るインタビューでした。 私たちの座っていた椅子もとても座り心地がよかったのですが、他にもいろいろな椅子を座り比べてみたいという気持ちになりました。また、私自身、以前このお店の木のおもちゃを出産祝いに贈ったこともあるし、木のお皿やスプーンは今も日常使いしています。 まさに高木さんの思いのとおり、木を生活に気軽に取り入れるのに最適なお店だと言えるでしょう。
  • たまプラ・あざみ野間にある椅子のセレクトショップ!サードカントリー インタビュー・前編

    たまプラ・あざみ野間にある椅子のセレクトショップ!サードカントリー インタビュー・前編

    『ロコっち』のインテリアコンシェルジュ、楠田恵子です。 さて、インテリア関係の取材第2弾は、新石川にある『サードカントリー』です。 あざみ野駅から徒歩約5分、たまプラーザ駅からも10分弱のこのお店、地元の方なら一度は入ったことがあるのではないでしょうか。 お店の扉を開けると、たくさんの木の小物、無垢材のテーブルやソファ、そして最も印象的なのが壁面いっぱいに並べられたいろいろなデザインの椅子たち。 普通の家具屋さんではなく、ちょっと変わった面白いお店なのでは?という期待を持って、店長の高木優作さんにお話を伺いました。 前編では、数多くそろえられた椅子のお話を中心に紹介します。   家具はすべてオーダーメイドですか? オーダーで作っているのは一枚板や無垢板のテーブルと収納家具です。椅子は国産のいろいろなメーカーのものを扱っていて、セミオーダー形式になります。小物は国内外のものから選んで置いています。 テーブル天板用の一枚板 なぜこんなに多くの椅子を扱っていらっしゃるのですか? ひと昔前、家具はシリーズで売られていて、テーブルと椅子4脚のセットが普通でした。つまり、インテリアに合うかどうかが重視されたわけです。 ですが、椅子は体に触れるものですし、身体の疲れとも関係するので、個人個人の体に合わせて選んでもいいんじゃないかと思うようになりました。 長年使うものですから、なんとなくセットだからというのでなく、一人一人が見た目や座り心地で選ぶ「自分だけの椅子」。その方が愛着も湧くし、もっとストーリーや深みのあるものになるんじゃないかと。そんな想いから、合う椅子を探していただけるように、たくさんの種類の椅子を用意しました。 もちろんインテリアに合わせてシリーズで買うという買い方もできるし、そうでない買い方もできる。形を揃えたい方も、いろいろな種類の椅子を置いて楽しみたい方も、1脚ずつ集めていきたいという方もいる。いろいろな考え方がある中で、ここに来ればたくさんの椅子から座り比べて選べる、種類にしても、買い方にしても、いろんな選択肢をご提案できるようなお店にしたいと思っています。 また、実際に見たり座ったりすることで、椅子って大事なんだなと感じていただいたり、椅子に少しでも興味を持ってもらうきっかけになればと思っています。 「自分だけの椅子」は魅力的ですね。テーブルはオーダーメイドで、椅子はセミオーダー、なぜそのような形態を取られているのですか。 椅子を個人個人の体型に合わせてオーダーメイドで作るのは非常に難しいんです。現在約70種類の椅子を置いているんですが、これだけの種類をオリジナルで揃えるのは無理です。その分、選択肢を増やすという意味でも椅子は種類を増やしてセミオーダーという形態にしています。木や布の種類を選べるので、自分に合う形の椅子を選んで自分の好きな樹種と張地で作ることもできます。他の家具と樹種などを合わせてインテリアとしての統一感を出すこともできるんです。 樹種のサンプル なるほど。さながら椅子のセレクトショップですが、どんなメーカーのものを扱っているのですか? もっとも多いのは、徳島県の宮崎椅子製作所のものです。NHKなどでも紹介されたことのある注目の会社で、グッドデザイン賞を取った商品もあります。海外の有名デザイナーが実際に訪れ、宮崎椅子製作所の技術により正規復刻したものもあるんですよ。宮崎製作所の椅子を複数置いているお店は神奈川県では少ないので、ネットで調べて遠方からわざわざ座りに来てくださる方もいらっしゃいます。 ほかには飛騨高山、福岡、北海道など、国産の椅子に特化しています。国産の椅子は日本人の体型や生活に合わせて作っているので、より日本人向けなんですよ。 宮崎椅子製作所にて正規復刻したカイクリスチャンセンのソファ。 たしかに国産の名作椅子がいろいろ座り比べられるのはいいですね。 最近はネットで家具を買う人も多いのですが、椅子は是非実際に座って選んでほしいと思います。たくさんの種類の座り心地を比べられるお店は少ないです。ダイニングでお酒を飲みながらゆっくりしたい、子供が小さいので木の方が気楽、包み込むような感じが好き、座面が硬い方がいい、柔らかい方がいい、蒸れない素材がいい、など、座り心地や好み、ライフスタイルに合わせて選んでいただきたいです。 価格も2万円台〜10数万円のものまで様々な椅子 後編を読む

Organizations

  • サードカントリー

    サードカントリー

    たまプラーザからあざみ野に続く欅並木沿いにある家具屋。椅子が豊富に揃い、試座することで自分にぴったりな椅子を探すことができる。また、豊富に揃う木の小物は贈り物にも◎
  • グリーンホームヤマモト

    グリーンホームヤマモト

    たまプラーザ駅徒歩4分、ユリノキ通り沿いにあるリフォーム事業とカーテンの販売を行っているお店。 2019年4月からはラドン温浴のサービスも開始。地域住民の健康も支えている。
  • Yellow Plants

    Yellow Plants

    たまプラーザ周辺のカフェで出店しているお花屋さん。 代表の岩澤聡子さんは、ガーデナーでもあり、葉っぱや枝を活かしたアレンジを得意としている。ワークショップや、フラワーアレンジの定期配達も行っている。
  • 3rd your life style shop

    3rd your life style shop

    2011年にたまプラーザ駅前通り商店会にオープンしたオーダー家具のお店。「作り手」「売り手」そして「使い手」の3者の協力で完結するモノ作りをめざしている。家具のデザインは直線を中心に構成されている。

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>