• 投稿日2019.4.6
  • 更新日2021.12.6

春の植物を楽しむ~宮前美しの森公園

4月になってまだ寒さを感じる日もありますが、たまプラーザ周辺も草花や樹木の芽吹きが観られるようになり、春の訪れを感じる季節になりましたね。

この時期のお花見といえば、みなさんご存知の有名な桜「ソメイヨシノ」。皆様それぞれの場所でお花見を楽しまれたと思いますが、実はこれから見頃を迎える桜もあるのをご存知でしょうか?

桜だけでなくこれからの季節、草花、樹木を観察するとワクワクするような植物たちに
出会える、おすすめの場所をご紹介させて頂きます。

ソメイヨシノの次はシダレザクラ!

訪れたのは、たまプラーザ駅から徒歩13分ほどの住宅地の中にある 宮前美しの森公園。

この公園では4種類の桜を観ることが出来ます。2019年4月3日現在、ソメイヨシノはほぼ満開でしたが、綺麗なピンク色のシダレザクラ「ヤエベニシダレ」はまだ2分咲きぐらい。

シダレザクラなので、風情があって見応えありますよ、お花見を逃した方はおススメです!

スミレも見頃

公園の奥の階段を降りて行くと、大きな柳と小川が流れる場所があります。

ここでは春といえばこの草花、私も大好きなスミレの群生を見つけました!ちょうど今が見頃、2箇所あるので是非見つけてみてください。

小川の周辺では日陰で咲く「シャガ」や黄色が鮮やかな「ヤマブキ」。池の周りで網を持った少年たちが遊んでいたり鴨がのんびり泳いでいたり。里山のような風景を観る事が出来ました。

愛護会の方が自然を守っている

帰り際に見つけた物置に貼ってあった手書きのポスター。定期的に愛護会の方達が公園のお世話をしているようです。地域の方達の公園への暖かい気持ちが伝わってきます。

そしてもう一つ、桜に囲まれた中に真っ直ぐ立つケヤキを発見。

新芽が出始めていました、この立ち姿とってもかっこいいです!樹木が落とす影のシルエットを見るのもなかなかいいですよ。オススメです。

最後に

今回このタイミングで公園を訪れることが出来た事で、思った以上にたくさんの植物たちの生長を観察することが出来ました。草花、樹木が大好きな私は大満足でした!

皆さんも是非一度、訪れてみてはいかがでしょうか?

関連タグ