• 投稿日2021.11.9
  • 更新日2021.11.16

小田急線、2022年春より小児IC運賃が全区間一律50円に

小田急電鉄が子育て応援ポリシーを策定

小田急沿線における子育て応援ポリシー「こどもの笑顔は未来を変える。Odakyuパートナー宣言」を策定した小田急電鉄が、メッセージの具現化に向けて“小児IC運賃の低廉化”に取り組むことが11月8日に発表されました。

このポリシーは、子育て世代に想いを持つ社員を中心に取りまとめたもので、こどもの笑顔をつくるパートナーとして“子育てしやすい沿線”を目指した取り組みのひとつとなります。

具体的な施策は?

・2022年春(予定)からIC利用時の小児運賃を小田急線内一律50円に。(小児運賃/IC利用を持続的に大人運賃の半額以下に一律低廉化するのは全国の鉄道初の取り組み)

こども連れの利用者が安心できる車両の常設化に向け検討

・駅へのベビーカーシェアリングサービスの本格導入を予定

・社員が鉄道をテーマに、地域と連携しながらイベントを定期的に開催

「小田急 こども100円乗り放題デー」の開催も!

2021年11月27・28日、12月4・5日の4日間、お子さま向けに100円で小田急線を1日乗り放題にする企画券「期間限定1日全線フリー乗車券」の発売にあわせて、小田急グループ施設でのイベント「小田急 こども100円乗り放題デー」も実施。

新百合ヶ丘では、11月27・28日に新百合ヶ丘エルミロード1階吹き抜け広場にて、小田急鉄道倶楽部によるNゲージ運転会、館内クイズラリー「小田急アドベンチャー」が開催されます。

■11月27日(土)、28日(日)

■12月4日(土)、5日(日)

 

自分たちの住んでいる街がますます好きになる、そんな想いを手助けしてくれる小田急の取り組みに、今後も注目したいですね。

関連タグ