たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト
  • いずみ文庫

    いずみ文庫

  • たまプラ―ザ団地の中にある図書館
    たまプラーザ団地の集会所の中にある図書館。 団地に住むママ達によって運営されており、現在は毎週水曜日の14:30から2時間、開放されている。月1回、お話会も開催。
名称
いずみ文庫
住所
横浜市青葉区美しが丘1
営業時間
毎週水曜14:30~16:30

Articles

  • たまプラーザの団地の中にある民営図書館「いずみ文庫」

    たまプラーザの団地の中にある民営図書館「いずみ文庫」

    絵本のコンシェルジュ 伊藤まゆみです。今回はたまプラーザ団地の集会所にある「いずみ文庫」に伺い、運営委員の方々にお話を伺いました!いずみ文庫の歴史いずみ文庫が始まったのは昭和43年。団地が建った時はま絵本のコンシェルジュ 伊藤まゆみです。今回はたまプラーザ団地の集会所にある「いずみ文庫」に伺い、運営委員の方々にお話を伺いました! いずみ文庫の歴史 いずみ文庫が始まったのは昭和43年。団地が建った時はまだ開発中の土地で、周りには何もなく、公共の施設など、今のように子どもが遊べる場所はありませんでした。子どもたちはテレビなどを見て過ごすことが多かったそうです。団地内に住まわれている女性が所有されていた本を地域の子どもたちの読んでもらえるようにご自宅の部屋や廊下を開放されたのがはじまりです。 昭和44年には市の図書館から本を貸していただくようになり、それに伴い、会員も60名を超えました。冊数も会員数も増えたことで、団地の集会所や玄関のロビーに拠点を移し、このころから「いずみ文庫」と言われはじめたそうです。 週2時間だけ開放する図書室ですが、7年目には700名の会員数を超え、約3000冊の蔵書がたくさんの親子を出迎えました。いずみ文庫のメンバーが中心となり、公立図書館を作る会を設立し、昭和52年に山内図書館が作られた、という話には驚きました。 いずみ文庫は現在どのように活動されているのですか? 現在は毎週水曜日の14:30−16:30に開放しています。月1回のお話会は15:00−15:30。手遊び歌や紙芝居もあり赤ちゃん連れから幼稚園児・小学生が参加します。読み聞かせボランティアさんが、季節にあった絵本や歌を紹介してくださいます。参加された会員さんにはシールをプレゼントして、シールが貯まったら可愛いプレゼントと交換ができるようになっています。 月1回行われるお話会には多くの子供達が集まる 団地内にありますが、団地外に住んでいても利用はできますか? もちろんです。団地以外の方や、ご年配の方も大歓迎です。会員になると一人5冊まで、二週間借りることができます。会費として1年間200円いただいています。委員になると冊数や貸し出し期間の融通が利くので、それが目的で委員になられる方もいらっしゃいます。 地域の親子の憩いの場になっている 委員になると嬉しいメリットがつくのですね。委員にはどのような方がなられているのですか?また、どのような活動をされるのですか? ベビー〜小学生ママさんが多いです。委員は2年制で1年目5名、2年目5名で活動しています。OGの方もお手伝いにいらしてくださいます。通常の貸し出し作業だけでなく、図書館での団体貸し出しの選書や新書の購入などをしています。現在の蔵書の中には、伊藤忠記念財団の助成でいただいた本や、開館当初からある絵本など、たくさんの方に大切にされてきた絵本も多くあります。 今回お話を伺った委員の皆さん 地域の方にとっても愛されて、大切にされているのが伝わります。たまプラーザの地域のかたにお伝えしたいことはありますか? いずみ文庫は来年で50周年を迎えます。現在会員数が100名程度ですが、今後、さらに地域の多くの皆さまに利用していただけるよう、本棚の充実を図ったり、フェイスブック等でお話し会などの発信をしています。団地外の方など、どなたでも気軽にお立ち寄りいただけたら嬉しいです。秋頃から来年度の委員メンバーも募集いたします。一緒に運営していただける方は大歓迎!ですので、もし委員に興味のある方は、ぜひお声がけください。 お料理の本や大人向けの小説、エッセイ、雑誌なども置いてありますので、世代を問わず、ご興味のある方はどなたでもお気軽に立ち寄ってくださると嬉しいです。いろいろな世代の方が交流できるような図書室にしていきたいです。 絵本だけではなく、様々な本が揃っている 取材を終えて 図書室というと、お話をしてはいけない。騒いではいけない。遊んではいけない。など堅苦しいイメージもありませんか? ヒヤヒヤするママもたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? いずみ文庫さんは、子どもがのびのびと本を選び、ママも楽しく読み聞かせをする!とアットホームな空間でした。 部屋から見守れる小さなお庭の様な場所もあるので緑に囲まれた、団地内の図書室は、体を動かしたい時期のお子様がいらっしゃる方にはぴったり!!大きな図書室では人気で借りることができない新しい絵本がたくさんあるのも嬉しいですよね。 お子様連れはもちろん、大人一人でふらっと寄って、元気一杯の子どもたちと、前向きに活動されているママさんと時間を過ごすのもオススメです。 いずみ文庫の皆さまさん、ありがとうございました!! いずみ文庫Facebookページ

