• 投稿日2018.10.21
  • 更新日2021.12.6

第3回 ロコっち オープンオフィスを開催しました!

2018年10月15日、さんかくBASE内のWise Living Lab共創スペースにて、次世代郊外まちづくりの家守プロジェクトの一環で、第3回ロコっちオープンオフィスを開催しました!今回は、sparkle0519のアクセサリー作家、大和田瞳さんが常駐し、アクセサリー相談会を同時開催。そのおかげもあって、会場はぐっと華やかに、そして約17名の方にご来訪いただき、とても盛り上がりました。

家守プロジェクト、ロコっち オープンオフィスの詳細はこちら

今回のおやつはBABON

今回のおやつは、イトーヨーカドーの隣にある黄色い屋根のケーキ屋さん「BABON」で購入。

本当は生ケーキを食べたいところですが、当日購入が時間的に厳しいのと、来場人数が読めないので、どうしても焼き菓子になります。

今回選んだのはこれ。

ムラング・ココというメレンゲ菓子です。プレーンな白と、フランボワーズが入ったピンクがあります。

この大きさで1個60円、しかもなかなかのボリューム感。そして、個包装。見栄えもするので、人数が多いところへのお土産や、予算が少ない時は最適なお菓子だと思いました!

来訪者の方の評判も良かったです♪

午前中はのんびりと打合せ

今回は今までで一番たくさんの方に来訪いただいたのですが、午前中はお客様が少なかったので、比較的のんびりしていました。

それで、ロコっちのパンフレットの打合せをみっちりすることができました。他の来訪者の意見も伺うことができたのはとてもよかったです。

ちなみにパンフレットの制作をお願いしているメディアクレストの松本さんは、デザインをするだけではなく、訴求の仕方やキャッチフレーズまで考えてくださるので、とてもありがたいです。

お昼は黒龍でデリバリー

昼食は、たまプラーザ中央商店街にある黒龍にデリバリーをお願いすることにしました。1人1,000円出して、4,000円予算で四川風麻婆豆腐、レバニラ炒め、炒飯、エビチリ焼きそば、春巻2本を注文。

本格中華がデリバリーで食べられるというのは嬉しいですね!

掲示板を設置

午後からは、当日2階で打合せしていたたまプラハロウィン実行委員会のメンバーや、横浜GENKIチャンネルを運営する方々など、多くの方にご来訪いただきました。

そこで、今回設置してみたのがこれ。

来場者やロコっちの読者の方に告知したいことを、ホワイトボードに書いていただくことにしました。

これにより、私もみなさんのニーズが把握できますし、私の方もみなさんに聞こうと思っていたことを忘れずにすみました。今後、もっと活用していこうと思います。

アクセサリー相談会も大好評

sparkle0519によるアクセサリー相談会も、賑わっていました。それが目的で来ていなくても、やはり華やかに並べられたアクセサリーはみんな気になります。リメイクの相談をしたり、その場で作ってもらったり、みなさん楽しんでいました。

私もネックレスを作ってもらったのですが、チェーンの長さを自分が求めるサイズにしてくれたり、その場で材料を選べたりして、カスタムメイドの良さを実感しました!

また、ハンドメイド作家同士のつながりで、他の作家さんもいらしていました。

スペインタイルの「La Marina」の作品を見せていただきましたが、この素敵な風合いの箸置きや、ケース。ギフトにもよさそうですね!

第3回を終えて

今回は、初めてロコっちメンバー以外の人が常駐したのですが、お互いの知人同士の交流が生まれたり、ロコっちだけではできない体験を提供できたりして、とてもよかったと思います。

たまプラの貸切パーティーの場所の相談に乗ったり、動画制作や事業計画のアドバイスをしたりと、ロコっちの持つリソースをフル活用できるようにもなってきたのもよかったです。

家守プロジェクトとしては、一旦終了しますが、このイベント自体は好評なので、できれば11月以降も続けて行きたいと考えています。また詳細が決まりましたら告知させていただきます。