たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト
  • 黒龍

    黒龍

  • ファミリーで気軽に行ける中華料理店
    たまプラーザ中央商店街にあるビルの2Fにある本格的な中華料理がリーズナブルに楽しめるレストラン。デリバリーも行っており、ほぼ全メニューを家で楽しむこともできる。
名称
黒龍
電話
045-901-0078
住所
横浜市青葉区美しが丘2-16-1グロープラザビル2F
営業時間
月~土、祝日、祝前日: 11:00~15:00 (L.O. 14:30) 、17:00~22:30 (L.O. 22:00) 日: 11:00~15:00 (L.O. 14:30)、17:00~22:00 (L.O. 21:30)
定休日
第一月曜日
ウェブサイト

https://kokuryu.owst.jp/

Articles

  • 中国料理 黒龍で、美東小特別メニュー③「四季で輝くトロっとあんかけチャーハン」

    中国料理 黒龍で、美東小特別メニュー③「四季で輝くトロっとあんかけチャーハン」

    2019年7月2日より週替わりで登場しているたまプラーザ中央商店街にある中華料理店「中国料理 黒龍」と美しが丘東小学校の児童たちのコラボメニュー。3週目の7月15日(月)~21日(日)のメニューを紹介します。 1週目:美東5252バクダン笑籠包 2週目:bitou2525中華麺 3週目は、「四季で輝くトロっとあんかけチャーハン」です。 中華スープとチャーハンを混ぜたあんかけチャーハンに季節の野菜をトッピングしました。春はグリンピースとたけのこ、夏はピーマンと枝豆、秋はしいたけ、冬はねぎ、です。今は夏なので、ピーマンと枝豆がトッピングされ、とてもカラフルな見た目に仕上がっています! たっぷりの具材で、たまプラーザ駅に人が多くいる様子が表現されています。こちらも「地産地消」を意識したメニューになっており、季節ごとに違う野菜がはいっていることと、あんのトロっとした様子がアピールできるメニュー名にしました。
  • 中国料理 黒龍で、美東小特別メニュー②「bitou2525中華麺」

    中国料理 黒龍で、美東小特別メニュー②「bitou2525中華麺」

    2019年7月2日より週替わりで登場しているたまプラーザ中央商店街にある中華料理店「中国料理 黒龍」と美しが丘東小学校の児童たちのコラボメニュー。2週目の7月8日(月)~14日(日)のメニューを紹介します。 1週目:美東5252バクダン笑籠包 2週目は、「bitou2525(びとうにこにこ)中華麺」です。 もやし、チャーシュー、ネギ、のりが入った定番の中華ラーメンに、季節ごとに違った野菜をトッピングしたメニューです。春は春キャベツ、夏はとうもろこし、秋はナス、冬は大根です。今は夏なので、とうもろこしですね!野菜は地産地消を意識した安全な食材で、どの世代でも食べられるよう工夫しています。 名前のbitou(びとう)は、美しが丘東小の愛称で、あえてローマ字表記にし、かっこよくしました。下記の企画書の通りメニュー名にはbitouのoがニコちゃんマークになっているのには、楽しんで笑いながら食べてほしいという願いがこめられています。これは2525(にこにこ)にもつながっています。2525とあえて数字にしたのは5年2組(昨年考案当時)のみんなで作ったメニューだからです。ベースのメニューは中華ラーメンですが、ネーミングをすっきりさせるため、今回は中華麺としました。
  • 中国料理 黒龍で、美東小特別メニュー①「美東5252バクダン笑籠包」

    中国料理 黒龍で、美東小特別メニュー①「美東5252バクダン笑籠包」

    2019年7月1日より、たまプラーザ中央商店街にある中華料理店「中国料理 黒龍」で、 美しが丘東小学校の児童たちが考案したメニュー8種が週替わりで登場します。 児童考案「バクダン笑籠包」 8種、地元中国料理店で提供 | 話題 | カナロコ powered by 神奈川新聞 横浜市立美しが丘東小学校(同市青葉区美しが丘2丁目)の児童たちが考案した小籠包(しょうろんぽう)などのメニュー8種が7月から、同校に近い東急田園都市線たまプラーザ駅そばの中国料理店「黒龍」で、週替... 1週目の7月1日(月)~7日(火)までは、「美東(びとう)5252(ごつごつ)バクダン笑籠包(しょうろんぽう)」です。 美しが丘の桜並木をイメージして、皮の色を桜色にしたそうです。5252(ごつごつ)はこちらを考案したのが昨年度5年2組の児童だったことから名づけられ、名前の通りゴツゴツさせるため、旬の野菜の他、枝豆を入れて歯ごたえを感じるようにしています。大きさは、色々な世代の方が食べやすいよう配慮しました。 名前の「バクダン」は、小籠包の特徴である肉汁が口の中であふれるということを表現したそうです。そして、「笑籠包」には、小籠包を食べて笑顔になってほしいという思いがこもっています。
  • たまプラーザ ランチレポート⑪ 黒龍