Organizations

  • 美しが丘西地区センター

    美しが丘西地区センター

    美しが丘西地区にある地区センター。 卓球・バドミントン・バスケットボールが楽しめる体育室や、本も借りれる図書コーナー、囲碁・将棋・オセロができる娯楽コーナー、読書や勉強ができる学習コーナー、子供と遊べるプレイルームなど充実の設備
  • ままリズムぱぱリズム

    ままリズムぱぱリズム

    2017年より地域に根差した子育て支援、仲間作りを目的とし、家族で楽しむ会を開催しています。青葉区での子育てがより楽しく幸せな日々になるよう赤ちゃんから高齢者の方まで3世代にわたり楽しめるプログラムをご用意しています。親子の絆を育むふれあい親子ヨガ&産後エクササイズクラスをメインに、産後育児中のお母さんお父さんの心身のケアも行いながら子ども達が主体となって楽しめる四季折々の行事を取り入れています。 また2020年 上谷本地区で新規事業「青葉で繋がる楽しい暮らし♪"ふれあい三世代交流会”」が発足されました。秋ごろよりみたけ台、もえぎ野地区を中心に三世代交流イベントを開催予定です♪   赤ちゃんから、おじいちゃんおばあちゃんまでご家族皆さんで是非遊びに来て下さい♬ 【これまでの活動内容】 ・家族で楽しむリズムエクササイズ ・ママと赤ちゃんの産後エクササイズ ・ベビーマッサージ&ヨガ  ・親子ヨガ ・親子チアダンス  ・クリスマス親子ダンス ・親子フラダンス  ・ファミリーライブ ・英語歌遊び ・読み聞かせ ・親子製作 ・春夏秋冬の行事(春の読み聞かせ会、お魚作り、ハロウィンお楽しみ会、クリスマス会、節分会、お雛祭り会、etc) クラスイベント情報配信はこちらから! 公式LINE:@ixm4278l インスタグラム
  • たまプラーザ読書会

    たまプラーザ読書会

    本から学んだこと、得られた気付きをアウトプットする場。 人に話すことで、本をより深く理解することができます。
  • たまプラーザ・みまもりあいプロジェクト

    たまプラーザ・みまもりあいプロジェクト

    社団法人セーフティーネットリンケージが開発した、スマホアプリおよびステッカーを活用した『みまもりあいプロジェクト』のたまプラーザ版。 たまプラーザの在住・在勤の有志で2019年6月に結成、「みまもりあえる街づくり」を目指している。
  • いずみ文庫

    いずみ文庫

    たまプラーザ団地の集会所の中にある図書館。 団地に住むママ達によって運営されており、現在は毎週水曜日の14:30から2時間、開放されている。月1回、お話会も開催。
  • Nao's Counseling Room

    Nao's Counseling Room

    育児や生き方に悩んでいた状態から、カウンセリングによって自分らしく、幸せな生き方を見つけた田中奈緒さんによるカウンセリング。 単純に目の前の問題を解決するだけではなくて、自分らしい生き方を見つけるお手伝いをしている。
  • C&C LIFE

    C&C LIFE

    フォトグラファー&スクラップブッキング講師の浅妻尚美さんによる写真関連サービス。 写真撮影のほか、フォトレッスンやスクラップブッキングの教室も行っている。

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>