たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト
  • we love tamaplaza project

    we love tamaplaza

  • たまプラーザの商業施設・商店街によるまちづくりプロジェクト
    たまプラーザ周辺の商業施設や商店街により街づくりプロジェクト。桜フェスティバル、サマーフェスティバル、みんなで歌うゴスペルライブなど、主に住民が主役になるイベントを開催している。
名称
we love tamaplaza project
ウェブサイト

http://welovetamaplaza.com/

Articles

  • たまプラーザ 桜まつり2019 キッズレポート⑤ Aobaの唐揚げ

    2019年3月30&31日に美しが丘公園で行われた毎年恒例の桜まつり。 今年は2日ともなんとかお天気も持ち、特に日曜の午後は大盛況でした。このシリーズでは小1男子がいくつかのお店をレポート。 ラスト5店舗目は軽トラ元気市でもおなじみのAoba Plazaの唐揚げです。我が家はここの唐揚げが大好きで、出会ったら必ず買っています!
  • たまプラーザ 桜まつり2019 キッズレポート④Racy's「焼肉タコス」

    2019年3月30&31日に美しが丘公園で行われた毎年恒例の桜まつり。 今年は2日ともなんとかお天気も持ち、特に日曜の午後は大盛況でした。このシリーズでは小1男子がいくつかのお店をレポート。 4店舗目は駅前通り商店会のTEXMEX「Racy's(ラシーズ)」。ランチのハンバーグも評判のお店です。桜まつりのメニューは焼肉タコスでした。
  • たまプラーザ 桜まつり2019 キッズレポート③たまプラ一座「ナチョス」

    2019年3月30&31日に美しが丘公園で行われた毎年恒例の桜まつり。 今年は2日ともなんとかお天気も持ち、特に日曜の午後は大盛況でした。このシリーズでは小1男子がいくつかのお店をレポート。 3店舗目はお隣の3丁目カフェと同じくメキシカンな「たまプラ一座パフォーマンスプロジェクト」。何人もスタッフはいたけれど、質問に答えてくれているお姉さんがお気に入りのようです^^
  • たまプラーザ 桜まつり2019 キッズレポート②3丁目カフェ「タコス&バッファローチキン」

    2019年3月30&31日に美しが丘公園で行われた毎年恒例の桜まつり。 今年は2日ともなんとかお天気も持ち、特に日曜の午後は大盛況でした。このシリーズでは小1男子がいくつかのお店をレポート。 2店舗目は住民にはおなじみのコミュニティカフェ「3丁目カフェ」。タコスとバッファローチキンの試食までさせていただきました!
  • たまプラーザ 桜まつり2019 キッズレポート①さくら工房「丘のよこはま」

    2019年3月30&31日に美しが丘公園で行われた毎年恒例の桜まつり。 今年は2日ともなんとかお天気も持ち、特に日曜の午後は大盛況でした。このシリーズでは小1男子がいくつかのお店をレポート。 まずは横浜北部原産の材料で作られた「丘のよこはま」のシフォンケーキとカレーを販売するさくら工房です。
  • たまプラーザ 桜まつり2019 ダイジェスト

    2019年3月30&31日に美しが丘公園で行われた毎年恒例の桜まつり。 今年は2日ともなんとかお天気も持ち、特に日曜の午後は大盛況でした。美しが丘公園以外に、さんかくBASEおよびCO-NIWAたまプラーザでも連動イベントが行われていました。その模様も合わせてお伝えします!
  • 第9回みんなで歌うゴスペルライブ④ We Wish You A Merry Christmas

    2018年12月23日に美しが丘公園で行われたwe love tamaplaza プロジェクト主催の第8回 みんなで歌うゴスペルライブ。1回目はあいにくの雨の中でしたが、今年は過去最大の約160名以上の方が参加し、多くのギャラリーが駆け付けました。 住民によるゴスペルライブの最後の曲は、誰もが知っている定番曲「We Wish You A Merry Christmas」。しかし、アレンジがきいていて、よく耳にする曲とはちょっと違った雰囲気になっています。
  • 第9回みんなで歌うゴスペルライブ③ Right BY Your Side

