爽やかな刺激がクセになる!「四川料理SHUN」の陳麻婆豆腐

本物を味わいたいなら、これ一択!山椒の香りが爽やかに広がる、辛さと旨味凝縮の本格麻婆豆腐をご紹介します♡

四川料理 SHUN(シュン)

たまプラーザ駅から徒歩5分。

東急百貨店とイトーヨーカドーの間の坂道を上り、突き当たりを左折。橋を渡るとすぐ右側に見えている煉瓦造りの建物の2階。

四川料理しゅん外観

1階にはピッツァ専門店や蕎麦屋も入っています。

四川料理しゅん外観

建物向かって左手にある外階段を上るとすぐ、こちらが外観。

平日のランチタイム、常連客が次々に訪れていました。

以前は、予約必須!と言われていましたが、入れ替わりも早く、常に空席はあり満席で待ち状態になるほどでもない感じ。

店内の様子

エントランス側から、中を見た図。

長方形のシンプルな店内で、左右の壁に沿い、テーブル席が設置されています。

店内側から、エントランス方向の図。

以前(コロナ前なのでかなり昔!)訪れた時より、モダンでスタイリッシュな印象を受けました。

四川料理しゅん店内

友人とふたりで訪れましたが、タイミングよくこちらの広々としたテーブルに通していただきました♡

ゆっくり落ち着いておしゃべりできました〜。

平日ランチメニュー

四川料理しゅんメニュー

定番人気の麺類などに加え、本日の日替りが5種類もあります。

ライスは少な目にもできるし、おかわりも可。お腹の空き具合、炭水化物コントロール具合で、しっかり調整♡

四川料理SHUNランチセット

私のお目当ては、これ!

陳麻婆豆腐セット 1,850円。

麻婆豆腐セット 1,700円もありますが、麻婆豆腐が全く別物。使用する調味料が根本から違うとのこと!

(オーナーシェフ自ら本場四川省へ香辛料の調達へ行き、調味料など、ほぼ手作りだそう。)

麻婆豆腐は山椒が入っておらず、子どもも食べられる優しい味わい。

陳麻婆豆腐は、四川料理らしく山椒がビリビリ効いて、爽やかな辛さと香りを堪能できる逸品です。

お米ももっちりと炊かれていて美味しく、普通盛り一膳ペロリ。

四川料理しゅん小鉢

まず初めに運ばれてきた、セットの小鉢類。

酸味のある春雨の和え物、ザーサイ、きゅうりの甘酢漬け。

本日のスープは大根のスープ。

こちらも青山椒がふわっと香ります。豚肉も入っていてコクがあり、美味〜。

四川料理しゅん陳麻婆豆腐

この迫力!!!

視覚からも、山椒のスパイシーな刺激が伝わってきませんか!?

痺れる辛さの後には、ひたすら爽やかな余韻が残る、本格派。これが食べたかった〜!

家庭で作る麻婆豆腐は子どもに合わせて甘口なので、辛い麻婆豆腐に大満足です!

友人が頼んだ日替り、豚バラとナスの味噌炒め。

どちらのおかずも、白飯が進んで仕方がない!

(カロリーオーバーとお腹のキャパシティを考慮して、おかわりをしないことに、かなり葛藤したことは言うまでもない。笑)

四川料理しゅんデザート杏仁豆腐

デザートの杏仁豆腐。この締めのひと口があることで、充実感が違いますね。

同時に、温かいお茶も持ってきてくださいました♡

まとめ

原材料の高騰、時代の流れもあって、段階を踏んだ値上げがされていますね。。。

2016年当時の記録と比べると、今回、メニュー価格がどれも400円ほどアップしてました!(驚)

ですが、揺るぎない美味しさ、思った以上にゆっくりできた点、その他諸々考慮しても、また食べに行く!価値あり。

 

お手洗いにはマウスウォッシュがあって、ポイント高し。

何が良かったって、お店のスタッフの方々の対応!かしこまりすぎた「接客」な感じではなく、メニューについて質問した時や、食事を持ってきてくださった時の自然な笑顔が、とても好印象でした!

超絶おすすめの陳麻婆豆腐の他にも、麺類も大人気♡

座席確保マストなら、ご予約をオススメします。

店舗情報

四川料理SHUN(シュン)
公式HP
住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-13-10 吉村ビル2F
TEL:045-500-9460
定休日:火曜日
営業時間:
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:00〜22:30(L.O.22:00)

姉妹店、胡楼亭があざみ野にあります。
担々麺を主にした麺やです。焼餃子・水餃子もあり。詳しくはお問い合わせください。
TEL:045-509-1669

関連タグ