しんゆり がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

しんゆり がもっと好きになる発見サイト
  • Vege & Art Fes実行委員会

    Vege & Art Fes実行委員会

  • 川崎の農家と立ち上げたVege&ArtFesは川崎のママ起業家や商店が関わり、街とつながることが少ないという地域の声をきっかけに立ち上げた地域密着イベント。 『地元を楽しんで知るから好きになる』というコンセプトを 持ち、「食・癒・動・買」の4つのブースで構成しています。
名称
Vege & Art Fes実行委員会
ウェブサイト

http://vegeartfes.com/

Articles

  • ついにマルシェもオンラインに!!
ベジフェスオンラインを体感してきた。

    ついにマルシェもオンラインに!! ベジフェスオンラインを体感してきた。

    新型コロナウイルスの影響で、リアルなイベントがどんどんと中止延期という悲しい状況下。 自粛期間で「オンライン飲み会」が一気に浸透しましたが、なんとマルシェイベントもついにオンラインに!!? 初めてのことだらけの「オンラインマルシェ」体感してきました!! 今回参加したのは、川崎市で何度も開催されているイベント「Vege & Art Fes」 公式HPはこちら ロコっち記事「Vege & Art Fesに約2000人が来場!」 このVege & Art Fesも当初予定していたリアルイベントの開催が中止となり、今回急遽オンラインマルシェの形式に舵切りをされたという経緯がありました。 今回の「ベジフェスオンライン×Jアナーズ」特設HPはこちら 特設HPから、Peatixという予約システムで入場券の予約を完了すると、登録したメール宛に入場に関する詳しい案内が届きましたよ♪ 当日オンラインマルシェに使われていたツールは「Remo」とオンラインステージでは「Zoom」。 「Remo」公式ページ 「Zoom」公式ページ   「Zoom」はオンラインミーティングや飲み会でかなり浸透していると思いますが、今回マルシェらしさを出しているのはこの「Remo」というツール。 Web苦手意識は少なめ?のマサノヨメですが、新しいツールにはちょっとドキドキです。 まずは「Remo」で開催のマルシェへGO!! 予約メールに記載のあったリンクから会場に入場!特に問題なくスムーズに入場ができましたが、PCに不慣れだったり、初めての方は、ツールの使い方にちょっと戸惑ったり不安があるかも。 そんな方向けに、実行委員さんでRemo体験の企画が事前にたくさん開催されていました!! 画面に広がるRemoマルシェ会場内は、数名同席できるテーブルに分かれていて、自分で着席したいブースをクリックで選べばOK! HP内に出店者さん情報が載っていたので、そのページとRemo会場のフロアマップ状況を見ながら、どこに行こうかな〜と選べます。(行き先を選んでいる時は、休憩スペースや交流スペースなどの自由に座れる席に滞在しておくと、落ち着いて探せました。) リアルイベントで、パンフレットを見ながら会場内を見渡して、どこに行こうかな〜と選んでいるのと同じ感じですね。 マップ内に、会場内にいる人のアイコンが出るのですが、 「あ!あの人ここにいるな。」がわかるので、知り合いを見つけて会いに行くこともできましたよ。 自粛期間で直接なかなか会えなかったみんなとの再会は、オンラインでも嬉しいですね。 明治大学農学部の本所ゼミさんが、今回マルシェにブース出店されていました! 商品開発の企画部分を体験できる「野菜スイーツ開発体験」や、「野菜クイズ」、自分の作りたいお弁当を考えて描いてシェアする「オンライン弁当の日」など、学生さんたちが趣向を凝らした親子で楽しめるワークショップを開催していましたよ。   個人出店者さんブースでは、ネットショップやご自身のHP・SNSリンクと一緒に、画面上に出てくるスライドやチャット画面などで、商品やサービスを紹介してくれます。 写真で作品や商品をたくさん見られるのが楽しい! 相談やセッションができるサービスにもお邪魔してみましたが、アイテムや画像を見ながら対話して進めていけます。周りが賑やかなリアルマルシェよりも、周りの目を気にせず安心して受けられるという方も、もしかしたらいるかもしれないなーなんて感じました!   「Zoom」オンラインステージ!参加型が新しい 午前と午後のマルシェの間の時間は「Zoom」を利用したオンラインステージを開催していました。Jアナーズのあゆみおねえさんによる歌と笑顔のステージに、Ashさん総合演出の参加型おしばい「Zoom de OSHIBAI」の2本立てです。 画面に映る出演者さんと一緒に歌ったり、おしばいに自分も出演者となって参加したり。リアルステージでもオンラインステージでも「一緒にやってみよう!」が嬉しい子供達の様子は同じですね。 リアルマルシェとオンラインマルシェ、良さや違いは? 実際に実物や提供者さんを見て、楽しい雰囲気の中で購入や体験ができるのはリアルマルシェの良いところですよね。 対して、じっくりと購入検討や体験がイベント後にもできることや、「良かったからまたお願いしたい!」と思った時に、ネットショップURLやオーダー履歴がメールなどに残っていてリピートしやすいのは、オンラインマルシェのいいところかもしれません。 提供者さんと直接相談や対話ができて、ネットショップの便利さを利用できる。リアルとオンラインの融合が、新しいオンラインマルシェの魅力だなと感じました。 また、主催者さん・出店者さん・参加者さん全員で、新しい試みである「オンラインマルシェ」を一緒に体験しながら作り上げているというのが、今だからできる新鮮な経験だと思います。 自粛も段階的に解かれてきたところですが、まだこの先どうなるかはわかりません。この新型コロナウイルスの影響で生まれた「オンライン◯◯◯」の波は、まだまだ今後も続くと思われます! ちょっとオンラインって、PCって苦手で・・・と思っている方も、まずは「楽しそう!気になる!」と思う企画に出会ったら、少し勇気を出して気軽にお試ししてみると、新しい時代の楽しさを見つけられるかもしれません。
  • 「Vege & Art Fes」に約2000人が来場!

