• 投稿日2019.6.15
  • 更新日2021.12.6

第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバルに参加してみた!②ラムギ屋

2019年5月28日、29日に行われた第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバル。2500円(前売券は2400円)のチケットを買うと、3店舗でそれぞれ1フード1ドリンクが楽しめるはしご酒イベントです。(参加方法の詳細は下記参照)


  • 第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバル

    第10回たまプラーザちょい呑みフェスティバル

    第10回 5/28(火)、29(水)に開催決定!

    半年1回に開催されるたまプラーザの飲食店を呑み歩くお祭りです。
    チケットは3枚綴りで1枚のチケット(前売2,400円、当日2,500円)でワンフード・ワンドリンクが楽しめます。これを機に新しいお店を開拓してみよう!

    チケット販売所

    前売券:参加28店舗、アロウ靴店、セントラル産業㈱、昭和調剤薬局
    当日券:参加28店舗、たまプラーザ駅前、たまプラーザ中央商店街入口

    チケットのご利用方法

    1.チケットは3枚綴で2,500円(前売り2,400円)です。(買取や払い戻しはできません)
    2.1枚のチケットでワンフード・ワンドリンクが楽しめます。
    3.同じ店で何枚でも使えます。(足りなくなったらお店で購入してください)
    4.ちょい呑みメニュー以外のドリンクやお料理は実費精算となります。

    お楽しみ企画

    40名様に10月下旬に開催予定の第11回ちょい呑みフェスティバルチケット(2,500円相当)が当たります。チケット上端の抽選番号をチェック!
    当選発表日:2019年6月6日(ちょい呑みフェスティバル実行委員会Facebookページ、ロコっち、参加店店頭)
    お渡し期間:2019年10月下旬(第11回ちょい呑みフェスティバル開催期間中)
    お渡し場所:3丁目カフェ店頭

  • 私は、5月29日(水)に参加し、17時から6店舗をまわりました!今回は2店舗目をご紹介します。

    1店舗目 クラフトビアキッチンのレポート

    2軒目はラムギ屋

    1軒目のクラフトビアキッチンを出たのが、17:40頃。のんある族の人が1人帰り、4人で美しが丘4丁目、山内公園の向かいにあるラムギ屋に向かいました。

    ラムギ屋は17席と、席数が少なく、ピークタイムになると入るのは相当難しいので、早めの時間に行きたいお店の1つです。この日は、19時から何組か予約が入っているようで、19時までなら、ということで、なんとか入れました。

    最近ちょっと内装がグレードアップしたとのことで、カウンター席含めとても雰囲気のいいお店です。

    がっつり肉が食べたい人におすすめ

    ラムギ屋のちょい呑みメニューは、フードが「ラムチョップのグリル2本」「お任せTapas3種盛合せ」「自家製フライドチキン2本」からのセレクト。ドリンクは日替わり樽生クラフトビールか、グラスワイン(泡・白・赤)から選べます。

    ドラフトビールは8種類あり、クラフトビアキッチンに続き、ビール派には嬉しいラインナップ。特に7番のアルコール度数11%のビールが目を惹いていました。

    チキンもラムもボリューム満点

    そうこうしているうちにもう1名加わり、5名になりました。ちょっと揉めそうな感じではありますが、「ラムチョップのグリル2本」を3皿と、「自家製フライドチキン2本」を2皿注文しました。

    2回目の乾杯。11%ビールに挑戦する人も!

    山盛り(6本)のラムチョップ。

    こちらもボリューム満点のフライドチキン(4本)

    ラム2本か!?ラムとチキンか!?結局じゃんけんで決めました(笑)どちらもボリューム・味ともに肉好きにはたまらないメニューでした。

    18時40分ごろにはもう店内は満席。こちらでも早々にお店を出ました!