• 投稿日2022.3.25
  • 更新日2022.3.30

麻生区PTA食育推進コンテスト・ロコっち新百合ヶ丘賞は長沢小5年の岡本倫空さん

麻生区内の川崎市立小中学校に在校する児童と生徒を対象に開催された「麻生区PTA協議会 食育推進コンテスト」(コンテストに関するインスタグラムはこちら)。

ロコっち新百合ヶ丘も協力団体として審査員を務めさせていただき、“超激甘カレーライス”を作った長沢小学校5年生の岡本倫空さんに「ロコっち新百合ヶ丘賞」をお贈りしました。

受賞の理由は、甘いカレーをさらに甘くするという、その楽しい発想。このコンテストがキッカケで料理に初めて挑戦したという倫空さんに、超激甘カレーライスの誕生秘話を聞きました。

岡本 倫空さんインタビュー

この食育コンテストを知ったキッカケは?
「学校で配布されたチラシです。今までは手伝うだけだったけど、料理を一から作る楽しさを経験してみたかったので応募しました。“試しにやってみよう”程度だったのに受賞できて、とても嬉しいです」

“超激甘カレーライス”は、どうやって誕生したのでしょうか?
「テレビで激辛カレーライスを食べるのはよく見かけるから、その逆の、とても甘いカレーを作ってみたいと思いました。ルーを選ぶところからはじめて、甘くマイルドにするために何を入れようか悩んで、甘いルーをさらに甘くマイルドにするために、マヨネーズやはちみつ、オリゴ糖を加えました。楽しかったところは、“どうすればもっと甘くなるか”を考えながら初めての料理にチャレンジしたことです」

家族の反応はいかがでしたか?
「初めての料理だったのに高評価でうれしかったです」
お父様よりコメント「激辛カレーが好きな分、激甘には抵抗がありましたが、マイルドで自然な甘さがとても美味しく、倫空の弟たちはもちろん、親の私たちも激甘の大ファンになりました!」

今後、挑戦したい料理は?
「お味噌汁と、鮭の塩焼きです。お味噌汁は、自分が好きなジャガイモとかニンジンを入れて作ってみたいです。鮭の塩焼きは“ちょい焦げ”がおいしいと思うので、焼き加減を工夫したいです。今回、初めて料理をしてみて難しいところもあったから、これから何回も練習して慣れようと思います」

将来の夢は?
「職業ではないけど、世界を旅していろんな料理を食べてみたいと思っています。そのために、世界にはどんな料理があるのかをインターネットで調べています」

最後に、麻生区の好きなところを教えてください。
「自然がたくさんあるところです。隣で畑をしているおじいちゃん、おばあちゃんや、近所の人達が笑顔で話しかけてくれて、とても親しみやすいところが好きです!」

今後は麻生区の食を考える定番イベントに

ほかにも、麻生区産の野菜や卵を使用した料理や、クリスマスやお正月にピッタリの料理、好きな学校給食の再現など、工夫を凝らした応募作品ばかりで、どの作品からも楽しみながら料理をしている様子が感じ取れました。

こちらの食育コンテストは、麻生区の食育を考える定番イベントとして次年度以降も継続予定だそうです。料理を通じた親子のコミュニケーション作りにもピッタリのこちらのコンテスト、今後もぜひご注目ください。

INFORMATION
麻生区PTA協議会 食育推進コンテスト インスタグラム
PTAの関連記事はこちら「PTAってどんなところ?詳しく聞いてみた。