たまプラ がもっと好きになる発見サイト

今日の天気

1°/30%

たまプラ がもっと好きになる発見サイト
  • たまプラーザ中央商店街

    たまプラーザ中央商店街

  • イベントも多く開催する美しが丘公園まで続く商店街
    フランフランのある交差点から美しが丘公園入口まで続く商店街。毎月第3日曜日に行われる軽トラ元気市の他、桜まつり、夏祭り、美しが丘公園のイルミネーションなど多くのイベントも開催している。
名称
たまプラーザ中央商店街
ウェブサイト

https://www.tamaplaza-chuo.sho...

Articles

  • 第84回 軽トラ元気市⑩ コマデリ

    毎月第3日曜日にたまプラーザの美しが丘公園で行われている軽トラ元気市! 2018年6月17日の様子をお送りします。梅雨ですが、雨が降ることはなく、ちょうどいい気候でした。 こちらは、青葉区のイベントではおなじみのコマデリを紹介しています。他の月の軽トラ元気市の様子や、普段のコマデリの出店場所も教えていただきました!
  • 第84回 軽トラ元気市⑨ Funny Face

    毎月第3日曜日にたまプラーザの美しが丘公園で行われている軽トラ元気市! 2018年6月17日の様子をお送りします。梅雨ですが、雨が降ることはなく、ちょうどいい気候でした。 こちらでは、グルテンフリークレープのFunny Faceを紹介しています。小麦粉を使わず何を原料にしているのか?教えていただきました!
  • 第84回 軽トラ元気市⑧ 青葉グリーンファーム

    毎月第3日曜日にたまプラーザの美しが丘公園で行われている軽トラ元気市! 2018年6月17日の様子をお送りします。梅雨ですが、雨が降ることはなく、ちょうどいい気候でした。 こちらでは、青葉グリーンファームを紹介しています!旬の野菜はすぐに売り切れてしまうそうなので、お早めにお買い求めください!
  • 第84回 軽トラ元気市⑦ ベーグルカンパニー

    毎月第3日曜日にたまプラーザの美しが丘公園で行われている軽トラ元気市! 2018年6月17日の様子をお送りします。梅雨ですが、雨が降ることはなく、ちょうどいい気候でした。 こちらでは、ベーグルが苦手な人も食べられちゃう!?向ヶ丘遊園のベーグルカンパニーのベーグルは日本人好みのもっちり食感が特徴です!
  • 第84回 軽トラ元気市⑤ バルクフ―ズ

    毎月第3日曜日にたまプラーザの美しが丘公園で行われている軽トラ元気市! 2018年6月17日の様子をお送りします。梅雨ですが、雨が降ることはなく、ちょうどいい気候でした。 こちらでは、ナッツやドライフルーツを販売しているバルクフーズにお話を伺っています。店舗は新丸子・元住吉ですが、そちらにいくのも楽しそうです!
  • 第84回 軽トラ元気市④ 子ぐまの焼きそば

    毎月第3日曜日にたまプラーザの美しが丘公園で行われている軽トラ元気市! 2018年6月17日の様子をお送りします。梅雨ですが、雨が降ることはなく、ちょうどいい気候でした。 こちらでは、桜まつりなどでは大行列!中央商店街の超人気お好み焼き店、子ぐまの焼きそばです。おいしさのヒミツを伺いました!
  • 第84回 軽トラ元気市③ 小岩井牛乳横浜ミルクセンターの射的

    毎月第3日曜日にたまプラーザの美しが丘公園で行われている軽トラ元気市! 2018年6月17日の様子をお送りします。梅雨ですが、雨が降ることはなく、ちょうどいい気候でした。 こちらでは、桜まつりや夏まつりでもおなじみの 小岩井牛乳横浜ミルクセンターの射的をご紹介しています。祭りでは大行列ですが、ここでは気軽に楽しめます!
  • 第84回 軽トラ元気市②  大道芸人マスク

