たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト

シェアハウス「シェアデザイナーズ・カレッジ・たまプラーザ」に潜入!

先日、シェアハウスに住むデザイナー松本美保さんをご紹介しましたが、その際に彼女が住む「シェアデザイナーズ・カレッジ・たまプラーザ」をご案内いただきましたので、その充実の館内をご紹介します!
外観
「シェアデザイナーズ・カレッジ・たまプラーザ」は、たまプラーザ駅から15分ほど。美しが丘3丁目の住宅街の中にあります。 2階建ての長屋で、全部で61部屋あるようです。 こちらが入口、ドアの横にはデザイナーハウスっぽく、絵が描かれています。
玄関
入口を入ると、側面に靴を入れるようのロッカーがずらりと並んでいます。靴箱の扉は、自由にペイント可能とのこと、みなさんの個性があふれています。
ロビー
ロビーで印象的なのはクラシックなビリヤード台です。 その他、大きなダイニングテーブルもあり、住民たちの交流の場としてはもってこいです。
キッチン
キッチンには時間差で炊けるように(?)、炊飯器が並んでいます。 なんと本格的なピザ窯も。ピザパーティーが行われることもあるそうです。 食材や調味料は各自持ち込み。それぞれの棚があり、そこに保管されています。
フリースペース
フリースペースでは、創作活動をしたり、ヨガをしたりできるそうです。
音楽室
共用施設として、立派な音楽室もあります。ここで、みんなでセッション、なんて楽しそうですね♪ さらに奥には、防音室も。
ランドリー&洗面所
ランドリーと洗面所は各居住スペース入口のオープンスペースにあります。チェックの床がおしゃれです。
居住スペース
壁にはいたるところに絵がかかれています。こちらの創作も自由だそうです。 庭まで長―く続く廊下。端っこの部屋の人は、トイレや洗面所が遠いのが悩みの種だとか。 廊下には自由に荷物が置ける模様。冷蔵庫を置いている人も。 廊下の奥には庭が。自由に作物やお花を育てることも可能です。
取材を終えて
私は、シェアハウスを見学したのは初めてだったのですが、印象としては「自由な寮」という感じでした。厳しいルールには縛られず、共用スペースを利用したり、他人と交流できたりして、しかも安く住むことができる。さらに、このシェアハウスでは表現の場が多くあり、クリエイターの方にはもってこいだと思いました。独身の方は、一度こういう暮らしをしてみるのも刺激的でいいと思います! 家賃などは公式HPでご確認ください。

Organization

Reporter

  • 藤村 希

    藤村 希

    株式会社ロコっち代表取締役/ロコっち たまプラーザ編集長

    ニックネームは「のぞみん」 自分が出産してからジモトで過ごすことが多くなり、ジモトの情報をもっと効率的に入手したい!と思うようになり、ロコっちを立ち上げました。たまプラからスタートし、もっと地域を広げていきたいと思っています。 たまプラーザちょい呑みフェスティバル実行委員、たまプラ一座まちなかパフォーマンスプロジェクト実行委員、よこはまハロウィン実行委員。 中小企業診断士&MBAでもあり、ビジネス相談もお受けしています。

Event

News

Movie

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>