    たまプラーザ ランチレポート⑪ 黒龍

    たまプラーザ中央商店街にあるアットホームな老舗中華料理店「黒龍」。デリバリーもやっており、利用したことがある方も多いのではないでしょうか。平日も大盛況の黒龍のランチタイムをレポートします。 外観 たまプラーザ中央商店街にあるビルの2Fにあります。駅近ながら、駐車場が7台もあるのも嬉しいですね。 内装 行った時にすでに満席だったため、今回はメインフロアの撮影はできなかったのですが、店内はかなり広く、個室もあわせて70席あります。大人数の貸切パーティーにもよさそうです。 今回私たちが案内されたのは、奥の座敷で、中華料理らしい円卓、しかも掘りごたつタイプで非常にくつろげました。 メニュー ランチメニューはかなり豊富です。まず気になるのは、ワンコインランチ!牛レバニラ炒めと黒龍牛すじカレーは限定20食ですが、ライス、スープ、お漬物付きで540円(税込)と超リーズナブル。 ごはん、スープおかわり自由、小皿、お漬物つきの週替わりランチは、980円(税込)。この日はホイコーロー、スブタ、茄子の四川炒めから選ぶことができました。 また、飯類・麺類もランチタイムは通常より100円程度安いメニューがたくさん。豚バラ角煮丼、天津丼、チリ玉やきそば、サンマー麺、五目あんかけ焼きそば、五目あんかけ麺、海鮮あんかけ焼きそば、海鮮あんかけ麺が対象です。 さらに、月水金は五目焼きそば、火木はサンラー湯麺が通常より150円引きの800円という嬉しいサービスも。 杏仁豆腐は食べ放題ですし、ハーフラーメンやハーフチャーハン、餃子などのサイドメニューも豊富で、何度言っても楽しめそうです。 実食 今回は5人で行き、4種類を注文しました。 こちらは私が頼んだチリ玉やきそば。固めのやきそばに、たまご入りのエビチリがかかっています。 何と下には野菜が隠れていました。 ほどよく辛く、エビもぷりぷりでおいしかったです! こちらはサンラー湯麺。自分で黒酢をかけるスタイルで、酸味を調節できます。 こちらは五目焼きそば。とても具だくさんです。 同じく具だくさんの海鮮あんかけ麺。 そして、食べ放題のデザート、杏仁豆腐。フロアにある台から好きなだけとって、食べることができます。 子連れはOK? キッズメニューはラーメン、チャーハン、カレーの3種類があります。価格も540円(税込)とリーズナブルで、ファミリーにもおすすめです。 ランチ概要 店舗名:黒龍(こくりゅう) 住所: 横浜市青葉区美しが丘2-16-1 グロープラザビル 2F(たまプラーザ駅徒歩3分) 電話番号:045-901-0078 ランチタイム:11:00~15:00 定休日:第一月曜日 予約:可能

Organizations

  • 黒龍

    黒龍

    たまプラーザ中央商店街にあるビルの2Fにある本格的な中華料理がリーズナブルに楽しめるレストラン。デリバリーも行っており、ほぼ全メニューを家で楽しむこともできる。
  • 異端児

    異端児

    早めに閉まるお店が多いたまプラーザで、深夜まで楽しめるお店として人気なのが、駅前通り商店会にあるジャズバー「ROLLINS(ロリンズ)」。そんなROLLINSがランチタイムは「元祖具材入れ放題まぜそば 異端児」という油そばのお店に大変身!テレビでも紹介された話題のまぜそばを提供しています。
  • 炭焼き 大

    炭焼き 大

    たまプラーザ中央商店街にある炭火焼居酒屋。 焼鳥をはじめとした美味しい炭火焼がリーズナブルに味わえる。バリエーション豊富なランチも人気。アジアンビストロDai、ワインビストロDaiの系列店としても知られている。
  • 数数

    数数

    鮮やかな青い布が目印の、野村證券の向かいにあるアットホームな居酒屋。 昼間は日替わり定食を提供しており、栄養バランスのよい家庭料理が楽しめる。
  • 天ぷら 佐藤

    天ぷら 佐藤

    青葉ブランドにも認定され、現在注目を浴びているたまプラーザでは珍しい本格的な天ぷら店。 ランチは天ぷら定食やかき揚げ丼の他、安価なコースもあり、気軽に天ぷらが楽しめる。
  • 北海道らーめん 壱龍

    北海道らーめん 壱龍

    美しが丘一丁目、チャンプカメラ前にあるシンプルな札幌ラーメンのお店。ボックス席も多く、ファミリーでも利用しやすい。定番の札幌味噌ラーメンだけでなく、辛味噌ラーメンも人気。
  • 串カツ 田中

    串カツ 田中

    2016年の8月にたまプラーザ中央商店街にオープンした人気の串カツ屋チェーン。出た目によってサイズや値段が変わるチンチロリンハイボールが有名。
  • ワインビストロDai