    毎月第3日曜日にたまプラーザの美しが丘公園で行われている軽トラ元気市! 2018年6月17日の様子をダイジェストでお送りします。梅雨ですが、雨が降ることはなく、ちょうどいい気候でした。 こちらは、毎回軽トラ元気市でパフォーマンスを行っている高校1年生の大道芸人、マスクさんを紹介しています。
  • たまプラーザ中央商店街会長・佐藤恒一さんインタビュー・後編

    たまプラーザ中央商店街会長・佐藤恒一さんインタビュー・後編

    たまプラーザ中央商店街の会長で、桜まつりなどの地域行事を仕切るアロウ靴店の佐藤 恒一さん。今年予定されている行事から、たまプラーザに対する思いまで、地域のために日々奮闘する佐藤さんにお話を伺いました。 後編は、お祭り以外の活動や、佐藤さんの街に対する思いについて伺いました。 前編を読む 毎月の軽トラと季節ごとのイベントで、全然お休みがないですね。 休みないんですよ。大変だよー。特に、商売人が公園を使わせて、っていうのはすごく大変。軽トラだって開始する3年前から構想を練っていて、ようやく実現したんです。 美しが丘公園がいつもきれいなのは、軽トラ元気市の時に清掃しているからなんだよ。5年ほど前に、美しが丘連合自治会副会長の柳田さん(取材中にお店にいらっしゃっていました)達と、平津SUNサロンに影響されて、まち普請のコンテストで公園再生をやったんだよ。 コンテスト自体は落ちてしまったけど、それを見ていた青葉区と土木事務所が公園を整備してくれて、今の自由広場ができた。昔は草がボーボー、誰も遊んでいなかったけれど、今は遊んでいない時がなくなった。 「拾う街から捨てない街」というのをキャッチフレーズにしていて、商店街も平成13年から17年間毎月第1日曜にゴミ拾いをしているんだ。カナケンさん(中央商店街の中にある医療機器の販売会社、株式会社カナケン)も、20年以上朝早くに排水溝を素手で掃除していたりしていて、街はすごくきれいになっている。よその街に行くと、気になってしょうがない。拾ってあげたくなっちゃう(笑) 靴屋を営みながら、地域のための活動に尽力する佐藤さん。イベントだけでなく、様々な活動を行っている。 いつ頃から商店街に関わっているのですか? 会長になる前。副会長をずーっとやっていて、ヨーカドーができる前から40年くらい商店街の活動をしている。お店自体は36年だけど、その前はこのあたりに勤めていたので、たまプラには45年くらいいるね。 ヨーカドーへの反対運動、百貨店への反対運動とかも経験している。結局大きいところができて、たまプラーザには魚屋さんや肉屋さんがなくなっちゃったね。 たまプラに住んでいる人はかわいそうなんだよ。町中にそういうところがあればあるほど、大型店がその値段見て、値下げするのに。 今は、歯医者さんと美容院の街だね。数えられないほどあるけど、どこもつぶれない。昔はカウンターのお寿司屋さんがいっぱいあったんだけどね。 だいたいお店は長くやっているか、すぐやめるかのどちらか。チェーン店はだめだったらすぐ引き上げるけど、個人の我々は引き上げようがないからね。 アロウ靴店には、修理を頼むといいよ、と言われました 修理は多いね。桜まつりの時は、お店やっていられないから、月曜日に靴が山のようにたまっていた(笑)店番はパートさんにお願いしたりしてるけど、修理は自分一人で、開店前にやったりもしている。野暮用が多くてなかなか時間がとれないんだよね、関わっちゃったらちゃんとやってあげないといけないからさ。 お客さんはお年寄りばっかり。若い人なんかは最初から相手にしてないから。お年寄りでもはける靴を揃えてるよ。一番お年寄りが多いのが青葉区だからね。若い人が多いイメージがあるけど、みんな外に出られないからなんだよ。団地の4階や5階に住んでいるんだもん。 たまプラーザは住みにくい街なんだよ。住みたい街ではあるけど住みにくい街。 佐藤さんが営むアロウ靴店。他のお店には履ける靴がない人も、自分に合った靴が見つけられる。 ご自身はどこに住まれているのですか? 自分は相模原。生まれたのは生田だけど、子供を育てるのにわざわざ相模原に引っ越した。平坦だからね。 たまプラーザに住もうとは思わない。商売にはいいけど、子育てするにも坂ばっかりじゃん。 物価も高いし。一般的には子育てがしやすいと思われているけど、よくわかんないよね。 私は歩道がしっかりあるのが気に入っています。中央商店街はないですけど。 そう、歩道がないから色がついているだよ。路側帯って言うんだけど、色がついてると、人は通らなきゃ、車は避けなきゃ、って思うよね。これもそうだし、一方通行をやったのも、青葉区ではうちがはじめて。普通じゃ考えられないスピードで一方通行になったんだよ。 学校やPTAに前々から話していて、公安委員会に出したらすぐ通った。他の地域でやっている記事などを持っていくといいんだよね。 たまプラーザ中央商店街。歩道はないが、路側帯に色を塗ることで、危険を回避している。 町の安全を守るものお仕事なんですね。そこまで街に尽くすのは、なぜですか? 街を作り始めた時からいるから、途中から変な風にされると嫌だってことかな。いいほうに変わって行く分には何もしないけれど。 たまプラーザには風俗店がないでしょ。これは別に法律で規制されているわけじゃないんだよ。でも、夜そういう人たちが客引きしてたら、子供達が道を通れなくなってしまう。それで、警察に指導をお願いしていると、このあたりは指導が厳しい場所だというのが業界の人たちに伝わって、出店自体がなくなったり。 いろいろなことに文句言うけど、そうやって盛り上がらないと会議って成り立たないのよ。誰かが口火を切るとみんな一生懸命になる。1人や2人じゃどうにもならないけど、そういう人たちが多いから街が成り立っているのだと思う。 店内にずらりと並ぶ表彰状や感謝状。貼ってあるのは、ほんの一部とのこと。
  • たまプラーザ中央商店街会長・佐藤恒一さんインタビュー・前編

