たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト

たまプラから最も近い!港北ニュータウンバッティングセンター

たまプラーザから最も近いバッティングセンターを調べてみたところ、センター南の「港北バッティングセンター」と、生田にある「東京バッティングセンター」が浮上。今回は電車で行きやすいセンター南の港北バッティングセンターに行ってみました。
センター南駅からすぐ!
港北バッティングセンターは、たまプラーザから田園都市線であざみ野まで行き、横浜市営地下鉄ブルーラインに乗り換えて、センター南駅で下車。駅からは徒歩2分ほどの港北KEY SOUTH 新棟の屋上にあります。 屋上へは、エスカレーターでスポーツオーソリティの3階まで上り、最後は階段で到着できます。
プリペイドカードを購入
屋上へ続く階段を上がると正面に、プリペイドカードの販売機があります。1ゲーム20球で、1,000円券で3ゲーム、2,000円券で7ゲーム、3,000円券で11ゲーム、5,000円券で18ゲームが可能です。単純に計算すると、1000円券で約17円/球です。 しかし、毎月月末の金・土・日曜日は1ゲーム30球になるサービスが!この日はたまたま該当日だったのでラッキーでした。
プロ野球選手が投げてくれる
打席は全部で6打席。とてもきれいな設備で、慣れない人でも挑戦しやすい雰囲気です。打席の正面にはスクリーンがあり、それぞれ別のプロ野球選手が投げてくれる体になっています。 それぞれの打席は下記の通りです。 ① 右打席・ストレート・80キロ・藤浪晋太郎選手(阪神) ② 左打席・ストレート・90-130キロ・摂津正選手(ソフトバンク) ③ 両打席・変化球・80-140キロ・菅野智之選手(巨人) ④ 両打席・変化球・80-170キロ・菊池雄星選手(西武) ⑤ 右打席・ストレート・90-130キロ・則本昴大選手(楽天) ⑥ 右打席・ストレート・90-130キロ・内海哲也選手(巨人) 打席は2重に貼ってあり、1・2番目に並んでいる人は1枚目と2枚目の網の間で、3番目以降の人は、網の外のベンチで待つ仕組みです。
初心者ブースで打ってみる
今回は家族3人で行ったのですが、全員ド素人。ということで、最も初心者用のブース①で打ってみました。 初心者用だけあってバットも長さの違う3種類、子供用のヘルメットもありました。 こちらの機械にカードを入れたらスタートします。プレイ中でも、上のボタンでボールの高さが調節できます。(1人の場合、球が無駄になりますが。。。) スクリーンの選手の動作に合わせて、球が飛んできます。 実際の打席の雰囲気はこんな感じです。 80キロの球速はこの程度。動画ではあたっていませんが、子供でも十分楽しめるスピードです。 実際、私も打ってみましたが、野球経験ゼロ、運動神経悪めの私でもたまにクリーンヒットが打てました。野球の練習ではなく、家族のレジャーとしても楽しめると思います。
他の打席もチラ見
この日は日曜日でしたが、午前中はかなり空いていたので、他の打席ものぞいてみました。 両打席OKのブースは、かなり広くなっています。 変化球対応のブース③の機械はこんな感じ。球種と速度(ストレートのみ)を選ぶことができるようです。 「実戦」ボタンがある機械もありました。詳細不明ですが、投げる位置にバラつきがあるのかもしれません。 港北バッティングセンター公式HP

Organization

Reporter

  • 藤村 希

    藤村 希

    株式会社ロコっち代表取締役/ロコっち たまプラーザ編集長

    ニックネームは「のぞみん」 自分が出産してからジモトで過ごすことが多くなり、ジモトの情報をもっと効率的に入手したい!と思うようになり、ロコっちを立ち上げました。たまプラからスタートし、もっと地域を広げていきたいと思っています。 たまプラーザちょい呑みフェスティバル実行委員、たまプラ一座まちなかパフォーマンスプロジェクト実行委員、よこはまハロウィン実行委員。 中小企業診断士&MBAでもあり、ビジネス相談もお受けしています。

News

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>