• 投稿日2019.7.19
  • 更新日2021.12.6

夏まつり限定コンテンツも!たまプラチャットボットを活用しよう

現在、たまプラーザでは「たまプラ・リビングラボ」というICTやIoTを活用して、たまプラの地域課題を解決していくプロジェクトが実施されています。

その取り組みの一つが、地域ならではの情報(お店やイベントなど)を提供する「たまプラチャットボット」。たまプラーザのローカルで役立つ情報をLINEで簡単に検索できるサービスです。地域住民のみなさまから、知識を集めて反映していくので、どんどん賢くなっていきます!

ぜひLINEで友だち登録していただき、どんどん使ってみてください!

7月27日(土)、28日(日)の夏まつり期間は、模擬店やイベントの情報にも対応。関連するキーワードの入力をおすすめします(例:ビール、焼き鳥、盆踊り、雑技団など)。

本サービスは現在開発中で、まだまだ知識が十分ではありません。多くの方に使って
いただきながら、地域住民の皆さまと共に、より便利なサービスに育てていきたいと
思っています。赤ちゃんを育てるような気持ちで、ご協力よろしくお願いいたします!

たまプラ・リビングラボとは

たまプラ・リビングラボは、横浜市、東急電鉄、NTTドコモ、NTTが、たまプラ・コネクト※などの地域団体や、地域住民のみなさまと連携しながら、ICTやIoTを活用して、たまプラの地域課題を解決していくプロジェクトです。ロコっちも、地域情報コンテンツの提供などで参加しています。

期間:2019/6/15(土) ~ 2020/3/16(月)
目的:たまプラの地域課題解決(特に、地域コミュニティの活性化)

※ 次世代郊外まちづくりから生まれた、たまプラーザのまちづくりに関心をもつ人やグループをつなぐ地域団体。2015年9月に合同会社を設立。

さまざまなサービスが追加されます!

チャットボットだけでなく、フィットネスリストバンドを活用した まち歩きサービスや地域のスキルシェアリングサービスなど、地域 の方々のためのさまざまなサービスが追加され、進化していきます! 新しいサービスを追加する際は、たまプラ・チャットボット上にて通知する予定ですので、まずは友だち登録をお願いします。全て無料です。ぜひ積極的にご利用ください! (まち歩きサービスなどは、8月上旬に追加予定です。)

一緒にサービスを育ててください!

今後、住民のみなさまからと一緒に、これらのサービスをよりよくしていくためのワークショップを開催する予定です。詳細が決まりましたら、チャットボットや次世代郊外まちづくりのHPで発信していく予定です。ぜひご参加ください!

関連タグ