• 投稿日2021.9.2
  • 更新日2021.12.4

センター南でテイクアウトを楽しもう⑧お家で極上ばらちらし!「うえさわ」

かねてから評判を聞いていたセンター南のお鮨さん「うえさわ」。ランチでコスパがいい! と噂の「極上ばらちらし」をテイクアウトしました。

本格的なお鮨屋さんだけど家族連れにも優しいお店

センター南駅から徒歩3分ほど、みらい歩道橋側の区役所通りに面したお店です。

かつてこの場所にあった「石花海(せのみ)」の店長だった上澤さんが独立し「うえさわ」として2016年にリニューアルオープンしました。


店内は、10席のカウンターと最大5名収容可能な個室があります。
個室を利用できるのは、小さな子ども連れの家族にとっても嬉しいですね。

コロナ禍以降、テーブル席は稼働しておらず、カウンターの席も間引いてお客様をご案内しているそうです。

店内でいただけるランチ「極上ばらちらし」は、サラダ、お椀、巻物一種、デザート付きで1,650円(税込)です。

海鮮たっぷりの「極上ばらちらし」テイクアウト版

ランチで提供されている、ばらちらしと同じものをテイクアウトでいただくことができます。(サラダやお椀、巻物、デザートは付きません)
テイクアウトは要予約。受け取りは12:00からとなります。


一見、曲げわっぱのような高級感のある紙の容器。
テイクアウトでありながら、宝石箱を開けるようなワクワク感を演出してくれます。

たっぷりのガリが別容器に入っていました。

醤油、割り箸、お手拭きがセットになっているので、そのままアウトドアでもいただく事ができます。

容器が濡れないよう、保冷剤がしっかりペーパーで包まれていたところにも、細やかな心遣いが感じられました。


「極上ばらちらし」
テイクアウト1人前 1,296円(税込)

輝かしいばかりの海鮮のオンパレード!
ズワイガニ、ホタテ、イクラ、トビッ子。そして玉子ときゅうりが入っています。


濃厚でとろけるようなホタテには個人的にMVPを差し上げたい。

赤酢を使用したシャリはほんのり紅色で、酸味がまろやかです。
このシャリとネタの間に極細の針海苔があるのが江戸前ならでは。針海苔は名脇役といえますね!


新生姜のガリは、爽やかでパンチの効いた一品。これだけでも日本酒がいけそう…。

「いつかカウンターでお酒と共に握りも味わってみたい」そう思わせてくれる極上ばらちらしでした。

※2021年9月1日現在、時短営業中。11:30~20:00営業。
お酒の提供は終日停止されています。

店舗情報

店名:うえさわ

住所:神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央42-13

営業時間:
11:30-14:00 ランチ
17:00-23:00 ディナー
※営業時間はご確認ください。

定休日:水曜

電話番号:045-942-5353

うえさわ公式HP:http://senomi.jp/

2021年7月には、デリバリー・テイクアウト専門とした姉妹店「鮨 上澤」が北山田にオープン。
Instagramはこちら

センター南のテイクアウト

センター南のテイクアウト一覧はこちら。