• 投稿日2018.5.26
  • 更新日2021.12.6

日体大Fields横浜の応援バスツアーに参加してみた・前編

なでしこリーグ1部の女子サッカーチーム日体大Fields横浜をご存知ですか?青葉区鴨志田町にある日本体育大学健志台キャンパスを拠点とするチームです。青葉区のプロスポーツチームなら応援しなければ!ということで、2018年4月28日、サポーターズクラブ主催の応援バスツアーに参加してきました!

前編では、バスの中と、競技場外の様子をレポートします。

出発は鴨志田町と市ヶ尾駅前から

この日の試合は保土ヶ谷公園サッカー場で13時から、なでしこリーグ第3節 セレッソ大阪レディースとの対戦でした。ツアー料金はチケットつきで大人3,160円、小中高生2,660円です。ちなみにバス代のみだと2,160円になります。

集合場所は、鴨志田町の金子石油店横と、市が尾駅の横浜銀行前。私は市が尾駅でバスを待ちました。予定では、11:15発でしたが、予定より5分ほど早くバスが到着!

まさかこんな立派なバスが来るとは!イメージと違い、びっくりしました;;

バスの中で応援練習

この日は、ハーフタイムでフラダンスの披露があるということで、そのメンバーの方も多くバスに乗っていました。

バスには、日体大サッカー部の山下さんもガイドとして、同乗してくださっており、本日の試合の情報や、応援練習をしてくれます。

この日の試合は、一緒に2部から1部に上がったチームが対戦相手とあって、初勝利を上げるために、かなり重要な試合である、とのことでした。

試合の説明の後は、応援練習。2曲の応援歌をみんなで練習しました。そのおかげでかなり乗客のテンションも上がってきます!

その後は、制作者のシンガーソングライターのHACHIさんが参加していたということもあり、みんなで日体大Fields応援歌「GO FOR THE VICTORY」を鑑賞しました。

私は、この歌を聞いたのは初めてだったのですが、本当にかっこよくて、感動しました!

その後もスタメン発表などで盛り上がりました。

試合前のお楽しみ

12時頃、バスは会場の保土ヶ谷公園に到着。保土ヶ谷公園は開放感あふれる緑いっぱいの公園でした。

キックオフまではまだ1時間あるので、試合前に腹ごしらえをすることに。会場の前には、屋台が並んでいました。

一番手前はコマデリの「走る!ロコキッチン」。

コマデリは、日体大Fieldsの試合にはほぼ出店していて、相手チームのジモトの食材を使用したおもてなしメニューを販売しています。この日は、直前まで出店できるかわからなかったということで、スペシャルメニューはなかったのですが、セレッソサポーターに限り、塩やきそばが50円オフでした!

ちなみにFieldsサポーターは定価です(笑)

もちろん定番の塩ブタBOXも味わえます♪

そして、もう1件、スタジアムグルメ。北嶋牛乳店のかき氷と綿菓子です!

こちらも相手チームのおもてなしメニュー。かき氷も綿菓子も日体大Fieldsのブルー(ブルーハワイ)とセレッソのピンク(いちご)をラインナップしていました。毎回相手のチームカラーに合わせて、準備しているんだそうです。

この日はとても暑かったので、かき氷はうってつけ。試合の前後で2杯もいただいちゃいました(笑)

ちなみにこの2つのお店はリユース食器を使用しているので、返却すると100円キャッシュバックされます。

そのお隣では、日体大Fieldsのグッズを販売。

タオルやTシャツ、ガイドブック、メガホンなどが売っておりましたが、その隣にはこんなものも。

昨年のバージョンを300円→100円で売る!なかなか商売上手ですね(笑)

チケット販売ブースとサポーターズクラブの受付も。サポーターズクラブに入ると、通常1,200円(大人)のチケットが優待価格の1,000円になります。ちなみに、バスツアー参加者も優待価格です!

後編を読む

関連タグ