    2018年12月23日に美しが丘公園で行われたwe love tamaplaza プロジェクト主催の第8回 みんなで歌うゴスペルライブ。1回目はあいにくの雨の中でしたが、今年は過去最大の約160名以上の方が参加し、多くのギャラリーが駆け付けました。 住民によるゴスペルライブの3曲目は、「Right BY Your Side」。しっとりしたバラード曲です。ここからは毎年ソロボーカルを務めているヴィンセントも参加!
  • 第9回みんなで歌うゴスペルライブ② Do You Know Him

    2018年12月23日に美しが丘公園で行われたwe love tamaplaza プロジェクト主催の第8回 みんなで歌うゴスペルライブ。1回目はあいにくの雨の中でしたが、今年は過去最大の約160名以上の方が参加し、多くのギャラリーが駆け付けました。 住民によるゴスペルライブの2曲目は、「Do You Know Him」。この曲は、9年間の歴史の中で最も難易度が高い&言葉が早いかもしれない曲なんだとか。
  • 第9回みんなで歌うゴスペルライブ① ジングルベル

    2018年12月23日に美しが丘公園で行われたwe love tamaplaza プロジェクト主催の第8回 みんなで歌うゴスペルライブ。1回目はあいにくの雨の中でしたが、今年は過去最大の約160名以上の方が参加し、多くのギャラリーが駆け付けました。 住民によるゴスペルライブの1曲目は、誰もが知っているクリスマスソングの定番「ジングルベル」。伴奏を聴くだけで、クリスマス気分が盛り上がります。この曲は代表者がメインボーカルとして参加しているのも注目です。
  • 第9回みんなで歌うゴスペルライブ ダイジェスト

    2018年12月23日に美しが丘公園で行われたwe love tamaplaza プロジェクト主催の第8回 みんなで歌うゴスペルライブ。1回目はあいにくの雨の中でしたが、今年は過去最大の約160名以上の方が参加し、多くのギャラリーが駆け付けました。 オープニングアクトは、毎年このライブに向けての講師を務めているJennaさんが主宰するゴスペルスクエア。その後、近隣住民によるパフォーマンスが4曲行われました。
  • たまプラーザ 桜まつり2018 レポートその10

    2018年3月31日、4月1日に行われたたまプラーザの春の風物詩 桜まつり。ロコっちでは、横浜市会議員の藤崎浩太郎さんと全店取材を決行しました! その10では、下記の団体を紹介しています。 ・ファニーフェイス ・スパイシーインディア ・東急スポーツシステム ・たまプラーザ商店会 ・小岩井牛乳横浜MC
  • たまプラーザ 桜まつり2018 レポートその9

    2018年3月31日、4月1日に行われたたまプラーザの春の風物詩 桜まつり。ロコっちでは、横浜市会議員の藤崎浩太郎さんと全店取材を決行しました! その9では、下記の団体を紹介しています。 ・茶の葉 ・おのくん ・青葉警察署 ・たまプラ今昔 by ひろたりあん通信 ・小泉農園 ・ピザリーノ
  • たまプラーザ 桜まつり2018 レポートその8

    2018年3月31日、4月1日に行われたたまプラーザの春の風物詩 桜まつり。ロコっちでは、横浜市会議員の藤崎浩太郎さんと全店取材を決行しました! その8では、下記の団体を紹介しています。 ・イトーヨーカドー ・東急百貨店×ニッポンご当地ぐるめ協会(福島、群馬、広島、千葉) ・東急ストア ・サーティーワンアイスクリーム
  • たまプラーザ 桜まつり2018 レポートその7

    2018年3月31日、4月1日に行われたたまプラーザの春の風物詩 桜まつり。ロコっちでは、横浜市会議員の藤崎浩太郎さんと全店取材を決行しました! その7では、下記の団体を紹介しています。 ・劇団そよ風Plus ・ボーイスカウト横浜第103団 ・たまプラーザ駅前通り商店会 ・桜まつり実行委員会本部 ・次世代郊外まちづくり
  • たまプラーザ 桜まつり2018 レポートその6

