• 投稿日2020.11.26
  • 更新日2021.12.11

センター南の紅葉の寺『心行寺』は今が見頃。

2020年11月24日(火)、紅葉の寺とも呼ばれている、センター南の「浄土宗 心行寺」に参拝しに行きました。とても風情があり、素敵でした。ちょうど今が見頃です。様子をお伝えします。

紅葉の寺「心行寺」

どこにあるの?

都筑区役所の前を通り過ぎ、警察署入口近くにある歩道橋を渡ります。渡り切ってから、まっすぐ進むとすぐに到着します。センター南駅からは徒歩7分程度です。(横浜市都筑区荏田東4-10-1>>MAP

駐車場もあるので、車での参拝も可能です。

いつできたの?

開創年ははっきりと分からないようですが、慶長元年(1596年)ごろだそうです。徳川将軍家の位牌もあり、400年以上の歴史ある由緒正しいお寺です。

美しい紅葉

門をくぐるとすぐに、美しい紅葉が目に映ります。

紅葉が散りかけている木もありますが、これから紅く染まっていく木もあり、しばらく紅葉が楽しめそうです。

水琴窟(すいきんくつ)も紅葉で彩られていて美しかったです。(水琴窟とは、水滴音を地中に埋めた「甕 -かめ-」に共鳴させてその音を楽しむ、日本庭園文化における技法のひとつ)

センター南駅から少し足を延ばすと、美しい景色に出会えます。ぜひ、お立ち寄りください。

「浄土宗 心行寺」の公式ホームページはこちら。

初夏の「心行寺」

紅葉の季節も素晴らしいですが、初夏の心行寺も清々しい美しさがあります。四季折々の美しさを楽しみたいものです。

初夏の心行寺はこちら。