センター南 がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

センター南 がもっと好きになる発見サイト

病気の子どもたちにメディカル・ウィッグをプレゼント。 センター南でヘアドネーション。

ヘアドネーションという言葉をご存知ですか? 実は、31センチ以上の長さの髪を、寄付することができます。寄付した髪はメディカル・ウィッグ(かつら)の材料として使用され、頭髪に悩みを抱える18歳以下の子どもたちに完全無償で提供されます。 3年間髪を伸ばし、やっと31センチ以上伸びたので、さっそく髪の毛を寄付してきました。 とても良い取り組みなので、他の方にもぜひ知っていただきたく、ご紹介いたします。
センター南でヘアドネーション
どれぐらい伸ばせばいいの?
切る前の状態です。腰に届くぐらいの長さです。 この程度の長さがあれば、髪の毛を寄付出来ます。 カラー、パーマ、ブリーチヘア、白髪でも大丈夫です。美容師さんにお伺いしたところ、多少髪が傷んでいても大丈夫とのことです。ヘアドネーションの話しをすると、「髪が傷んでいるからきっと寄付出来ない」と心配なさる方がいらっしゃいますが、それほど気にしなくても良いようです。 大人でも子どもでも、男性でも女性でも寄付できます。
どこでできるの?
ヘアドネーションに賛同しているサロンに行くことで、髪の毛を寄付出来ますが、通いなれたサロンでもヘアドネーションの手順に沿って切ってもらえることもあるので、いつものサロンを希望する場合は相談してみてください。必ずしも引き受けてもらえるとは限りませんが、大抵のサロンでは協力してもらえると思います。 公式サイトで近所の賛同サロンを探すか、「ヘアドネーションの方法」をダウンロードできるので、プリントアウトして美容師さんに確認してもらってください。
どこで切ったの?
今回、私はセンター南の美容院「imatesora」さんにお願いしました。3年前にもこちらでヘアドネーションさせていただいたので、2度目です。その頃は港北ニュータウンでヘアドネーションに賛同していたサロンは一軒のみだった記憶があります。賛同サロンを検索してみたら、今は都筑区に7店舗あるようです。センター南駅周辺に限っても3店舗もあります。 世の中に徐々に認知されてきているということでしょうか。良い活動が広がっているのは嬉しいですね。
半数は子ども
ヘアドネーションに参加する人数も増えているようで、3年前は「今月で3人目です」とお聞きしましたが、今は一ヶ月に20~30人は髪の毛を寄付してくれるそうです。 しかも、半分ぐらいは子どもで、自分の意志でヘアドネーションしてくれるそうです! 日本の未来は明るいなと、嬉しいような、頼もしいような気持ちになりました。 また、大半が女性ですが、一年間に数人程度ですが、男性でもヘアドネーションのために髪を伸ばし、参加してくれる方もいるそうです。
手順
髪を小さい束に分けて、ゴムで結びます。 湿り気は厳禁なので、シャンプーの前にざっくり切ります。 髪の毛の束です。 こうしてみると、少なく感じますね。 一つのかつらを作るのに、約20人~30人分の髪の毛が必要とのことですが、分かる気がします。 発送する際も濡れないように配慮が必要で、「imatesora」さんでは発送まで行ってくれるので助かります。行きつけのサロンで切ってもらった場合は、発送作業は自分で行うことになるので、取り扱いには気を付けましょう。少しでも湿ってしまうと、雑菌が繁殖したりカビが生え、素材として使えなくなってしまうそうです。 ざっくり切った後、こちらの素敵なシャンプー台で、シャンプーしていただきました。 そして、髪を整えていただき、終了です! こんなにお洒落に仕上げていただき、満足です。さすが、ショートカットが得意とおっしゃるだけのことはあります。お手入れが楽なのも嬉しいです。 どうもありがとうございました。すっきりしました!
素敵な絵が飾られています
作家 宮山ヒロ 作家 朝倉真理 作家 オオコシチカ 作家 TOMIYOSHI 店内には、さまざまな素敵な作品が飾られていました。 創作活動を行う方々の発表の場になればと、知人を通して知り合った芸術家の方々をサポートする一環で、お店に飾っているそうです。過去には店舗の定休日に個展も開催しています。 「自分のできる範囲で、誰かの助けになりたい」という、店長の葛西さんの優しい人柄が伝わってきます。
ヘアドネーションを始めた理由
店長の葛西さんにお伺いしたところ、「寄付したい、という人の気持ちを大切にしたい」「無理のない範囲で、誰かの役に立ちたい」という想いで始めたそうです。自然体で行うからこそ、長く活動を続けることができたんですね。 私もまた髪を伸ばし、3年後ぐらいに寄付する予定です。人によると思いますが、私は再度寄付できる長さになるまで、髪が伸びるのに3年ぐらいかかりました。 ロングヘアからショートヘアに変えようと検討中でしたら、子どもたちのために、髪の毛を寄付してみませんか? 美容院「imatesora」でヘアドネーションしたい方は、ホットペッパービューティーにて、申し込み可能です。

Organization

Reporter

  • いっちー(市川)

    いっちー(市川)

    センター南近郊(仲町台より)在住。3歳男児の母。 地域のステキな情報をお伝えようと、「ロコっち」のレポーターに。 AsMamaのママサポとしても活動中。子育てを支援したいし、されたいと思っている。

News

センター南がもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち センター南では、毎週センター南の情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、センター南の様々な情報を配信していきます。
きっと、センター南がもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>