    2018年3月31日、4月1日に行われたたまプラーザの春の風物詩 桜まつり。ロコっちでは、横浜市会議員の藤崎浩太郎さんと全店取材を決行しました! その5では、下記の団体を紹介しています。 ・前田龍珠園 ・桜基金スタンプラリー ・パリジェンヌ ・雷音 ・アンドロメダエチオピアコーヒー
  • たまプラーザ 桜まつり2018 レポートその4

    2018年3月31日、4月1日に行われたたまプラーザの春の風物詩 桜まつり。ロコっちでは、横浜市会議員の藤崎浩太郎さんと全店取材を決行しました! その3では、下記の団体の他、ひろたりあん通信の宮澤高広さん、衆議院議員のみたに英弘さん、東松島市のおのくん、といろいろな方が登場しています。 ・naomi coffee ・シュタットシンケン ・デリオット
  • たまプラーザ 桜まつり2018 レポートその2

    2018年3月31日、4月1日に行われたたまプラーザの春の風物詩 桜まつり。ロコっちでは、横浜市会議員の藤崎浩太郎さんと全店取材を決行しました! その2では軽トラ元気市でおなじみのお店も登場。下記の団体を紹介しています。 ・ガールスカウト神奈川県第79団 ・ジェイシーエヌ ・安田商店 ・水上水産 ・ジョイ&モニーズ
  • たまプラーザ 桜まつりレポートダイジェスト

    2018年3月31日&4月1日に行われた毎年恒例のたまプラーザ桜まつり。今年はお天気にも恵まれ、大盛況でした! ロコっちでは、横浜市会議員の藤崎浩太郎さんにもご協力いただき、店舗取材を決行。こちらではそのダイジェスト版をお届けします。 ※抽出箇所は自動で選ばれているため、他意はありません
  • たまプラでゴスペル歌ってみた!③本番編

    たまプラでゴスペル歌ってみた!③本番編

    今年で8回目となる「みんなで歌うゴスペルライブ」。毎年募集しているのは知っていて、ずっと気になってはいたけれど、都合が合わず参加できませんでした。今年は会社員ではなくなったため、練習時間に間に合う!ということで、参加してみました。今回はいよいよ12/23の本番の模様をお伝えします。 当日のスケジュールはこちらです。 控室集合(12:30~13:40) 明確な集合時間は決められていなかったのですが、多くの人が12:30の受付開始を目指してきたようです。13:00くらいまでの間は自由時間だったので、記念に指導者のJennaさんと写真を撮ろうと長蛇の列ができていました。せっかくなので、私もこのプロジェクトでお友達になった2人と一緒に撮ってもらいました! その後、事務局から事務連絡。なんと6回の練習にすべて出席した方が表彰されていました!約10名ほどだったと思います。プレゼントをもらっていましたが、後ほど伺ったら、we love tamaplazaの缶バッチだったようで、それをつけて出演されている方もいました! 公園で最後のリハーサル(13:40~14:45) その後、通しで練習して、会場となる美しが丘公園に移動です。ステージのドレスコードは白または黒。白黒の集団が公園に移動する様はかなり異様です。ちなみに、公園にはコートかけがあってコートをかけておくことができました。すばらしく気が利いていますね!荷物は控室に置いておく方、コートと一緒にかけておく方、斜め掛けバッグなどをかけて出演される方、と様々でした。 公園ではレッドカーペットの立派なステージが準備されており、いよいよ最後のリハーサルです。バンドに合わせて入場し、歌もソロをうたうヴィンセントと合わせました。ほぼ本番と同じ流れだったので、通りすがりの方が足を止めて見学していました。 この日はとても気候に恵まれていて、晴天の上に暖かく、コートを脱いで歌うかどうか迷いましたが。コートを着たままだとやはり動きづらかったのと、ステージで照明が私は脱ぐことにしました。 ここで、一旦解散となるのですが、次の集合時間までの時間が約25分ととても中途半端。メンバーとお茶をしようと言っていたのですが、私は家族がすでに公園にいたので一緒にロケットハウスで遊びました。 1st ステージ(15:20~16:00) いよいよ本番です。私たちの前に、Jennaさんのゴスペル教室のゴスペルクワイヤの方のステージが20分ほどありました。その後が、私たちのステージでした。 入場からの流れで聖者の行進、Cry Holy、Moving Forward、How Great is Our Godの4曲にHappy Christmasに節をつけたワークショップを観客と歌い、最後きよしこの夜で締めました。 ステージの様子はほぼノーカットでこちらの動画にありますので、ぜひご覧ください。 ステージではほとんど同じパートの人の声しか聞こえないのですが、動画を見るとちゃんとハーモニーになっていて感動しました!(やはり人数が多いのでソプラノが強い感じはします) またいったん解散となり、この時は家族と公園隣のPeople Wise Caféで過ごしました。他のゴスペルメンバーの方も多くいらっしゃっていました! 2nd ステージ(17:20~18:10) 2回目のステージも同じ段取りでしたが、ゴスペルクワイヤの方は別のグループがステージを行っていました。夜の方がイルミネーションも素敵でゴスペルにマッチしたいいムードが出ますね。 また、2回目は観客参加コーナーがかなり本格的でした。1回目にはなかった発声練習とHappy Christmasのハモリが加わり、かなりワークショップっぽさが増しました。 終了後には全員で記念撮影。私は歌ったのは久々でしたが、とても気持ちよかったです。気になっている方はこれらの記事を参考に、ぜひ次回参加していただきたいと思います!
  • たまプラでゴスペル歌ってみた!②練習・リハーサル編

