• 投稿日2018.6.26
  • 更新日2021.12.6

【閉店】たまプラーザ ランチレポ⑫ ラ・ファヴォリータ

2018年6月20日に新百合ヶ丘から移転オープンしたイタリアンレストラン「La Favorita(ラ・ファヴォリータ)」。素材にとことんこだわると評判のお店のランチをレポートします。

外観

たまプラーザ駅南口、くら寿司の角を曲がってしばらく行ったところにお店があります。同じビルの屋上にある保育園の遊具が目印です。大きな看板がないので、少しわかりづらいかもしれません。

内装

店内は従来のイタリアンとはエキゾチックな内装です。オープン直後でまだ完成していない部分があり、これからまだ進化するとか。

手前は、マンドリル(?)が印象的なジャングルを思わせる壁紙。

奥は、バロック調の硬派な壁紙です。どこのテーブルかによって気分も変わりそうです!

メニュー

ランチメニューは4種類。
・Aランチ(前菜+パスタ) ¥1,650
・Bランチ(前菜+メイン+パン) ¥2,000
・Cランチ(前菜+パスタ+メイン+パン) ¥2,750
・シェフのおまかせスペシャルコース(前菜+パスタ+メイン+パン+ドルチェ+カフェ)¥4,900 ※予約制

パスタは下記5種類の中から選べて、大盛りも可能です。こちらは初夏のメニューなので、季節ごとに旬のパスタが食べられると思われます。メインも肉と魚から選びます。

・桜海老と旬野菜のペペロンチーノ スパゲッティ
・釜揚げしらすとアンチョビ、春キャベツのスパゲッティ
・薩摩地鶏と旬野菜の香草トマトソース スパゲッティ
・ホタテと旬野菜のバジルクリームソース スパゲッティ
・本日の限定パスタ

パスタ1種類とメインの肉および魚はその日によって違います。ドルチェも定番と日替わりがあります。

実食

今回は、AランチとBランチを注文しました!

まずは前菜。宮内庁御用達のトウモロコシを使った冷製のスープ、かぼちゃのロースト、紫キャベツのピクルスのサーモン巻き、ハム、桜海老とズッキーニのフリッタータの盛合せでした。

トウモロコシはすごくシャキシャキして歯ごたえがあって、とても甘い!かぼちゃもとても甘くて、バルサミコとの相性がばっちりでした!

5点盛り、どれも美味しく、2皿目への期待が高まりました!

Bランチで選択したのは、肉料理、大山地鶏胸肉のスカロッピーネ 5種キノコのフリカッセです。

スカロッピーネとは肉の薄切りのことです。胸肉というと、ちょっとパサパサした印象がありますが、非常に柔らかく、クリームソースとマッチしてジューシーでした。キノコのうま味も半端なく、美味しかったです!

Aランチのパスタは、日替わりの焼ナスと和牛のラグーソーススパゲッティ

とっても柔らかいお肉とトマトのしっかりとしたソースが絡み合ってとても美味!

ちなみにこちらは同行者がいただいたホタテと旬野菜のバジルクリームソースです。

調子にのってドルチェも頼みました!日替わりのキャラメルムーズ 5種ナッツのアクセントと自家製キャラメルソース。

ムースが驚くほどふわふわ!そして、キャラメルソースの苦さが甘さを引き立てて、大人には嬉しい味でした!

こちらは濃厚チョコレートのタルト バニラジェラート添え。ザッハトルテのように、ガトーショコラがチョコレートでくるまれていました。

子連れはOK?

どちらかというと大人だけで行く雰囲気の店ではありますが、伺ったところ、ランチタイムであれば未就学児もOKとのことでした。子連れの際は、雰囲気を崩さないよう、気を付けたいですね。

ランチ概要

店舗名:La Favorita(ラ・ファヴォリータ)
住所: 横浜市青葉区新石川2-3-15ディアコートサウス102(たまプラーザ駅徒歩2分)
電話番号:045-530-9833
ランチタイム:11:30~14:45(LO 14:00)
定休日:水曜日
予約:可能