たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト

みんなでつくるお弁当プロジェクト!参加レポート

2019年7月16日(火)、PEOPLEWISE CAFEでシェアキッチンプロジェクト(仮称)の第2回の企画として「みんなでつくるお弁当プロジェクト」が行われました。
みんなでつくるお弁当プロジェクトとは?
5月18日(土)には第1回企画「シェアするBBQ」を実施し、「食」を共にする(シェアする)ことで人と人との距離がぐっと縮まることが実感できました。
そこで今回は、「みんなでお弁当づくりをします!お弁当箱とお弁当のおかずを1品持ってきて持ち寄ったおかずでお弁当を完成させましょう」という呼びかけを行いました。 この企画の拠点となっているPEOPLEWISE CAFEはコミュニティカフェとして、地域で活動する個人や団体での利用を歓迎していますが、このプロジェクトのために閉店後のお店を提供してくれています。この日のイベントは18時30分から始まりました。 広々とした店内で、集まった人達がテーブルと椅子の配置を考え、話しやすいように並べ替えます。持ち寄ったおかずをテーブルに並べるといい匂いが漂い始め、「お腹空いた〜」「早く食べた〜い」と声が上がります。おかずが被らないように、何を持ち寄るか決めている参加者は事前にイベントのページに書き込むようにしましたが、申し込みも会費も不要、飛び入り歓迎というイベントで、小さいお子さん連れのママも2組、当日参加してくれました。 このプロジェクトの中心的存在である慶應義塾大学 厳網林(ゲンモウリン)教授は国際プロジェクト*M-NEXのリーダーでもあり、食を中心として地域経済の活性化や暮らしの質の向上に貢献する方法を探る取り組みをされています。このプロジェクトを通してみんなで「食の問題を考える」「食を通して人の繋がりを作る」というのが重要なことで、そのためにこの地域に分散している食に関する情報を集めて見えるようにしたいと、参加者に食に関する情報提供を呼びかけました。この日集めた情報はフードカレンダーのような形にまとめる予定ということです。 * M-NEXは食料・水・エネルギーを“連環”(=NEXUS)させることによって、都市のさまざまな課題を統合的に検証し、地域経済の活性化や暮らしの質の向上に貢献する方法を探るという取り組みで「次世代郊外まちづくり」との「共創企画」として認定されている。シェアキッチンプロジェクト(仮名称)は厳研究室、「次世代郊外まちづくり」、PEOPLEWISE CAFEが協力して行なっている。 
お弁当を囲んで
自己紹介を兼ねて持ち寄ったおかずを紹介した後、持参したお弁当箱に好きなように詰めて各自お弁当を作ります。ご飯は自分でお米作りをしているという参加者が提供してくれ、カフェの炊飯器を使って炊き立てが用意されました。 手作りのものは「どうやって作るの?」「何が入っているの?」、買って来たものは「どこで?」などとおしゃべりしながら、彩りや配置を考え、それぞれにお弁当を詰めるのも楽しい時間です。出来上がったお互いのお弁当をのぞき込んだり、並べて写真を撮ったりしながら、賑やかに食事が始まりました。一品持ち寄るだけでこんなに豪華で栄養満点のお弁当ができるということにみんな感動し、「毎日でもやりたい」という声も。「食材を作る人」「売る人」「料理を作る人」「食べる人」、また「料理が得意で時間に余裕がある人」と「子育て中や介護などで時間がない人」などをうまく繋げていくことで食品ロスも減り、良い流れができるという厳教授の話をきっかけに活発な話し合いになりました。 例えば、「カフェのすぐ隣にある美しが丘公園で目一杯遊んだお母さんと子どもが夕方お弁当を買って帰れたら嬉しいよね」「そういう場合、1品持って来られない人はいくらかお金を払って買うことができるようにしたら?」「子ども用に小さめサイズのおかずも用意し、低めのテーブルでキッズコーナーを作ったら楽しいね」「学習塾の数が非常に多い青葉区で塾に通う子ども達にもこのようなお弁当を提供できたらいいね」「慶應大学も関わっているのだから、ここを子供たちがお弁当を食べ、勉強もできる場所として学生がちょっと勉強を見てあげるのもあり?」など。 仮名称である「シェアキッチンプロジェクト」についても意見が出され、「さんかく食堂」「『たまプラ弁当部』略して『たま弁』は?」「ロゴも作ろう!」と話は盛り上がりました。 あっという間に終了時間の21時になり、「美味しかった」「またやりたいね!」とみんな笑顔で解散となりました。
今後の活動
今回の参加者は主催者、企画の段階から参加しているこの地域の食に興味がある人達を含め、大人15名、子ども8名ほどでした。まだまだ小規模な集まりですが、どう発展していくか、とても楽しみな活動でもあります。もっと多くの人達にこの活動を知ってもらい、参加してもらって「食」を通じた地域の輪が広がっていくよう、引き続き「ロコっち」でも情報発信をしていく予定です。 とりあえず、次回開催日時は 9月21日(土)18時30分〜 PEOPLEWISE CAFE 詳細は PEOPLEWISE CAFEのFacebookページなどでお知らせします。興味を持った方はぜひご参加ください。 また、このプロジェクトではたまプラーザ地域(青葉区、都筑区、川崎市宮前区周辺)の食に関する情報を多くの皆さんから集めたいと考えています。◯◯が美味しいお店、良い食材が手に入るお店、農家、料理教室、イベントなど、食に関することなら何でも、こちらのフォームにご記入の上、ぜひお送りください。(自薦、他薦問いません。)
  • たまプラーザの食といえば?

    慶應義塾大学SFCの厳研究室です。地域での食を通したつながりを深めることを目的に、PEOPLEWISE CAFEさんと調査をしています。

Organization

  • PEOPLEWISE CAFE

    PEOPLEWISE CAFE

    美しが丘公園隣のさんかくBASE内にあるコミュニティカフェ。席がゆったりとしており、キッズスペースもあるため、ファミリーに人気。また、Wi-Fiも使用できるので、お仕事や打合せにも最適です。

Reporter

  • 宇田川千恵

    宇田川千恵

    A&C Deliver

    食育インストラクター、薬膳マイスター、専門調理師の資格を持つ寺岡淳美とともにA(Atsumi)&C(Chie) Deliverとして活動中。 出張料理、オーダーメイドの料理教室、イベントでの出店などを中心に、美味しく、美しく、健康的な食の提供をしている。 特技は書道(文化書道師範)。

News

Movie

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>