• 投稿日2019.12.9

11月に閉店したROLLINS、3つの顔に変身!

11月に閉店したROLLINS、3つの顔に変身!

2019年11月29日、惜しまれながら閉店した駅前通り商店会のジャズバーROLLINS。そのROLLINSが、3つの顔を持つお店に変身しました!今回は新しい3つの業態をご紹介します!

奥はキフオクの実店舗に

奥半分は、寄付もできる販売代行サービス「キフオク」の実店舗になりました!

今までキフオクは、家に査定にしにきてもらい、ネットや骨董市などで販売、売れたらその利益の70%を持ち主がもらえるという形で運営されてきました。しかし、実店舗が出来たことで、気軽に不用品の持ち込みが出来るようになり、また実際にモノを見ながら買い物ができるようにもなりました。


  • 新しい寄付と不用品販売のカタチ~地域経済循環型サービス「キフオク」

    新しい寄付と不用品販売のカタチ~地域経済循環型サービス「キフオク」

    2019年2月にスタートした新しい地域経済循環型サービス「キフオク」。地域住民の不用品や遺品をオークション代行し、その売上の一部を地域活動に還元するというサービスです。なぜこのサービスが生まれ、現在ど

  • 私が訪問した時は、まだ準備中だったのですが、商品の一部を紹介したいと思います。

    まず、びっくりしたのはすごいカメラの数!年配の男性は高い確率でカメラを所有しているそうで、中にはかなり値打ちなものもあるそうです。

    楽器も売れ筋商品。価格はピンキリですが、5000円程度で本格的なギターが手に入るとか。

    食器類もかなり充実。実店舗で力を入れて売っていきたい商品の一つだそうです。

    色々なものがあって、見るだけでもかなり面白いです。うちには「メルカリ」と書かれた紙袋(=いつかメルカリに出そうと思っているものであふれた袋)が2つもあるので、今度持ち込んでみようかなと思いました!ちょっとずつ持ち込んで、そのたびにお店見て、というのも楽しそうです!

    ちなみに土日はお休みだそうなので、ご注意ください。

    人気のまぜそばは継続!

    もともとROLLINSの店舗は、昼間「元祖具材入れ放題まぜそば 異端児」という油そばのお店でした。その人気のまぜそばは、12月以降も継続することになりました!


  • 【閉店】たまプラーザ ランチレポ② 異端児(ROLLINS)のまぜそば

    【閉店】たまプラーザ ランチレポ② 異端児(ROLLINS)のまぜそば

    早めに閉まるお店が多いたまプラーザで、深夜まで楽しめるお店として人気なのが、駅前通り商店会にあるジャズバー「ROLLINS(ロリンズ)」。そんなROLLINSがランチタイムは「元祖具材入れ放題まぜそば

  • ただし、手前半分の狭いスペースでの営業になるため、いろいろと変更はあります。定休日は木・日。そして、具材は入れ放題ではなくなり、変わりに900円から800円(普通盛の場合)に値下げされるそうです。

    ファンも多かったまぜそばがこれからも食べられるのは嬉しいですね。

    夜はショットバー

    そして、手前半分、夜はショットバーを営業するそうです。その名も「After ROLLINS」。バーという形態が続くのも、ROLLINSの名前が残るのもファンにとっては嬉しいですね。営業は週4日、月火金土だそうです。

    ROLLINSの営業は終了してしまいましたが、そのDNAは次の店舗にも引き継がれています。ぜひ、またみなさん足を運んでみてくださいね。