    たまプラでゴスペル歌ってみた!②練習・リハーサル編

    今年で8回目となる「みんなで歌うゴスペルライブ」。毎年募集しているのは知っていて、ずっと気になってはいたけれど、都合が合わず参加できませんでした。今年は会社員ではなくなったため、練習時間に間に合う!ということで、参加してみました。今回は2回目&3回目の練習とリハーサルの模様をお伝えします。 練習2日目(12/11 16:00~17:00、18:30~19:30) 練習2日目は、前半と後半、両方に参加してみました。初日に1日目に仲良くなった方がいたので、緊張もなくリラックスムードです。 1日目は、最初に説明があったのですが、今回はそれがほぼなく、1時間15分、たっぷり歌いました。前回は3曲それもすべて一部だけでしたが、4曲をフルコーラスでさらって、一応これで全部覚えれば、参加できる、というレベルまで来ました。 参加条件は、6回の練習中3回出ればOKなので、どこかで前半と後半の両方練習に出れば、3日目の練習に出なくてもいいことになっています。しかし、歌の定着度や段取りの把握を考えると、3日目の練習に出ないのはちょっと不安かな、と思いました。 後半の練習に参加したのは、この日初めてでしたが前半とちょっと雰囲気が違いました。具体的には、男性が若干(ほんとに若干。。。)増えるのと、小さい子供たちがいなくなります。少し、オトナの部活感が増しますね。 すごく気が利いていて、素晴らしいな、と思ったのは、前半・後半両方に参加している人のことも考慮して、曲の順番や練習方法を変えて、飽きないようにしてくれているのですよね。Jennaさんは明るくて、チャーミングで、練習時間はとても楽しいです! 後半は前半にはなかった、パートごとに輪になって歌うというのをやったのですが、そうすると同じパートの人の声がよく聞こえて、抜群に歌いやすいのですね。次からパートの境目に陣取るのはやめようと思いました(笑) 前半・後半両方参加すると、復習ができるので、しっかり覚えられるし、自信もついてとてもよかったです。金額は同じなので、たくさん歌う機会を得るためにも、可能であれば両方参加することをお勧めします! 練習3日目(12/18 18:30~19:30) 3日目は仕事で前半に間に合わず、後半の練習に参加。知人が見当たらなかったので、また別の方に話しかけてみました!1年前に転居してきて、その時からこのイベントに目をつけていたそうです。前住んでいた場所でゴスペルサークルにいたとか、運命的ですね! 彼女もそうだったのですが、ゴスペルは楽譜使わないと言っても、音楽が得意な方は、ドレミでメモってました。やはりそれが確実ですもんね。 3日目の練習では、2日目に人とおりさらった4曲の歌の練習に加え、なんと簡単な振り付けが入ってきました!と言ってもちょっと手をあげたり、リズムに合わせて手拍子しながら歩いたりするだけなのですが、ちょっとしたことがむずかしかったりします。その場で足踏みはできても歩くとできなかったり・・・。 この日もみっちり1時間15分練習。実は、最後に観客の方も合わせて「きよしこの夜」を歌うらしいのですが、その練習はできず、リハーサルに持ち越されました。 リハーサル(12/21 18:30~19:30) リハーサルは事務局の方からの本番ステージの説明からスタートしました。床にステージの大きさにテープが貼ってありました。 ステージは2段になっており、ステージ下の地べた部分に1列、1段目に3列、2段目に2列という6列構成でした。ステージに向かって右がソプラノ、左がアルト、真ん中がテナーですが、テナーは人数が少ないので1段目までだけでした。実際に並んでみるとソプラノがアルトよりもだいぶ多いことがわかりました。最後列は全部ソプラノだったと思います。 リハーサルで最も重要なのが位置決めです。特に希望を聞かれるわけではないので、何回も慣れている人はさりげなくいい位置を取りに行きますので、目立つ場所に行きたい初参加の方は要注意です! 私は1段目の2列目でした。背はどちらかというと小さい方ですが、本番動画で見たら結構ばっちり映っていました。 事前アナウンスではリハーサルでは練習はないという話でしたが、実際は4曲通しで歌いました。実際の順番で歌い、振り付けも合わせて、ようやくイメージができてきた感じです。 そして、最後に前回できなかった「きよしこの夜」の楽譜(!)が配られて、簡単に練習しました。英語と日本語両方で歌うのですが、この曲を練習でやるのは本当にさらっとなので、練習だけでは歌詞も覚えらませんでした。意外と日本語の歌詞も知らないものですね。。。
  • たまプラでゴスペル歌ってみた!①応募・初練習編