    「Vege & Art Fes」に約2000人が来場!

    「Vege & Art Fes」に約2000人が来場! 川崎市の農家や商店、団体が街と繋がることを目的とした地域密着型イベント「Vege & Art Fes vol.11」(通称「ベジフェス」)が王禅寺ふるさと公園で開催。 10月にも関わらず30℃以上を記録した暑さのなか、約2000人が会場を訪れました。 今年は「丼どんまつり」をテーマに川崎の野菜を使った「どんぶりグランプリ」が行われ、来場者の投票により、ティーダバルの「ドン・ティーダ」と、cafe Santeの「かわさき野菜と豚しゃぶ丼」が同票でグランプリを獲得(グランプリの発表は後日)。 ほかにはこんなお店やイベントも さかなつりゲーム、お絵かきせんべい、ヘアリボン作りなど、子ども向けのワークショップのほか、マジックやアコースティックライブ、リズム体操などのステージも多数行われました。 やさい◯×クイズで、まさかの全問正解だった息子は、パルシステムさんのホットケーキミックスをゲット! ママ団体「Beaulily」のブースでは、我らがマサノヨメがキッズネイルとフェイスペイントを出店。30分待ちのお客さんも出るほど大人気に! さらに、「ママのプレゼントに」とハーバリウムを買っていった兄弟に、思わず目頭が熱くなりました。 かわいい動物たちとのふれあいも 公園内では、ヤギ、ウサギ、羊、カメ、馬など、子ども達に人気の動物とふれあえるコーナーも。 みんなが大好きな、かきまるくんも来場。暑い中お疲れ様でした! 最後は会場をお掃除 イベント終了後は、大学生の皆さんと清掃活動(グリーンバード)を行いました。 来場したお客さんがゴミをきちんと持って帰ってくださったおかげか、思ったよりゴミが少なかったことが何より嬉しかったです。 と思いきや、落とし物の数にビックリ! 普段から落とし物に目を光らせているロコっち編集部員も驚きのラインナップでした。 (こちらの落とし物に心当たりのある方はご一報ください) 地元・川崎野菜を使ったメニューの考案と販売、そして川崎で活躍する人達によるワークショップで盛り上がりを見せたこの日。出店者も来場者も“川崎の街”への愛情が感じられる、そんなイベントとなりました。 Information Vege & Art Fesとは:川崎の農家に川崎のママ起業家や商店が関わり、街と繋がることが少ないという地域の声をきっかけに立ち上がった地域密着イベント。『地元を楽しんで知るから好きになる』をコンセプトに、「食・癒・動・買」の4つのブースで構成されている。

Organizations

  • 新百合ケ丘エルミロード

    新百合ケ丘エルミロード

    新百合ケ丘エルミロードは、ファッション・フード・カルチャー・から、ビューティ・フィットネスと幅広いサービスを提供し、ハイセンスな暮らしと楽しい時間を演出するショッピング施設です。
  • 小田急のくらし部

