• 投稿日2020.8.1
  • 更新日2021.12.10

木の香りを感じながら中国茶をいただく贅沢な時間「甘香茶屋」

センター南駅から早渕川沿いを15分ほど歩いたところにある、中国茶紅茶専門店「甘香茶屋(もかちゃや)」を紹介します。

※7月の段階ではコロナによる感染予防のため完全予約制となっています。
>>予約方法はHP参照

中国茶紅茶専門店「甘香茶屋(もかちゃや)」

どこにあるの?

センター南駅を出て、センター北駅方面に向かってみなきたウォークを歩いて行きます。

早渕川が見えてきたら橋を渡り、右に曲がってそのまま遊歩道を道なりに歩いていきます。 

ずっとずっとひたすら道なりに歩いていきます。

10分ほど歩いていくと水色の橋が見えてきます。(左手にすぎのもりぶんこが見えます)

橋まで行き左に曲がるとバス通りに出ます。
この道の右側の歩道をまっすぐ歩いて行きます。

「タカラ」の看板の建物です。

「甘香茶屋」に到着です!
(住所:横浜市都筑区大棚町432-5>>MAP

店内の様子は?

テーブルが3つ、座席は6席の小さな茶屋です。

お茶の道具が飾ってありました。

店内にあるテーブル、イス、照明、本棚などは建築業を営んでいる店主のご主人様の手作りです。照明、ステキですね。(^^)


 

売っているお菓子はすべて店主の手作りです。

初めての中国茶体験

まず初めに冷たい中国茶をいただきました。
「鳳凰単叢蜜蘭香」という烏龍茶で、香りがよくほのかにライチのような味がしました。

 

メニューは中国茶、紅茶、緑茶、チャイの他自家製ジュースもありました。すべてに手作りのお茶菓子付きです。

「茉莉花茶(ジャスミンティー)」を注文してみました。

運ばれてきたジャスミンティー…あれ? お茶はどこ?

手品のようですが、湯飲み(茶杯)に被せるような食器(聞香杯[もんこうはい])の中からお茶が出現!
初めに聞香杯についたお茶の香りを楽しみます。

ジャスミンのいい香りがしました。

左側の茶色の急須(茶壺)にはジャスミン茶の葉が入っています。
ジャスミンの香りと上品なお茶の味に心が癒されていきます。

手作りのお茶菓子は「レアチーズムース」に、ルバーブジャムが添えてありました。

ルバーブって初めて食べたのですが、ラズベリーのような味がしてムースにとてもよくマッチしていました。ムースの他にも日替わりで、手作りスコーンなどのお茶菓子が選べます。

木の香りとクラシック音楽が流れる空間で中国茶をいただく。
とても贅沢な時間でした。

駅からは少し歩きますが是非足を運んでみてください!

すっかりルバーブが気に入ってしまったので、お土産に手作りのルバーブジャムとルバーブのパウンドケーキを買って帰りました。

オリジナルブレンド

今はコロナによる感染予防のため中止していますが、好きなお茶の葉をブレンドして、自分だけのオリジナルブレンドを作ることもできます。
オリジナルブレンドのお茶はお持ち帰りいただけます。
またレシピを作成していただくと、こちらの茶屋でいつでもオリジナルブレンドのお茶をお出しすることができるそうです。再開した時には是非、自分専用のお茶を作ってみたいですね。

関連タグ