• 投稿日2022.6.26
  • 更新日2022.6.30

毎週水曜営業の「心のつながりカフェ YOKOHAMA NORTH STATION」でほっと一息。

人との繋がりをつくれて、ほっとできる癒しのカフェ「心のつながりカフェ YOKOHAMA NORTH STATION」を紹介します。センター北駅近く、週1回水曜日に営業しています。

「まち姉さん」の愛称で親しまれている町頭尚美さんが毎週水曜日、都筑亭さんの定休日にスペースを借りて「心のつながりカフェ YOKOHAMA NORTH STATION」を営業しています。どのような想いでカフェを始めたのかなど、お伺いさせていただきました。

どこにあるの?

センター北駅が最寄り駅になります。改札口をでてエスカレーターで、駅1階までおります。駅構内を出てすぐ左に曲がり、道を渡ります。ノースポートモールの手前に「横浜市 歴史博物館」の青い案内看板があるので、案内通りに右に曲がります。

そのまま1~2分歩くと、「都筑亭」に到着します。

普段は地元で人気のパスタのお店ですが、今日は水曜日なのでカフェとしての営業です。表の立て看板に、「都筑亭は定休日 水曜日はカフェ」と書かれています。

人との繋がりが持てるカフェ

どんなカフェかというと、まち姉さんとお話ししたり、その場で出会ったお客様同士で交流したり、人との繋がりが持てるアットホームなカフェです。

「ちょっと人と話したいときとか、もやもやっとした気持ちを抱えているときとか、ぜひ利用して欲しいです。

気持ちを分かってもらえるだけですっきりしたり、人に話すことで気持ちが整理されることもあると思います。「心のつながりカフェ YOKOHAMA NORTH STATION」に行ったら、あの人(まち姉さん)がいる! と思ってもらえたら嬉しいです。

多世代の方に利用していただいていて、先日は赤ちゃんを連れたママさんがいらっしゃって、ほかの年配のお客様に可愛がられていました。親子向けのサークルなどの活動も、コロナ禍のなかで控えめになり、子連れでほっとできる場所、気軽に人と触れ合える場所を求めている方も多いかと思います。小さいお子さんも大歓迎ですので、親子でぜひ気兼ねなく遊びに来てください」

福祉事業所のお菓子も販売

福祉事業施設の焼菓子を取り扱っている「つきあかり」さんから仕入れたお菓子の販売も行われていました。買ったお菓子はその場で、ドリンクを飲みながらいただくこともできます。もちろん、お土産に買って帰るのもOKです。

「購入することで福祉事業を応援できるだけではなく、市販のお菓子よりもくどくなくて美味しいですよ」

カウンターにお菓子が並べられていて、選んで購入できます。今日は人間用のみならず、ワンちゃん用のおやつもありました。

店内はこんな感じ。木のテーブルと椅子です。落ち着いた雰囲気です。

ドリンクメニューはこちらです。

コーヒー、紅茶は税込250円と、リーズナブルです。これぐらいの価格帯なら、ちょっと一息つきたいときに気楽に寄れますね。気遣いを感じます。

子どものおやつ用に、買って帰ることにしました。甘さ控えめなので、子どもにも食べさせやすいです。

NPO法人ぷかぷか おかし工房にじいろ(クッキー3種類)
NPO法人カプカプ カプカプ竹山(パウンドケーキ プレーン)
◆NPO法人ごぼうハウス(抹茶ケーキ)
NPO法人ごぼうハウスの紹介記事はこちら。

素敵なカップでコーヒーが飲める!?

素敵なカップがたくさん並んでいるなと思ったら、「里帰りアールデ
コのカップで珈琲を楽しめるイベントも不定期で開催しています。500円お替り自由」とのことです。

カップはお客様からお借りしたそうで、美しいカップを他の方に楽しんでいただきたいと貸出してくださった方の心意気も素晴らしいし、イベントを実施してくださったまち姉さんも素敵です。

お替り自由だから、美しいカップでコーヒーをいただき、優雅な時間を楽しめますね。

ラジオも配信

オープン前に店舗でラジオ配信もしているそうです。

「「stand.fm」アプリを利用して、毎週水曜日の開店前9:40~10:00に生配信しています。カフェのことを話したり、お店に来た方とコラボライブをすることもあります。「お話ししてみる?」「いんですか?」みたいな感じで、活動について話してもらったりしてます。

コメントで交流することもできるので、ラジオ配信を通じて人との繋がりが生まれています」

女性の身体を女性が知る

店内でデリケートゾーン用のソープが販売されていたので、取り扱い始めたきっかけなど伺ってみました。

「yonii(株式会社未来)というデリケートゾーン用の石けんを、代理店として販売していますが、売って利益を得たいというより、実際に自分が使ってみてとても良い商品だったので、女性に身体を労わって欲しいという気持ちで取り扱っています。

ほかには、フェムテックの月経カップも取り扱っています。ゴミが出ないので、SDGsで見直されています。外に漏れないので、ナプキンと比べて匂いも軽減されるというメリットがあります。(月経カップの写真はHPの販売ページでご覧になれます。)

女性の身体に優しい商品の販売をしている以外にも、女性の身体の悩み相談も行っています。女性の身体のメカニズムをお母さん世代が理解し、それをお子さんに伝えていってもらいたいです。

更年期になると、ホルモンバランスが崩れて身体の不調を感じることもでてくるので、辛いなら無理せず病院へ行って欲しいです。立ち眩みや腰痛、疲れやすくなったり、急に身体が熱くなったりと、人によって症状は様々です。生理が終わる前5年間と、終わった後5年間の合わせて10年間は要注意です」

子育て家庭の支援活動も

子育て家庭の支援も行っているそうで、支援活動についても教えていただきました。

「鶴見区の家庭支援センターで働き始めました。

保育士資格を取ったきっかけは、当時勤めていた園長先生からの薦めもありましたが、養護施設や支援センターで働きたかったからです。

念願かなって、今回、友人からの紹介で6月から月に2〜4日で勤務に就けることになり、とても嬉しく思っています。困っている方のサポートをしていきたいです」

感想

私もカフェには何度かお邪魔させていただきましたが、まち姉さんのお人柄を反映して、とっても過ごしやすくリラックスできるカフェです。お話しも聴き上手で、心でもやもやっとしていることを優しく包み込むように聴いてくださり、自分の気持ちが整理されてすっきりします。

とくに悩みがなくても、「誰かとお話ししたいな~。でも待ち合わせまでするのも面倒だし……」「お友だちとお茶したい!」「買い物帰りに休みたい」なんてときも、気軽にふらっと寄れる場所です。ほっと一息つきたくなったときに、立ち寄ってみては。

素敵なカフェを運営するだけではなく、自分の関心のある分野に積極的に関わり、人の心や体を労わる活動を続けるまち姉さんの姿勢は本当に素晴らしいと思います。

まち姉さんの「心のつながりカフェ YOKOHAMA NORTH STATION」に立ち寄り、また癒されたいと思います。

店舗情報

住所:横浜市都筑区中川中央1-23-10-1階

営業日時:毎週水曜日 10:00~17:30

公式HP:https://befield703.com/

関連タグ