しんゆり がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

しんゆり がもっと好きになる発見サイト

「新百合ヶ丘ピックアップ!」Vol.1しんゆりもぐもぐ大使さん

新百合ヶ丘を拠点に活躍する人物を紹介する新コーナー「新百合ヶ丘ピックアップ!」がスタートしました。記念すべき第1回のゲストは、“しんゆりのおいしい”をつぶやき続けるフォロワー1000人超えの「しんゆりもぐもぐ大使さん @shinyuri4649」。SNSで発信するのは食べ物の写真のみで、顔出しは一切ナシ。謎に包まれた彼女の、食に対する想い、しんゆりに対する想いに迫ります。
目指すは麻生区親善大使!  おいしいという幸せな気持ちを発信して、しんゆりを盛り上げたい
SNSでは顔出しもなく謎に包まれているので、まずは自己紹介からお願いできますか?
出身は和歌山県で、大学卒業後にしんゆりに移り住みました。普段は職業訓練校のウェブデザイナー向けのコースで講師をしていて、個人事業主としてもウェブ制作の仕事をしています。
しんゆりもぐもぐ大使という名前は、どうやって誕生したのでしょう?
ダサイですよね(笑)。本当はもっとオシャレな名前にしたかったんですけど、それだと印象に残らないかなと思って、覚えやすいように平仮名で“もぐもぐ”にしたんです。あと、私、“麻生区親善大使”になりたいんですよ! でもどうすればなれるのか分からないから、自分で名乗ればいいやと思って。それで“しんゆりもぐもぐ大使”になりました(笑)。 しんゆりもぐもぐ大使としての初めてのツイートがこちら。 この時すでにアンバサダー活動を宣言しています。
親善大使にも色々いらっしゃいますが、おいしいものをTwitterで発信しようと思った理由は?
とにかく食べることが大好きなんです。都内に行かなくても新百合ヶ丘にもおいしいお店っていっぱいあるよね、ってずっと思っていたんですけど、意外と知られてないから、“「おいしい」がいっぱいの街・新百合ヶ丘”を広めることからやってみようと思ったのがきっかけです。自分が食べたおいしいものをシェアしたいなという気持ちと、身近な“おいしい”から同じ地域の人が繋がるきっかけ作りになるといいなという気持ちがあって。将来的に、食べることで地域を盛り上げるお仕事ができればいいなと思っています。 Twitterで発信しようと思ったのは、2年半程前に“はあちゅうサロン”っていう、ブロガー作家のはあちゅうさんのオンラインサロンが立ち上がった時にメンバーだったことがあって、インフルエンサーの活動を間近に見て、SNSの可能性というか、Twitterの面白さみたいなのを感じたから。麻生区アンバサダー活動としてTwitterで発信してみようと思いついたのも、はあちゅうさんの『半径5メートルの野望』という本がきっかけです。そこでは自分の身の回りを“半径5メートル”という言葉で表しているのですが、私の中で、しんゆりもぐもぐ大使のTwitterは“半径5メートル活動”なんです。Twitterで身近な人たちに身近なおいしいを伝えることで、半径5メートルの何気ない日常が楽しくなるかも・・・。そんな“半径5メートルのおいしい”をコンセプトにゆるっとつぶやいています。しんゆりテイクアウトのウェブサイトを作ったのも、半径5メートル活動のひとつですね。 いいなと思ったことは自分で試したくなる性格で、人生で色んな経験をしてみたいから、やりたいことはとにかくやってみよう、と。Twitter発信は小さいことかもしれないけれど、自分が楽しそうと思ったことは何でも試してみるのが好きなんですよ(笑)。
お店を紹介する際は、どんなことを意識していますか?
特に何も意識はしていないのですが、誰のためでもなく、気軽に、自分が楽しむためにやろうとだけ最初に決めました。つぶやいているうちに誰かに届けばいいなって。 しいていえば、お店のジャンルを絞らないこと。ひとつに決めるんじゃなくて、おいしいという幸せな気持ちをただ伝えたいだけだから、日常で食べた色んなものをつぶやくようにしています。
