• 投稿日2023.1.11
  • 更新日2023.1.13

大切な時計を娘に・・・ メカニカルウィングにメンテナンスをしてもらいました

「見た事ある」率も高いのでは?

新百合周辺で配られるフリーペーパー等で、時計の修理やオーバーホールをするメカニカルウィングというお店を見た事がある! という人も少なくないはず。

そのメカニカルウィングさんで私は以前、とても大切で相棒と思っているロレックス君を良心的な値段でオーバーホールしてもらいました(お陰様で今日も元気に動いています!)。

今回は10年以上放置していた時計を娘に譲る事にしたので、電池交換を依頼。

場所は尻手黒川道路沿い、吹込交差点の近くで、この建物を見た事がある人も多いのでは?

フリーペーパーや外観から「見た事は、ある」とよく言われますと、メカニカルウイングの坪井さん。「分かりにくい場所ですよね」と笑いながらお話を聞かせてくださいました。

でも、建物1階には看板があったり、現地に行けばなんとなーくたどり着けるはず!

推しポイントはズバリ「良心的な金額」

料金表を見ると一目瞭然。
オーバーホールなんてこちらから「安過ぎです!」と言ってしまったのは私だけ!?

電池交換も某大手電気量販店よりも全然安い!

しかし、安いと心配になる方も多いと思いますが、ご安心ください。

推しポイントその2は、時計一筋35年の職人さんが親身になって1つ1つの時計を見てくださるところです。

今回お願いした、10年以上放ったらかしだったエルメスの時計も電池が液漏れしていると言われ、オーバーホールか? お金を掛けたくないな…とヒヤヒヤしましたが、内部を出来る限り掃除をしてもらい、電池交換をお願いすると、ちゃんと動いて安心しました!

このケース、お店によってはオーバーホール確定と言われてもおかしくないです。

きちんと相談してくれて、こちらの意向を優先してくれるのが、とてもありがたいですよね。

これで安心して(あまり予算を掛けずに)思い入れの詰まった時計を娘に譲る事ができました。

「中身が見たい」それも叶います

そして、ずっと付けていた大切な時計を預けるとなると、ちょっとハラハラしますよね。

時計の中身が見たい、作業中の様子が見たい、そんな要望も聞いていただけます。

大切な時計の中身なんてこんな時でないと見られません。

当初の印象は「職人気質のおじさまたちがいて…」というちょっとだけ敷居の高い印象でしたが、迎え入れて下さる坪井さんのほんわかした空気感に心が和み、安心して宝物の時計たちを預けられました。

職人さんも見える場所でお仕事をされていて、金額設定から工房の雰囲気全てが良心的。

オーバーホールしたいけど5万掛かると聞いて我慢している、大切だけど電池が切れてそのままにしている、青春の思い出の時計をしまい込んでいる…あるあるではないでしょうか。

そんな皆さま。地元にこんなに良心的で腕のいい時計工房がありますよ! 見積もりだけでも可能だそうです。

SHOP INFORMATION

「メカニカルウイング」
住所:川崎市麻生区王禅寺西4-14-29 上條ビル3階 301
電話:044-969-5131
営業時間:10:30〜18:30
休日:日曜・祝日
メカニカルウイングHP
●「ロコっち新百合ヶ丘を見た!」と店舗にお伝えすると基本料金から10%オフになります。