たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト

パンスタグラマーのパン屋さん巡り② 「ラ・ベルコリーヌ」

人気のパン屋さんがたくさんあるたまプラーザ界隈、世界中のパンを食べ歩いたパンマニアが、超個人的嗜好でたまプラーザのパン屋さんをご紹介します! 第二回目にご紹介するのは、私が愛してやまない、たまプラーザの老舗「ラ・ベルコリーヌ」です。東急百貨店たまプラーザ店とイトーヨーカドーの間の坂を上るとパリの一角の様なお店が現れます。 2000年4月にオープンし、店名の“ベルコリーヌ”はフランス語でこのあたりの地名「美しが丘」という意味だそうで、美食家が多いといわれるたまプラーザで長年ジモトの人々に愛され続けているパン屋さんです。

お気に入りが必ず見つかるラインナップ

フランスパンなどシンプルで食事と一緒に楽しみたい「ハード系」、クロワッサンなどバターがたっぷり織り込まれてリッチな味わいの「デニッシュ系」、日常的に味わいたい食パンなどの「ソフト系」、さらにサンドイッチや焼き菓子など、大人から子供までお気に入りが必ず見つかる品揃えです。1度では選びきれず、そのおいしさにハマって何度も通いたくなります。

パンマニアのオススメ5品

目移りしてしまうほど種類がある中で、私が何度もリピートしているトップ5をご紹介します。 1.ダノワーズポム…302円(税込) 20年程前に初めて食べた時の衝撃が忘れられない、逸品。 大きな大きなサイズで、横からあふれんばかりのリンゴに目が奪われます。 しっかりシャキシャキ感を残して煮られたリンゴ(とほんの少しのレーズン)はシナモンがほんのり香り、デニッシュ生地がやさしく包んでくれています。クリームといったフィリングは無いので重すぎず、シンプルにリンゴの甘酸っぱさで満たされた最高のバランスで、この大きさも一人でぺろりと食べられます。 2.クロワッサン…199円(税込) 比較的薄めの色合いに焼きあがったクロワッサンは、 ほおばるとパリパリパリパリパリパリっと幾重にも重なる生地が繊細にほどける、軽快な食感。それでいて濃厚な発酵バターが香り高く、職人技を感じます。 3.バゲット…各1本 307円(税込)、ハーフサイズ 156円(税込) ・バゲット:どんな料理にも合わせやすいプレーンなタイプ。 ・バゲットクラシック:ライ麦とフランス産小麦使用。深みのある味わい。 ・バゲットベルコリーヌ:自家製酵母使用。クリーミーな香りともちもち食感。 こだわりのバゲットは3種類。粉の香りがしっかり感じられて、朝食やサンドイッチにはもちろんですが、夜に食事と合わせてお酒も楽しむのが至福の時。ハーフサイズもあるので食べ比べを楽しみながら、好みのタイプを探してみてください。 4.レザン…518円(税込)、ハーフサイズ 259円(税込) レーズンより野性的な山ぶどうがたっぷりのハード系。パン生地より果実の比率のほうが高いのでは?! 山ぶどうはふっくらとしてジューシーさを感じられて、チーズもよく合うので、こちらもワインが進みます。 5.セザム…102円(税込) ~アンチエイジング~とPOPに記載があるほど、黒ゴマと白ゴマがたっぷりのスティックパン。薄い層にゴマが挟まれていて、ぐるぐるとねじられて焼き上げられています。 ザクっと、歯ごたえもよく、香ばしくて、ヘルシーなおやつにもピッタリ。甘じょっぱさは病みつきになります。 そして、こだわりが深い素晴らしい品々なのに、買いやすいお値段なところにお気づきでしょうか。 私も書きながら改めてちょっとびっくりしています。こんなにおいしいパンがこの価格でいただけるパン屋さん、貴重な存在です。

イートインはおひとりさまも子連れも快適

「焼きたてです」なんて書いてあったらすぐさまほおばりたいですよね。それがかなうのがイートイン。ドリンクも定番のコーヒーや紅茶、オレンジジュースはもちろん、トマトジュース(346円(税込))があるのです!トマトジュースにパン、個人的に最強のタッグ! スープやアイスクリームといったフォードメニューもありますので、おひとりさまランチや、子連れティータイムにも。

まとめ

たまプラーザの一角のパリの様な老舗パン屋さん。本格的で美味しいパンたちが、手ごろな価格で買うことができます。テラス席で味わえば、パリジェンヌ&パリジャン気分に。 美味しいだけでなく、からだのことも考えて、余計なものを使わずに焼き上げられたヘルシーなパンたち。日常の食卓に、パンの香りをぜひ連れて帰ってみてください。

店舗情報

【店舗名】ラ・ベルコリーヌ 【オープン日】2000年4月 【住所】〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1丁目9-1 【定休日】火曜日・第3水曜日 【席数】20席(テラス席あり) ※掲載しているパンの価格はお持ち帰り時のものです。イートインの場合は税率が異なります。

Organization

Reporter

  • mayu

    mayu

    パンスタグラマー instagram @mayutopan

    2002年よりたまプラーザ在住。 中学生時代からパンに目覚め、パン屋さん巡りをスタート。 パリで訪れた何気ないパン屋さんに稲妻が走るほど感激し、旅先ではまずパン屋さんを訪れる様に。 コロナ禍の現在は、日本中のパンをお取り寄せする日々。 3度の飯よりパンが好き。 パンのことを話し出すと止まりません。 とにもかくにも、食いしん坊。

News

Movie

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>