たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト

第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバル 全店紹介・後編

いよいよ目前にせまった2019年5月28日(火)、29日(水)開催のたまプラーザちょい呑みフェスティバル。過去の様子とともに、参加する28店舗全店を紹介します! (紹介順は住所順です) 前編を読む
Tokyo Rice Wine
ちょい呑みでは毎回大人気の店舗が1年ぶりの登場です。毎回人気なのが和牛肉寿司!とろけるお肉が味わえます♪ ちょい呑みメニューはこちら
黒毛和牛 腰塚
2018年5月にオープンした焼肉店。販売店も併設されており、精肉やお弁当、お惣菜も販売。ちょい呑みでは、人気のメンチカツとコンビーフのほか、通常750円のクラフト生ビールも味わえる。 ちょい呑みメニューはこちら
中国料理 黒龍
第1回からちょい呑みに参加している老舗中華料理店。デリバリーでもおなじみ。料理がが毎回評判なのはもちろん、席数が多いため比較的満席になりづらいため、迷ったらここに行くのもいい。 ちょい呑みメニューはこちら
Bar de Tapas El Calvo
黒龍と同じビルにあるスペイン&イタリア料理店。ピンチョスやアヒージョといった定番おつまみに加え、選べるお酒の種類が多く、ワイン派に特におすすめ。ラストオーダーが23:30と遅めなのも嬉しい。 ちょい呑みメニューはこちら
Herjie’s(ハージーズ)
同じく黒龍の並びにあるランチも人気のカジュアルイタリアン。席が広くゆったりとした店内のため、落ち着いて楽しみたい方や、ワインやサングリアを味わいたい方におすすめ。 ちょい呑みメニューはこちら
【初参加】飛利(フェリ)
台湾で長くレストランをやってたという母の味を再現したアットホームな台湾料理店。辛みチキンや、開けたてで新鮮なカップワインがおすすめとのこと。 ちょい呑みメニューはこちら
【初出店】赤坂一点張
中央商店街にある東京でも大人気のラーメン店がちょい呑み初参加!総額1300円相当のメニューが楽しめるお得なセットです! ちょい呑みメニューはこちら
たまプラーザのひもの屋
首都圏に展開する干物専門居酒屋チェーン店。席数はちょい呑み参加店でNo.1の90席!ちょい呑みでは、干物以外の料理、日本酒や焼酎など和食がたっぷり堪能できます。 ちょい呑みメニューはこちら
しの家
えんじ色の暖簾が目印の落ち着いた大人の居酒屋。パンフレットに掲載の長いカウンター席の他、テーブル、個室もあります。ちょい呑みでは、お酒のメニューが豊富で、馬刺し、角煮などの人気メニューが味わえます。 ちょい呑みメニューはこちら
炭火焼肉酒房 雷音 たまプラーザ店
手頃な値段で本格的な焼肉が楽しめるお店。今回のちょい呑みでは焼肉こそ出ないものの、前回大人気だった炙り寿司に加え、一夜漬け牛ハラミのレアステーキという肉好きにはたまらない料理を準備。 ちょい呑みメニューはこちら
関西串カツ まるりゅう
久しぶりのちょい呑み出店となったユリノキ通りの串カツ屋さん。串カツ5本盛りはかなりお得! ちょい呑みメニューはこちら
【28日のみ】PEOPLEWISE CAFE
美しが丘公園隣にある広々としたコミュニティカフェ。通常は18時閉店だが、ちょい呑みのために22時まで営業する。キッズスペースがあるので、お子様連れでも快適。今回は1本で勝負!ジャークチキン1本で勝負! ちょい呑みメニューはこちら
ラムギ屋
たまプラーザ唯一のラム肉専門店。ちょい呑みではクラフトビールも楽しめる人気店だが、席が17席しかないため、開店と同時に入るか、行列覚悟で行くべし。 ちょい呑みメニューはこちら
和食と燻製 とりとうま
料亭出身のご主人が営む本格的な大人の居酒屋。ちょい呑みでは普段の人気メニューを限定の組み合わせで楽しめるほか、角ハイボールプレミアムタンブラーなど、ここでしか飲めないドリンクも。 ちょい呑みメニューはこちら 前編を読む

Organization

Reporter

  • 藤村 希

    藤村 希

    株式会社ロコっち代表取締役/ロコっち たまプラーザ編集長

    ニックネームは「のぞみん」 自分が出産してからジモトで過ごすことが多くなり、ジモトの情報をもっと効率的に入手したい!と思うようになり、ロコっちを立ち上げました。たまプラからスタートし、もっと地域を広げていきたいと思っています。 たまプラーザちょい呑みフェスティバル実行委員、たまプラ一座まちなかパフォーマンスプロジェクト実行委員、よこはまハロウィン実行委員。 中小企業診断士&MBAでもあり、ビジネス相談もお受けしています。

Special

News

Movie

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>