    小田急のくらし部

    地域活動をきっかけとしたコミュニティ形成、サービス・企画開発などを行ない、各世代にとって楽しく・安心で、暮らしやすい沿線・地域づくりを目的とした、住民・地域と作り上げる活動の総称。
  • 三曲あさお

    三曲あさお

    麻生区近在の邦楽演奏家、愛好者が集まって平成2年に結成。主に麻生音楽祭のアンサンブルの部に邦楽合奏として参加し、現在は次世代の育成に力を入れている。
  • ロコっち 新百合ヶ丘

    ロコっち 新百合ヶ丘

    2019年4月22日に新百合ヶ丘にオープンした住民による住民のための地域情報サイト。 「しんゆりがもっと好きになる発見サイト」がキャッチフレーズ。
  • プロレス団体HEAT-UP

    プロレス団体HEAT-UP

    2013年に設立されたプロレス団体。「プロレスで社会貢献」をテーマに、障がい者支援や青少年育成にも注力している。
  • パティスリーエチエンヌ

    パティスリーエチエンヌ

    2007年世界最高峰『クープ デュ モンド ドゥ ラ パティスリー』の優勝作品『リベルテソヴァージュ』をはじめ、四季折々のスイーツが堪能できます。
  • グローバルカフェ×オリパラ

    グローバルカフェ×オリパラ

    2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて、イギリス代表チームのHost Cityとなる川崎市でインタナショナルコミュニティを作りました。 外国語を勉強したいと考えている方や多文化に興味を持っている方が、お互いの言語や文化の交流を図ることを目的にしています。 またオリンピックパラリンピックのボランティアにも参加していく予定です。小さな子供のいる家族も参加しているので、ファミリーフレンドリーです。 新百合ケ丘駅周辺で活動しているので、興味のある方はぜひ御参加ください!
  • ふらっと新百合ケ丘

    ふらっと新百合ケ丘

    麻生区や、麻生区近郊に住む街の方や農家の方に教えて頂きながら、親子で楽しめるワークショップを通して農育・食農を育むことも大切に、街の魅力を再発見していくための活動をしています。
  • Vege & Fork Market

    Vege & Fork Market

    ベジやオーガニック、マクロビオティックというライフスタイルを“提案する”イベント。
  • Vege & Art Fes実行委員会

    Vege & Art Fes実行委員会

    川崎の農家と立ち上げたVege&ArtFesは川崎のママ起業家や商店が関わり、街とつながることが少ないという地域の声をきっかけに立ち上げた地域密着イベント。 『地元を楽しんで知るから好きになる』というコンセプトを 持ち、「食・癒・動・買」の4つのブースで構成しています。
  • TURNER DINER

    TURNER DINER

    黒川ネスティングパーク内、日常がときめく火を囲む食空間。地場産の食材や地域の人々と一緒に楽しむさまざまなイベントを通じて、地域やひととのつながりが紡がれるコミュニティの場。
  • NPO法人KAWASAKIアーツ

    NPO法人KAWASAKIアーツ

    広く芸術文化に関する事業を行い、芸術文化の豊かな世界の創造と共に、観客・アーティスト・制作者を育成し、コミュニティの形成と国際交流の促進を図り、市民生活の質的向上に寄与することを目的に活動。
  • MY TOWN

    MY TOWN

    神奈川県川崎市麻生区周辺・東京都稲城市周辺の地域のニュースをはじめ、ショッピングセンター情報、コンサート・演劇・セミナーなどのイベント情報、生活に役立つコラムなどをお届けするWEBサイトです。 この地域にお住まいの皆様の暮らしがちょっと楽しくなるような、また、訪れる人にも街の魅力を知っていただけるような情報を発信してまいります。
  • Link mama

    Link mama

    何かを学びたい「マナビーmama」、子どもの保育のできる「Sitter mama」、何か手に技術を持ち教える事のできる「Teach mama」で構成されたママ向け習い事システム。
  • Beaulily(ビューリリー)

    Beaulily(ビューリリー)

    自分らしく美しく輝くことを考える機会・叶えるステップを様々な形で提供していきます。 「しんゆり美ママプロジェクト」をスタートプロジェクトとして、2018年9月に結成・始動しました。
  • AirGreen

    AirGreen

    新百合ケ丘 昭和音大前に広がる新ゆりアートパークス。 忙しい毎日。流れていく時間。 ちょっと一息、きれいな芝生の上でゴロゴロ時間を過ごしてみませんか?