• 投稿日2018.10.28
  • 更新日2021.12.7

長崎ちゃんぽん 龍鳳(ロンホー)~第9回ちょい呑みフェス初参加店インタビュー

2018年2月にオープンした「長崎ちゃんぽん 龍鳳(ロンホー)」。美しが丘1丁目、あざみ野へと続く欅並木沿い、野村證券の向かいにお店があります。もともと、中華料理のお店だったので、お店が変わったことに気づいていない方も多いのではないでしょうか。

今回ちょい呑みフェスティバルにも初参加、ということで、オーナー兼料理長の齊藤和男さんにお話を伺いました。

この場所にお店をオープンした経緯を教えてください

もともと、あざみ野駅前のみずほ銀行が入っているビルで中華料理屋をやっていたのですが、出なくてはいけなくなってしまったタイミングで、こちらに移転しました。

実は、もともと同じ場所で約15年前まで中華料理屋をやっていたのですが、その後教え子に引き継いでいたのです。でも、彼が2年ほど前に亡くなってしまったこともあり、今回またこの場所で営業することになりました。

15年ぶりに戻ってきて、人の流れが全く違ってしまったことにびっくりしました。当時はまだたまプラーザテラスがなくて、店舗はもっといっぱいありましたね。人の流れが5分の1程度になった印象です。


龍鳳の店内。テーブル席とカウンター席の両方がある。

もともとはちゃんぽんというより中華料理の料理人なのですか?

そうです。長崎出身でもないですしね(笑)

知人に長崎出身のちゃんぽんの料理人の方がいて、その方が、教え子がいないということだったので、代わりに技術を伝授いただいたのをきっかけに始めました。ラーメンや中華料理と比べてちゃんぽんは知名度が低いのがネックですね。みなさんリンガーハットしかしらないですから(笑)

でも、以前は、溝の口と新丸子でもちゃんぽんの専門店を開いていましたが、その時は立地も手伝って大行列でした。ですので、たまプラでもみなさんに店の存在を知っていただき、一度来ていただけると良さがわかっていただけるのではと思っています。

ちゃんぽんはラーメンと比較されて高いと言われがちなのですが、海老、ほたて、いか、豚肉と具材がたくさん入っているので、実はお得なんですよ。

ちょい呑みフェスティバルに参加するのも、地域の方に知っていただくためですか?

そうです。通常880円で出しているちゃんぽん1人前を飲み物つきで食べられるので、かなりお得です!

また、それ以外にも牛の胃袋と豚の耳をポテトフライつきでご用意しています。しっかり圧力釜で煮込んでいて、スープもとても美味しいです。両方ともあざみ野の時からの人気メニューです。ぜひちゃんぽんと合わせて味わっていただきたいですね。


中華の料理人として多くの実績を持つオーナー兼料理長の齊藤和男さん。