先ほどのお話にも出ましたが、今年の5月には「しんゆりテイクアウト」というウェブサイトもオープンさせましたね。
こだわりをもっておいしいものを作っているお店がしんゆりにはたくさんあるから、どのお店もなくなってほしくないという気持ちでした。緊急事態宣言の発令で外食が気軽にできなくなって、自分にできることは何だろうって考えた時に、しんゆりのテイクアウト情報をまとめてみようと思ったんです。 私自身、生活圏内のテイクアウト情報が知りたかったのと、利用するときにまとめた一覧が欲しかったので、今は無料で簡単にサイトが作れるツールもあるし、1日で作ることができて、ありがたかったですね。サイトを見て実際にテイクアウトを利用したお客さんがいらっしゃったとお店の方から聞いた時は、すごく嬉しかったです。
素朴な疑問なのですが、お店の人には「しんゆりもぐもぐ大使です」と名乗るのですか?
恥ずかしいので黙っています(笑)。
ミシュランの審査員みたいですね(笑)!
あはは(笑)。名前が名前なので、恥ずかしいじゃないですか(笑)。ウールーズさんに名乗る時もすごい恥ずかしかったんですけど、お伝えした時にお礼を言っていただけて、私みたいな個人にもできることがあるんだって嬉しかったです。
今まで食べた中で一番おいしかった料理は?
大学時代のアメリカ留学中にコロラドの中華料理屋さんでお手伝いをしたことがあって、今まで食べた中華料理の中でも、そのお店がダントツでおいしかったんですけど、特にセサミチキンがめちゃくちゃおいしくて。コロラド州の中でもド田舎で、なかなか気軽に行けない場所なんですよね。人生でもう一度行けるか分からないから、また食べたいっていう意味でも、そのセサミチキンが一番です。
では、先月9月に食べたもので一番おいしかったのは?
9月といえばモンブランの季節なので、リリエンベルグのモンブランです! もともと私、モンブラン自体は好きじゃなかったんですけど、リリエンベグルのモンブランを食べて、人生で初めてモンブランをおいしいと感じました。栗の味が生きていて、栗そのものを食べているような感じが自分好みで。苦手だったものが大好きになった経験でしたね。「自分の経験からの思い込みだけで新しい何かを知る機会を逃すのはもったいないな」と感じさせてくれた、私にとっては人生観まで変えてくれたモンブランです。好きすぎてTwitterのアイコンにしています(笑)。
最後に、このインタビューを通して何かメッセージはありますか?
フォローしてくださってる方、リツイートやいいねしてくださる方、DMでおすすめのお店を教えてくださる方、ありがとうございます! 実はSNSが苦手なので毎回ドキドキですが、絡んでいただけるとめちゃくちゃ嬉しいです! めっちゃ喜んでます! まだ行ったことのないお店がたくさんあるので、皆さんのおすすめを教えていただけると嬉しいですし、もぐもぐ仲間も募集中です! 最後に、麻生区役所まちづくり推進部のご担当者の方へもいいですか? 「芸術のまち・しんゆり」だけではなく「おいしいがいっぱいの街・しんゆり」としても新百合ヶ丘を盛り上げませんか!? 麻生区親善大使の企画をぜひ(笑)!
しんゆりもぐもぐ大使さんのオススメ3店をご紹介!
●HEUREUSE(ウールーズ) ウールーズさんのベイクドチーズケーキが人生で食べたチーズケーキの中で一番好きで、パパさんママさんのキャラクターも大好きです! 現状に満足せず、常にチーズケーキの開発をし続けるところもスゴイし、心から尊敬しています。ひとりでフラッと入れるお店の雰囲気も好きですね。 取材中、もぐもぐ大使さんがオーダーしたのはこちら。ココアクッキーまで全てお店で作っているという新作です。 ロコっちスタッフは、もぐもぐ大使さんオススメのレアチーズケーキとベイクドチーズケーキをオーダー。おいしくて楽しい取材となりました! ●生姜料理 しょうが  月に一度は必ず食べに行きます。おいしいのはもちろん、オーナーのトコさんの生き方が好きですね。トコさん、しょうがのお店を始めたのが40歳の時なんですよね。それを知って刺激をもらったし、色んな人生経験を経てハッピーを私たちに送ってくれるところが大好きです。 ●カレー&ハーブ チェリーブロッサム 外でカレーを食べるっていう感覚が前はなかったんですけど、ここのカレーを食べて変わりました。家では絶対に出せない味だし、ひとりで入れるお店の雰囲気もいいですね。このお店もママさんが面白い方で、疲れた時に元気をもらいに行っています。
