• 投稿日2022.7.28
  • 更新日2022.8.8

まちのコインニュース⑤たまプラ夏まつりでアクティビティ券がもらえちゃう!

2020年度および2021年度の10〜3月に、たまプラーザを舞台とする次世代郊外まちづくりで、実証実験が行われた地域通貨「まちのコイン」。その「まちのコイン」が2022年度も継続することになりました!たまプラーザでは今年は3年ぶりに夏まつりが開催決定!夏まつりでまちのコインがどんなふうに使えるかも具体的に決定しました!ぜひ、この機会にまちのコインを使ってみてくださいね。

まずは夏まつりの内容をチェック!

今年は3年ぶりの夏まつり!7月30日(土)31(日)には3つの商店街を中心に歩行者天国になったり、屋台がたくさん出たりと、コロナ前と遜色ない規模で開催されます。

最新情報はこちらの記事をご覧ください。

そして、まちのコインの使い方をチェック!

まちのコインは、たまプラーザで使える地域通貨「プラ」。地域で活動することでプラがもらえ、プラをあげることでちょっと幸せな体験をすることができます。

まちのコインの使い方はこちらからご確認ください。

各商店街でスタンプラリーを実施

まちのコイン関連の企画の中で夏まつりで注目したいのは2つ。1つは最近まちのコインに追加された新機能「スタンプラリー」です。

夏祭り中は、たまプラーザ中央商店街、たまプラーザ商店会、たまプラーザ駅前商店会、CO-NIWAマルシェ(30日のみ)の4つのスタンプラリーが実施され、対象のチェックインスポットをまわると、商店街では各500プラ、CO-NIWAマルシェでは200プラとお茶をもらうことができます。

プラを使って、ヨーヨーつりやかき氷無料券をもらおう

夏まつりの両日は、各商店街では、まちのコインを300プラ使って、ヨーヨー釣りやかき氷などの体験チケットと交換できる体験チケットを発行します。

体験チケットは各日、各商店街、それぞれ500枚限定。同じ商店街では1人につき1日1回しかチケットは使えませんが、それでも2日間、それぞれの商店街でチケットを使えば、夏祭り中に6つのアクティビティが無料で楽しめちゃうんです。

ぜひこのチャンスを逃すことなく、まちのコインで夏まつりを楽しんでくださいね!

そのほかの夏まつりの最新情報はこちらから