• 投稿日2022.2.14
  • 更新日2022.5.26

地域の人々が繋がる!大縄跳びプロジェクト vol.2

地域の人々が繋がるきっかけをつくる地域コミュニティプロジェクト 大縄跳び大会実行委員会 代表の北川です。
この記事では未来に開催されるであろう、大縄跳び大会までの道のりを掲載しています!

地域の人々が繋がるきっかけをつくる地域コミュニティプロジェクト 大縄跳び大会実行委員会 代表の北川です。
この記事では前回につづいて、大縄跳び大会までの道のりを掲載します。

<前回の記事から読みたい方はこちら

行動その4:まずは体験会の場所探し→PeoplewiseCafeの広場に決定

大縄跳び大会は4月と決めたのでその実現に向けて、まずはプレイベントとして体験会を1月にやることにしました。
候補地はロコっちの藤村さんからPeoplewiseCafeを紹介いただきました。
最初は美しが丘公園を考えていましたが、お店の前にあるウッドデッキのスペースが大縄跳びが必要な広さを確保できており且つ電源確保や音響も借りれるということで決めました。

PeoplewiseCafe前のウッドデッキスペース
PeoplewiseCafe前のウッドデッキスペース

行動その5:コアメンバーと打ち合わせ

コアメンバーと2回打ち合わせを行ないました。
Facebookでグループを作成し、そこでチャットにて連絡。具体的なイベントのイメージがあったのでそれを皆にシェアして詳細をかためました。

改めてなぜ私が大縄をやりたいのか。このプロジェクトが創り出す未来についてシェアしました。

コアメンバーのロコっちの藤村さん(右)と桜美林高校2年の中原君(左)に思いを伝える筆者(中央)
コアメンバーのロコっちの藤村さん(右)と桜美林高校2年の中原君(左)に思いを伝える筆者(中央)

行動その6:年内に公園で大縄で跳んでみる

プレイベントに向けて大縄跳びを事前体験をするため、コアメンバーの中原君に声をかけて行ないました。美しが丘公園でやるから私と2名でやれればなんとかなると思ってましたが、中原くんが高校生の友達をつれてくれました。私も、中3の娘にお願いしました。

約1時間程度の練習でしたが跳んだ時の楽しさは特別なものがありました!
これは楽しいぞ〜と手応えを感じました!!

行動その7:年始にフットサルチームに跳んでもらう

フットサルのチームの皆さんにも大縄を跳んでもらいました。株式会社S&Kの白須さんが主催するフットサルのチームの練習会の冒頭に大縄を跳んでもらうというもの。まちなかBiz会員の方の発案でしが大縄を体験してもらえるので早速提案し実現しました。

私はリュックに大縄を忍ばせてフットサルのグランドに訪問。ボールやシューズでなく大縄を準備している自分に違和感ありありでしたが、白須さんが一緒に大縄を回していただきチームの皆さんやご家族のお子さんも跳んでいただきとても心暖まる機会となりました。

1月16日のプレイベント迄あと約10日となりバタバタと準備を始めました。
準備については次回シェアします。

以上

お知らせ 大縄跳び体験会を2月20日(日)13:00-15:00に開催!

好評につき第2回 大縄跳び体験会をPeoplewiseCafeにて開催します!
イベント情報の詳細はこちらです。皆さん是非遊びに来てください!

あと、この体験会の運営を手伝っていただける方も同時に募集しています。
コアメンバーは高校生から大人までいます!

第2回 大縄跳び体験会@PeoplewiseCafe
https://youtu.be/NsQDpHQPpnw