    たまプラーザ中央商店街会長・佐藤恒一さんインタビュー・前編

    たまプラーザ中央商店街の会長で、桜まつりなどの地域行事を仕切るアロウ靴店の佐藤 恒一さん。今年予定されている行事から、たまプラーザに対する思いまで、地域のために日々奮闘する佐藤さんにお話を伺いました。 前編は、商店街が中心になって開催しているイベントについてを伺いました。 桜まつりの開催、お疲れさまでした。今年はいいお天気で大盛況でしたね! 2日間お天気だったのは9年目にして初めて。第1回目も降らなかったけど、寒くて曇り空だった。今年は気温も高くて2日間で10万1000人、今回はすごかったね。逆にあれ以上いるといろんな人に迷惑かかっちゃうかなというレベル。ロケットハウスも入場制限だっし、親が子供に「もう帰ろう」と言っているのが聞こてくるんだよ(笑)公園だけではなくて、中央商店街の飲食店は、16時過ぎたらどこも満員。みんな昼に祭りに行く前に予約して行っちゃう。祭りは天気が一番大事だね。 年によって気候が違うから出店者の人も悩むよね。今年は、3月だからといってあったかいものを予定してたところはつらかった。逆に、土曜日の分を日曜に売っちゃって、早めに終わっちゃったところもいっぱいあったね。 自分達も10日前から天気予報を入念にチェックしていて、雨の時のために土や砂を大量に準備していた。使わなかったら、野球の人たちに上げればいいしね。わざわざ桜まつりのために、バイトを雇って出している人もいるから、グラウンド管理する側としてはできるだけいいコンディションにしてあげたいじゃん。 今年は過去最大の人出だった桜まつり アロウ靴店のエアー玩具抽選もお祭りのたびに大人気ですよね おもちゃ屋行ってもあんなもの売ってないもの(笑)あのためにアルバイト8名も雇っているから、利益は出ないけど、ああいうのが出ないと子供が楽しめないでしょ。食べ物だけじゃつまんないもん。 今回はゲーム関係を増やしたの。「100円でこれだよ」、より「200円でこれかこれだよ」の方が大人だって楽しいじゃん。 次回のイベントは夏祭りですか? そうだね。2018年7月28日、29日です。夏祭りは33年、休まずにやっている。自分には、雨で中止って考え方はないから。だって頑張って準備した人がかわいそうじゃん。中止にしたら意外といい天気だったってこともある。だから、中止というのは嫌いなんだ。 桜まつりを始めて2年目に震災があって、その時自治会や東急は中止にしようと言った。結局参加したのは商店街とイトーヨーカドーだけだったよ。でも、その後、世の中的に地域を盛り上げなきゃだめだ、っていう話になって、やっぱり俺たちが正しかったじゃん、って思った(笑) 夏祭りは規模も大きいですよね 夏祭りは5会場。人の数が多すぎて、1か所じゃ無理なんだよ。夏祭りは桜まつりと来る数が違って、会場を分散してもまったく動きがとれない。当日は、歩行者天国になる前から、この商店街の通りがいっぱいになっちゃう。 夏祭りは、自分の管轄はこの商店街だけ。