    たまプラでゴスペル歌ってみた!①応募・初練習編

    今年で8回目となる「みんなで歌うゴスペルライブ」。毎年募集しているのは知っていて、ずっと気になってはいたけれど、都合が合わず参加できませんでした。今年は会社員ではなくなったため、練習時間に間に合う!ということで、参加してみました。まずは応募~1回目の練習のレポートです。 まずは応募 今年の参加者募集は9/1からだったようです。私は、東急ストアのポスターで募集していることに気づきました。毎年、そんなに大々的に募集している印象はないですね。 参加条件は、下記の3点 ・たまプラーザをこよなく愛する人で18歳以上の方 ・本番までの練習(全6回)に3レッスン以上参加できる方 ・12/21のリハーサルに参加できる方 応募条件は満たしているので、参加可能です。応募はwe love tamaplaza プロジェクトのHP(welovetamaplaza.com)から応募することができます。 応募しようかどうか迷っていて、結局応募したのは11/7でした。前回より、美しが丘公園に会場が移り、ステージが大きくなったので参加可能人数が増えたようなのですが、駅前でやっていた頃は数日で締め切られることもあったそうなので、気付いたら早めに応募をお勧めします。 記入するのはパート(ソプラノ、アルト、テナーから選択)、氏名、性別、居住エリアの郵便番号、電話番号、メールアドレス、参加経験。結構あっさりしている印象です。パートは、女性の場合ソプラノかアルトと思いがちですが、テナーでもいいようです。 練習1日目(12/6 16:00~17:00) 練習はたまプラーザテラスゲートプラザ2階にある「プラーザホールbyイッツコム」で行われます。私は初回練習に参加することができました。 まずは受付。初めての時はここでパートと名前を言って参加費の3000円を支払います。 そうすると、ネームカードと歌詞カードがもらえるので、それに名前を書きます。練習の時には毎回この2つを持ってこなければなりません。初参加の私は、うっかりフルネームを書いてしまいましたが、ほとんどの人がニックネームを書いていました。失敗した。。。 練習が始まるまでは、広いホールで椅子を自分で出して座って待ちます。常連さん、またはお友達同士和気あいあいとしている方もいますが、結構お一人で参加している人も多いようです。私も1人も知り合いがいなくて寂しかったので、同じくお一人の方に声をかけて、開始までおしゃべりを楽しみました。こういう場は顔見知りがいると、断然楽しくなります。話しかける勇気!重要ですね~。 初回なので、事務局の方から今後のスケジュールをはじめとするいろいろな連絡事項。今回はDVDの販売や、指導者のJennaさんのスタジオでの特別レッスンもあるとのことでした。また、今回の参加者は150人で過去最大!そのうち約半分が初参加だそうです。 その後、Jennaさんの挨拶があり、いよいよ練習。まずは発声から。学生に戻ったようで、懐かしいですね! 