• 投稿日2020.3.17
  • 更新日2021.12.14

たまプラーザランチレポ㊷ 四川料理SHUN

2月の最終週、ロコっちたまプラーザメンバーの一部で、恒例のランチ開拓に行って来ました!まさか翌週から、コロナウィルス騒動で学校が休みになるとは思わず、今思うと奇跡的に滑り込んだ感じです。

さて、今回のお店は、「四川料理SHUN」

ユーコープやコナミスポーツの並びの、様々なテナントが入っている吉村ビルの2階にあります。

その名の通り、四川麻婆豆腐や坦々麺をはじめとした様々な四川の中華料理が食べられるお店です。

オーナーシェフの新妻さんは、ご自身で四川省まで香辛料を買い付けに行かれているそうです。調味料もほぼ手作りとのことで、素材を厳選していらっしゃるのが伝わってきます。

店内は、4名がけテーブルが両サイドに3つずつ、計6テーブルほど。
予約なしでは入れない事が多いと聞いたので、事前に席の予約をしてからうかがいました!

この日もぎっしり満席でした。

ランチメニューは、メインメニューの他に日替わりメニューが5種類も!!どれも美味しそうで目移りしてしまいます。

他にも平日限定のランチコースメニューもありました!

私以外の二人は、日替わりランチからセレクト。

私も日替わりに心惹かれつつも、やはり辛いもの好きとしては、山椒が効いた辛い麻婆豆腐が食べたい!普通の方の麻婆豆腐には、山椒が入っていないそうなので、「陳麻婆豆腐(激辛)」にチャレンジしました。

まずは最初に前菜の春雨、ザーサイ、カブの酢漬けと、卵スープが運ばれてきました!卵スープは身体が温まる優しく奥深い味わいでした。

まずは日替わりランチから、「エビとうるいの豆豉炒め」

プリプリのエビと、シャキシャキのうるいの組み合わせ。そこをギュッとまとめる豆豉の塩気が最高!家の調味料に、豆豉を買ってみたいと思いました♪

続いて「鶏肉とエリンギのピリ辛炒め」

こちらは酢豚のように、一度揚げた鶏肉と、エリンギをはじめ様々な野菜が、絶妙に絡み合った一品。ピリ辛具合もちょうどよく、ご飯のお供にぴったりでした!

そしていよいよ、「陳麻婆豆腐(激辛)」

赤い!!予想はしてましたが、とっても辛そうな表面に、山椒がたっぷりとかかっています。

お味はと言うと…やっぱり辛いです!!でも深みのある味でとても美味しく、山椒の香りも素晴らしくて、フーフー言いながら、ご飯をおかわりしていただきました。

私は辛い物には強い方ですが、それでも結構辛かったので、不安な方は辛さを調整したり、普通の麻婆豆腐に別で山椒を頼んだりする方法もあるそうですので、お店の方にご相談くださいね!

デザートに、お茶と杏仁豆腐が出てきました。

先程の麻婆豆腐で、口の中が燃えるようだったので、これにはホッと癒されました。

ボリュームもあり、味付けもどれもとても美味しくて、スタッフの皆さんも親切で、とても素敵なお店でした!

坦々麺や酸辣湯麺、他の日替わりメニューも食べてみたいです♪

是非、お席の予約をしてから、ゆっくりと四川ランチを楽しみに行ってみてくださいね。