たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト
  • 川崎市中央卸売市場北部市場

    北部市場

  • 大量買い出しには心強い市場
    たまプラーザからバスでも行くことができる、主に事業者が買い出しを行う市場。 「水産棟」「青果棟」「花き棟」「関連棟」からなり、関連棟3階と、管理棟・水産棟1階には飲食店も多数ある。土曜日には一般向けに朝市も行われる。
名称
川崎市中央卸売市場北部市場
電話
044-975-2211
住所
川崎市宮前区水沢1-1-1
ウェブサイト

http://www.city.kawasaki.jp/sh...

Articles

  • たまプラーザ ランチレポ⑭ 北部市場の大人気店「そば処 さか本」

    たまプラーザ ランチレポ⑭ 北部市場の大人気店「そば処 さか本」

    たまプラーザ駅から車で5分程度の川崎市中央卸売市場北部市場(以下、北部市場)には飲食店街があります。その中で特に人気のお店が「そば処 さか本」です。お蕎麦だけではなく、数量限定の海鮮丼が有名で、日によっては大行列ができるとか。今回はお蕎麦と海鮮丼、両方いただいてきました! 外観 お店は、北部市場・関連棟3階の飲食店街にあります。 こちらが「さか本」。人気店らしく、色紙もたくさん飾ってあります。 市場らしく、朝7時からオープンしていますが、13時半に閉まってしまうので、行く際はお早めに! 内装 店内は昔ながらのお蕎麦屋さんの雰囲気。くつろぐというよりは、さっと食べてさっと帰る市場らしい飲食店という印象です。 メニュー こちらがおすすめメニュー。一番人気は1,300円の海鮮丼。上でもわずか+200円なのはとても良心的ですね。市場らしく、天ぷらもおすすめ。そば屋なのに、そばを全く推していないません(笑) こちらがそのそばのメニュー。うどんもあります。 お子様メニューもあり、子連れでも来やすいのも嬉しいところです。定食もあります。 実食 今回は、一番人気の海鮮丼と、天ざるそばを注文しました! まずは天ざるそば。2人で食べると言ったら、ご丁寧にそばを2つに分けてくださいました。 天ぷらは嬉しい海老2尾に、なすとしし唐。サクサクで美味しかったです!推されていなかったお蕎麦も適度なコシがあって、美味で満足。お値段1,350円は妥当な価格だと思いました! そして、本命の海鮮丼。見てください、この具の量! こちら、上ではなく並なんですが、文句のつけようのないボリューム、そして新鮮さ!一緒に行った管理栄養士の梅ちゃんも大満足でした!上だとどうなるのか、気になりますね。。。 子連れはOK? 店の雰囲気的に子連れがおすすめ、ということはありませんが、お子様メニューはあるので、ある程度年齢のいったお子様はいいと思います。お子様メニューはお子様限定の海鮮丼(なんと400円!)、ミニ天丼、ミニそば・うどん、があります。 ランチ概要 店舗名:そば処・さか本 住所: 神奈川県川崎市宮前区水沢1-1-1 川崎市中央卸売市場北部市場 関連棟 3F(たまプラーザ駅より車で5分) 電話番号:044-975-2857 営業時間:7:00~13:30 定休日:7:00~13:30 予約:不可
  • 知る人ぞ知る!「見て良し!買って良し!食べて良し!」北部市場の見どころ

