• 投稿日2019.10.18
  • 更新日2021.12.11

子どもたちの豊かな感性と自信をはぐくむワークショップ「竹隣庵(ちくりんあん)くらぶ」

この秋、自然の中で子どもたちがのびのびと制作活動に励める、素敵な場所がオープンします。その名も「竹隣庵(ちくりんあん)くらぶ」。
11月からスタートです。ちょうど申込受付中ですので、詳細をお伝えします。

子どものための自然体験&クラフト体験教室『竹隣庵くらぶ』

どこで開催するの?

講師自宅「竹隣庵」での開催となります。講師の持田さんは都筑の秘境とおっしゃっておりますが、自然豊かで素敵な雰囲気です。大棚町にあります。センター北からもセンター南からも徒歩20~30分程度でしょうか。

自宅での開催のため、詳細住所は参加者の方のみお伝えすることになります。

どうして開催しようと思ったの?

「身近な自然に触れ、自然の材料を使った手しごとを体験することによって、子どもたちの豊かな感性と自信をはぐくむワークショップを開催したい!」という想いで、今回の企画を立ち上げたそうです。共済は「あすこここ」さん、協力は「庭乃持田園有限会社」さん。
周囲の協力を得て、夢が実現しました。

以下、持田さんのフェイスブックからの抜粋です。

自分の手を使ったものづくりは、【発見】と【気づき】の連続。その体験は、ひとり一人違う体験です。
身近な【自然】と【自分の手】と【道具】を使って、『もの』を生み出すことができる!
そのような体験の積み重ねが、子どもたちの豊かな【感性】と【自信】をはぐくみます。
豊かな【感性】と【自信】を身につけることは、様々なことをイメージする力(想像力)と、実際にイメージしたものをカタチにする力(創造力)をはぐくむことにも繋がると信じています。

竹隣庵は、都筑区大棚町にある竹林の脇に佇む、築40年ほどの古い民家です。ふだんは、造園屋を営む夫婦とやんちゃな子ども達3人が暮らしています。
『自然と暮らしをつなぐ拠点』となるべく、自然を感じられる空間づくり、暮らしとつながる庭づくりに取り組みながら、住み開き(住みながら、お家を地域に開く)をしています。
造園業で排出される剪定枝を通常は廃棄していますが、ただ廃棄するのではなく、資源として活用し、『暮らしに関わるものづくりをしたい!』『小さな循環を起こしたい!』そんな想いが発端となり、竹隣庵くらぶの【木のものづくりワークショップ】が生まれました。
タヌキも頻繁に出没する、都筑の秘境のようなこの竹隣庵で、身近な自然を感じながら、ぜひ一緒に手しごとを楽しみましょう♪

そんな持田さんの想いをすべて込めて、満を持して開催するワークショップ……期待が高まります。

いつ開催するの?

開催スケジュールは下記のとおりです。11月・12月・2月の第1日曜日の全3回となります。
参加費は各回お子さまお一人につき3,000円(材料費・保険料込)となります。

■第1回   11/3(日)  「自然の素材で、ドアプレートを作ろう!」

■第2回   12/1(日)  「丸太を切って、コースターを作ろう!」

■第3回   2/2(日)  「木の枝を削って、色鉛筆を作ろう!」

全3回とも
午前:親子クラス10:30~12:30(受付10:00~)
午後:小学生クラス 14:00~16:00(受付13:30~)

はじめは近くの公園で木に親しむ自然遊びをした後、竹隣庵に移動して木のものづくりに挑戦します。

※全3回連続で参加申込も可。単発での参加も可。
※親子クラスは保護者同伴
※小学生クラスは子どもだけの参加も可。保護者の方の送迎必須。見学可。
とのことです。

申込方法

下記フォームまたはメールでの申し込みとなります。

お申込みフォームはこちら

メールの場合はこちら
件名「竹隣庵くらぶ申し込み」とし、本文に下記内容①~④を明記し送信することで申込できます。
1 ご希望の日(全日程、または単発の場合はその希望日)
2 親子クラスor小学生クラス
3 お子さまのお名前・年齢
4 お電話番号(緊急連絡先)

各回、定員10名の募集となっています。興味を持った方、早めに申し込みましょう!

子どもの心を豊かにはぐくむワークショップ

子どもたちが自然の中で楽しくはしゃぎ、試行錯誤しながら作品を生み出していく。とても素敵な光景ですね。素晴らしい、たくさんの経験を、子どもには積んで欲しいと思っています。
今回の企画、全3回終了後も、また面白いイベントを考えていきたいとのことで、持田さんの今後のご活躍が楽しみです。

持田さんの活動をチェックできるFacebookはこちら。