    ワインビストロDai

    こだわりのパスタ、小皿料理、グリルなどのイタリア料理とワインが楽しめるお店。ランチタイムもメニューが豊富で、サラダボウルやパニーニなども亭要している。内装がエレガントでデートにもおすすめ。
  • ラ・ファヴォリータ

    ラ・ファヴォリータ

    2018年6月20日に新百合ヶ丘から移転してきた人気イタリアン。オーナーシェフの茂木さんは、数々の有名店でシェフを務めてきた経験の持ち主。
  • モンスーンカフェ たまプラーザ

    モンスーンカフェ たまプラーザ

    美しが丘5丁目にあるアジアンレストラン。座席数413席とたまプラーザで最も大きなお店でもあり、大規模なパーティーも頻繁に行われている。駅近ながら無料駐車場があることも人気の理由のひとつ。
  • プチゾウ

    プチゾウ

    たまプラーザからあざみ野へ続く欅並木沿いにあるカフェ。 シュークリームがとても有名で常時5種類以上が揃っている。週替わりのランチも人気。
  • ピッツェリア・エ・バール・ラ・ボラッチャ

    ピッツェリア・エ・バール・ラ・ボラッチャ

    たまプラーザ駅前通り商店街に位置する窯焼きピッツァの専門店で、本格的なナポリ風ピッツァが愉しめる。向かいのビルにあるミシュランガイドのビブグルマンを獲得したイタリアン「トラットリア・ラ・ボラッチャ」とは姉妹店。
  • パドマパレス

    パドマパレス

    美しが丘2丁目、美しが丘東小学校交差点のすぐ近くにある本格インドカレー店。 タイ料理やネパール料理も食べられるほか、お得なテイクアウトも人気。
  • ババリゾート バル

    ババリゾート バル

    フランフランのあるたまプラーザ駅前交番東側に面するバル。 おひとりさま限定の「夜バルセット」(950円)があり、1人でも入りやすい。
  • デリオット

    デリオット

    アジアを中心とした世界の料理を提供するキッチンカー。たまプラーザでは、毎月第3日曜日に美しが丘公園で開催される軽トラ元気市をはじめ、桜まつりやちょい呑みフェスティバルなどのイベントに出店している。
  • スパイシーインディア

    スパイシーインディア

    駅前からみずほ銀行方面に続く道沿いにある本格的なインドカレーの店。キッズセットもあり、ファミリーでも行くことができる。平日のランチはリーズナブルでおすすめ。
  • カルネの星

    カルネの星

    美しが丘5丁目、あざみ野へと続く欅並木沿いにある肉料理店。看板メニューのメンチカツはとてもジューシーで絶品!
  • インドのとなり

    インドのとなり

    たまプラーザから鷺沼へ続く桜並木沿いにあるレトロなカレー屋さん。辛さや量を細かく選ぶことができる。ドライカレーも人気。
  • イタリアンロッジ テン

    イタリアンロッジ テン

    ユリノキ通り沿いにあるたまプラーザ駅から徒歩11分の隠れ家イタリアン。 その名の通り、ログハウス風で、柱には古民家で使われていた大木が使用されている。本格的なイタリアンながら子連れ歓迎なのも嬉しい。
  • アルとデデとピピ

    アルとデデとピピ

    たまプラーザからバスで10分のすすき野団地近くにある予約専門レストラン。料理研究家 山口香織さんによるオリジナルメニューのランチコースは質、量ともに大満足の内容。
  • 【閉店】パークサイドカフェ レトリーブ

    【閉店】パークサイドカフェ レトリーブ

    美しが丘公園のはす向かいにあるドッグカフェ。メニューはパスタが中心で種類も豊富。中には大きなディスプレイがあり、常にディズニーチャンネルが流れているため、お子様連れでもゆっくりできる。
  • TAZ CAFÉ

    TAZ CAFÉ

    美しが丘4丁目にあるカフェ風の居酒屋。店内は、カウンター席が中心で、インテリアとBGMにこだわっている。おすすめメニューは餃子。
  • Racy's

    Racy's

    たまプラーザ駅前通り商店会にあるアメリカンテイストのダイニングバー。夜に楽しめるTEX-MEX料理(メキシコ風アメリカ料理)はもちろん、ハンバーグランチも評判。
  • Osteria RIMA

    Osteria RIMA

    2019年3月にオープンした美しが丘4丁目のイタリアン。 木を基調としたアットホームな店内でイタリアの各地方の本格的なイタリア料理が味わえる。
  • CONA

    CONA

    たまプラーザ中央商店街にあるピザ中心のイタリアンレストラン。窯焼きピザをはじめ、ほぼすべてのメニューが500円で食べられる。内装もオシャレで女性や学生に人気。
  • Barbaro

    Barbaro

    野村證券の隣のビルにあるイタリアンレストラン。開放的な雰囲気で、昼間からワインを飲むお客さんが多い。

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>