• 投稿日2019.8.27
  • 更新日2021.12.9

【閉店】素材にこだわったベーカリーカフェ~ル・パン・コティディアン

たまプラーザ駅から徒歩5分ほど、たまプラーザ中央商店街にオープンした「ル・パン・コティディアン」。ベルギー生まれのベーカリーカフェです。店名はフランス語で「日々の糧」という意味だそうです。

すでに都内に4店舗(芝公園店、東京ミッドタウン店、東京オペラシティ店、渋谷ヒカリエShinQs店)があり、初の郊外店として2019年5月、たまプラーザ店がオープンしました。


外にはわかりやすくメニューが出ていました。



店内に入ると、すぐ右手前にパンの陳列台があります。一通り食べてみたくなる種類の多さ。パンはオーガニックの小麦粉で作られているのだそうです。ジャムも充実していました。


店内は開放的で、大勢の女性客でにぎわっていました。ナチュラルなテーブルとイスで統一された空間です。


壁にはよく見るとお店の名前が書いてあるボードも飾ってありました。


ランチセットはスープもついていて、見た目以上にボリュームがあります。



ドリンクは珈琲か紅茶かが選べます。こちらはオーガニック珈琲です。


赤ちゃん連れの人と一緒にいきましたが、スタッフさんの対応もよく好印象でした。ナチュラルなインテリアの店内で、おしゃべりが弾みます!

関連タグ