• 投稿日2022.8.1
  • 更新日2022.8.5

港北TOKYU S.C.に近日開店! ロピアグループの焼肉店 「ギュウトピア」の試食会レポをご紹介

2022年8月8日(月)、ロピアグループの焼肉店「ギュウトピア」国内1号店が横浜市センター南にオープンします。

場所は、都筑区センター南駅徒歩2分、港北TOKYU S.C. 5階レストランフロアの一角。

本格的な焼肉を、明るいおしゃれな空間で、手頃な価格で楽しむことができるお店です。

焼肉 「ギュウトピア」ってどんなお店?

このお店を運営するのは、同じ港北TOKYU S.C.の地下1階にあるスーパーマーケット・ロピアのグループ会社である、株式会社eatopia(イートピア)です。

ギュウトピアは、これまで都心で高級焼肉店を展開してきたeatopiaにとって初めての郊外型焼肉レストランです。

高級店で培ったブランド力と、ロピアの安くて美味しいお肉の仕入れ力を融合させ、手ごろな価格で本格的な焼肉を実現。

試食会の始めに登壇した同社代表取締役の山科博昭氏は、「港北エリアの幅広いお客様に愛されるお店を目指したい」との意気込みを語ってくれました。

お客様ひとりあたり、お昼は1,500円、夜は5,000円の予算でしっかり満足できるという価格設定で、家族や友人と日常の中でちょっとしたごちそうを楽しみたい時にちょうど良いお店といえそうです。

どんなメニューが食べられるの?

試食会ということで、いくつかのメニューを少しずつお味見させていただきました。

銀座山科の本格キムチ三種盛り

「銀座山科」というのは、eatopiaが都心で展開する人気高級焼肉店の名前です。その名を冠した本格キムチ。

写真左から、キュウリ・白菜・大根の三種盛りで300円(税込330円)ですが、一種類の単品でも注文できます。

単品は100円(税込110円)。たっぷり入って本格的なのにとてもお手頃。

焼肉のお供に必ず注文したいメニューです。

牛タン三種盛り

牛タンには、タン元・タン下・タン先という3つの部位があり、食べ比べることができるメニューです。

なんと、社長が自ら焼いてくださいました。

レモンを搾って食べました。お肉に塩だれがしみこませてあって、しっかり美味しいです。

「和の鉄人」道場六三郎のトリュフ焼きすき

「焼きすき」とは、薄切りの牛肉を軽く焼いて、卵黄と特製のすき焼きタレで味わう料理です。

お肉はA5ランクの和牛を使用し、タレの味付けは道場六三郎氏が監修しています。

普通の焼きすきとトリュフ焼きすきがあり、試食では、卵黄に極薄切りのトリュフを散らしたトリュフ焼きすきをいただきました。

焼く前のお肉はこんな感じ。

焼き加減は、軽く色が変わるぐらいに炙る程度でOK。

網の上でじゅわっと油がしみ出したお肉を卵黄とタレの入った器に取り、全体を泡立てるようにかき混ぜて口に運ぶのがおすすめの食べ方です。

卵黄のクリーミーな舌触りとお肉のうまみ、そしてトリュフの香りが口いっぱいに広がります。

余った卵黄がもったいないな…とつぶやいていたら、スタッフの方が「そこにご飯を入れて召し上がると美味しいですよ」と教えてくれました。

想像するだけでわかっていただけると思いますが、絶対においしいやつです! おすすめ!

シャトーブリアン

お名前聞くだけでなんか高級感があるお肉・シャトーブリアン。

高級部位ヒレ肉のさらに中心部にある最上級部位です。

生の状態でトングで持っただけでもほろりとほどけてしまうほど柔らかいお肉でした。こちらはワサビをつけていただきました。

脂身が全くしつこくなく、いくらでも食べたくなるお味でした。

ハラミ

厚切りカットで食べ応えのあるお肉です。

お好みもあると思いますが、わたしはちょっとしっかりめに火を通していただきました。

焼き上がったとき、見た目はちょっと固いかも?と思いましたが、上手に包丁が入れてあるのか、口に入れてみると柔らかくて食べやすかったです。

タレもしみてて最高にごはんに合います。

すだちおろし冷麺

※写真は試食用の小さいサイズです

透明の綺麗なおつゆに上品な白い麺。スープははまぐりと帆立のスープだそうです。

すだちと大根おろしでいただきます。

ひんやりと、のどごしが良くサッパリします。

そのままでもちろん美味しいですが、わたしは最初にいただいたキムチが余っていたので、途中で入れて味変して楽しみました。

焼肉のシメにはやっぱり冷麺が最高ですよね。

生肉のメニューもあります

試食のメニューには入っていませんでしたが、こちらのお店には生肉取扱者がいて、今では珍しい牛刺しやユッケも楽しむことができます。

おすすめはギュウトピアコース

たっぷり満喫したい方には、「ギュウトピア」コースがおすすめです。

焼き物の盛り合わせや牛刺し、焼きすき、サラダやスープに冷麺(または石焼きビビンバ)にデザートまで、全15品にソフトドリンク飲み放題付きで5,000円(税込5,500円)。

アルコール飲み放題にアップグレードすると6,000円(税込6,600円)になります。

追記:ランチタイムのメニューもあります!

お得なランチメニューもあるそうなので、ご紹介します。

霜降りランチ 1,500円(税込1,650円)(黒毛和牛霜降り肉、豚、ご飯、キムチ、ナムル、スープ)
ミックスランチ 1,400円(税込1,540円)(黒毛和牛赤身と霜降り、豚、ご飯、キムチ、ナムル、スープ)
赤身ランチ 1,300円(税込1,430円)(黒毛和牛赤身、豚、ご飯、キムチ、ナムル、スープ)
冷麺ランチ 1,000円(税込1,100円)(冷麺、キムチ、ナムル)
石焼ビビンバランチ 1,000円(税込1,100円)(石焼ビビンバ、スープ)

各ソフトドリンク付きです(ドリンクは、+110円でランチワイン、+220円でランチビールに変更できます)

オープン記念キャンペーン

2022年8月8日(月)~9月30日(金)の間、オープン記念キャンペーンを実施。

ギュウトピアコースのアルコール飲み放題付きが通常価格6,000円(税込6,600円)のところ、5,500円(税込6,050円)の特別価格で楽しめます。

その他、生ビール、「和の鉄人」道場六三郎のトリュフ焼きすき、シャトーブリアンなどが特別価格で提供されますのでチェックしてみてください。

感想・まとめ

日頃からロピアを利用されているセンター南近隣の方にとっては、系列の焼肉店ということで安心感や親しみを感じられるのではないでしょうか。

既にたくさんの焼肉屋さんの選択肢がある港北エリアですが、その中でも、目新しいメニューの提案や工夫された味付け、明るくて綺麗な店内の居心地の良さ、お手頃な価格設定で、すぐに人気店になりそうな予感です。

夏休み、ご家族やお友達で行ってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

焼肉 ギュウトピア

住所:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央5-1 港北TOKYU S.C. A館5階

電話番号:045-507-3631

営業時間:11:00~22:00

店休日:1月1日、ほか港北TOKYU S.C.の休業に準ずる

公式Instagramはこちら

予約は平日夜のみ。受付はこちら

関連タグ