• 投稿日2019.4.8
  • 更新日2021.12.14

たまプラーザランチレポ その㉜ 2019年3月オープンのイタリアン、Osteria RIMA

2019年3月に美しが丘4丁目に新しくオープンした「Osteria RIMA」。本格的なイタリアンが楽しめるアットホームなお店です。今回はその素敵なランチコースをレポートします。

外観

Osteria RIMAはイトーヨーカドーのある駅前通りをまっすぐ上って、ファミリーマートのある山内中学校北側交差点を左折、ビクトリアゴルフの前を通過して少し右に入ったところにあります。

大通りに面していないので、少しわかりづらいですが、青い屋根とイタリアの旗が目印です。もともとは、オーガニックカフェ カシェットがあったところ、というとわかる方もいらっしゃるかもしれませんね。

内観

カウンターとテーブルあわせて17席。木を基調とした落ち着く空間です。

メニュー

ランチコースは全部で4種類。サラダ、パスタ、コーヒーor紅茶、自家製をフォカッチャのPranzo Aをベースに前菜3種盛りがついたPranzo B、さらにメインを加えたPranzoC,
そしてお任せフルコースのPranzo RIMAです。

+200円で自家製手打ちパスタに変更が可能です。また、デザートは別料金+500円なのでご注意ください。

実食

私は、イタリアンの魅力の一つは、いろいろな味が一皿で味わえる前菜だと思っているので、今回はPranzoBにしました。

まずはサラダ。サラダというと、ほとんどの人が葉物を想像すると思いますが、こちらでは人参のサラダでした!

ほどよい酸味と甘さ、そして歯ごたえで、こういったサラダもいいな、と思いました。

自家製のフォカッチャとクルミパン。アツアツが嬉しいです♪

前菜の3種盛り。アワビ茸の入ったフリッタータ(左下)と、ヴェネチアの郷土料理 バッカラ・マンテカート(右)、フィレンツェの郷土料理 リボリータ(上・豆やパンのお粥)です。

どれも美味しかったですが、特にお気に入りだったのはバッカラ・マンテカート。バッカラとは鱈のことですが、しっかりとしたお魚の味とパンの組み合わせがとてもよく、いくらでも食べたくなる味わいでした!

パスタはパンチェッタと三浦産春キャベツのクリームソースを選びました。ランクアップして手打ちパスタです。

こちらはまずキャベツの甘さが半端ない!そして、パスタもモチモチで、クリームソースとの相性が抜群でした。比べたわけではありませんが、+200円の価値はありそうです。

そして、同行者がオーダーしたメカジキとケッパーのスパゲッティ オレガノの香り。

オイルベースのシンプルなパスタですが、カジキの旨みがあって美味しかったです。カジキの影響か、なんとなく和風にも感じられました。

最後は、デザート。ピスタチオのジェラートとチョコレートのムースの盛合せ、です。

写真だとあまりわからないのですが、実はナッツがすごく利いていて、ピスタチオのジェラートとの組み合わせがとてもよかったです。

子供はOK?

アットホームな雰囲気ではありますが、オステリアなので、子連れで来るのはあまり好ましくないと思います。ランチコースを落ち着いてきちんと食べきれる年齢になってから、が無難ではないでしょうか。