• 投稿日2020.5.10
  • 更新日2021.12.6

第1回たまプラ民アンケート結果発表その3~自粛中の楽しみ

たまプラ民アンケート略して「たまアン」。たまプラーザ周辺で生活する方々の日々の過ごし方や、おすすめ情報などの調査などを行うことで、読者の皆様にとってより有益な情報提供に活かしていきたいと思います。

この記事は、第1回アンケート「外出自粛中、たまプラのみんなは、どう過ごしている!?」の結果発表最終回。今回のテーマは「自粛中の楽しみ」です。


  • 第1回たまプラ民アンケート結果発表その2~コロナ対策

    第1回たまプラ民アンケート結果発表その2~コロナ対策

    たまプラ民アンケート略して「たまアン」。たまプラーザ周辺で生活する方々の日々の過ごし方や、おすすめ情報などの調査などを行うことで、読者の皆様にとってより有益な情報提供に活かしていきたいと思います。この

  • 多くの人が自粛にメリットも感じる

    自粛生活でよかったことに関する質問では、「良かった事はない」と答えた方が28%でした。平穏な日常の生活の中に急にやってきた「コロナ」に、生活を乱されて、大変なことはとても多いと思います。

    しかしその反面、良かった点もたくさんありました。一番多かったのは、「家族との時間が増えた」でした。テレワークや休校などの影響で、家族が家にいる時間が増えており、それを大切に感じている人が多いことがわかりました。

    次に多かったのは、家にいる時間が増えたためか、「家が片付いた、キレイになった」です。普段できないところの掃除や片付けもはかどったようですね。その影響で、ゴミの量が増えたり、銀行が不要不急の用事で混雑したり、という状況もあるようです。そのあたりも配慮しながらお片付けを勧めたいですね。

    リラックス時間、趣味の時間、勉強の時間などが増えたという方も多く、今まで日々忙しい時間を過ごしていたという事が背景にあるのがうかがえました。

    その他の中には睡眠時間が増えたという方や、自粛がきっかけで仕事にもいい方向に転換できたという方もいました。

    ネット関連や料理がマイブームに!

    マイブームの調査では、いろいろな意見が飛び出しました!無理やりカテゴリ分けしてみました。

    1位 インターネット関連
    一番多かったのは、インターネットネット関連。YouTubeや、HuluやNetflix動画配信サービスで好きなドラマや映画を楽しんでいる方が目立ちました。SNS、ネットショッピング、ZOOMでオンライン飲み会、オンラインゲームなど、インターネットがあるおかげで自粛生活を乗り切れているという方は非常に多いようです。中には疎遠になっている友人と会話するきっかけになったという方もいました。

    2位 料理
    次に多かったのは料理。家にいる時間が長いと、食事も作る回数は多くなってきますよね。そうしたことからか、おいしくそして普段ではできない料理に挑戦する方も多いようです。パン作りやホットケーキなども挑戦する方が多いのかスーパーでもなかなか材料が手に入りにくい状況になっていますね。出来立てのパンは格別のようです!

    3位 子供と過ごす
    子育て世代では、子供との時間も大事にされているように感じました。通常子どもは習い事や塾、親も仕事や家事などでお互いに忙しく、1日が「あっという間」という日常を過ごしています。それがこの機会に親子でリラックスしたり、塗り絵や相撲などで一緒に楽しく遊んだり、子供と真剣に向き合うことができたりと、前向きになれるいい時間になっているようです。

    その他、筋トレやセルフマッサージなどの健康や身体づくりを意識したものも多かったです。

    そしてバリエーションが多かったのが楽器や園芸、手芸、アート、DIYなどの趣味関連。変わったところでは、ジャグリング、いつか行く海外旅行のプランを立てる、地方競馬なんてものもありました。みなさん、遠ざかっていたものを呼び起こしたり、新しい趣味を見つけたりして熱中しているようです。

    自粛中も、みなさん楽しみを見つけたり、見直したりと上手に時間を使っていることが分かりました。この時間を大切にこれからの生活も楽しみたいものですね。

    ロコっちへのご意見も多数!

    ロコっちへのご意見もたくさんいただきました。本当にありがとうございます。

    情報の要望が多かったのは「テイクアウト」「グルメ」「開閉店」「公園」「感染防止グッズ」などでした。

    また、自身の活動を紹介してほしい、交流の機会を作ってほしい、コロナ感染防止の行動について啓蒙してほしいなど様々なご意見をいただきました。応援メッセージもたくさんいただき、感無量です。

    リソースが限られているので、すべてのことが実現できるわけではありませんが、今回いただいた情報をもとに、できる限り皆様のジモト生活が豊かになるような取組と情報提供を行っていければと思います。

    今回ご回答いただいた皆様、本当にありがとうございました。
    引き続き、「たまアン」および「ロコっち たまプラーザ」をよろしくお願いいたします。