取材後記
この日の取材は、しんゆりもぐもぐ大使さんのお気に入りのお店としてご紹介いただいたウールーズさんで行いました。正体を明かし済み(笑)のもぐもぐ大使さんはマスターから「もぐ姉」と呼ばれるほどの間柄。 「もぐ姉を初めて見た時、華があるし上品な人だなと思ったのを覚えています。母の日は、もぐ姉のツイートのおかげで忙しくなったので感謝ですね」とマスター。対するもぐもぐ大使さんは、「『ウールーズを新百合ヶ丘以外の人にも知ってもらえるチャンス!』という想いでツイートしたので、反響があったというお話が聞けてすごく嬉しいです」とのことでした。 こちらが母の日に関するツイート。インフルエンサーの塩谷舞さん(@ciotan)のリプ欄でウールーズさんを紹介したところ、多くの方に見ていただけたそうです。 母の日ツイート お会いするまでは「どんな方なのかな?」とドキドキしながら取材に向かったロコっちスタッフですが、お店のガラス越しにもぐもぐ大使さんらしき姿を見つけた時は、「めちゃくちゃカワイイ!」と大興奮! インタビューではポジティブなパワーと芯の強さが感じられて、そのギャップがまた魅力でした。 “おいしいものは人を幸せにする”と何度もおっしゃっていたとおり、大好きなチーズケーキを食べながら嬉しそうな笑顔でインタビューに答えてくださったもぐもぐ大使さん。しんゆりのおいしいを全国に広める“麻生区親善大使”になる日を、ロコっちしんゆり一同、楽しみにしています!
 プロフィール
しんゆりもぐもぐ大使●新百合ヶ丘在住の麻生区おいしい専門アンバサダー。食べることが大好きで、新百合ヶ丘周辺のおいしい備忘録をSNSで発信している。新百合ヶ丘エリアの飲食店サイト「しんゆりテイクアウト」が公開中。 しんゆりテイクアウトのサイトはこちら Twitterはこちら @shinyuri4649 
ショップ情報
HEUREUSE(ウールーズ) ●川崎市麻生区万福寺1-7-1 TWビル1F  ☎044-965-1616 HP:https://heureuse.cafe Twitterはこちら @_h__r__s_  Facebookはこちら @heureuse.cafe  Instagramはこちら @_h__r__s_ 

Organization

Reporter

  • ねこさとP

    ねこさとP

    ロコっち新百合ヶ丘 編集長

    プロライター&エディター。ハガキ職人でもある。音楽と猫が大好き。 「セレブな街というイメージが強い新百合ヶ丘ですが、それだけではないお店や人物、イベントに着目し、最新情報からニッチな情報まで、自分がとにかく楽しいと思えることを、どんどんご紹介していきたいと思っています!」
  • 小川ラン

    小川ラン

    カメラマン

    プロカメラマン。特徴は常にイヤフォン。 日々のストレスから逃れるため夜な夜なランする。 生まれも育ちも麻生区。 「原っぱしかなかったしんゆり、現在のしんゆり、すべて見てきているからこその視点でこれからのしんゆりを切り取っていきます!」

News

Movie

新百合ヶ丘がもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち 新百合ヶ丘では、毎週新百合ヶ丘の情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、新百合ヶ丘の様々な情報を配信していきます。
きっと、新百合ヶ丘がもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>