でも、ここが一番人が集まるし、店の数も一番多い。他の会場には口出ししないんです。雨が降った時にやるか、中止するかも各会場で判断するの。 夏祭りはたまプラーザのお祭りで最大規模(写真は駅前通り商店会) すでに夏祭りの準備は始まっているのですか? もう始まってるよ。桜まつりが終わった後、1週間で始動した。まだ募集開始してないけど、すでに出演の問合せもいっぱい来ている。 桜まつりもずいぶんキャンセル待ちをしてもらったんだよ。ダンスとか、教室いっぱいあるけど、みんな発表する場がないんだよね。だからステージはほとんどの人が教室の発表だね。お祭りにプロはいらない。かわいい子供が一生懸命やっている方がいいじゃん。子供1人につき5人くらい大人が来るから盛況だし(笑) 例外として、大道芸と中国雑技団だけは20年くらいお金かけて頼んでいる。投げ銭もやるんだけど、中国人で1万円札入れる人もいる。やっぱり仲間だって意識があるんだよね。昔は、商店街の端から端まで、線路ひいてミニSLを走らせたこともある。それやっちゃうと、人が通れないからもうやらないけどさ。 夏祭りが終わった後は? ハロウィンだね。今までバラバラにやっていたけど、今年は公園のハロウィン(よこはまハロウィン in たまプラーザ)を一緒にやるかというところまでいっている。 その後は毎年11月に行っている美しが丘公園のイルミネーション点灯式。今年は駅のイルミネーションと連動させてやるかもしれない。昨年から軽トラ元気市の後にそのまま点灯式をやることにしたので、あったかいものを食べながら点灯式を見ることができるんだ。 美しが丘公園のツリー。今年は新たな展開が期待できるかも!? 季節の祭りに加えて軽トラ元気市もあるんですよね。 毎月第3日曜日に美しが丘公園でやっていて、今年の7月で8年目に入る。震災があった年からやっているんだ。 毎回何らかの企画をやっていて。3月は震災の復興支援でサンマをいれた。宮城県からサンマを仕入れて、売り上げたお金でまた仕入れる。この企画は横浜の南部市場の人が土日なしで、各地でやっているんだよね。こうやって見えないところでみんな頑張っているんだ。 毎月第3日曜日に開催される軽トラ元気市。美しが丘公園の自由広場にずらりと屋台並ぶ。 後編を読む

Organizations

  • たまプラーザ中央商店街

    たまプラーザ中央商店街

    フランフランのある交差点から美しが丘公園入口まで続く商店街。毎月第3日曜日に行われる軽トラ元気市の他、桜まつり、夏祭り、美しが丘公園のイルミネーションなど多くのイベントも開催している。

たまプラがもっと
好きになる発見メルマガ

ロコっち たまプラーザでは、ほぼ毎日たまプラーザの情報をメールで配信しています。
イベント情報や、お店の開閉店情報、Webサイトに載せきれないインタビューの裏話など、たまプラの情報様々な情報を配信していきます。
きっと、たまプラがもっと好きになる発見があるはずです! 登録はこちら>>