    知る人ぞ知る!「見て良し!買って良し!食べて良し!」北部市場の見どころ

    食のコンシェルジュ 梅田やすこです。今回は、横浜北部、川崎北部の食の要である「北部市場」に見学に行って来ました。 北部市場とは? 正式名称は「川崎市中央卸売市場北部市場」。川崎市とは言え、横浜市に隣接している位置にあります。 私たちの食生活に欠かすことのできない野菜・果実、魚類等の生鮮食料品等は、消費の多様化に伴い豊富な品揃え、かつ新鮮で安心安全であることが要求されており、その安定供給を担っているのが中央卸売市場である北部市場です。 また災害時の食料備蓄の場としても存在しており、私たちの命を守る場と言っても過言ではありません。 北部市場についての詳細はこちらをご参照ください。 北部市場は主に「水産棟」「青果棟」「花き棟」「関連棟」からなり、関連棟3階と、管理棟・水産棟1階には飲食店も多数あります。 関連棟3階の飲食店街 興味がありつつも、プロが出入りする場で足を踏み入れてよいのか…という気がしておりましたが、ぜひともたくさんの方に行っていただきたい魅力的な場所であると感じました。 最初にお伝えしたいのは、平日ではなく、「土曜朝市」がおすすめ!ということです。時間は7時半~10時半、毎週土曜日に関連棟で行われています。「土曜朝市」では、関連棟の選りすぐりの商品を特価で販売しているそうです。 土曜朝市が行われる関連棟のセンター通り また年6回程度水産部門でも一般開放を行っており、目玉商品だらけとのことでした。土曜日は朝市だけでなく、肉の日フェスタやフラワーアレンジメント教室が行われることもあり、一般の方もぜひぜひご利用くださいとのことでした。 関連棟は食に関するものが盛りだくさん! 今回の取材では組合の方にご案内いただき、関連棟を見学させていただきました。 関連棟には80店舗ほどのお店があり、精肉店、乾物店、菓子店、海苔とお茶のお店、日用雑貨や調理器具店、刃物店、業務用冷凍食品や調味料のお店、包装資材、厨房機器、こんにゃくや練り物、お豆腐のお店、鶏卵店など、様々なお店がありました。 関連棟1階には様々なお店が立ち並ぶ 今回の見学で心惹かれたお店は、たくさんたくさんあるのですが… 〇鰹節を目の前で削ってくれるスルガ商事さん 〇抹茶アイスとオリーブオイルの海苔が美味しかった高級茶園で有名な海苔とお茶の丸山商事さん 〇安く上質な豆を量り売りしてくださる睦屋大橋商店さん 〇刃物のことならおまかせの庖丁トザキさん 〇ひじき煮やさつまいものレモン煮などの手作りお総菜が売っていた築地フーズさん 〇夏祭りの材料を仕入れるのにぴったりなお店の数々 〇そしてお昼ごはんで魚介類てんこ盛りの海鮮丼と大ぶりなエビが2本も乗った天ざるそばをいただいたさか本さん です! 関連棟の商品も基本は業務用なので量は多めですが、家庭サイズのものもあるので、日頃の食卓に活用できるものがたくさんありました。私が属しているえみのき保育園でも子どもたちの食材として、乾物や菓子類、その他生鮮食品もぜひ利用したいなと検討しています。 北部市場に行く際の注意点は? 一般の方もちらほらいらっしゃる様子でしたが、通路両側にびっしり商品が陳列されているので、通路が決して広い訳ではありませんでしたし、ターレに乗った方もいらしたので、小さいお子様を連れて行く際には十分ご注意いただいた方がよいかと思いました。 なお駐車場は通行証が必要となりますが、守衛室で申請をすればすぐにいただけるようです。 また見学について10名以上の団体は受け入れておりますが、危険性もある為、小学2年生までは不可、小学3年生から見学可能とのことでした。 市場見学についての詳細はこちらをご参照ください。 興味のある方はぜひ、まずは「土曜朝市」に一度お出かけください。という私も今回取材で、土曜日のお得な情報を伺い、絶対に家族で土曜日に行こうと思ったのでした。土曜朝市での模様もご紹介できたらと思っております!

Organizations

  • 北部市場

    北部市場

    たまプラーザからバスでも行くことができる、主に事業者が買い出しを行う市場。 「水産棟」「青果棟」「花き棟」「関連棟」からなり、関連棟3階と、管理棟・水産棟1階には飲食店も多数ある。土曜日には一般向けに朝市も行われる。
  • ママココプロジェクト

    ママココプロジェクト

    2017年からKDDI総合研究所と地元たまプラーザのママさん達がタッグを組み、東急、横浜市、デザイン会社ACTANTの協力の元で展開しているプロジェクト。 家族や仕事の事が優先の多忙な日々の中で、スキマ時間にママ達がふと「私(自分)」でいられる場をデザインする活動を行っています。
  • ギャラリー コンティーナ

    ギャラリー コンティーナ

    美しが丘5丁目にオープンしたギャラリー。 もともとは稲城市で26年間営業していたが、2019年9月にたまプラーザへ移転。現在は、日本の作家による絵画、工芸品等を展示販売する企画展を実施。常設展では、バルト3国やモンゴルにて買付けをした作品を展示販売している。併設のカフェでは、モンゴルティーなどが味わえる。
  • たまプラーザ ちょい呑みフェスティバル

    たまプラーザ ちょい呑みフェスティバル

    たまプラーザでは年に2回、地域の飲食店が約30店参加する「はしご酒」イベントが開催されています。ちょい呑み券は3枚つづり。チケット1枚で1つのお店で1フード1ドリンクが楽しめます。いつものお店に行くもよし、行ったことないお店を開拓するもよし、たまプラの街を満喫できる2日間です
  • そば処 さか本

    そば処 さか本

    川崎市中央卸売市場北部市場の関連棟3階にある飲食店街にあるお蕎麦屋さん。 お蕎麦屋さんではあるが、海鮮丼がとても有名で、朝から並ぶ人も多い。
  • 【閉店】マルフード

    【閉店】マルフード

    CO-NIWAたまプラーザの1階にあるフードセレクトショップ&レストラン。 マルシェで有名な代官山ワークスが運営しており、身体に優しい食品が並ぶ。ランチも大人気。

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>