今回歌う歌は、「CRY HOLY」「HOW GREAT IS OUR GOD」「聖者の行進」「MOVING FORWARD」の4曲です。初日は「聖者の行進」以外の3曲の一部をそれぞれ練習しました。 ゴスペルは楽譜を使わないというのが慣習だそうで、音符を見ず、耳で覚えなくてはなりません。しかし、それぞれのパートの音を丁寧にJennaさんが歌とキーボードで解説してくれるのと、録音OKなので解説を録っておけばあとで復習できるので安心です。 久々の合唱に戸惑いながらも、歌うのはとても楽しく、1時間あっという間に、終わりました。 以下、今後みなさんが参加を検討する上で役立ちそうなことをあげておきますね。 ・練習時間は1時間となっていますが、実際は15分ほど延長しました。これは初回に限らずのことだったので、後ろの時間は余裕を持ったスケジューリングをすることをお勧めします。 ・パートはソプラノ・アルト・テナーで、テナーは男性パートと思いがちですが、は女性でも参加可能です。テナーは人数的にも少ないのですが、その分親睦が深まりそうな雰囲気はありました。男性は本当に少なくて全体の2%程度だと思います。 ・子連れで参加されている方が結構いました。レジャーシートをひいてその上で遊んでいる子や、DVDを見ている子などがいて、過ごし方はそれぞれ工夫が必要だとは思いますが子供がいるからといって参加を躊躇う必要はなさそうです!
  • 第8回みんなで歌うゴスペルライブ⑥ きよしこの夜

    2017年12月23日に美しが丘公園で行われたwe love tamaplaza プロジェクト主催の第8回 みんなで歌うゴスペルライブ。今年は120以上の人が出演し、大勢の人が観覧に来て、とても盛り上がりました! ライブの最後はみんなできよしこの夜。この流れは毎年の定番のようです。練習ではあまりやらなかったので、自主練が必要でした。
  • 第8回みんなで歌うゴスペルライブ⑤ Happy Christmas

    2017年12月23日に美しが丘公園で行われたwe love tamaplaza プロジェクト主催の第8回 みんなで歌うゴスペルライブ。今年は120以上の人が出演し、大勢の人が観覧に来て、とても盛り上がりました! 本編が終了し、こちらは観客を巻き込んでみんなで歌うコーナー。Happy Christmasという言葉に節をつけて歌いました。こちらの動画(第1部)ではユニゾンでしたが、第2部は発声練習~ハモりありで本格的でした。
  • 第8回みんなで歌うゴスペルライブ④ How Great Is Our God

    2017年12月23日に美しが丘公園で行われたwe love tamaplaza プロジェクト主催の第8回 みんなで歌うゴスペルライブ。今年は120以上の人が出演し、大勢の人が観覧に来て、とても盛り上がりました! 4曲目はHow Great Is Our God。一番最初に練習で取り掛かった曲です。ヴィンセントのソロも盛りだくさんな曲。
  • みんなで歌うゴスペルライプ  ~ 指導者 Jennaさん、事務局 不破さんに聞く

