• 投稿日2021.4.6
  • 更新日2021.11.1

これからの季節にジェラートはいかが? 新百合ヶ丘初のジェラート専門店「吉田ジェラート」が大人気!

新百合ヶ丘初のジェラート専門店「吉田ジェラート」のオープンから間もなく1年。冬の間はお休みをしていましたが、3月から再オープンし話題を呼んでいます。提供するジェラートは、その日の朝に仕込みをするため早々に売り切れになるものもあり、一度食べるとその味が忘れられずリピートする人が続出。かくいう私も、こちらのお店のファンのひとりです。現在は「いちごソルベ」や「桜ミルク」がメニューに加わったとのことで、春を感じにお店へ。ちなみに「桜ミルク」はそろそろ終了するそうなので、店頭に並ぶかどうかはお店のインスタグラムをチェックするのをオススメします。

吉田ジェラートのInstagramはこちら:@yoshidagelato

新ゆりグリーンタウンの地下街に向かう途中、かわいい看板がお店を道案内 。

昔ながらの商店街の一角に

オシャレなお店がポツンと。

さっぱり系から甘~いお味まで♪

マルシェや地元農家さんから仕入れた新鮮な素材を生かしたシンプルなジェラートや、ちょっと変わった組み合わせも。ミルク系の甘いもの以外にも、さっぱりとしたソルベもあり、世代や性別を選ばないラインナップになっています。

お昼過ぎに行ったのに、すでに「いちごソルベ」は売り切れそうでした。

この日は子どもと3人で訪れたため、ダブルを2つとキッズを1つ注文。写真左からご紹介したいと思います。

左/私がセレクトしたのは、桜ミルクと、いちごソルベ。桜ミルクは、甘くて濃厚なミルクのジェラートと塩漬けの桜の花の香りがスッと鼻を抜ける、春らしい一品。いちごソルベは麻生区の元木農園さんのいちごを使用しており、口に入れた瞬間「まるでいちご!」(子ども談)と言ってしまうほど素材の味が生きています。

真ん中/渋めの味が好みの子ども1(アネ)は、ほうじ茶ラテとマンゴーソルベをセレクト。濃厚なほうじ茶の風味と、さっぱりとしたマンゴーのソルベを美味しそうに味わっていました。

右/“パンといえばミルクフランス”というほどミルク味が好きな子ども2(オトウト)は、吉田ミルクをセレクト。店主さんの名前を掲げているだけあって、スタンダードながらも何度も食べたくなる濃厚な味わいに大満足。

テイクアウトもできます♪

おうちでゆっくり味わいたい方や、お友達へのお土産などにオススメなのが、こちらのカップのジェラート。種類も豊富で全種類買いたくなっちゃいます。

冷たい物が食べたくなる、これからの季節。ぜひフレッシュなジェラートを味わって、お気に入りを見つけてみてください♪

SHOP INFORMATION

吉田ジェラート
住所:神奈川県川崎市麻生区白山4-1-3 新ゆりグリーンプラザ専門店街
営業時間:11:30~18:30(売り切れ次第終了)
定休日:月・火曜(祝日を除く)
公式HP:http://yoshidagelato.com
アクセス:提携駐車場あり/新百合ヶ丘駅(バス)聖マリアンナ医科大学駅行き→日本映画大学下車

関連タグ