    みんなで歌うゴスペルライプ ~ 指導者 Jennaさん、事務局 不破さんに聞く

    2017年12月23日に美しが丘公園ペアツリー前で行われる「第8回 みんなで歌うゴスペルライブ」。たまプラーザのクリスマスの恒例となったこのイベントはどんな思いで始まり、毎年開催されているのか、we love tamaplaza事務局の不破さん(株式会社ウルプラス 代表取締役)と、ゴスペルの指導を第1回から行っているNGOゴスペル広場 代表のJenna(ジェンナ)さんにお話を伺いました。 「みんなで歌うゴスペルプロジェクト」はもう8回目、かなり長く続いているイベントですね。 不破:we love tamaplazaプロジェクトが8年前にスタートして、ゴスペルライブは初年度から開催しています。このプロジェクトは住民の方が主役になる、というのがコンセプトで、普段子育てや仕事で裏方になることが多い人にスポットをあてる活動になっています。 1年目、春・GW・夏にずっとそのコンセプトでイベントを実施してきて、冬何をするかと考えていた時に、クリスマスにゴスペル、というのは「住民が主役」という主旨にぴったりで、非常にしっくりきました。その後、ゴスペルのプロとして誰を巻き込むかを検討している中で、Jennaさんの存在を知り、その取り組みに非常に共鳴しました。 Jennaさんの取り組みというのはどういったものですか? Jenna:日本人がゴスペルと聞いて思い浮かぶのは、ほぼ「天使にラブソングを」の世界です。それによって、ゴスペルには2つのハードルがあるんですね。1つは教会で歌うイメージがあり、宗教色が強いこと。2つめは体の大きい外国人が歌っている印象から、音楽として難しいと感じていることです。しかし、みんなで声を出してハーモニーを作るのはとても気持ちがいいし、日本人の気質にもあっているので、もっと日本人にゴスペルを楽しんでほしいと思っています。そこで、みんなで集まって楽しくゴスペルを歌える場を作るとともに、参加費の一部で貧困国支援などの国際協力を行っています。 第1回の開催時はこのプロジェクトでも、参加費の一部や、チャリティポストカードの売上を支援団体に寄付をする取り組みを行いました。 第1回から指導するJennaさん。ゴスペルを広める傍ら、国際協力も行っている。 今年は最大150名の参加とのことでしたが、第1回からかなりの参加者がいたのですか? 不破:第1回から定員の100名は集まっていました。その後、リピーターの方が非常に多く、募集開始から数日で埋まってしまうことも。それだと、新規の方が全く参加できないので、募集開始日を内緒にしていました(笑) 第6回までは、駅前で行っていたので、ステージの大きさに限りがあり、これ以上定員が増やせませんでした。また、ギャラリーの方もすし詰めの状態で、ゆっくり鑑賞できない状態でした。そこで、より多くの方に参加して、もっと楽しんでいただきたいという思いで、第7回から美しが丘公園の広いステージで行うようになりました。 Jenna:駅前の時は、参加者のご家族の方が鑑賞するのも大変でしたが、美しが丘公園に移ってから、アットホームにゆったりと楽しめるようになって、とてもよかったと思います。大の大人が公園を貸し切って大声を出せる、というだけでもわくわくしますよね(笑) ゴスペルライブの練習風景。今年は過去最大の150名が参加。 曲目は毎年変わるのですか? Jenna:毎年を違う曲を4曲ほど歌っています。そのうち、今回の聖者の行進のような誰もが知っている曲を1曲入れることが多いです。また、そのほかに、きよしこの夜は、ギャラリーのみなさんも交えて毎年歌っています。 まさに大人の部活で、お友達ができる方も多いですし、大声を出すのはストレス発散になります。ぜひ、ストレスを抱えている方に参加してほしいですね。

Organizations

  • we love tamaplaza

    we love tamaplaza

    たまプラーザ周辺の商業施設や商店街により街づくりプロジェクト。桜フェスティバル、サマーフェスティバル、みんなで歌うゴスペルライブなど、主に住民が主役になるイベントを開催している。

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>